タグ:宮守町 ( 60 ) タグの人気記事
お金に換算できないモノ
それは、愛である。・・・・・・なぁ~んてクサいことを書くわけありません。

本題の前に、まずは昨日の「おむすび」から。
中身は、カニカマ入り玉子焼きとコゴミ、ササタケ、マグロコロッケ半分。
d0046294_1172641.jpg

以前にも申し上げましたが、これは「丼」ではありません。「おむすび」です。
この上にご飯を乗せて、これをギュッギュッと握って海苔でくるむのです。
d0046294_1183567.jpg

小さなお弁当箱一個分が、ギュッと丸められたモバイルフード。
具が1種類だったり、ご飯だけの部分は飽きてしまうので、なるべくいろいろな具材を、隅っこの方にまで行き渡らせるようにして作ります。
だから、崩れやすくて大変なのです。・・・・・・大変だけど、おいしい。(と自分では思っています)

さて話は変わって、今朝おナカさん(母)から宅急便が届きました。
タラの芽を送るから、と予告されていたので、箱を開けてみたら・・・・・・、
d0046294_1140158.jpg

タラの芽、コゴミ、ホウレンソウ、アスパラガス、クレソン、そして直販所で売られている手作りゆべし、それから・・・白い砂糖の塊のようなものは?・・・・・・らくがん?!(だ、誰が食べるんだい、このデカイらくがん!)
とりあえずは、野菜は袋から出して水に浸していきます。こうすると、長旅で疲れていた野菜がピンッ!とするのです。クレソンは、これで120円。
d0046294_1143475.jpg

こちらはタラの芽。
d0046294_11442010.jpg

わざわざ買ってまで送らなくてもいいのに・・・・・。と思いつつ、昨年までスーパーの大きなビニール袋いっぱいに、採りたてのタラの芽を送ってくれたことが、どうしても頭をよぎります。
「宮守」というところに、昨年の9月まで父は18年、母は15年住んでいました。
山林を含めた敷地8000坪には、タラの芽やフキノトウ、栗、豆柿などが自生しており、耕作した畑からは季節の物がたくさん収穫されました。

しかし両親が年老いてくると、広い農地は手に余り、農作業もきつくなり、毎年冬の雪かきは重労働に。
とうとう父は土地を売ることに決めました。2-3年は売れないだろうと思っていたら半年で売れてしまい、バタバタと花巻の小さな家に引っ越したのが、昨年の10月のことです。
花巻は温泉地ではありますが、宮守ほど山菜があちこちに生えているわけではなく、母は週一回、宮守の病院に通院していますので、その時に懐かしい宮守の直販所に寄ってくるようです。

これは太くて元気がいいアスパラガス。
d0046294_11472076.jpg

シイタケは、すぐに二階のベランダに持って行き、天日干しに。半日でも太陽の陽に当てると、栄養価が増すとのこと。
そして、ゆべしは時間とともに堅くなってしまうので(添加物なし)、即胃袋に。
らくがんは・・・・・・、どうしよう~。。。。。

「らくがん、どうやって食べてるの?」
と、電話で聞いてみました。
「あれさぁ! おかーさんたちが子どものころ、結婚式っていうと、よっく出てたんだよ。おとーさんと“懐かしいなぁ!”って」
(ふーん、懐かしさに感動したのか・・・・・・。この感動の共有は難しいよなぁ・・・)
仕方ないので、おナカさんを真似して“ブフフフ・・・・・・”と笑ってごまかすことに。
私は子どもがいないので分かりませんが、きっと
「バターココナッツ、子どものころによく食べたんだぁ!」
なんて言いながら食べたら、“おかーさん、他においしいビスケットやクッキーは、いっぱいあるじゃ”なんて言われるのでしょう、きっと。・・・・・・
すると、そう考えていることが伝わるらしく、
「あれさぁ、クリタさん(おナカさんの友だち)にでもあげて」
なんていいます ・・・・・・あれを貰って嬉しいんかい? まぁ、年代が近いから、ちっとは嬉しいか・・・・・・
「わかった、あげておくよ」
二人で大笑いして終わりました。
d0046294_12135658.jpg

新鮮な野菜が、本当に安い。ホウレンソウなどは80円です。
とはいっても、こうして送料がかかれば、結局はこちらで買っても変わらないのですが、鮮度は違います。

昨年まで、散歩をしながら袋一杯に採ったフキノトウやタラの芽などを思い出すと、いかに自然からの恩恵を受けていたかを、あらためて実感します。
なんでも失ってから実感するのが、人間の愚かな所。
そう思うから、いつも“ありがたい、ありがたい・・・”と心に刻み付けていただいていたのですが、やっぱり、こうしてパックに入った山菜に触れると、喪失感が大きい。・・・・・・

そして放射能が全国的に撒き散らされたら、日本の国土からは一切の食料が消えるのだ、と行きつく先は原発。
そうなってみないと分からない人たちが、自民党を支持しているのだろうと思いますが、この世の残酷なところは、反対をしている人々も連帯責任を取らされることです。
失われた自然を元に戻すことは、ほぼ不可能です。
東京に広い空が戻ることは、たぶんないでしょう。

あ、すべてのビルが崩れ落ちるような天災が起きれば、広い空が戻りますね。・・・・・・

便利な生活よりも溢れる自然の恵を願うアタシに、ぽちっと一票をお願いね。d(^o^)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-05-14 12:46 | ■食生活
8月上旬のできごと
7月末で選挙調査室の仕事が終わり、8月から入力業務に戻りました。
なんとも気が抜けたような、疲れがとれないような、いわゆるダラダラボケ~の状態から脱していないのですが、週末に岩手に行ってきました。
今年は正月以来です。

実は、今年、両親は宮守の土地を売りました。
正月に“売りに出す”と聞いてはいたのですが、私も両親もニー三年は売れないだろうとタカをくくっていたら、半年でアッサリ売れてしまったのです。
いつも三月か六月には訪れていた私ですが、今年は行きそびれていたので、慌てて行ってきたという次第です。

8月2日、秋葉原発の夜行バスで行きました。(岩手交通:秋葉原-道の駅みやもりまで8100円)
車内は3列の座席配置で、比較的ゆったりしていますが、私はやっぱりあまり眠ることができません。
午前5時、宮守に近づいてきました。
d0046294_11205844.jpg

両親の家から車で15分ほどの所で降車。 でもたぶん、このバスを利用するのもこれが最後。・・・・・・

朝食は、父が手打ちの蕎麦を食べ、シャワーを浴びて仮眠1時間ほど。
クックの散歩をして、クックをお風呂に入れて、クックが車の中でお昼寝をしている間、私もお昼寝。
ふと目が覚めて、クックの様子を見てみると、・・・・・・あ、起きたみたい。・・・・・・
d0046294_11233482.jpg

気づけば太陽が西に傾いているので、クックと夕方の散歩。
たぶん、この散歩道もこれが最後だなぁ・・・・・・。
d0046294_1125122.jpg

d0046294_11253381.jpg

d0046294_11254338.jpg

整然と稲穂が並ぶ田んぼを眺め、遠くの山を眺めているだけでホッとするような安らぎを感じます。
クックは、私が何でも言う通りにするのを知っているので、寄り道をしまくり。
d0046294_11274087.jpg

それでも大分夕暮れに近づいてきたので、
「さっ、早く帰るよ!」
ようやく小走りで本気モード。(?)
d0046294_11291858.jpg

両側には水田や畑が広がり、
d0046294_11301796.jpg

d0046294_11302817.jpg

ひたすら太陽に向かって、農道を走ります。  ぜい・・・・ぜい・・・・・・
d0046294_1130424.jpg

朝寝も昼寝もしましたが、運動もしたので、夜もよく眠れました。
いくら寝ても眠れる、というくらいに眠れて、まるでデトックスのように、体中から疲れや毒素が吐き出されていくようです。

一晩寝ると、次の朝もお散歩。
これもよく通る道でした。
d0046294_1136272.jpg

そして、畑のブルーベリーを食べ、
d0046294_11361832.jpg

今日は、サカキ夫妻のお宅でバーベキューです。
可愛い親子(向かって左の一番小さい子が親です)が、盛大に吼えまくって歓迎してくれます。
d0046294_11374047.jpg

私にとって理想的なご夫妻で、二人で一年間に消費するお米を作っています。
このお米が、ちゃんとはざ掛けにして天日干しするから、とにかくおいしい~!のです。
d0046294_11391137.jpg

この田んぼの周囲に、トマトや(今年の東北は長雨で、両親のところもこんな状態です)
d0046294_11394991.jpg

ピーマンや
d0046294_11403265.jpg

ナスなど、
d0046294_11405339.jpg

そしてビールにはかかせない枝豆も。
d0046294_11411498.jpg

甘く煮るとおいしい花豆は豪快。
d0046294_11421449.jpg

この広い田んぼを眺めながら、シャンパンやビールが空いていきます。
d0046294_11434562.jpg

これはスペアリブ。
d0046294_11462545.jpg

サカキ家の子どもたち(わんこ)は、いい匂いにつられて周囲をうろうろ。 クックは・・・・・・?・・・・・・!
d0046294_11475711.jpg

フネをこいています。・・・・・・ZZZZZZ
その内に、大人たちはかなり酔っ払い、お腹もいっぱいになり、日も西に移動してパラソルをたたむころになると、
d0046294_11501835.jpg

なんとも平和な時間が流れます。

さぁ、帰ろうか・・・・・・ということになり、おナカさんが(唯一呑んでいないので)車を運転して玄関前に来る間、
「あ、ブルーベリーだ! 木が大きいっ!」
ということで、ウチのジーヤとヒデキさんのブルーベリー狩り開始。
d0046294_11541073.jpg

こうして、あっという間に2日間が過ぎ去り、3日目は雨。
それでも、私とおナカさんで花巻にショッピングに出かけ、翌日送る荷物の準備などをし、瞬く間に帰宅。

本日は、朝から冷蔵庫の整理、庭の草むしり、生ゴミの穴堀りなどをしているうちに午前中が終わりました。
植物たちも暑さでぐったりしていますが、私はすでに2回も水浴びをし、扇風機と木陰を通り抜けてくる風で、“横須賀の夏!”を満喫しています。

明日からの東京への参勤(といっても今週は2日だけですが)・・・・・・、アスファルトで囲まれた巨大サウナに突入していくことを考えると、今からパンツのゴムを締め直して(?)戦々恐々の気分ですわ。



猛暑を生き延びられるように、ぽちっと気合をお願いね!\(^o^)/
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2013-08-07 12:23 | ■岩手県宮守村
宮守の年末
バタバタと足早に年末を駆け抜け、30日現在年賀状の制作もできずにいます。
今年は28日の仕事納めの翌朝、7時56分の“はやて”で疾風(ハヤテ)のように岩手(イワテ)にやってきました!

早朝6時1分の浦賀発に乗ることにしましたが、そのためには5時半に家を出る、そのためには・・・・3時に起きる、とこれまた荒行の計画を立てたので、緊張しちゃって夜中に何度も目が覚める始末。
そして予定通り起床してホッとしたのもつかの間、あまりの雨と強風の悪天候の中、駅までどうやって行こうかと悩みます。
(やっぱり、バスで行った方がいいよねぇ、この荷物だし・・・・・・)
しかし、始発バスの時間を調べて見ると、5時54分。
(これじゃ、6時1分の電車に乗れないじゃん!)
ならば、と考えて、今まで考えたこともなかった方法、タクシーで行くことを思いつきます。
(多少割高でもタクシーを呼んじゃおうか、今年はガンバッテ働いたし・・・・・・)
と思ってネットで電話番号を調べてみると、「無線配車の手配は6時半から」などとふざけたことが書かれています。
(なんてこった! バスがない時間に働かないでどーする!)
とタクシー業界に喝を入れたところでどーにもなりません。

  ああ・・・・、これは駅まで歩いて行けっていう“お告げ”だわ・・・・・・。

とほほの気分で、暗くて寒い暴風の中、いつもなら20分そこそこで着く駅までの道のり、襟巻きで顔半分ほどを隠すように巻きつけて、重い荷物を2つ持って、約30分かかって歩いていきました。

 遠ぉ~き人生、(今は人生80年・・・90年・・・100年・・・・遠き人生だねぇ)
  重荷を負って行くがごとし・・・・・・、(はい、本当に重い荷物ですわ・・・・・)
   焦るべからず・・・・(でもゆっくり歩いたら、電車に乗れません・・・・・)
    不自由を常と思へば不足なし・・・・・(はい、すでに不自由が常なので不足はありません・・・・・)。

ぶつぶつと不平の代わりに徳川家康教訓に突っ込みを入れながら、
(この先もぉーーーっといいことが起きる前に、ツライことを先払い(?)しておくんだわ)
と思うと、このくらいのこと、ちっちゃい! ちっちゃい!! と元気が出ます。

  風にも負けず! 雨にも負けず! (いえ、実際には雨は上がっていました。 ラッキー♪)


さて、6時1分の浦賀発に乗った頃には襟巻きをはずし息も上がっていましたが、乗ってしまえばこっちのもの。(?)
これで7時56分のはやてに乗り遅れることはほぼありません、ホッとしました。・・・・・
d0046294_1012520.jpg

ニュースでは、29日は既に帰省ラッシュのピークとのこと。
私が乗った電車も満席、新花巻から在来線の釜石線に乗り換えて行ったのですが、ここでも立っている人がいるほど。
(2両じゃなくて、こういうときくらい4両にすればいいのに!)
ここでもぶつくさ心の中でつぶやきながら、駅まで迎えに来てくれたおナカさんの車に乗って、無事正午前に到着しました。
家を出てから6時間弱。いやはやなんとも長旅です。文明の利器を利用しているというのに・・・・・・。
d0046294_1014865.jpg

それでも、この笑顔を見れば疲れもぶっ飛ぶというもの。・・・・・・娘のクックです。
ええ、クックは何週間ぶりで洗濯された・・・お風呂で洗われたところです。
「そうなの、あたち冬はなかなかお風呂に入れてもらえないの。だって、おばーちゃんが“風邪を引く”って言って入れてくれないから。きれい好きのあたちなのに」
というので、到着して一息入れるやいなや、
「私がお風呂にいれるから!」

昨日は珍しく太陽が顔を出し、それまでの雪も大分溶けるほど。こういう暖かい日にお風呂にいれてあげないと、冬の間中“カスったかりのクック”で過ごさなければなりません。
ということで、さっぱりしたクックは日向で毛皮を乾かしながら、私とおナカさんと一緒にいることが嬉しくてたまらない様子。
「じゃ、暗くならないうちに遠野に買い物に行ってきちゃおうか」
というおナカさんの言葉にも敏感に反応し、
「あたちも一緒に行きたい! 行きたい! 行きたい、ワンっ!」
とばかりに絡み付いてくるのですが、まだ体が乾ききらないクックを外に出すわけにはいかず、
「可哀想だけど、今日はお留守番だよ」
d0046294_1021086.jpg

大抵は遠野の大型スーパー「AQUTY(アクティ)」というところに行きます。
なんでも大量で、来るたびにアメリカのスーパーマーケットを思い出します。
お正月用の新巻きサケ、こういう光景は都会のスーパーではあまり見かけません。
(えっ! 398円っ!!)
d0046294_102327.jpg

のはずがありませんね。よく見たら、右側にちゃんと「2980円」の値札があって、なぜかホッとしました。

そして恒例の、ジーヤへのお土産コーナー。(酒類コーナーでワインを買います)。
なんだかおいしそうじゃない・・・・・。
d0046294_1025772.jpg
安すぎちゃってごめんなさい。
と思うものの、味見をしてみたいのでこの650円のぶどう酒を買ってしまいました。

え? これだけかって? そんなこたぁございませんことよ。
ちゃんと、おフランスから輸入されたカマンベールチーズも買っていきましたから。
大体、高くていいワインなどを買って行っても
「オレぁ、安くて旨いのがいいんだ! こっちにはたっくさんあるんだ、安くて旨いのが!」
とのたまうジーヤなので、彼には質より量、高級品より地元で安さ一番の物、が何よりのお土産なのです。
ええ、私の懐には優しい父でございます。・・・・・・

さて、一夜明けて今日は昼ごろから雨の予報。
こちらでは雪よりも雨の方がずっといいと喜ばれるのです。なぜなら、雪かきをしなくていいから。
それに雨の日は暖かい(本日最高気温7℃の予報)というわけで、私が到着した日から未だ“本格的な寒さ”を味わわずに済んでいます。
d0046294_1033642.jpg

では雨が降る前に散歩に行っておこ! 
と言うと、クックは大喜びで全力疾走を始めますが、まだ道には雪が残り、ところどころ滑りやすくなっているので、私の方はそうそう走ることもできません。
d0046294_104099.jpg

それでも分かります? クックが力任せに私を引っ張って走るのです。 
ひ~っ!! クック! もう走・れ・な・いぃぃ・・・・!
d0046294_1042575.jpg

冬は上も下も何枚も重ね着をしているだけで動きにくいのに、足元は雪。スポーツ選手だって、こんなハードなトレーニングなどはしないでしょう。
大分雪は溶けているとはいうものの、公道から脇道に入るとザクザクと雪を踏みつけて歩かねばなりません。
ああ・・・・あの空の色、もうすぐ雨が降りそう・・・・・・。
と思っている傍からポツリポツリと顔に当たり始めました。
(しまったぁ、思っちゃったらホントに降り始めちゃった!)
「クック! 走って帰るよ! 濡れちゃうから!」
今度は私が、もっと遊んでいたいというクックを引っ張ります。
d0046294_1044791.jpg

家の中に入ると、暖炉に火が入っていました。
今年は薪の値段が上がったとかで(昨年は10万、今年は20万ですって!)、ストーブを使用することにしたと聞いていました。
ああ、でもやっぱりこの薪の香りやパチパチとはぜる音が五感に優しく響き、火があるだけで心にも優しい火が灯されるような気がするのです。

明日は寒さが戻り、元旦過ぎは大雪になるとの予想。
私は元旦に温暖の地、横須賀に戻ります。
雪かきをしてあげられないことが心残りです・・・・・・。




後期高齢者たちの雪かき姿を見ると、あまり雪が降りませんように・・・・と祈らずにいられません。
大雪にならないように、ぽちっとお願いね。(^_^)b

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-12-30 10:05 | ■岩手県宮守村
宮守はすっかり冬でした
実は23日から25日の三連休に、宮守(岩手県)に行ってきました。
なんのことはない、おナカさんにくっついて行ってクックに会ってきたのです。
d0046294_2035917.jpg

こんなクールな表情をしていますが、私とおナカさんで二人一緒に現れた時のクックの狂喜乱舞といったら。
私とおナカさんを見るのが忙しく、さらにジャンプジャンプの連続。
お散歩に行くときにも、飛び跳ねながら後ろを何度も振り向き振り向き、私を見ておナカさんを見て、その姿はまるで子どもが“嬉しくってたまらない!”ってはしゃいでいる感じなのです。
寂しかったんだねぇ、クック。・・・・・・

いつもの散歩道を歩いていくと、田んぼの稲はきれいに刈り取られ、草がこのように干されていました。
d0046294_2032010.jpg

家の裏に行くと一本の柿の木があり、一つだけ実が残っていました。
ああ、なんとも晩秋を感じます。
d0046294_203347.jpg

なんて暢気に感傷に浸っていられないほど、東北はすでに冬に突入していました。
朝は-5℃ですって。・・・・・・ なに、この寒さは。その中で禊(水垢離)をすると、シャワーの水滴がピシピシと刺さるようで、冷たいというよりは痛いのです。

そういう時には熱燗でキューっとやるのもよいし、蕎麦湯割り焼酎なんてのも乙ですな。・・・・ああ、これはオヤジバージョン。やっぱり乙女バージョンは、甘酒でしょうか。
ということで、酒粕を買ってきて早速甘酒作りです。
酒粕に湯を加えて、すり鉢で滑らかになるまでよくすります。そこにお砂糖を加えて火にかけて、最後に生姜のすりおろし汁を加えます。
d0046294_2042026.jpg

「1リットル作ったら多いかな?」
「いいんじゃない。あとでまた温めて飲めるし」
などといいながら作ったのですが、その晩、食後のあとにジーヤとバーヤと姫の三人で1リットルを飲んでしまいました! ・・・・・・(姫って誰だい?)

これはジーヤが焼いたパンをバーヤが切っているところ。
d0046294_2043334.jpg

最近、ジーヤはパン焼きに凝りだしているのです。でも姫は密かに
(ふん、パン焼き器で焼いているなんて、パンを焼いているうちに入らないざんす。あちきはその内に、オーブンで手作りするざんす)
と思っているのです。全自動パン焼き器なんて、どーなんざんすか? パンを焼いたって言えるのでありんすか?
そんな事をいっている間に、早くオーブンを買うことが先決でございました。・・・・・

なんだかんだと言っていても、2泊3日の週末はあっという間に過ぎ去り、日曜日の夕方4時過ぎにはもう帰ってきておりました。
新しく野菜鍋を仕込み、貰ってきた蕎麦湯を温めて、翌日からの景気づけに(?)蕎麦湯割り焼酎といきましたさ。
見てくださりませ、この黒々としてドロッとした蕎麦湯を。
ジーヤが手打ちした十割そばは、私には少々固く感じて好みとしてはイマイチなのですが、蕎麦湯は最高なのです。
d0046294_2045717.jpg

朝は焼酎を入れて飲むのははばかれるので、牛乳などを入れて飲みますが、これがまた格段とおいしいのです。
でもそれよりもやっぱりおいしいのが、夜のこの蕎麦湯割り焼酎です。
手打ちそばならではの濃密さで、これだけで滋養があって体に優しく元気になるように感じるから不思議です。

この蕎麦湯割り焼酎、あと何回飲めるでしょうか。
そう考えると、一回一回がとても愛おしく感じるこのごろです。・・・・・・・





ああ、この蕎麦湯割り焼酎を飲んでみたい! という方、ぽちっと押しとくれ。(^_^)b
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-11-26 22:37 | ■岩手県宮守村
幸せの数
先ほど宮守に電話をしたら、おナカさんから開口一番でショッキングなことを聞いた。

8月16日の夕方、町長だか区長だかの奥さんという人が、ついた餅を持ってきてくれた。
70代と記憶しているが、腰がひどく曲がっていて、もっと年寄りに見えた。
お姑さんの介護で苦労して、つい数年前にそのお姑さんが亡くなり、ようやく介護からも解放されたのだという。
ところが、その後まもなく体調を崩し、このように腰が曲がってしまったというのだ。
これはおナカさんの話。

この16日には、駒形神社で祭があった。
私は行かなかったのだけれど、その奥さんは朝から集会所で忙しかったらしい。
あの辺りでは、祭りがあると餅をつく。それも杵と臼でちゃんとつく。だから、餅の伸びといい柔らかさといい、
「これが“餅”だったんだねっ!」
と驚くほど、おいしい。

最近は機械でつくお餅ばかりだから、子どものころに食べた“臼でついた餅”の味を、いつの間には忘れていたことに気づかされた。
それ以来、“搗いた餅”をいただくと狂喜して食べた。
そしてこの日も、そのお餅をバイクで持ってきてくれたのだ。
d0046294_1609100.jpg

その方が、翌17日の早朝4時ごろ脳梗塞で倒れ、救急車で運ばれたのだそうだ。
その話を聞いたとき、私は目覚めていて救急車のサイレンを聞いていたことを思い出した。
あちらでは滅多にサイレンを耳にしないから、珍しい思いで聞いていたのだ。

そのお餅を持ってきてくれた女性は、今、左半身不随で病院で寝たきりとのこと。
おナカさんは自身も蜘蛛膜下出血をやっているから、なおさら他人事には思えないらしい。
「三分の一は死に、三分の一は不随になり、三分の一が回復するというからね」
というと、
「おかぁさんは、ほんとに運がよかったんだと思うよ・・・・・・」
と母はいう。

人間の力を超えた何かを感じて、今あることを感謝し、残りの人生を大切にし、同じ境遇に陥った人の回復を願うしかない。・・・


そんな話から、電話を切った後もしばらく岩手で過ごした休日を思い返したりした。
朝寝、昼寝、そして夜は9時に就寝という寝てばかりの中で、朝と夕のクックとの散歩は欠かさなかった。
あぜ道は整然と草が刈られ、ところどころで刈った草が燃され、稲穂は頭を垂れて黄金色に染まっている。
これが散歩道。
d0046294_1634237.jpg

私がリードを持つときもあるが、この日はおナカさんが“山裾の道コース”を歩いていった。
d0046294_1603799.jpg

右側に白い紐で囲いのようになっているが、これは野生の動物が畑に入ってこないように電流を流しているのだそうだ。
これが、その機械。
d0046294_1604278.jpg

今年は東北も異常な暑さで、私もわざわざ避暑に来た甲斐がないではないか、と思ったりしたものだが、ふとクックを見てみれば、この暑さの中で相変わらず豪華な毛皮をまとっている。
「そりゃ暑いよねぇ・・・・・・・。水浴びする?」
と(基本的に)風呂嫌いのクックに聞いて、返事を待たずにお風呂の用意をする。
すると、何の抵抗もなくさっさとお風呂にくるではないか。
おナカさんと二人がかりで、時間をかけて丁寧にマッサージを兼ねたシャンプーをしている間、ジッと動かずに気持ちよさそうにしていたから、よっぽど気持ちよかったに違いない。

お風呂上りは一時、日当たりのいい玄関前で乾かしていたが、あまりに暑いのでクックのお部屋を木陰に移動して、そこで休ませることにした。
しばらく経って、そーっと窓を開けて様子を伺おうとしたら、そのわずかな音に気づいてピョコンと頭を上げた。
  あっ♪  おねーちゃん!
d0046294_1612631.jpg

そう、“クックのお部屋”とはつまりは車の後部座席。
お昼寝のあとのせいか、格別すがすがしい笑顔をしている。(?)
d0046294_1615528.jpg

「あらぁ~きれいなクック~! 一段ときれいになって~! 気持ちいい? お昼寝した?」
私は窓からクックに呼びかける。
「またお散歩に行く?」
  えっ♪ お散歩?!
d0046294_1621916.jpg

じゃ、行こうねぇ!~ ほんとにクックは美しいわぁ~! こんなにきれいなワンちゃん、見たことないよぉ!
d0046294_162332.jpg

私がクックをべた褒めしながら写真を撮っていると、
「まったく・・・・・・」
とおナカさんはあきれて笑いながら、クックの部屋を移動しに来た。
d0046294_1624741.jpg

人さまのワンコちゃんなら“ほんとに可愛いわねぇ”で終わるのだけど、飼い主は誰でも親バカになるもので、いつまで見ていても飽きないほど可愛いというのはどういうわけか。・・・・

私が帰って来る時、クックが昼間つながれている納屋に行き、最後のお別れをしたのだけれど、ちゃんと私が帰ると分かっているのだ。
d0046294_1642576.jpg

「その日の夜はさぁ、ほんとぉーに寂しいって顔をして、後ろを向いて伏せちゃってたよ」
と、おナカさんが教えてくれた。
そうだよね、私だってクックに会いにいくようなもんだもの。・・・・・

翌日から私は仕事が始まり、いつもの毎日がやってきた。
次に会えるのは年末。
その時は、また二人で(一人と一匹で)雪の中を走ろうね。・・・・・・。





今この瞬間の幸せを数えて、ぽちっとお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-09-23 17:22 | ■とりあえず日記
一杯が一本に
二日目、二日酔いかも・・・・・・と思えるかすかな頭痛を脳天に乗せて、宮守を訪れるたびに
「一度は会わなければ」
と思い浮かぶ友人の家にお邪魔しました。
クック姫はすっかり車の後部座席が“私のお部屋”になっています。
d0046294_6254997.jpg

ちょっと年上の素敵なご夫婦で、私が友人などと言わせていただくのは図々しいのですが、もともとは両親が東北に移住して知り合った方です。
お二人はいろいろな地を巡って、会社勤めを辞めてからここに移り住みました。
目の前の田んぼで作るお米は、刈り取ったあとはちゃんとハザ掛けにして天日で干すので絶品です。
d0046294_6261885.jpg

やさしいご主人は、クックのリードを延長してくれて、見えるところにつないでくれました。
部屋の中にいるワンコはハッピーとももちゃんの親、ルルちゃんです。
d0046294_6264887.jpg

こちら部屋の中では、マユミさんとおナカさんと私の女三人でおしゃべりに興じていましたが、マユミさんの
「ワイン、1杯だけ飲む?」
の誘いによろめき、おいしいチーズと干したタラ(だったと思う)を軽くあぶったつまみで、一杯が二杯・・・・三杯・・・。
ワインといっても、白の飲み口がさっぱりしたスパークリングワイン。
アルコールが飲めなくなったおナカさんはジュースで、完全に宴会の雰囲気に溶け込める特技を持っています。
気づいたときには、1本が空になっていました。

「あっ、クックは?」
姿が見えなくなったクックはどこへ行ったのかと、窓辺に寄ってみてみれば・・・・・・。
d0046294_6271994.jpg

「ああ゙~っ!!!」
マユミさんが丹精込めて作ったお花畑に、ちゃっかり入り込んで笑っているではありませんか。
「ああ、ごめんなさーい。・・・・クック! だめっ! お花畑に入っちゃダメなの!」
慌てて呼び戻しながら、
(美しいもの好きなクックだから、やっぱりきれいなお花に囲まれているのが気持ちいいのねぇ)
なんて、クックの気持ちが分かるような気がするのでした。

いろいろ気配りの細やかな奥さまと心優しいご主人のカップルは、大人同士の結婚という感じで、ホントに理想的です。



というわけで、二日目もスパークリングワインを1本空けて、私の体はますますタガが外れたようにゆるゆるで、寝るか食べるか、クックと散歩するか、の休日を過ごしたのです。
「このままダルダルの気分から抜けられないかも」
と心配していましたが、帰宅する本日はどうにか体調も戻り、昨日までの不調が嘘のようにスッキリ気分。

やっぱり、病は気から。・・・・・・が大きいですねぇ。・・・・・




元気はつらつ! に戻った私に祝ぽちっをお願いね。\(^o^)/
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-09-18 09:41 | ■岩手県宮守村
東北がなぜこんなに暑いっ!
14日の金曜日、やまびこ53号で新花巻に到着しました。
おナカさん(母)が車で迎えに来てくれました、というよりも、ダンスのレッスンが終わって、予約した病院の合間に拾ってもらったというのが正しいところ。
宮沢賢治の記念館がある山の上に行き、“注文の多い料理店”でお昼をとることにしました。
d0046294_125647.jpg

メニューを見るといま一つピンときませんでしたが、とにかく「涼しいところ」と「時間つぶし」の目的にはここでよいだろうという結論です。

二人で冷麺(850円)を食べながら、
「このスイカが入っている、っていうのが信じられない」
と私が言うと、
「おかぁーさんさぁ、一日に一個くらい食べちゃうよ」
「何を」
「すいか。・・・・・甘くないな」
「何が」
「このスイカ(冷麺に入っているスイカのこと)」
「・・・・・・・」
私が最初に述べた「冷麺にスイカが入っているって信じられない」に対しては、なんの返答もないまま(いつものことですが)、スイカの話題は終わりました。

そうそう、一日にスイカ一個食べるというのは、本当の話。
畑で取れたスイカを、食事代わりに食べるのだと満足そうに言うのです。
「食事の代わりにならないよ」
と私は注意をします。
「だって水分と糖分だけだし、栄養が偏っているじゃん」
「ん・・・・・だって、・・・いいんだよ!」
マイペースというか、頑固というか、結局自分のしたいようにしてしまうのがこの人の特技です。

母が病院に行っている間、私は田舎のデパートの中をぐるぐると巡り歩くことにしました。
が、基本的にウィンドウショッピングが苦手であり、パッと見渡して何も興味が湧かないともう終わり。
大体ショッピングなんて、買う目的がないと何も楽しくありません。
(はぁ・・・・見るところがない)
と、結局最上階(5階)まであがって100円ショップまで見学し、母がやってくると早々に帰路についたのでした。

だいぶ日は西に傾いていましたが、クックと散歩に出かけます。なんてったって、クックに会いに来るようなものですから。
私はクックが大好きなおやつを大きな袋にいっぱい入れて持っていくので、いつも大歓迎されるのです。
d0046294_11575345.jpg

大きな山に広い空、夕焼けの中を赤とんぼが飛び回っている中に立つと、
(ああ、来たなぁ・・・・・)
と思うのです。
d0046294_11554889.jpg

クックと舗装された農道を歩いていくのですが、向こうでは刈った草を燃やしている人が見えます。
都会では「焚き火は禁止」などとアホみたいなことを言いますが、こうして草を刈り、その草を燃やすことで土壌もよくなり、小さな植物もまた芽吹くのです。ゆっくりとした時間の中で自然のサイクルが流れていきます。
d0046294_11561577.jpg

夜の食卓では、父とスパークリングワインを一本空けたのと、日ごろの疲れと気の緩みでドロドロに酔っ払いました。
翌日、脳天に残った頭痛は二日酔いなのか、風邪の前兆(もしくは疲労)なのか、判断に悩むところ。

なのに、夕方になると、今度はマユミさんとスパークリングワインを1本空けてしまいました~!\(^o^;)/





(おまけ)
メロンのシャーベット。
私はあまりメロンを好きではないのですが、この凍らせたメロンはシャーベットそのもの!
暑いこともあって、抱え込んで食べてしまいました。
「どんどん食べていいよ、切ればまだまだあるから!」
とおナカさんは張り切ります。・・・・・ (※畑で採れたメロンです)
d0046294_11564160.jpg



あっつーい東北に、残暑見舞いのぽちっを応援をお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-09-17 12:43 | ■岩手県宮守村
「ワタシよりも、SLの話題が先~?!」
と、へそを曲げたような顔をしているのは、可愛すぎていつも、
「目に入れても痛くないから、入っちゃってぇ~♪」
と撫で回しているクック。
d0046294_18593457.jpg

アタシだってたまには刺激がほしいのよ、とばかりに、クック姫は私が行くと大はしゃぎしてくれるのです。
彼女の望みは、毎日朝晩のお散歩とオイシイおやつとマッサージ。
「早く、早く~!」
と引っ張られ・・・・・・、
d0046294_1932077.jpg

こうして花の香りを楽しんでいる姿なんて、いかにも女の子なのですが、
d0046294_1942973.jpg

あ、違った。・・・・・おしっこか。
d0046294_1910599.jpg

出すものを出したら体が軽くなったのか、いきなり全力疾走などを始めるのです。
ああ・・・・・そんな・・・・・・! あちきの歳を考えておくれよ!
「あらやだ、アタシの方がもう年上なのよ!」
とクック。 が言ったかどうか。

そしていきなり、わんわんわんわん・・・・! と激しく吠え出し、
「あらまぁ、クックどうしたの? もう更年期障害?」
違いました、畑にニホンシカ(らしい)の子どもが迷い込んでいたのです。
d0046294_1983397.jpg

「早く帰りな! お母さんのところに帰りな!」
と優しく呼びかける私をキョトンと見ています。“なに言ってんの?・・・・”とでも言うように。
遅れてきたおナカさん(母)も、
「どーしたの? はぐれちゃったの? 早く帰りな、ね、帰るんだよ」
と、まるで家出をしてきた子どもに呼びかけているようです。
  「わかった・・・・・。」(?!)      ホ、ホント?!
d0046294_19155342.jpg

とでも言ったかのように、すたすたと歩き出しました。
ああ・・・、なんだか野生の動物を目の前にすると興奮します。
SLといい、子鹿といい、なんだか今回は興奮しっぱなしです。
  あたちも興奮シチャッタわん・・・・・!
d0046294_18585845.jpg

こうしてお気楽クックのお散歩は終わるのです。


<後記>
私が帰った後のお散歩は、いつも通りのおナカさんと。
「クック、ほら、走りな」と母が言うと、「そんなこと言っても、おかーさん走れないじゃないの」
とばかりに、クックはチラッチラッと母を見ながら、加減したトコトコ走りをするそう。
だからこそ、全力疾走ができる私とのお散歩を待ってくれていると思うと、
「よーし、今日もおネェちゃんは体力づくりに走り込み5本!」
なーんてことはしませんが、次の再会をやっぱり心待ちせずにはいられないのでした・・・・・・。




いつまでも全力疾走できるように、ぽちっと応援をお願いね~!\(^o^)/ ム、ムリカ・・・?
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-06-24 19:45 | ■岩手県宮守村
釜石線SL機関車ドリーム号
いい加減に更新しなければ・・・・・!

と思いつつ、パソコンを新しくしたので画像を編集するソフトが入っていない、という理由で更新をサボってしまいました。
それに、なんだか今月は心身ともに忙しく、少々疲れています。・・・・・・梅雨のせいもあります、きっと。

ということで、まずは初体験の報告です。
ふふふ・・・・・・今更ながら、知りました・・・・・・・私のデジカメで動画が撮れるのです。
それを知ったのは6月17日の日曜日でした。

前日の土曜日、明日は釜石線にSLが走ると聞き、家から5分ほど歩いた線路沿いに出て写真を撮ることにしました。
あの“ボォ~ッ!”という汽笛は想像以上に大音響で、聞いただけでドキドキしてきます。
さらに
「来たぞっ! 黒い煙が見えるだろっ!」
と父に教えられ、指差す方向を見ると、真っ黒い入道雲のような煙が緑の山間に見えてきました。
(きた、きた、きた、きたーーーーっ!)
まさにそんな感じです。
d0046294_10241090.jpg

興奮して、指が震えそうになりながらシャッターを一度押して、さらに押そうとすると押せないっ!
(え~っ!・・・・・・ しまった!)
ちょっとタイミングを逃してしまいました。
d0046294_1027049.jpg

あっという間に目の前を通り過ぎ、フィルターを通して見ていた私は写すことに夢中で、なんだか自分の目で見たのか見なかったのか・・・・・・という感覚に包まれました。

翌日、この遠野方面に向かって行ったSLが戻ってくるというのです。
「じゃ、また撮らなくちゃ!」
ということで近くを通る時間を調べ、今度こそはバッチリ決めよう! と意気込みます。
そして、連写という機能があったはずだ・・・・・・、とデジカメをいじくっていて動画撮影に気づいたのです。
ああ・・・・なんてマヌケ。 いったい何年このカメラを使っているのでしょう。

2時20分ごろ近くの撮影ポイントを通るというので、2時に家を出ていくと、すでに山道の片側に車が列をなして駐車していました。
「多摩から来てる!・・・・・京都っ! ひぇ~!・・・・・・・・熊本~っ!?」
全国各地からマニアが集まっているようです。
林を抜けて線路沿いに出ると、まるで記者会見でもあるのかと思うほど誰もが大きな望遠レンズを抱え、三脚でしっかり固定し、脚立に乗っている人もいます。
d0046294_10411533.jpg

ああ・・・・、とてもあの中でこの小さなデジカメを持って写すなんて・・・・・・。

私はその一団のちょっと後ろの方に行き、倒れた大きな木の切り株を跨いで座りました。
初めての動画撮影だし、うまく撮れるかどうか分からないし、・・・・・・といろいろ言い訳をしながら、一応位置確認の試し撮りなどをして、心を落ち着けます。
d0046294_10404763.jpg

きたっ!  汽笛が聞こえました!
一気に周囲の空気が張り詰め、カシャカシャカシャ・・・・・と一斉にシャッターの音がします。 
私は”何も考えるな・・・・”と自分に言い聞かせながら、ひたすら汽車を追いました。

はぁ・・・・・・・、行っちゃった・・・・・・・。

その場で再生する方法も分からず、そのままカメラを持ち帰り、パソコンの中に入れてやっと再生。
もうちょっと長く撮影すればよかったなとか、最初はズームにしてそれから引いて写したかったなとかいろいろありますが、ま、初めての撮影だったので、とりあえず「よし」ということにしておきましょう。・・・・・

※写真加工は一切していないのでお見苦しい点が多々あると思いますが、どうかご勘弁を。
 また、写真はすべてクリックすると大きくなります。



乗ったことはないけれど、すっかりSLファン! やっぱり電車は「速さ」じゃないわね、と思うあちきにぽちっと一票をお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-06-23 11:03 | ■岩手県宮守村
いつでも準備OK!
昔は正月三日目といえば、まだどこのお店も開かず退屈を持て余したものだけど、この頃は元旦だって初売りと称して営業する店がある。
保存食のおせちを作らなくても、
「すぐに買って来られるしねぇ・・・・・」
と、おせちが廃れる(?)のも分かるというものだ。

二日は書き初めなどをするんだよ、と子どもの頃に聞いた記憶があるけれど、私は二日に東京駅と品川駅を経由して横須賀に帰ってきた。
途中、新橋などを通るとすっかり通勤のような気持ちになってしまい、ついつい乗り換え駅での足が早まる。


東京駅に着くと、やっぱり暖かい。
東京は寒いと言っても暖かい、そして横須賀はもっと暖かい。
一面真っ白の世界から緑溢れる南国にやってきたような気分になるのはいつものこと。

今朝は、出さなかった人から来た年賀状を印刷したり、親から頼まれた住所録を作ったり、2月におナカさんの仲良しグループ(バーサン4人組)が沖縄旅行にいくとかで、そのコーディネートを頼まれてネットであれこれ検索したりしていたら、いつのまにか午後二時になっている。


そうそう、先ほどその沖縄旅行についておナカさんに電話をしていたらクックの話題になった。(いつもだけど)
二日に私と入れ違いで岩手入りした怪獣(わが弟)。

毎年クックは彼を見ると吠えていた。
「なんだよ、このバカ犬!」
などと言われ、さらに“ワンワンワンワンッ!”と反撃するクック。

ところが、今年は部屋に入ってきた弟の側に音もなく近寄ると、ちろちろと尻尾を振っている。
これには両親が驚き、
「あらぁ~! クックも大人になったんだねぇ!」
とおナカさんは感嘆の声をあげた。

けれどその後、いつもクックのベッドであるソファに腰掛けた父の横にピタリとお座りをし、きょろきょろの目を一層飛び出さんばかりに見開いているクックの表情は、息を詰めて“緊急事態発生”に緊張しているように見えて私は可笑しかった。

案の定、先ほどの電話で、
「クックがさぁ、ハルジ(弟の名)が座っているとその前を通ってベッドに戻れないんだよ」
と笑う。うろうろした揚句、母の後をくっついて歩き、ピタリと寄り添って離れないのだそうだ。
あははは・・・・・想像つくつく! デカくて野太い声を出す怪獣が恐いのだ。
その姿が目に浮かび、私は大笑いしてしまった。

私と母が台所にいると、その傍で(父に叱られなければ)いつもこうして座っていたし、
d0046294_1465067.jpg

母が座って何かをしていると、かならずこうして傍に寄り添っていたし、
d0046294_1473444.jpg

静かで穏やかな夜を迎えると、こんなふうにベッドで眠っていた。
d0046294_1482395.jpg

あ~あ、二月に母が一週間ほどいなくなるっちゅうのに大丈夫なんだろうか。
毎回おナカさんが一週間ほど横須賀にくると、夜中にふらふらと起き出して鳴いたり、ご飯を食べなくなったりするのだ。
未だ母離れできないクックはオネーチャン似だね。・・・・・・(^_^;)


さて、話は飛ぶけど、帰りの新幹線の中で久しぶりに駅弁を買って食べた。
d0046294_14133978.jpg

新花巻駅ではどーして「これ!」といった美味しそうな駅弁がないのかねぇ。・・・・・
これは新幹線の中で買ったもの。小ぶりだけどとても美味しくて大満足。これで900円。

こちらは遠野産ホップで作られた地ビール。
d0046294_14163047.jpg

その年のホップの出来によって味が違うという。そういうの、いいよなぁ・・・と思う。
これは車中では飲まずにお土産用。


ということで、雪の宮守から気分はすっかり江戸出稼ぎモードに切り替わっている。
ほら、競馬で馬がスタート前に扉を飛び出そうとしているあの状態。(競馬はやらないけどね)
そんな気分なわけ。


   おっと、焦らず急がず、ゆっくりゆっくり・・・・・・・。





とにかく歩くのが速い私、今年は「走らない」を目標にしようか・・・・・無理だろうなぁ・・・・無理だな・・・・たぶん・・・・。
ゆっくり歩くように応援のぽちっをお願いね。(^_^;)

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-01-03 14:38 | ■とりあえず日記