<< 熟れすぎちゃって、ごめんなさ~い♪ 常夏のハワイ >>
自然流農園 梅雨の合間
雨は降っていないけど、相変わらず太陽燦々というわけにはいかない。
それでも時折薄日が射したりすると、このまま晴れるのではないかと期待してしまう。
もちろん裏切られっぱなしだけど。


“ジャガイモは葉っぱが枯れても、できているかもしれませんよ~”
という言葉を思い出して、
(そうだ、掘ってみよう)
と埋めた場所に行ってみるが、跡形もない。
鍬で掘っても、何もない。

  いや、実に・・・・・・不思議だ・・・・・・・。

すべてのジャガイモの痕跡が消えている。
推理小説の謎解きのように皆目見当もつかない。・・・・・・


考えても分からないので、そのままジャガイモのことは忘れることにする。
(あんなに葉っぱが大きくなっていたのに・・・・・・・。)

                           いや、不思議だ・・・・・。   (しつこい!)




庭の“芝生”と呼ぶエリアの草が大分伸びている。
植物は外見で判断する私は、嫌いな容姿の草を抜いていく。

まず、私の足首以上に伸びる草はダメ。
でもすみれやカタバミのように可愛らしい花を咲かせているものは、花が枯れるまで抜くのは保留。
抜く時に、ブチッ! ブチッ! と音がして、この音があのプチプチのように気持ち良かったりする。

一応帽子を被り軍手もして、長靴まで履いて完全防備で庭に出ているが、それでもすでに蚊の大群に囲まれる。
僅かに露出している私の柔肌を狙って、貧血ぎみの私の血を吸うのだ。
なんと性質の悪い悪党たち!
しかもこの悪党たちはバカだから、手に持っているデジカメにまで群れをなして止まる。
(デジカメの血を吸おうってのかい?) 
そのアホさに呆れるね。・・・・・ というアンタに呆れるよ、あちきは・・・・・。


その大群と闘いながら、野菜を植えている“畑”エリアも適当に草を抜いていく。
これは日当たりを考えてのこと。
自然流は雑草とともに完全無農薬で育てる方法なのだけど、周囲の草が伸びすぎても日陰になってしまう。
今までそれが原因で育たないことが多かった。

特に、農業一年生の時に植えた「枝豆」は、周囲の草に覆われてダメだった記憶がある。
今年は比較的育っているように見える。 (写真をクリックすると大きくなります)
d0046294_1210721.jpg

他の場所に播いたタネも、ほぼ同じような成長が見られる。
ちなみに枝豆の向こうに見えるキャベツのような葉っぱは、・・・・・たぶん、ブロッコリー。
タネが飛んできて着地したもので、雑草に囲まれたまま放置して様子を見ている。

そして、毎年花が咲くまでに至らなかったバジルは、この通り。  (これもクリックすると大きくなります)
d0046294_1212335.jpg

昨年、ローズマリーやミントに囲まれてやっと枯れずに残ったバジルだが、花が咲くまでには至らなかった。
今後は天道生えのミントの合間に苗を植えたので、なんとか虫から守られているようで花を咲かせた。
このまま大きくなって落とし種から芽を出すとか、株が増えていくとかの展開になるといいのだけど。・・・・・
自分ではタネを落としてない癖に、植物に期待を寄せる勝手なあちき・・・・・。


やはり、一年目の時に虫に食われて全滅した「小松菜」は、今年この程度。  (これも大きくなります)
d0046294_12151456.jpg

まだまだ充分とは言えないけれど、一年目の時のことを思い出すと、これでも成長している方なのだ。
小松菜のタネを播いた一番の理由は、“菜の花を食べたい”ということなのだけど、小松菜は秋播きも出来るから、
(今回できた分は食べてもいいかも・・・・・・)
と皮算用をしている。

実験をしている気分で眺めているのは、芽キャベツ。
昨年苗を買って植えたはいいけれど、小さい芽キャベツを1個だけ付けたまま、ちっとも大きくならなかった。
その苗を放置していたら結構大きくなってきて、今はイッチョ前に“キャベツでござい”てな顔をしている。
虫に結構食われているが、それでもメゲているようすは感じない。   (これも大きくなります)
d0046294_12205787.jpg

この芽キャベツの向こうにチラリと見えているミニトマト(アイコ)は、それほど背丈を伸ばさないまま、すでに実を付けている。   (これも大きくなります)
d0046294_12313310.jpg

毎年ミニトマトは、比較的順調に実を付けてくれるので安心。
それよりも、ちょっと心を痛めているのがこれ。
d0046294_12331397.jpg

これは種から芽を出して、外で冬越えもして、やっとここまで成長してきたレモン。
今年はやたらと幼虫がくっついている。
蝶々が柑橘系の葉っぱを好きなことは知っているけど、大きなミカンの木やレモンの木があるのに、なぜかこの幼いレモンの木にやたらと幼虫を産みつける。

私は見つけるたびに割り箸で掴んでは捨てるのだが、ロリコン好きもほどほどにしてほしい。
そろそろ地植えにしようかと思っていたが、まだしばらくは幼虫を取り除く作業をしてあげないと、丸食いされてしまいそうだ。・・・・・



というところで、すでに私は蚊の大群に丸食いされており、顔や手首が痒くて仕方がなくなった。
(顔は命っていうからね・・・・・・)  アンタはおヒナさまかい!?


  なんとなく不燃焼の気分だけど、・・・・・本日は退散!






はぁ・・・・・・、
これからの季節が思いやられる・・・・と、すでに戦闘意欲を失っている私に、応援のぽちっをお願いねぇ・・・・・。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-06-14 13:05 | ■家庭菜園
<< 熟れすぎちゃって、ごめんなさ~い♪ 常夏のハワイ >>