<< キャラメルナッツロール あのパンに出会いたいのに・・・ >>
雨が降っても降らなくても憂鬱なこと
このごろは毎日、パンの本を眺めたり、材料を調査(ネットで)したりしながら、パン作りの妄想にふけっているのですが、他のこともやっているので、それをちょっと記しておこうと思います。

家中の網戸の張り替えが、ほぼ終了しました。(何十年ぶりのリニューアル!?)
d0046294_10481862.jpg

といっても、張り替えてくれたのはスーパーマンでございます。
いえね、私も網戸張り替え作業は非常に興味があったのでございますよ。でも労働の後はお腹が空くし、その時に食事の用意ができていないと、ご馳走になってしまう事態になるわけでして、そんなの悪いざんしょ。網戸を張り替えてもらって(しかも材料も持参してくれるのに)、ご飯も食べさせてもらうなんて。
だから、あちきとしては打ち上げの宴を準備する係りに回るわけでございますよ。
d0046294_10532644.jpg

考えてみるに、“お一人様”の時間がほとんどでございましたから(それは今でも同じでござんすが)、食事でも自分が満足すればいいわけで、素材にはこだわっても、あまり見栄えにこだわる必要はなかったわけでございます。ところが!

人にご馳走するって、なぁ~んて大変なんざんしょ! (つくづく実感)
ま、大変は大変でも楽しい大変でございますけど、惣菜(酒の肴)を1種類だけというわけにはいかず、丼飯を作っても“つまみ”にはならず、いわゆる“前菜”というものを並べるという苦労。この苦労は知りませんでしたねぇ。

海外ではホームパーティーというものが何気なく頻繁に行われているわけですが、“ああ、こういうことも慣れが必要なんだなぁ”と、あらためて感心するばかり。子どもを育てた人は、子どものお弁当を毎日作ったり、朝晩の食事の用意をしたりという、日々の訓練をしていたわけでございますからね。・・・・・・すごいなぁ。

ま、大分時期は遅れて今更ながらではござんすが、そういう体験をさせていただいている今があってよかったなぁ、と思うのでありんす。・・・・・・

さて、
スーパーマンに頼ってばかりもいられないので、庭の草刈りは“草刈りの助”とともに、気張っていかねばなりません。蚊にも負けず、蜂にも負けず、夏の暑さにも負けず、サウナスーツを着込み、草刈りの助がくたばるまで、あちきもともに戦うのでございます。
あ、草刈りの助は充電式の草刈り機なので、おおよそ20分でくたばるのですね。・・・ちょうどよござんす。
(↓ 手前を刈り終えて、元畑の方にも少し刈り入ったところ)
d0046294_1172792.jpg

どうでございます? 女の細腕でも結構きれいになるもんでございましょ? 二階から見ると、こんな感じですの。
d0046294_119255.jpg

ところが、この庭はもうちょっと西側にも広がっておりまして、こちらはまだ手つかず。
d0046294_1194516.jpg

すももの木の周囲にぐるりと草が生い茂っておりますが、これでも少しずつ大きな草は抜いているのです。
面倒なことは、一気に草刈りの助に刈り込んでもらおうとすると、ハーブやニラや、種を撒いたアスパラなどが、雑草の合間を縫って芽をだしているので、ズバッと刈り込むわけにはいかないのでございますよ。・・・トホホ…
d0046294_11123690.jpg

やはり、なにごとも機械作業よりも手作業、ということになるのですね。
ここら辺が、腰が重くなる理由なのでございます・・・・・・。

全国的に大雨に見舞われているようですが、今のところこの辺りは止んでいます。
こういう隙にちょこちょこっと手入れをすればいいのですが、その“ちょこちょこ”のために、しっかり着込んで装備しないと、蚊や蜂に襲われます。
手入れはしたいが準備が面倒臭い・・・・・・。
このジレンマから解放されるには、やはり自分との闘いしかないわけですね・・・・・・。

ああ・・・・・・!

早く雨が降ってくれないかなぁ・・・と願う怠慢なあちきに、今日もぽちっとお願いね。d(^_^:)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-06-11 11:49 | ■家庭菜園
<< キャラメルナッツロール あのパンに出会いたいのに・・・ >>