<< そらまめ~、いろいろっ・・・♪ レディースデーのはずが >>
はつか大根のタネを採種
昨日は、倒れたはつか大根を支柱に巻き付けた様子をお見せしました。
大株に育ったはつか大根は、2株あります。


クドイようですが、私は“こぼれ種”で次の季節に発芽してくれることを理想としています。
ですが、その自然循環が軌道に乗るまで、一番発芽し易いように手助けをしたいとも思っています。

“はつか大根は、自然に地面に落ちるよりも、手で採種して蒔いてあげる方が芽が出やすい”
と本に書いてあったので、半分くらいは種を採ってみようかと思いました。

折れた1本の茎を畑に転がしておいたのですが、カラカラに乾いています。
それを拾ってタネが入っている膨らんだ部分を割ってみました。
d0046294_132823.jpg

この落花生のような殻の中に、種が入っています。

割ってみると・・・・・・、おや?
想像を越えて、種が少ない。
1つの殻に2-3粒くらいでしょうか。・・・・・・
d0046294_13294378.jpg

しかも、種の色が違うではないですか。
これが、交配種ということでしょうか?・・・・・・

最初は、買った種を蒔きました。
一年経ち、それが育って今回の採種となりました。
みなさん、買った種がどんなものか、知ってます?
d0046294_13464696.jpg

どうです、きれいな種でしょう?
はつか大根の色と同じピンク色! 
と思っていたら、これも消毒だかなんだかのために塗られていたんですねぇ。

左側の「凧糸」のようなものも、はつか大根の種です。
この透明の糸の中に種が挟まっていて、このまま地面に埋めるのです。
そうすると、この透明の物は溶けてなくなるのだそうです。・・・・・・

便利だけど、考えるとなんだか気持悪く感じるのは私だけでしょうか?


まだ、買った種がこんなに余っているのですが、今年はもう使わないと思います。
これからは、採種した種を蒔くことにします。

最近は、売っている苗も種も消毒殺菌剤や農薬が使われていると言われます。
“無農薬”の野菜を収穫するためには、何年も自家採種を繰り返して、ようやく実現するということです。

失敗を繰り返しても、少しずつでも、自家採種さえできれば、少しずつ無農薬野菜を食べる量が増えて、体の中の農薬も薄まっていく、ということですね。・・・・・・・・ (^_^;) ソウカ?



という希望を抱いて、今日は種をつけたはつか大根の苗を切り取って干したのでした。
一株全部抜いてしまおうと思ったのですが、どーしても「こぼれ種」に未練が残る私は、半分はそのまま切らずに残しておくことにしました。
d0046294_1491662.jpg

ちょっと見にくいのですが、先っぽの花近く部分に、枝豆のようにポコポコ見えるでっぱりの中に種が入っています。
タネの色によって、根っこが丸くなるもの、長細くなるものがあるんじゃないか・・・・・・、と睨んでいます!

さて、これからその“検証”です。
                     ワクワク♪~


ランキングに参加中です。
検証の成功に、応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-05-14 14:24 | ■家庭菜園
<< そらまめ~、いろいろっ・・・♪ レディースデーのはずが >>