<< 岩手宮守村紀行-3 雪かき編 岩手宮守村紀行-2 >>
2006年 山蔭神道東海斎宮新年祭
岩手県宮守村紀行の続きのその前に・・・。


JR戸塚駅からバスで約10分、「柏尾」停留所下車 徒歩5分ほどの
   小高い所にある小さな神社が、“瑞穂神社”である。


d0046294_116304.jpg
山蔭神道の行道会なども行われており、毎年1月には新年祭が行われる。
今年は山蔭神道の当主が世代交代を行い、81世が一人でお越しになり祭祀を行われた。
彼の所作は物心ついた時からのものだから、それはそれはスバラシイ。
静かで丁寧で、周囲の空気までも変えてしまうのである。
祭祀中の、あのピンと張り詰めた空気というものは、
どこの神社でも味わえるものではない。
やはり、執り行う神官によって全く異なるものとなる。



d0046294_1171419.jpg外の境内に椅子を並べて行われる為、私も寒く無いようにと着込み、少々動きにくいと感じるのは、着膨れ状態のせいか、はたまた肥えたせいか・・・。
しかし空気は冷たいものの天気は快晴!
私も久しぶりに会う人々との再会に、心も快晴。



有楽町駅前「TOBA」(「NOVA」のモジリのつもり)会計事務所のトバッチにも会い、
ご子息のユータ君同伴。
このユータ君がまた、将来「イケメン」候補で楽しみだ♪

トバッチは、さすが公認会計士というだけあって緻密さを感じる。
“日本の構造改革!”なんてことを、二人でディスカッションし始めると、
感覚的に話す私とトバッチとは、決定的にどこか基本的な所でポイントがずれている。
それをお互い分かっていながら、譲れない! と、結果の出ないディベートを続ける。

  まぁ、要するに、そうやって遊んでいるわけさ。

ここに81代が加わると、
なんだか『ハリー・ポッター』和製3人組のような雰囲気が漂う。
  (いや、年齢的にはかなり成長し過ぎているが・・・・。 プッ!)

だんだん大人になってくると、学生の頃のような異性間の友達が少なくなってくる。
私は子供の頃から、男友達が圧倒的に多かったし、
女の集団に入ると「いじめられる」傾向があるから、
これからの残りの人生を楽しく生きるためにも、「男友達」は必要不可欠なのである。



d0046294_19585577.jpgこの2人のサラブ(注:「サラブレット」の略とします♪)が、何も無い私をよくぞ相手にして下さる。
と感謝に絶えないのであるが、
その割りには、「言いたいことを言い過ぎ」な私である・・・。
by anrianan | 2006-01-11 11:19 | ■伝統と文化 | Comments(10)
Commented by しゅうげん at 2006-01-11 13:20 x
81世のいう歴史は言葉では言い表せない重みですね。
フォトのお顔を拝見出来るだけでもありがたいことです!
毎年正月3日に例の「櫛引八幡宮」に家族で行き、
お祓いを受けてきます。
祝詞を聴き太鼓の音を身体で感じると、とても清められた感じがします。
すぐ、汚してしまうのですが…(笑)

>女の集団に入ると「いじめられる」傾向があるから
これはですね、いわゆる「嫉妬」ですよね。ジェラシ~♪
できる女はつらいね~、anriさん!
y(^ー^)yピース!
Commented by tengtian60 at 2006-01-11 14:19
こんにちは♪

ここにanriさんが加わって、和製ハーマイオニーって言うのはどうでしょう?
やはり、女性が加わった方がいいですね!
その逆もありですが・・・^^

だんだん年取ってくると、老若男女関係なくなってくるような。。
みんな友だちでーす!(笑)

岩手からお帰りになって、ピリットさせて、今年が動きだしましたね。
神道について、anriさんにお聞きしたいとUさんが。しかし時間が
足りませんでしたです。
Commented by 雲水85 at 2006-01-11 22:54 x
後ろは
「カナチュウ」(「ピカチュウ」のモジリのつもり)だろうか?
色合いが懐かしい。(かつて座間に2年住んでたことが)
Commented by hide_1510 at 2006-01-12 06:34
おはようございます。
私も毎年 会社で 初詣に行ってたので一緒しましたが
本当に 執り行う神官によって全く異なる、  そう思いました。
最近は 事務的に単純になって  「はい、どこどこの会社の人~」
なんてコンベアーにのって流れ作業 じゃないっちゅうに!!
こんなんで 本当にご利益なんかないでしょう  と
いいたくなりますよね
Commented by anrianan at 2006-01-12 10:34
★しゅうげんさん、
「櫛引八幡宮」の写真を、いつも興味深く見ています。
東北もその昔、武将が多かったですから、私の知らない歴史が
いっぱいあるのだろうと思います。
東北の神社も、そのうち巡ってみたいですね。

私は修行が足りないので、好き嫌いを瞬間的に感じてしまい、
嫌いな人とは努力しても、やっぱり上手くいきませんね。
男女関係なく同じですけど、無駄な努力はしないことにしました。(笑)
Commented by anrianan at 2006-01-12 10:38
★tengtianさん、
そのうち、男女関係なく友達関係のみになってくるのかもしれませんね。
でも、まだチョットね、微妙に難しいお年頃なのよ・・・。(笑)
ユータ君が撮ってくれて、三人で写っているのもあるのですが、
私の面はすでに割れているので、今更いいかな、とコレにしました。
神道について、そんなに詳しいことは知らないのですが、
好きなことだから、話題になることは楽しいです。
そうですよね、時間が足りませんでしたよね。全然。(笑)

まだ今年の目標が見つからず、朝目が覚めると「どうしたいいだろう」
と布団の中で考えることが、最近の習慣になっています・・・。
Commented by anrianan at 2006-01-12 10:43
★hideさん、
>執り行う神官によって全く異なる … って、やっぱり感じますか?
山蔭神道の先代(81代のお父上)は、信仰心を本当に持っている
神官がほとんどいない、と仰ったことがあります。
そうすると、その神社は「神さま不在」なのだそうです。
だから、パンパン申すぅ~、のお祓いは、ホントにご利益ないですよね。
hideさんの会社は、いつもどこに初詣に行くのですか?
Commented by anrianan at 2006-01-12 10:46
★雲水さん、
そうそう、後は「ピカチュウ」です。(笑)
座間に居たことがあるんですかぁ! どのくらい居たんですか?
同じ神奈川県民だったんですね。
座間も米軍基地がある所ですよね。
そこでも笑人をやっていたんですか?(笑)
Commented at 2008-05-10 04:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by anrianan at 2008-05-10 07:21
★2008-05-10 04:53 カギコメさん、
書き込み、ありがとうございます。
これは2006年の記事ですので、いろいろ変化はあります。

私の方で、ちょっと理解しにくい点もあるのですが・・・・・。
初めての方に文章でご返答するのは少々難しいのですが、アドレスの方に一応返信させていただきました。
質問がもっと具体的にしぼられると、お答えしやすいと思います。・・・・・・
<< 岩手宮守村紀行-3 雪かき編 岩手宮守村紀行-2 >>