<< ここはハワイ? という感じ~♪ 知的中年になるために・・・・ >>
私はどこに来たのかいな?!
月1回の『スピリチュアル講座』は、10時半開場である。
9時に現地に到着すると、すでに列が出来ている・・・・・・。


近年江原啓之さんのTV出演が多くなり、美輪さんとの『オーラの泉』も高視聴率で、
今年になって講座に来る顔ぶれも、従来とガラリと変わっている。
ほんとに「霊的な真理」を学びたいのか、江原さんを見に来ているのか、
判断つきかねるようなミー子ハー子も怒涛のごとくやって来る。


見えない霊的真理が認知され、多くの人が「死後(=生前)」について理解していくことは良いと思うが、同時にこの現実の世界でのマナーを考えようよ! といいたくなることを多々目にする。

昨日は、3件続けてそういうことに遭遇した。

私の3人前に並んでいた60前後と思われるオバチャン。
(近頃、オバチャンの無礼講にはハタハタ呆れているが)
化粧をバッチリして、高そうなコートを着て、怖そうな顔相をしていた。
私の後ろにも5-6名並んでいたが、その後から来た友達と思われる人を
「あらっ!」と手招きし、すぐ後の男性に「ちょっと、すみません」と軽く声をかけると、
当然のごとく割り込ませた。
白髪混じりのオバチャン二人の後姿を見ながら、私は唖然とした。


1時間くらいすると、私のすぐ前のやはり60前後のオバチャンだ。
今度はすぐ後の私に「すみません」の一言も無い。
もっとも、「すみません」と言うのなら割り込ませなければ良いのだし、
謝るのなら、後に並んでいる人全員に謝れ、といいたいが。


私も3-4年出席しているけれど、「自分の席は自分で」が暗黙の了解だった。
後から来た友達と一緒に座りたい時は、前に並んでいた人が後ろに下がった。
そういう、私から見たら「フツー」の人ばかりだった。
それが・・・・・・!

  オイ、オイ、孫もいるようなオバチャンが、二人続けてどーなってるの?!

私は腹が立つより呆れて、内心憮然としながら入場した。



扉を入ると、自然みんなの足が速まる。
「走らないで下さい」と注意を受けているので、競歩になる。(笑)
私がかばんを椅子に置こうとした瞬間、
コートと紙袋を投げるようにして2つの席を取った女性が居た。
思わぬ出来事に、顔を見ると30代と思われる女性。

「席のお取り置きはしないように言われていますが」
私は怒りを抑えて、低い声で毅然と言った。

「えっ、私が座るので・・・・」
「お一人で二つの席に座るのですか?」と慇懃かつ丁寧に尋ねる私。
「・・・・・・・。」憮然として無視する女。

そこに、その女性の友達が遠くから現れ、
「あ、XXちゃ~ん! ここ、いいよぉ。」
「え~、いいのぉ♪」

さすがに、その女性は私の隣には座れず、友達を間に挟んで座る形となった。
後から来たその女性は、ずっと後ろに並んでいたのを私は見ている。


  ほんとにつまらないことである。
  子供っぽいし、どーでもいいことじゃん、と言いたくなることである。

しかしねぇ、こういう輩が『スピリチュアル講座』なんかに来て、何を学ぶんだい?
まず、人の礼儀とか、世の中のマナーとか、「当たり前のこと」を見直せよ!


実年齢には関係無く、本当に「日本全国幼稚化現象」である。
子供の躾というけれど、その子供をしつける親をしつけなければダメなのだ。
そして、その親を育てた「ジイチャン、バアチャン」世代が、またとんでもないのが多い。

こういうことを言う私は生意気か?!
そうだよ、確かに生意気だよ。
だけどね、ワタシャ、20代の頃から自覚してたよ。

 私が子供を産んだら、私のような子が生まれてくる。
 怖くて産めない・・・・・・。

そりゃ、そうだよね。
子供は卵子と精子が受精すれば出来ちゃうんだから。
親が立派だろうが、バカだろうが、生まれちゃうんだから。

親が気づいていないことを、子供は鏡となって親に見せるわけだね。
だから「親と子がともに成長していく」と言うのは理解できる。
だけど、人間界のマナーは先輩の親がまずは教えなきゃならんでしょ。
そして、教えられない親が多いから、非常識な人間が蔓延してるよね。
すると、「常識者」が「非常識者」扱いされることも出てくるわけだ。


江原さんも言っていたけど、
 あっち見ても、こっち見ても、この世は地獄。 あの世が天国。
 あ~、もう、いつあの世に帰ってもいい。 早く帰りたい!
 この世はヤダ、ヤダ、ヤダ!

すっかり「語り」をマスターした江原さんの口調は、可笑しくて笑っちゃうのだけれど、
「賛成! ブラボー!」と、私は拍手をしたいくらいだった。
私と同じ気持ちの人が居てくれて嬉しい! それが江原さんだなんて、チョ~嬉しい!


こういう、ますます混沌として来る地獄界で、
これから私はどうやって生きていけば良いのか?


 「毎日を散漫と生きている人が多いですねぇ・・・・・、
  長く講座に来てる方たち、ガンバッテ日常を実践してくださいよ」。

                    最後の江原さんのコメントに耳が痛かった。





  もう、バカなオバハンもオバハン予備軍もどーでもエエわ。
  私は自分のコレからの日々を生きるので精一杯だわよ・・・・・・。
by anrianan | 2006-04-24 04:53 | ■心・精神・魂 | Comments(22)
Commented by hide_1510 at 2006-04-24 05:52
おはようございます。
朝から おばちゃんの 醜い一面・・ではなくて本性 を
聞かさせてもらいました 笑
おばちゃんて これがおばゃん根性  だなんて
もてはやすから いい気になってるんじゃないでしょうかね
テレビとかも 一つの原因ですよ、
ギャフンと言わせてやろうものなら 逆にコテンパンに
やられそうです

なんて世間だろう  この人たちはたぶん宇宙人でしょう
Commented by anrianan at 2006-04-24 06:14
★hideさん、
おはようございます! 1週間の始まりですね。(^.^)

子供を育て、孫までいるような人が、どーしてこうなの? とホントに驚きます。
開き直りがふてぶてしいし、慎みも無いし、見ていて悲しくなります。
亭主が若い女と浮気しても仕方ない、と思うような人多いですよ。
でも、若い女性でも「オバハン化」している人もいるし・・・・。
私もそうなのかなぁ、自分のことは見えないからなぁ、でも「若く」はないけど。(笑)
西洋のような成熟した女性には、日本では育ちにくいのでしょうか。 (ーー;)
Commented by kazunori at 2006-04-24 06:46 x
おはようございます。
まー
どこにでも居ますが困ったのです。(^_^;)

そのような場所に来るような人でも、
ジコチュウのおばさんは居るのですね。
Commented by tengtian60 at 2006-04-24 07:03
おはようございます。
いろいろとお心遣いありがとうございました。
何度もいらしていただきまして痛み入ります。
ブログも「死」について書いてくださいましてありがとうございました。
あまりにも突然やって来たことでしたから、まだ実感がわかないんです。
「死」は案外そんなものかもしれません。
苦しむのを見なくて済んだことに感謝しています。

つくば万博の時に同じような体験をしました。
弟のお嫁さんは割り込み大嫌いの人でしたから、そばで聞いていた私は
タジタジ・・・大汗でした。後で弟はお嫁さんを褒めちぎっていました。^^
あの時の態度は立派だったと。(自分は言えないものですから。^^)
陰と陽のような夫婦ですがいいカップルと思います。
冴えない弟ですが、喪主の挨拶は上手でした。。(笑)

精神的にも元気でいますのでご心配くださいませんように。
ただ、いろいろな用事が多く、それらを済ませるまでには時間がかかります。
ボチボチ復活に向けて準備を進めています。
ナンだか緊張しますね!(笑)
Commented by anrianan at 2006-04-24 07:20
★kazunoriさん、
おはようございます。
ケーキを食べながらダイエットの講義をしているようなものですね。(笑)
ああいう所は、「向上したい」「TVに出ている人を見てみたい」と様々。
要するに、そういうことに興味がなくても「出来ている人は出来ている」。
私も自分はどうなのだろう? と、ほんとに怖くなりますよ。 (ーー;)
群れてるオバチャンは、ほんとにコワイ・・・・。(笑)
Commented by anrianan at 2006-04-24 07:28
★tengtianさん、
お元気でしたか! 良かったです。
お葬式の話が昨日も出ました。
ご焼香をする人は、間違えないように…と緊張して、「1、2、3・・・」と心の中で数えて、形で手を合わせて下がる人が多いですよね。
そうすると、亡くなった方は大抵喪主の隣に一緒に居らして、「1、2、3・・・・」「1、2、3・・・・」というのを聞いているのだそうです。(笑)
だから、心の中でしっかり「伝えたいこと」を言わなければダメだと言うことです。
考えてみれば、肉体を持っている時は「言葉」を必要としますが、死後は思うことで伝わるということですね。
あちら側では、大勢の人に拍手で「お帰りなさい!」と迎えられるようで、寂しいどころか、病気もなし、仕事もなし、思ったことはすぐ叶う世界だから、この世にいる方が地獄なのだと聞きました。
私もそう思います。生きていることに息絶え絶え・・・です。(笑)

しばらくブログをお休みすると、再デビューのような気分でしょ?(*^.^*)
楽しみに待ってます♪
Commented by kingminoru at 2006-04-24 07:50
マナーの悪さは民度の低さです。
ぼくはそう思います。
その点、ゴルフはマナーのスポーツです。
まずマナーありきから入り、周囲に気配りをして楽しみます。
それがゴルフなんですよ。
はじめてから知ったことなんだけど、ほんと紳士淑女の遊びです。
そんな婆と姉ちゃんがゴルフ場来たら、散々注意されるでしょうね。
Commented by としひろ at 2006-04-24 08:02 x
私のお客様にも困ったサンはいます。
年配の方はわがままなルール違反!若者の多くは世間知らずのルール違反!とっちもどっちですが・・・
私も町会の役員(今年は副会長)をやりますが、年々感じるのは権利は主張するが義務は果たさない人が多くなりました。困ります。
自由=権利と義務ワンセット! 権利主張のみ=わがままだと感じます。
Commented by anrianan at 2006-04-24 08:08
★kingminoruさん、
ゴルフはイギリスが発祥の地でしょうか?
やっぱり紳士淑女の国であり、西洋の歴史と伝統が成熟しているのでしょうか。
今『大村益次郎』を読んでいますが、神道の先生に言わせると
明治維新から「足軽文化」になった、上流階級が追いやられたそうです。
なんだか日本人という民族が短絡的なのかなぁ…と思いました。
例えば、ですね。 ゴルフ場でマナーに従っている人が、ゴルフ場以外でも
紳士淑女かと言うと、どーかなぁ・・・・、と思ってしまうんですよ。
Commented by anrianan at 2006-04-24 08:14
★としひろさん、
まさに、仰る通りです! (私も改めて肝に命じよう・・・)
>わがままなルール違反!世間知らずのルール違反! なるほど~ですね。
自由はやりたい放題とはき違えている人が多いですからね。
「自由」ほど厳しいことは無いのに。
割り込みさせる人は、自分の友達や身内にはいい人だけど、
それ以外の人にはどーでもいい、というところなんでしょうね。

町内の役員ですか・・・・、そりゃ大変だ。 (ーー;) ワタシニハ、デキナイ・・・・。
Commented by しゅうげん at 2006-04-24 08:24 x
江戸末期、日本に来た外国人たちは、
日本人の貧しくても、気高い精神に感動感心したそうですが、
今の日本人を見てどう思うのでしょうねぇ。
ゴルフのマナーの厳しさは、人間それだけずるいからあるんですよね。
モーゼの十戒もそうですよね。
ここぞという時に「我慢」できるか?
日々、精進ですね~^^;
Commented by anrianan at 2006-04-24 08:38
★しゅうげんさん、
そうかぁ・・・・、そうするとやっぱり戦後ですかね。
「アメリカのスラム文化」が今日に至っている、ということでしょうか。
アメリカでも、ほんとに上流階級の一部の人は別として
街中で見る一般米兵などは、愕然としますからね。
そこにブル下がるように歩いている日本人の女性を見ていると
「アナタ、何人?」と聞きたくなります。 アレが、今の日本人なんですね。
はぁ~・・・・、(;_;)  昔はアメリカ大好きでしたが、今はキライ!
Commented by genso-france at 2006-04-24 13:47 x
あきれてしまいますね・・・・。
更に腹正しいのは、江原さんの講座にそんな常識のない方々がこられていることですよね。江原さんがTVに出て伝えている意がまったく伝わっていない・・・。かなしいかな、それが現状。。。
その方々は来世、また一からやり直していただきましょう。。

昨夜、祖母が他界し、私自身も昨夜は「死」を体験しました。
強烈な体験をし、生きること、死ぬことを痛切に考えさせられています。
馬鹿は死んでも治らない。
私達は黄金の世界を楽しみましょう!!

ちなみに私もアメリカは大嫌いですわ(笑)

Commented by 雲水 at 2006-04-24 23:22 x
三毒。
1、怒り 2、欲望 3、恨み・ねたみ・そねみだそうです。
最近お釈迦様とか、仏教系の本が増えてきてます。
ものすごい短気な性格の私は、毎朝怒らずを誓っています。
楽しい場所に行ったら、チャンネルをそっちに合わせて、かわいそうな人のことは祈るしかないかもしれません。
『早く気付いてください』
と。
Commented by neo at 2006-04-24 23:42 x
ぷぷぷ。良かったです。同じような人がいて。
私も、むかつくとつい、注意してしまう事が多々あります。
この前は、地区の衛生自治会で
60歳くらいのおばさまのおしゃべりに腹を立て、叱ってしまいました。
逆恨みされて、刺されないように気をつけます(汗)
Commented by anrianan at 2006-04-25 05:17
★genso-france さん、
「普通」が本物だと思っているので、いかにも霊能者とか、精神世界を
延々語る人とか人に説く人、私はみんな「変な人」と思います。(笑)
でも、今はこういう変な人の他にいい歳こえて非常識な人が多くて、
ホントにピックリしてしまいます。変な人は変な子を育てるから始末が悪いです。

おばあさま、昨夜帰られたのですか・・・・・。 ほんとにご苦労さまでした。
きっとdariyaさんに会いに来ていらっしゃるのでしょうね。
最近、立て続けに知り合いのお身内が亡くなっています。
私は、まっすぐに光の国に上がって行かれるように祈りたいと思います。
Commented by anrianan at 2006-04-25 05:26
★雲水さん、
お元気そうですね!  おはようございます。
仕事の方は順調ですか?
「毒」は世の中に蔓延していそうですね。(笑)
私も短気だと思いますが、感情に任せて言ってしまうことは避けます。
でも言うことは、はっきり言います。(笑)
その場その場で問題を解決していく、未練や執着を残さないようにします。
「あの時、ああ言っておけば良かった・・・・」と思っても、死んだら言えない。
そして、その気持ちが執着になるようですから。
私は「かわいそうな人」は、違う世界にいる人と思って意識に即忘却の彼方です。(笑)
Commented by anrianan at 2006-04-25 05:31
★neoさん、
ホッ! 良かった、同じような人がいて。(笑)
どーして60歳前後のオバハンたちは、無神経な人が多いんでしょうねぇ。
その子どもが今30~40歳くらいとすると・・・・、ヤバイ、ヤバイ、私達の
年代も「変な人」が多いってことですね。(笑)
私も闇討ちに合わないようにしなきゃ、と思いますよ。(^.^;)
こういう時代ですから、何があるかわらかないですからねぇ。
Commented by tengtian60 at 2006-04-25 07:19 x
おはようございます!

あ、
genso-franceさま
おばあさまのご冥福をお祈りいたします。



ボチボチ始めます。
よろしくお願いします。^^
Commented by anrianan at 2006-04-25 08:09
★tengtianさん、
おはようございます!!
みなさん、お待ちかねですよ。(笑)

なんだかtengさま以来、「亡くなった」話が続いています。
そういう時期なのでしょうか・・・・、桜とともに・・・?

気楽に、ゆっくり、無理せずにね♪
Commented by genso-france at 2006-04-26 15:49 x
anriさま、tengtian60さま

ありがとうございます。
祖母は倒れてから1ヶ月後に旅立ちました。
亡くなる3分前までお話をしていたらしいです。
みんなに「ありがとう、ありがとう」と言って。
祖母の顔はとても穏やかでした。
自分の死を受け入れて旅立った祖母をとても尊敬します。
Commented by anrianan at 2006-04-27 06:45
★genso-franceさん、
穏やかなお帰りで良かったですね。
tengtianさんのお母様もつい先日、でした。
だから、他人事ではなかったのでしょう。
みんないずれは帰るのだと分かっていても、
五感に触れることができなくなるのは寂しいですね。

おばあさまは、これから近くで見守ってくれますね。 (^_-)
<< ここはハワイ? という感じ~♪ 知的中年になるために・・・・ >>