<< 年末に職を失う人 どんべり、到着! >>
ありんこの気持ち・・・・・・
朝目覚めて時計を見た時に6時きっかりで、次に時計を見た時には「6:30」というぴったりの数字を見ると、意味もなく “ツイてる” と思えたりする。同じようなことが、「5:55」とか「7:07」というようなゾロ目でも言える。
要するに何時でもいいのだけれど、それを見た時に自分が気持ちよくなれるかどうか? というだけのこと。


それと同じようなことで、
「人に言われた言葉をどう感じるか?」
は自分の問題だと思う。
同じ言葉を聞いても、何とも感じない人もいれば、傷ついたと怒ったり悲しんだりする人もいる。
また、ある人を見て“嫌な人”と感じるか、“好きな人”と感じるかという違いもある。
それらは、自分の心の反映であるように思える。

その“嫌な人”と関わらなくてはならなくなった時、なるべく接点を持たないように、まず私は逃げる。
けれど、どうしても逃げ切れない状況に追い込まれると、
(何かを見なさい、ってことなんだな)
と、いよいよ諦めて考える。

嫌いな人の“嫌いな部分”は、自分の中の嫌いな部分だから見たくないのだ。
しかし、それは自分で反面教師として今後に生かせるから、まだ良い。
落ち込むのは、接触したくないくらいの低次元と思っている人物と関わらなければならない私も、同じくらいの低次元の人間だという現実。

私は蟻地獄に嵌ったありんこのように、一人でジタバタともがく。
なんとか、その人物と違う次元に移動しないと、いつまでも関わらなくてはならない。・・・・・・

(移動したかも・・・・・・)
と思える一つの目安は、相手を好きにはならないまでも、腹が立たなくなること。哀れみ始めること。
これは“感覚”であるから、自分の意志でどうこうできるものではないけれど、
(可哀想な人間・・・・・・)
と感じると、私はその人物から解き放たれているような気がしている。

d0046294_169517.jpg






ランキングに参加中です。
蟻地獄に嵌りそうな私に、ぽちっとお願い・・・・・・。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2008-12-10 16:11 | ■心・精神・魂
<< 年末に職を失う人 どんべり、到着! >>