タグ:DIY ( 10 ) タグの人気記事
やっと、フローリング完成!
5メートル36センチの廊下は、約3.5㎝ほどの段差がありました。場所によっては板がきしんで少々沈み、剥がれていたところもあります。そこに接ぎを充ててもらったのが昨年で、これだけでも十分きれいになったようでうれしかったものです。
d0046294_135524.jpg

おナカさんがクックとやってくることになり、家中の物を大移動しなければならなくなったとき、この廊下の突当りは、こんなふうになっておりました。
d0046294_1383360.jpg

かれこれおナカさんが岩手に行ってから16年以上、その間に私の物たちがどんどん溜め込まれていました。カラーボックス1つを空にするにも1日かかる始末。どーん! と捨ててしまいたいのに捨てられない。何があるのかをチェックしながら、いらないけれど捨てられないもの(人からもらったり、新品だったり……例えば、以前のプリンターのインクとか、新品のMOディスクとか…)は、目をつぶって一気に「廃棄」の袋に放り込みました。そうしてようやく、廊下の壁に再会し、
d0046294_13144588.jpg

低い段差を上げて、プチリフォームに取り掛かりました。
一般的には、幅の細い根太(ねだ)と呼ばれる木を30センチくらいの間隔で置き、その上に合板を張って最後にフローリング材を張るそうです。けれど、窓になっている面の根太は固定することができないため、合板を2枚重ねて敷きつめ、その上にフローリング材を張ってしまうことにしました。
d0046294_132567.jpg

先週末、ようやく残りの部分に着手することができ、
d0046294_13264718.jpg

柱のでっぱりや、当初根太に使うはずだった板も無駄にせず、すべて敷き詰め、ようやく完成した廊下を歩きながら、おナカさんは「家らしくなった!」と大喜び。
d0046294_13285248.jpg

ええ、クックも気持ちいいらしくこの上でペタリと寝るので、クック用のタオルを敷いてあげました。

ところで、最近の冷蔵庫ってずいぶんと大きいんですね。置く予定にしていた場所が、ことごとく高さが足りず(敷居にぶつかって扉が開かなくなるんですの)仕方がないので、台所に近い廊下の隅に設置することになりました。
d0046294_13321428.jpg

これから暑くなることですし、当分冷蔵庫2台を使っていきます。
うっふぉふぉふぉ……! な~んて贅沢なんでございましょ! 冷蔵庫2台使えるなんて夢のまた夢でしたのに、ああ! 早くパンを焼いたりスイーツを作りたい!……

そして、次なる作業はおナカさんのテレビが映るようにすること、そして台所の前にテラスを組み立てること。本日は雨なので草刈り作業はできないし、今週末はちょいと出かける用が入ってしまっているし……なかなか思うように進みませんが、これからの改善計画をしょっちゅうおナカさんと語り合い、妄想族は雑草のようにどんどん伸張しております。

少しずつ、お互いの物をしまう場所やキッチン用具の使い方を調整しながら……もう少し経ったら、何の問題も起こらずに日々の時間が流れるようになるに違いありません。……ふぅ……

二人が言い合っていると、クックはビー玉のような目をジッと見開いたまま、私とおナカさんを交互に見ています。どっちが「ボス」なのか見極めようとしているようにも思え、ケンカをしているんじゃないかと不安になっているようにも見え、それでも二人の傍らにいるのがうれしいらしく、いつもどちらかにくっついて歩いています。あるいは、寝ています……
d0046294_13453759.jpg

座敷だったり、脱衣所だったり、玄関だったり、廊下だったり、
d0046294_13471049.jpg

財宝温泉水をよく飲み、一緒に毎朝カフェオレも飲み、食欲もあり、出すものも出し、波打ち際も怖がることなく、クックはあっさり馴染んでくれているようでホッとしています。

只今おナカさんは(社交)ダンスのレッスン。
岩手に引っ越す前に通っていた先生や仲間と再会して楽しんでいることでしょう。

低速ギアで進み出した熟女と熟々女と熟美犬…にポチッと応援してくだされ。d(´ー`)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-07-01 14:10 | ■住まい
あと五週間・・・・・・焦りまくりの日々ざんす
ああ、すっかりブログからご無沙汰しているではないか。
なんてこったい、350mlの缶ビール(正確には第3のビール)も、あと1本しかないじゃないか。
ああ・・・またカネが出る・・・・・・でも飲みたい・・・・・・飲みたいものは飲んでおかなくちゃ、生きてるうちに!

なんてことはどーでもいいことで、どーしてブログの更新をさぼってしまうかというと、なんとパソコンが新しくなったのである。
おお、そうよ、ウィンドウズの「8」ってやつよ。
これが、すこぶる使いにくい。
スマホさえ使えない私には、指先でチョンなんて触って画面を変えるなんて、なにやら勝手が違う。
マウスが好きなのよ、マウスが!

というわけで、マウスをつけたけど、なによ、デリート(Delete)キーがないじゃないの!
削除する時には、絶対にバックキーじゃないと受けつけないって、なによ、これ!
ページを戻るのは、どーすればいいのよ! ・・・・・・と思ったら、戻るキーを見つけ無事解決。
でも「やっぱりページを進む」キーはない。
なんじゃい、このWindows8は! 
今までWindowsを愛して使い続けてきたユーザーを全然大切にしてないじゃないかい!

などということで、DVD(CD)デッキもついていないニューPCは、①写真のバックアップがとれない、②画像の編集ソフトも使い方がよく分からない(買うのもバカバカしい)、などの理由で、毎日更新したい私(?)の気持ちを萎えさせているのである。・・・・・・(ホントかぁ?)

とにかく、長くサボると、このようにどーでもよい言い訳で時間を費やし、無駄に書くことも多くなる。
いい加減、本題に入ることにしよう。

あれ? 何が本題だ?・・・・・・
ゴールデンウィークから今日まで、毎日毎日オモシロいことがあったはずなのに、それらをイチイチ書くわけにはいかないし、だいたい大方忘れているじゃないかい。
ということで、やっぱりおナカさん(母)とクックがやってくる6月中旬に向かっての「大改造」(=大片づけ)が本題ということになろう。

まずは「壁一面に本棚を作る!」に取り組んでいる状況を報告。
この部分に、文庫本用の棚を三段つくることを算段。(^_^;) 4月25日のことでござんす。
d0046294_1157918.jpg

そして翌日、こうなった。
d0046294_11595039.jpg

きゃ~、すごい! すごい! ええ、まぁ・・・アタシが作ったというわけじゃないんですがね・・・・・・。
でも、本を並べたのはアタシ。
d0046294_1225823.jpg

先週末にホームセンターに行って、この下の部分に作りつける本棚用の木材などを買ってきた。
5000円以上買うと送料は無料になる、というので、配達をお願いしたのだが、一番早く着いて今週土曜日の14時以降だとか。・・・・・・遅いよなぁ、楽天だったら数日なのに・・・・・・なんて心の中でボヤキながら手配を済ませ、近くの漁業市場にある食事処で帰路のエネルギーを蓄えて帰ってきた。
ええ、だって自転車で行ったんですもの。
d0046294_121028.jpg

一緒に行ってくれた相棒は、こちらの「地魚丼」。
d0046294_12104676.jpg

途中で自転車を変わってあげたのですがね、……アタシのは電動自転車だから、坂道を苦労している相棒の姿を見たら、心優しいアタシはついつい可哀相になってしまって……でもこれは大失敗。 ものの3分で
「やっぱり、自転車、交換して」 ゼイゼイ……(上がり坂だったし…)
てなことになって、アタシは電動自転車を返してもらいましたわ。

この時ばかりは、文明の利器を手放せない、と思いましたよ。
さすがのアタシも……。

ぽちっと応援をお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-05-13 12:25 | ■住まい
玄関の扉
今日は湿度が少し高いようですが、朝から陽が差して、すっかり夏のようです。
膝と肘の怪我もカサブタでふさがり、皮膚が攣れて痛むことがなくなった分、汗をかきながら一気に巻き返しです。
何を巻き返すのか?・・・・・・ええ、布団を干したり、大物を洗濯したり、パンを焼いたり・・・・・・。

飽きもせず今日もパンを焼いておりますが、夏を感じる本日は「夏の扉」について。・・・いえ、玄関の扉でした。
d0046294_1544524.jpg

この扉、もともとは茶色だったのですが、ある日こんな色に変わっていました。
当時、私は東京に住んでいて、再びこの家に住むことになるとは思っていませんでしたので、おナカさんが、
「きれいだろぉ~! 塗ってもらったの!」
と嬉しそうに言うのを聞きながら、なんで白に塗っちゃったのぉ? と思いましたが口には出さず、そうだねぇ・・・などと適当に相槌を打っていたのではないかと。・・・・・・記憶にございません。

ところが、それからかれこれ二十年以上経つ(?)この頃は、ところどころペンキが剥げてきて、よく見ると汚れも目立ちます。この扉のリニューアルに目をつけたのが、私ではなくてスーパーマン。・・・・・・塗り替える、というのです。

まぁ・・・塗り替えたいというのなら、やってくれてもいいけど・・・・・・と思いながら、私もチョットやってみたい。
網戸の張り替え体験はとうとうできなかったから、扉のペンキ塗りはやりたい! 
という強い思いが湧きあがり、作業後の食事は外食をすることにして、一緒に作業をすることにしました。

この扉の上から白ペンキを塗るのかと思ったら、まず今塗られているペンキを剥がす、と言います。
こんな針金のブラシや、
d0046294_1552432.jpg

こんな茶色の網のようなもので、ペンキを剥がしていきます。
d0046294_15513035.jpg

これが結構大変。思うように剥がれてくれません。
やっているうちに、少しずつコツがつかめてきましたが、それでも半日ではとても剥がしきれませんでした。
d0046294_155993.jpg

ところで、ペンキを剥がしていると、ご覧のとおり、白ペンキの下からなんとも味わい深い木目が。
協議の結果、白ペンキを剥がしたらニスを塗って、そのまま木目を生かすことにしました。
それにしても、なぜ白ペンキを塗ってしまったんだろう・・・・・・。

毎日、ちょこっとずつ剥がしているのですが、すぐに蚊の群れがやってくるので、一回いいとこ5分。
郵便を取りに出たついでとか玄関を掃き出すついでに、針金ブラシを持って外に出て、蚊がやってきたら、すぐに家の中に逃げ込みます。

わが家の周囲は自然に溢れていますが、やぶ蚊も溢れていますから、亜熱帯に近づく日本の夏は、野性的ナチュラルガーデンの手入れに頭を悩ます時期でもあるのです。・・・

ありのぉ~ままのぉ~姿でいいのよぉ~♪ (ホントか?)に、ぽちっと一票をお願いね。d(^0^)~♪
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-06-25 16:36 | ■住まい
床板と網戸の張り替え、そして天井も・・・
ゴールデンウィークが明けて、何事もなかったかのように日常の生活が始まると、休み貯めした時間(?)など一気に消費してしまいます。

そもそも、起床時間の6時がつらい。日の出が早くなったから楽なはずなのに、なんとなくダラダラと夜更かしをする癖がついてしまっているのです。“早起きは三文の徳”といいますが、金曜日などは7時10分ごろの起床になってしまい、早回し映画のように朝の儀式をこなしながら、
(今日は忙しいから、おむすびを持っていくのはパスしようか・・・)
との考えが。
いやいや節約しなけばならないし、自分で作った方がおいしいから、やっぱり持って行こう・・・とランチを用意。
(自転車で駅まで行っちゃおうか・・・)
と思ったのですが、天気予報では、大気が不安定で雷がなったり、雹(ヒョウ~!)が降ったりするとのことでしたから、やっぱり乗って行けない。・・・
ということで、いつも通り、節約と健康のために、駅までの約20分強の道のりを歩いていくことに。
今日は小走りで行かなくちゃ・・・・と家を走り出て、急な坂道を駆け下りバス停に近づくと、まるで計ったかのようにバスがやってくるではありませんか。
(ああ、これはバスに乗れってことね・・・・)
と久方ぶりにバスに乗りましたが、そのバスの混雑ぶりにうんざり。
(ああ、しかも、こんなに天気がいい日にバスに乗るなんて・・・・)
と後悔しきり。さらに、バスを降りる時にパスモをピッとかざすと“175”の数字が表示され、
(えっ!)
と内心ピックリ。(今さらながら) バス代って170円じゃなかったっけ・・・?
そうかぁ、5円は消費税分ってわけかぁ! と思い至り、ダブルパンチ。  

ああ・・・、早起きは、175円の得・・・・・・。

さて週末は、先週行ったDIYの続きです。廊下の隅にある天井の雨漏り跡と、廊下の一部分を直してもらいました。
d0046294_984560.jpg

まるでパッチワークのように、ピタリと張り付けられた新しい板。
古い床板との色が違いますが、私はこれが妙に気に入りました。
ここの床板は割れてしまっていたので、仕方なく茣蓙を敷いていたのです。
これで本日から、茣蓙なしで茣蓙います。・・・(/_^;)

そして、こちらは隅っこにできていた雨漏りジュニアの修繕後。この廊下の天井にはビニールを張り付けていました。
なんとも近年では稀にみるビンボーたらしい家・・・・・・ではなく、アーティスティックな家。・・・・・・
d0046294_985553.jpg

丸いシミのようなものは、蛍光灯を取り外してもらった跡です。
その隣に新しい板が打ち付けられています。
これらが終わると、破れ目が目立つ網戸二枚を張り替えてくれました。

これらの材料を自ら買って持ち込み、直してくれたスーパーマンには、せめて手料理でおもてなしをするしかできません。
あ、かなり食べてしまってから、写真をとっておこ! と気づいたので、・・・ちょっと見た目がイマイチ・・・イマニ・・・。
d0046294_991224.jpg

やっとジューシーなハンバーグができて大好評(?)だったので、記念に一枚撮っておきたかったのです。
隣の(食べかけの)コロッケは、マグロの煮つけを入れたマグロコロッケ。

そして、二日がかりで作る鶏肉のほろほろ煮。骨からほろっと肉が取れるくらいまで煮込んで、醤油と砂糖、みりん、酒で味付け。食べる時に魚焼きコンロで表面を焼きます。
d0046294_992619.jpg

「何か食べたいものはありますか?」
と聞いたら、“アシタバの天ぷら・・・・・・”とのリクエストを受けたので、庭から摘んできて天ぷらに。
d0046294_993593.jpg

こんな物ではありますが大いに喜んでいただき、私も天井と床と網戸が「不通の家」のようになってきて大いに喜んだ週末でした。

夜になって、月明かりの中で静寂を楽しんでいると、セミの初鳴きが聞こえてきました。
なんてこった、もう鳴きはじめるなんて・・・・・・!
(セミ! うるさいっ!)

けれど、こうしてセミの鳴き声が聞こえるのも自然がある証拠、平和だからこその時間。
30年後も、こうして穏やかな夜を迎えていられるでしょうか・・・・・・。

雨漏りが怖くなくなったアタシに、祝ぽちっ★をお願いね。d(^.^)q
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-05-11 12:01 | ■食生活
アートな家
ゴールデンウィークが近づくと、いよいよジャスミンの満開が近づいてきたなぁ、と思う。
昨日、今日の天気予報では雨とのことだったので、咲き始めたごく一部を切り取っておいた。
d0046294_9175922.jpg

咲き始めのジャスミンが一番香るような気がする。
毎年、少しずつ切り取って家の中のあちこちに飾るのだが、初咲の花のような強い香りを感じなくなる。
香りに慣れてしまうのか、それとも咲く花の数が多くなるほど香りが弱まるのか。

もうすぐやってくるゴールデンウィークは、毎年“草刈りウィーク”。
ジャスミンの木の前にお茶の用意をしておき、ティータイムやランチタイムは外で楽しむようにしている。
太陽の光とジャスミンの香りが、なんとも幸せな気分にしてくれるのだ。
今年もあと数日で、その時間がやってくるんだなぁ。・・・・・・

さて話は変わって、わが家はご存じのとおりボロボロのボロ家なので、手をかけなければならない所は満載だ。
庭が野性の小森ならば、家の中も創造性を発揮しまくるアートスペースだらけ。
雨漏りで長年ビニールを張っていた廊下の屋根板。昨日この2枚の板が、“困った時のスーパーマン”によって張り替えられることになった。

なんといっても、わが家の雨漏り歴は長い
ぽたりぽたりと滴が落ちてくる箇所にビニールを張り、一か所に穴をあけて糸を垂らし、落下した水滴が跳ねないようにするなど、さまざまな工夫がこらされてきた。が、とうとうその歴史も幕を閉じようとしている。

こわごわビニールを取り除き、朽ちて薄っぺらい板をベリッ! と引きはがす。
d0046294_9515199.jpg

薄板一枚残して、この上から新しい板を打ち付けることにした。
d0046294_9571692.jpg

そして、こちらが出来上がり。
板の色が全然違うけれど、ビニール張りと比べれば、格段に普通の家に近づいたではないか!
d0046294_9333912.jpg

向かって、左後方にも雨漏り跡が見える。(カゴが下がっている部分) 次回はここを張り替え予定。
まだまだ張り替えなければならない箇所は盛りだくさんで、屋根板が終わったら床板もある。
そのうちに庭に張り出すテラスを作ろうなどという企みもあり、こうなると断然ボロ家が楽しくなってくる。
しかし、スーパーマンは3分間しかいられないので、・・・・・・あ、これはウルトラマンか。
とにかく時間限定の労働だから、少しずつ普通に人が住んでいそうな、そしてアートな家になっていくことになる。

そんなこととは関係なく、野草園の草たちは日々たくましく成長しながら季節を知らせてくれる。
私はその野草園の手入れをしながら、ひたすら季節を追いかけるのだ。
とはいっても、今日は雨だから身体の電池が微弱で、太陽光充電もできない。
だから、その代りに、正午に近づいたら泡の出るガソリンを給油せねばならないのだ・・・・・・。

晴耕雨呑の生活に、ぽちっとお願いね。d(^.^;) 風呂ニモ入ロ…
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-04-30 10:31 | ■とりあえず日記
キッチンの小物たち
長いこと読んでくださっている方々は、いかに私の住まいがボロであるか、よーくご存知のはず。
できれば雨漏りの屋根も引っ剥がして自分で直したい衝動に何度も駆られているが、こればかりは途中で投げ出すわけにいかないので、手を出さないようにジッと我慢をしている。

けれど内部に関しては、どーせボロなのだからこの際、思いっきりクリエイティブな住まいに変えていってもいいのじゃないか、などと富に思うこの頃。

“ピアノを処分した跡地(?)に棚を作って果実酒を並べる”
というマニフェストの他に、“キッチンで使う小物(お玉や泡立て器など)を天井から吊るす”というものも長いこと心の中で温められてきた。
そう、出来れば欧米のキッチンで良く見るように、天井からいろいろ吊るして使いやすくしたいのだ。

ようやく今年になって、比較的よく使う物だけをささやかに下げてみた。 とりあえず。
d0046294_10195194.jpg

先日おナカさんがやって来た時、
「あれぇ・・・・・、いいことやってるじゃ。・・・・何で(=何を使って)下げてるの?」
と聞く。
この人は何でも見えない所にしまう習性があり、こうして見せる収納をあまり好まないのだけど、
(これは予想外!)
と驚いた。

「これ? これは桜の木。これは100円ショップで買ってきたS字型の吊り具。もっと両端にぶら下げられるんだけど、木の太さが違うからさぁ、このS字の金具だと合わないんだよねぇ」
d0046294_10283067.jpg

「いいじゃぁ~! オカーサンもこういうふうにやりたいよなぁ・・・・」
などと言う。
へぇ・・・・・、人間変われば変わるもんだねぇ。


そのうちに壁の一部もぶち壊して、カウンターキッチンのようにしてしまおうか。
と無謀なことがちらちら頭をよぎるようになっている最近。(cocoさんのリフォーム記事の影響大だ)


  啓蟄も過ぎたので、なにやら私の中の虫も動き出しているのだ。・・・・・






昨夜は蚊第一号を発見! これから虫を無視できない季節。
はぁ~、とため息が出る私にぽちっと応援をお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-03-11 10:10 | ■住まい
網戸の補正
ずっと網戸の一部に穴が開いていて、網戸の意味があるのかないのか?・・・・・
と我ながら気になりつつ、飽きれてもいた。

(網戸を張り替えればいいんだよなぁ・・・・・・・)
と分かってはいるが、網を買ってこなければならない。
枠は簡単に外れるのか?
など、初の作業はワクワクよりも憂鬱さの方が勝って、なかなか腰が上がらなかった。


ところが、

昨日ふと閃いた!


  そうだ・・・・・・、継ぎ当てをすればいいんじゃない。


連想ゲームのように、野菜や果物が入っている網袋を思い出す。
(あれだっ!)
思いついたのが夜だったので、明日明るくなったらやろう、と昨夜はそのまま寝た。



一夜明けて、日が差し込む中で顔を洗っていると、目の前の“穴”が目に入った。
洗面台前の網戸だから、こうやって毎日目に入っていたわけだ。
その度に、僅かな“なんとかしなくちゃ”感を積み上げていくことになるから、これが気付かないうちに心の負担になっている。

(そうだった、継ぎ当てをするんだった。)
思い出した私は、早速継ぎ当ての網を持ってきて、適当な大きさに切りぬく。
裁縫箱から針と糸を持ってきて、そのまま網のこちらとあちらに針を抜きながら縫っていく。

  完成!
                  ふふふっ・・・・・・・♪
d0046294_12363950.jpg


私ね、キャンドルを使うんですよ。(危険な遊びではないですよ)(^_^;)
窓辺に置くと、風にあおられた炎がこのように網戸の穴をあけてしまうわけです。

こうした穴があと1つ・・・・・・、夏が来て気になる日々がやってきたら直そうか。・・・・・



ランキングに参加中です。
網戸の継ぎ当て推進委員会に応援のぽちっをお願いね。(笑)

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-04-30 12:46 | ■住まい
軒下の修繕
今年4月15日の日記に、<気になること その2>でこの軒下が登場している。
たぶん、気になりだして1カ月くらいは時が経過していたと思う。
最近は「台風」が接近するようになってきたし、風が強いと押し入れの扉が風圧でガタガタとなるし、夜などはとても怖いのだ。

ようやく、前回の助っ人ビンさんが来てくれることとなった。今回は奥さんのユカリンも一緒。
平日は仕事で忙しいから貴重な休日なのだけど、その一日を割いて時間を作ってくれた。


d0046294_7342417.jpg日増しに剥がれて今やボロボロの残骸を取り除く。
(赤矢印の部分もすでに修理を要するのだけど、今回は保留)
すると屋根裏に小さな蜂の巣を発見! その巣にとまっている蜂は3.5~4cmほど。
「ど、どうするの?」
と聞くと、ビンさんは、
「このまま蓋しちゃう」
ええ~! どっか隙間から家の中に入ってきて刺されないかしら。・・・・・・


d0046294_7343866.jpg私のそんな内心の心配をよそに、ビンさんはテキパキとサイズを計って、先日私が白ペンキを塗っておいた板を電動のこぎりで切り取り、板の中央にドリルでいくつかの穴を開け始めた。
「通気穴を作っておくね」
(なるほど~!)

どうやら、ウチの屋根には通気口が無いから湿気がひどくなるというのだ。
軒下が一部崩壊していたことで、逆に風通しが良くなっていたというんだから、この家を建てた建築業者はどうなんだろう? と疑ってしまう。

あちこちを見ながら、軒下が全体的に痛んでいると言われ、私は修理代のために“どがんかせんとならん・・・・・” と心で呟く。

d0046294_7345155.jpg
そうして板をもって再び屋根へ。
私もお手伝いをしに屋根へ。
そこで初めて、マイホーム制作中の蜂をこの目で確認する。
「そのままじっと動かないでねぇ~」
といいながら、ビンさんはほんとにそのまま板を打ちつけてしまった。
かくして蜂は、暗闇の中に監禁されてしまったのでした・・・・・・。

d0046294_7351482.jpg

← できあがり!

この安堵感といったらない。
人間は、どこかが痛かったり、いつも暮らしの中で使っているものが不具合をきたしたりすると、こんなに落ち着かなくなるものなのか、とこの家がつくづく教えてくれる。
なんせ、全部立て直ししちゃった方が早いような家だからね、
「なんとかせねば・・・・・」
という問題解決の学びには事欠かないわけよ。(^_^;)




さて、最後に今日の<おまけ>です。

たった一つ、あまり害虫被害を受けることもなく、30cmほどに大きく成長した小松菜。
しかも畝の上に蒔いた種ではなく、畝の間にこぼれた種から生長したもの。
d0046294_7352919.jpg勿体なくてたべられないよ・・・・・・、
と思っていたが、今朝は決心して切り取った。

これが小松菜かぁ・・・・・・。

いえ、小松菜を食べたことはもちろんありますけれど、とても小松菜臭くて感慨深いものがあったのですよ。
思わず、「小松菜記念日」と名づけたくなるほどに。
by anrianan | 2008-05-19 18:31 | ■住まい
気になること
その1. 小松菜の成長

今日はカラリと晴れているけど、最近は
「もう、梅雨?」
というくらいに、よく雨が降る。 それも本降りの雨がたっぷりと。
ウチの畑はどちらかというと砂地傾向にあるし、水巻きを怠る私には有り難いのだけど、“正負の法則” というやつで、良いことがあれば都合の悪いこともある。

良いことの結果として、小松菜の芽が日増しに元気に大きくなっている。
他に撒いたチンゲン菜や枝豆は、まだ芽を出していないのだが・・・・・・。
d0046294_13165476.jpg


けれど、雨が降って都合の悪いこともある。


気になること その2.軒下にまた穴が開いた!

これはヒジョーに困る。
ここから雨が吹き込むし、風も吹き込むし。
夜寝ていると、押入れの扉が風でドンドンと揺れて、その音を聞くとなんだか不安になるのだ。
また板を張ってもらわないとなぁ・・・・・・・。
d0046294_1321339.jpg



その3.子モクレンが咲く!

玄関前に咲く紫モクレン、私がピチピチと光り輝く23-4歳の頃は流麗な花をたくさんつけ、わが家の主とばかりに咲き誇っていた。
だが、弟がこの家に戻ってきた時に、
「車を入れるのに、枝が邪魔」
といって、かなり太めの枝の一部を、ギーコギーコと切ってしまった。
哀れ紫モクレンは、その切られた枝周辺はいかにも痛いといわんばかりに枯れたようになり、花も数えるほどしかつけなくなってしまった。
隣りの梅がどんどん勢力を伸ばしてくる中、私は花をつけないモクレンを心配しながらも、木を切ってしまうことは考えられなかった。

今や、隣りの梅とモクレンは領土を奪い合うように、枝を互いに伸ばしあっている。
毎年たくさんの実をつけてくれる梅は(昨年は少なかったが)、とっても有り難い存在である。
が、モクレンと梅がうまく枝を伸ばしあっていけるように、剪定をすることにしている。

その気持ちがモクレンに伝わったのか、根元から伸びていた細い枝に、今年は花をつけた。
正直、この細枝がモクレンの子どもだとは知らず、花が咲いて初めて知った次第。
それにしても、なんとも健気なものを感じて、私はこの子モクレンを見るたびに励まされる昨今。
d0046294_13331484.jpg
          (※写真には写ってないが、親モクレンも今年はたくさんの花を咲かせている)


その4. まいったねぇ~♪

その隣りの梅なんですけどもね、
もう小さな実が付いているじゃないの!
小さいなりにもしゃらくさく、色も形も綺麗な梅の実だ。(当たり前) (^_^;)

d0046294_13473745.jpg


今年も剪定をしなかったけど、どのくらいの実をつけてくれるのだろうか・・・・・・。
by anrianan | 2008-04-15 13:37 | ■とりあえず日記
あ゙~!
寒くなってぎだぁ・・・・・・。

こんなことで嘆いていたら、もっと北方の領地(?)に住んでいる人々に申し訳ないのだけど、
寒いと朝起きるのが、もっと辛くなる・・・・
寒いと朝の水浴びも、もっと辛くなる・・・・
さらにストーブは欠かせなくなるから、灯油代がかさむ・・・・
さらにさらに、日向を求めて家の中を移動することになる・・・・?

  どういうことか、って?

冬になるとお陽さまの通る位置が低くなるので、午後になるとわが邸内の西側から、前の家の陰になってくるのだ。
日の出から燦々と暖かい陽が注いでいた机周辺から、私は徐々に東側にある台所へと居る場所を変えていくことになる。

なので、今まで午後になるとパソコンの前に座ることはなくなっていた。(机が西の角っこにあるのだ)
ところが! 今度はノートPCである。
ウヒヒヒ・・・・・、どこでもドア~! じゃないけれど、どこでもパソコンじゃないかぁ♪

と喜ぶのは早すぎた。
当り前のことだけど、無線LANならばパソコン一つ持って、家の中どこへ行ってもネットにつながるが、うちはまだ「有線」である。
だって、無線にするためにはルーターの買い替えという出費が伴うからだ。

d0046294_1930233.jpg10億円を寄付した88歳のおばあさまは、ジーコジーコ指で回す電話を使っていたが、あれを見たら、私の “物を長く使う運動” など、まだまだ甘っちょろいと反省した。

だって、98がまだ動いているのにVistaを買ってしまったんだもの。・・・・・・
(完全なる老衰状態ではあるけれど・・・・)

しかし、NewパソコンにはCDドライブが無いために、今まで使っていたソフトがインストールできない。(しかもVista対応になっていないものもある)
画像処理をする時には98を起動させるから面倒臭くて、結局ブログのアップもサクサクとこなせない。
なんだか中途半端なお金の使い方をしている気がする。 ・・・・・


とにかく、「有線」を限界まで引っ張ってくるが、2時を過ぎるとここも陽が影ってくる。
そうするとパソコンを閉じて、台所に移動して昼食と夕食を兼ねた食事を作って食べる。
(朝食と昼食を兼ねたものは「ブランチ」、昼食と夕食を兼ねたものは・・・・・「ランディー」?)
・・・ こんなことは、どーでもいいことだった



冗談はともかくとして、さっきから右側に並べている写真の通り、先日の「すのこ棚」の完成を目指した。
すんなり成功というわけにはいかないのが私だが、なぜか毎回「板の厚さ」を計算に入れるのを忘れる。これはどうやら、私の脳みその癖だと発見した。

ああ、いよいよ私も「晩年」に至るのか・・・・・
とたそがれてしまうのだが、そういう時、別の自分と対面していることが多い。
現実逃避傾向があるのか、決まって二人の私が会話をしている。
「あんた~、何してんのぉ?」
「ぶふふふふ・・・・・」
どうやら、ボケとツッコミをやっているのだが、ボケ役は母が乗り移っているようだ。・・・・


d0046294_19321082.jpg棚の話に戻るが、なかなか「33センチ×38.8センチ」なんて板は売っていない。
のこぎり下手なのに、どうしてものこぎりとは一緒に作業することになる。
倦怠期の夫婦のように、お互いに騙し騙し使い合う。
「この、のこぎり、安いからやっぱダメだな」
なんて言った日にゃ、
「あんたの腕が悪いんだよ!」
と返ってくるからね。・・・・・

それでも何回も使っているうちに、少しずつ要領を得てきてね、
「お、実はなかなかイイのこぎりなんじゃないの?」
てなことになってくる。すると、
「あんたも腕があがってきたねぇ。 まっすぐ切れるようになってるじゃないの」
私はまっすぐに切れた板を眺めながら、ほれぼれと見つめる。

こうなると神さまも味方をしてくれるようで、ちょうど「引出し」になるような箱が見つかる。
それにリボンの取っ手をつけて「引出し」にし、細々としたものをその中に入れた。
なんだかスッキリしたじゃないかぁ~!

とは言っても、うちにはまだまだ「使わないもの」がいっぱいあるのだ。
まるで「倉庫」のように保管しているのみで、何がどこにあるのか不明物もいっぱいあるのではないだろうか。

使わない物は必要ないのだ。

d0046294_19324347.jpg



まだまだ、私の「捨てようキャンペーン」は続行中・・・・・・・。
by anrianan | 2007-11-21 13:50 | ■とりあえず日記