タグ:手作りレシピ ( 332 ) タグの人気記事
普通の梅干しとカリカリ梅-2015年度版
今年の梅のできは、そう悪くなかった。収穫も遅すぎることなく(というより、幾分早め)、塩漬け作業もちゃっちゃっと済ませた。
ところが、この「ちゃっちゃっと」済ませたことが失敗。

、柔らかくなってない、ではないかぁ~(:_;)

梅雨明けで、さらに3日間家にいられる今週末、やっと天日干しだと楽しみに楽しみにしていたのに……
この内蓋を開けて、ザルに並べ始めた数個でガッカリした……!
d0046294_9474832.jpg

梅の実一粒一粒にも個性(?)があるから、赤シソの染まり具合や多少の柔らかさの違いは仕方がない。
と思っている私であるが、今年は全体的に固めじゃないか。……なにがいけなかったんだ?
d0046294_9495927.jpg

最初に思いつくのは、重石の重量が足りなかったこと。……でも、これは毎年の課題なのだ……というより、重石を買うか見つけるかして用意すればいいじゃないか。次までに1年もあるんだから……という反省を、一体何年繰り返してきたんだ、アタシは! (あほぉー!)↓ 5/27の図
d0046294_1085272.jpg

(注:これはゴミの山ではありません。重石になりそうなありったけの物を積んだのです)

しかし考えてみれば、毎年重さが足りなかったのに、昨年の梅は柔らかく漬かったんだから、決して重石のせいばかりとは言えないなあ……  あっ! そうかあ! ……少し、追熟してから塩漬けにすればよかったんだぁ。    ↓ 下は、収穫した5/23の図
d0046294_1072211.jpg

追熟というのは、実を収穫してから数日置くことをいう。(実が熟して柔らかくなってくるんだね)
そうだ、そういえば、昨年は一度に塩漬けするには容器が足りなくて、3-4日(かそれ以上)置いた実が多かった……思い出したゾ……だから、梅の実が黄緑色になったものが多かったんだ。

ああ……! なんたる失態! たった一年前のことが、忘却のかなたに消えていた!

しかも、今年もやっぱり天日干しするためのザルが「あと2つあればいいのに……」という理由で、もう一つの樽は、まだ塩漬けのままの梅たちがいる。当然、こちらの梅たちもほとんどが固め……トホホ

そうそう、固めの梅干しといえば、今年は「かりかり梅」も作ってみた。
失敗すると悲しいので、少しだけ作ったら、こちらは意外にもおいしくできた。
d0046294_10221790.jpg

このかりかり梅は、すぐにできる。
①ヘタを取ってよく洗ったら、一晩たっぷりの水につけてアクを抜く
②水気をよく拭き取った梅を焼酎でもみ込んで、梅の量の倍の重石を乗せて2日間置く。
※1日1回はかき混ぜて、上下を入れ替えてね。
③アク抜きして白梅酢と合わせた赤シソを、梅と合わせてもみ込んだら冷蔵庫へ。

こちらは約1か月で食べられるので、案外早くて簡単。
d0046294_10311986.jpg

上の写真2枚は、赤シソと合わせた5月30日。
このかりかり梅こそ、収穫直後の真っ青な時に作れば、もぉーっとカリカリしたに違いない。
とはいえ、こちらは刻んで梅おむすびを作るときなどに活用しているので、来年はもっとたくさん作ってみよう! なんて密かに企んでいる。

とまぁ、いつもながら反省の記録になってしまったが、また来年は新たな気持ちで挑戦しようではないか!
と、失敗をお恐れぬアタシは(?)懲りずに思うのであった……

今年の失敗を覚えていますように…… と願うあちきに応援のポチッをお願いね!d(´ー`;)


  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-08-10 10:56 | ■食生活 | Comments(8)
今年も梅干しを作りますぞ
今年は、いつもの年よりもちょっと早めに収穫しました。
先週の土曜日、飛来していたスーパーマンにそのまま木の上まで飛んでもらい、私は脚立によじ登り、せっせと梅狩り。やっぱり一人で作業するよりずっと早く、数時間で終了しました。
d0046294_11433265.jpg

記念撮影をしてくれましたが……あら、アタシってこんな顔してるのね……すっかり農家のオバチャンだわね……でも農家のオバチャンより、ずっと働き方は効率が悪いので……なんだ、タダのオバチャンじゃないか。
とガッカリしても、梅はこんなに採れました。 おぉ、今年は比較的きれいな粒です。
d0046294_1148429.jpg

ああ、もう一つバケツがほしい……。
ということで、バケツを買い足して(買ってもらって)塩漬けにしました。
あ、これは廃品回収に出す本などを重石の代わりに乗せています。別に、ゴミの山ではありませんから。
d0046294_11511252.jpg

向かって左側の方は、収穫の翌日(日曜日)に漬け込み、右側はバケツを調達した月曜日に。
本日水曜日の時点で、すでに両方とも梅酢が出てきています。そして日曜に漬けた方のビニール袋を開けると、ものすごく芳醇な香りがフワァ~! と立ち上ってきます。一日の違いで、こんなにも香り方が異なるなんて……!

さて、今年の新規事業(?)として、カリカリ梅を作ってみることにしました。
作り方を調べてみると、何通りかの作り方があるようです。卵の殻やにがり、そして酢を使ったり。
今年は、塩のみで作ってみます。赤シソも入れて真っ赤にして、これを刻んでおむすびのご飯に混ぜて…カリカリカリカリ……頭の中ではすでにカリカリ梅むすびを食べている自分が。
ああ、うまいんだなぁ~!
d0046294_11584525.jpg

使う梅は、最後に残った小ぶりの梅、約500グラム。
500グラムって結構少ないのね。でも一回目はたいてい失敗するから、このくらいでちょうどいいのです。
これらのヘタを取ってよく洗ったら水分を拭き取って、ホワイトリッカー(大さじ1くらい)で消毒します。
塩(約50g←テキトウです)で、梅が真っ青になるまでもみます。
梅の約2倍の重石を乗せて2日間置きますが、一日ごとにかき混ぜて上下の梅を逆さにするようです。
ということで、本日は漬け込み終了の段階。
d0046294_12291281.jpg

ぷっ!…… 重石の代わりに、以前に作った梅酒を。……ありゃ! これは梅酒じゃなくて「すもも酒」じゃないの。しかも平成14年産だ!

最後に、小粒で傷みが目立つ梅を、コーヒー用のブラウンシュガーとブランデーで漬けることにしました。
d0046294_12322067.jpg

毎年梅酒を作っても、自分ではほとんど飲まないことに気づき、一昨年あたりから「梅干し」に専念することにしたのです。けれど、何年か前からずっとあるブランデー(果実酒用)と茶色の氷砂糖が残っていることを発見。これは使ってしまわなければ、ということもあって、最後のおまけにブランデー酒。
d0046294_12372247.jpg

ああ、これから再び「大片付け作業」に戻らなければなりません。……

えぇ~い! その前にビール(発泡酒)で景気づけじゃあ~っ!

梅ぇ~ぐあいに片づけてぇ……と願うあちきに、ぽちっと応援をお願いしやす~!d(^o^;)/
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-05-27 12:45 | ■食生活 | Comments(2)
井筒 生ワイン
週末のランチは、ワインを飲みながら楽しむことが多くなった。
大抵手ごろな安いワインをたらふく飲むのだけど、生(き)ワインというものがあると聞き、さっそくネットで探して手に入れた。
とはいっても、これが時季によってはなかなか手に入らない。

ヨーロッパに在住している人のブログなどを拝見していると、自家菜園で収穫したブドウでワインを作ったりしている。近隣の人たちと協力し合いながら、大型の機械を使ってブドウを絞り、湿度や温度の一定した地下蔵などに寝かせて熟成させる。だから日本で売られているワインも同じように作られているのだと思っていた。しかし、日本で販売されているワインのほとんど(90%以上?)は、酸化防止などのために加熱処理をされているのだという。
知らなかったなぁ……。

混ぜ物は一切使わず、絞っただけの生ワイン、まず香りに驚いた。まるでブドウジュース! うっとりするほど甘くてフルーティーな香り。口に含むと、微発砲のせいかテイストはすっきり爽やかで、仄かにブドウの皮の渋みが「生」の新鮮さを感じさせる。この渋みは、野菜でいうなら山菜の苦みのようなもので、身体の細胞が目覚めるような爽快感がある。
うわぁ~! 1本まるごと一人で飲めちゃえそうだ……。
d0046294_1538832.jpg

ええ、つまみは私が好きなエビチリ。 そして、ワインの向こう側で赤い鍋に入っているのは、豚の角煮。
この豚の角煮、昨年から何度となく作っているのだけど、これは下茹でに何時間もかけるから、石油ストーブを点けっぱなしにしている冬に作る方が当然いい。ということで、次に作るのはたぶん今年の冬。
d0046294_15385647.jpg

そして最近常備菜になっているのが、油揚げとベビーホタテ、そしてきのこ類と昆布の合わせ煮。
昆布のだし汁に酒、しょう油、みりん、砂糖という昔ながらの味付け。これに只今ハマっており、大きなタッパーいっぱいに作るのだが、食べ終わるころになると不安になるほど。
d0046294_15395580.jpg

こちらは、ワインに合うパン。……という訳ではなく、朝食用のパン。週に1回は焼くようにしているのだけど、なかなか体力と気力を必要とする割には満足のものにならない。
この時は、チーズとクルミを入れて焼いたのだけど、チーズがはみ出してしまった……。
d0046294_15402935.jpg

さて、これはチーズケーキの下に敷くビスケット。
4月20日はおナカさん(母)の誕生日だったので、チーズケーキを焼いて送った。
全粒粉と卵、牛乳、インスタントコーヒー、砂糖、塩少々で焼く。コーヒーのほろ苦さが、甘いチーズケーキを大人の味にするのだ。
d0046294_15405833.jpg

え? 出来上がりのチーズケーキ? 
すまんです、写真を撮るのを忘れてしもうた……。

実は、これらの写真は日曜日に写したものでしてね、本日は再びパンを製作中でござんす。
なんだか、時間が速いざんすねぇ……。

もっと手際よく生活していきたいわ…というあちきに、ぽちっと応援お願いね。d(*ー.ー*)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-04-22 12:39 | ■食生活 | Comments(6)
春爛漫
本日は、わが家の桜も1分ほど咲いております。
これからの一週間は日ごとに花が開いてゆき、そして咲き乱れ、やがて狂い咲き(それはアタシか…)来週の今頃は花吹雪なのではないかと想像するに、ああ…なんと人の一生は儚いものよ…と、すでに感傷に浸るあちきでした。(早い!)
その桜の前に咲き乱れるこれは、スモモでござんす。
d0046294_8222296.jpg

こちらはコノハナサクヤヒメの化身、山桜。白い花のつぼみが目立つようになってきました。その隣の小さい木はコテマリ。こちらも緑の葉ですっかり覆われ、白い花を待つばかり。
d0046294_8223251.jpg

元気なのは木ばかりではありません。台所を出たすぐ前には、カラスノエンドウがモサモサと……。
d0046294_8224542.jpg

枯れ木のようになっていた木にも春の息吹。これは山椒でごザンショ。
d0046294_8225438.jpg

これは何かわかりますか? ブルーベリーです。25センチほどの小さな木も「生きてるよ!」と伝えているように感じます。
d0046294_823334.jpg

これは雑草に見えるけど、実はニラです。この庭ではかなりの古株。
d0046294_8231137.jpg

さ~て、これは!
d0046294_8231990.jpg

そうです、先日並べて植えたタラの芽! なんと芽がでてきて、また天ぷらを食べられそうな気配です……芽を摘んでも大丈夫なのか?
d0046294_8232830.jpg

こうして春を感じる食材で料理をすると、それだけで幸せな気分になりますね。
山椒の新芽を刻み、山椒の実の佃煮と炒り卵をご飯に混ぜ込みました。
d0046294_8233818.jpg

……へぇ、そのご飯の上にイクラとバッケ味噌(フキノトウ味噌)を乗せるんどす。
d0046294_8235035.jpg

そして、(円)おむすびにするんだす……なんか良縁に恵まそうじゃありませんか~!( *´艸`) 
……ああ、旨かったぁぁぁぁ……!
d0046294_824026.jpg

実は、先週末(21~23)に花巻に行ってきました。おナカさん(母)が一泊でお墓参りに行くというので、私はクックとお留守番だったのです。そして花巻は雪が降り(!)……私は見事に風邪をひいて帰ってきました。こちらは、こんなに春に満ち満ちているというのに……

でも風邪も治ったし、今週は昼夜桜を愛でながら、花見酒といくかな……♪

いいねぇ、花見酒??…に、ぽちっと一票をお願いね。d(*´▽`*)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-03-27 17:02 | ■とりあえず日記 | Comments(0)
天然酵母パンと濱田家パンを二股じゃい!
春が近づいて暖かくなってくると、なんとなく動きたくなってくるのは虫も人間も同じ。
怠け者を自認しているアタシだってモゾモゾと落ち着かなくなり、庭を見てはモゾモゾ、スイーツやパンを作りたくモゾモゾ、部屋の片付けをしなくては、とモゾモゾ。
その割には「何もしてないじゃないかいっ!」と自分で突っ込みをいれる今日この頃です。

いえね、何もしてないわけではないんですよ。パンだって焼いてますのよ。
レーズンで作った天然酵母を使って、ようやく作った念願の天然酵母パン。
これがね、『朝日屋ベーカリーの四季の天然酵母パン』を見ながら作ってみたのですが、大体12時間ほどの時間がかかってしまったのです。朝10時から作り始めたものだから、できあがりが夜の10時すぎという、なんともマヌケた結果になってしまいました。
d0046294_645225.jpg

写真は翌朝撮りました。
さすがに焼きたてとはいえ、深夜に(※夜10時すぎは、アタシにとって深夜ざんす)パンを食べる気になれず、涙を堪えて(ウソです)寝ることにしたのでした。

でも、できあがりはまずまず……ざんしょ?
d0046294_6452942.jpg

なぁ~んだ、結構簡単に成功したじゃないかぁ~♪
と調子に乗って、次はできあがりが朝になるように逆算し(最初にこれをやるべきね…)
「そうだ! 一次発酵を冷蔵庫でゆっくり…という方法にしてみよう!」
グッドアイデア~♪ とばかりに仕込んだのですが、これはものの見事に大々大失敗っ!
冬のせいもあり(?)温度が低かったのか、全然膨らまなかったのです。 シュ~ン……と久方ぶりにショゲました。

ええ、失敗の写真は撮りませんでしたの。(イヤなことは、すぐに忘れた方がよござんしょ)

次に試作したのは、大好きな「濱田家」から出版された『和食のぱんのつくりかた』を見ながらのパン作り。
このパン屋の和総菜が入ったパンや豆パンが大好きで、自分でもたっくさん作って、飽きるほど食べてみたいのです。
d0046294_64554100.jpg

おぉ! 目いっぱい食べる夢に、ちょっと近づいてるのではないかぁ?!

天然酵母パンは、純粋に強力粉と水と酵母と塩だけで作りますが、濱田家のパンは卵と牛乳も使います。
どちらも手ごねですが、食感や風味が異なり、両方ともそれぞれにおいしい~!
こういうおいしいパンを作りながら、そのうちにanripanを作りたいなぁ。
なんて、春の妄想が続いています。

おいしいパンが焼けるように、モゾっと応援をお願いね。“d(^~^)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-03-20 06:47 | ■食生活 | Comments(4)
ナチュラル酵母を作る
天然酵母を作ります。
d0046294_11331242.jpg

なんか、ずーーっとカリフォルニアレーズンの(しかもオーガニックと書かれた)袋が、二つもあったんですよね。
しかも目に着く場所に。 

なんでレーズンなんかあるんだ?
ずっと頭の隅に引っ掛かっていたのに、買った目的を忘れていた自分がコワイじゃないか……。

「天然酵母を作ろうと思って買ったんだった!」
今朝、ふと思い出したのでした。 記憶喪失が突然回復したように。

しかし、ただ置いておいてもしょーがないから少しずつ食べよう、なんてつまみ食いをしていたから、250g必要なレーズンが230gになっちゃっていた~! (^o^;)

というわけで、大体一週間後には天然酵母ができあがります。 ……予定です。

こうなったら夢はブドウ栽培! ぽちっと応援をお願いね~!\(^o^)/
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-02-22 12:01 | ■食生活 | Comments(0)
恵方巻き
年に一回の超豪華版太巻き・・・ではなくて、恵方巻き。作りましたさ、今年も。
昨年後半は、一生分くらいの喜ばしくないことが立て続けに起きたから、その厄払いと開運を願い、豪気に食材を買い求め〝宝船巻き”を作ったのであります。
d0046294_834525.jpg

何が入っているかといいますと、カニ、いくら、イカ、ウニ味噌(これは市販)、マグロ(ワサビ醤油に一晩漬ける)、キュウリ、アボカド、厚焼き卵、カイワレ、そしてエビ(解凍して湯を通したもの)とホタテ(生と湯通しの2種類)。
湯通しは、解凍して出たカニとエビの汁に水を加えてカニの殻を煮立たせ、その中でエビとホタテを泳がせます。
このだし汁は、あとでスープに使う予定です。
d0046294_84946.jpg

ご飯はいつも通りの白米(ミルキークイーン)に黒米を足して炊き、すし酢で切るように混ぜたら1時間ほど寝かせます。・・・本当は、2時間ほど置くのが良いのですが、この日アタシは寝坊してしまい、時間がなくなってしまったのですね、節分なのにトホホです・・・
d0046294_842978.jpg

溢れんばかりの愛・・・ではなくて具。見ているだけで幸せになります。(実際、ホントに溢れ出ましたが)
一本を一気食いするのは大変なので、真ん中で切りました。 はい、1本で2度楽しめます。(?)
d0046294_844311.jpg

今年も健康で、平和で幸せな一年となることを念じて・・・・・・ 

もう一度食べたい! に、ぽちっとお願いね。d(#^0^#)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-02-06 08:55 | ■食生活 | Comments(0)
ナッツ入りパンケーキ
今朝はブランチに、パンケーキを焼こうと思い立った。
ようやく「パンやスイーツを作りたい」という気持ちが湧いてくるようになったな・・・・・・と、嬉しい。
d0046294_1049950.jpg

①小麦粉100g、ベーキングパウダー10gをふるっておく。
②常温に戻しておいた卵を割って泡立てる。そこにグラニュー糖20gを入れて、白っぽくなるまで泡立てる。
③牛乳75㏄を加えて混ぜたら、粉を入れてさっくり合わせる。
④最後に、バニラエッセンスを適当に振り入れて焼く。
と、至極簡単。

ところが、これだけで終わらせるわけがない。
私は粉を混ぜる時に、粗く刻んだ「くるみ」を入れて、フライパンにサラダ油をひいたら、直径8㎝くらいの小さな円にして焼いた。この量で、大体8枚から9枚焼ける。ところが、この小さな円形にしたことが功をなし(?)、パクパクいけて止まらない・・・・完食してしまった・・・。
好みによって、バターを塗ったりメイプルシロップをかけてもいいが、そんなことをしたら・・・この量では足りぬ・・・。

日曜のブランチはやっぱりパンケーキだね♪ に、ぽちっとお願いね。d(^0^)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-12-07 11:04 | ■食生活 | Comments(0)
梅塩作り - Part2
梅を塩漬けにして上がってきた梅のエキスを「梅酢」と呼んでいますが、「酢」というのに酸っぱいのではなくて、しょっぱいではないの!
このしょっぱい梅汁を天日干しして、梅塩を作る実験を始めたのが、8月7日でした。

なんだ、まだ1カ月経っていないじゃないの・・・・・・。(あと2日です)
と思うくらい、一身上にいろいろなことが起こって心がクタクタ。ブログもなんとなくサボってしまいました。
つくづく、この世は弱者いじめの社会だと感じて、生きることをギブアップしたくなります。
自殺が増えているということですが、なんだか分かりますね。
そもそも、政治家が国民をいじめ、企業の上層部は社員をいじめ、派遣をいじめ、社会全体がいじめの構造になっているのですから。子どものいじめの前に自分たちはどうなのか、大人が省みることが先ではないかと思いますわよ。
ええ、省みることすらできない大人が増えているのが元凶かもしれないですけどねぇ・・・・・・。

でも、落ち込んでいてもいなくても、もう秋。
一年の中でも、秋は私の季節! と思えるくらい、心身ともに元気になります。・・・なるはず。・・・なれるはず。
ということで、ほったらかし天日干し梅汁のその後です。
d0046294_9401865.jpg

一日中晴れそうな日はベランダに出し、夜は取り込んで約1カ月。
中を覗いてみると、おぉ! 赤いみぞれ氷のようになっている~♪
d0046294_9403029.jpg

これをフォークでガリガリとひっかいてかき回し、細かくしてみます。
よく晴れた日は、水分がよく蒸発して固そうな結晶になり、雨が降るなど湿気が多い日は、溶けかかっている氷アイスのようになります。
d0046294_9403877.jpg

そろそろ使えるんじゃないかしら・・・と思っていたのですが、容器の外にこぼれ落ちていた分を見て驚きました。
「ずいぶん色が違うじゃないの!」
たぶん、白に近い薄桃色の物体ができあがり状態、ですよね。
とするならば、赤色鮮やかなうちはまだまだ・・・・・・。富士山八合目まで来たような気分でいましたが、
「なんだ、まだ五合目だったのかぁ」
とちょっとがっかり、力が抜けました。
d0046294_940491.jpg

さて、あと何日で登頂でしょうか・・・。

早くうめぇ~(梅)塩になるように、ぽちっと応援をお願いね。d(^。^)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-09-05 09:42 | ■食生活 | Comments(2)
梅干し祭りも終わり・・・
とっくに夏至は過ぎているのだから、すでに日は短くなっているに違いないのだが、まだまだ夜明けは早い。
毎朝午前4時半ごろに、一匹のセミがビビッ・・・・・・と鳴き出す。
すると、その第一声が合図のごとく、あちこちからセミが一斉に叫き出す。ミーンミーン・・・ジージー・・・カナカナカナカナ・・・・・・これに鳥たちのさえずりが加わるのだから、さしずめ朝の混声合唱というところか。

そのたびに、あの世では鳥の鳴き声は聞こえないんだよ、と(山蔭神道の)太主が生前におっしゃっていたことを思い出し、つくづく
(現世に生きているんだなぁ・・・)
などと朝っぱらから感慨に耽ったりする。
そして、あの世で鳥の声が聞こえないのなら、当然セミやこおろぎ、スズムシの声も聞こえないのだろうか?
などと考えたのは、すでに2日(土)の夜からコオロギが鳴き始めているからだ。
昼は夏真っ盛りだが、夜は秋に突入している!\(@.@;)/

さて、4時半に目覚めたからといって、そのまま起床するわけではないのだけど、そのまま眠れずにボーッとしていたり、目を閉じて眠ったふりをしたり、時には本を読んだりして、6時頃までベッドの上でごろごろしている。
今朝は、なんとなく5時半ごろ起きてしまった。(えらいっ! と褒めたくなるのはナゼか?)

7時を過ぎると、太陽が高く上って庭にも徐々に光が増してくる。(当然ベッドの上は灼熱状態)
そうなると猛暑でモウショうがない状態になってしまうから、その前に家事を済ませておきたい。
といつも思うのだけど、涼しい早朝に本を読んだりパソコンを開いたり、そしてただボーッとしているというのも、これまた至福を感じてしまうから、
(ああ・・・、どっちの幸せを選んだらいいんだ・・・!)
と、毎朝悩むことになる。 (なんのこっちゃ! 自堕落に過ごしたいだけじゃないの)

結局、涼しいうちに家事のルーティン業務をこなしておけば、暑すぎる日中はゴロゴロしてられるのだから、苦あれば楽あり、楽あれば苦あり、という公式が変わることはないのだな。

さて今朝の話に戻るが、5時半に起きた後、3日間干した梅を仕舞うという作業を行った。
指先で一粒ずつ、固さや大きさを確かめながら、よくできた梅干しは大きなビンへ、イマイチの梅はタッパーへと選り分けた。
こちらは、まぁまぁ良くできたんじゃないの?・・・という梅干し、4リットルの瓶。
d0046294_725953.jpg

そして、イマイチ梅のタッパ-。ちょっと固めだったり、大きさがバラバラとか形がイマイチなど。
d0046294_7245565.jpg

今年の反省点としては、塩漬けの段階で重石が足りなかったこと。最初の塩漬けの時にしっかり梅に重圧を加えないと、果肉が柔らかくなりきらないようだ。
d0046294_724313.jpg

梅を並べた大ざるを洗って、外に吊すと、今年の祭りも終わったなぁ、という感じでホッとした。
さて、次は梅酢をなんとかせねば・・・。
これはもう、何年越しの課題であろうか。・・・

長年の梅酢問題の解答は生めズ・・・にも、力強いぼちっ!と応援をお願いね。d(^_^)q
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-08-05 16:24 | ■食生活 | Comments(0)