軒下の修理
今年の桜は開花が早かった割には、意外にガンバッテ長く咲いてくれたような気がします。
でも今や、花びらは雨で路上にへばりつき、季節の終わりを告げられているようでサビシイ……

さて、そんな中わが家では軒下の修理をしてもらいました。
ホントは雨どいや外壁も手を加えるといいのですが、それには資金が……。
とにかく最低限雨風を凌ぎ、文化的人間の生活が営めればいいのだ、ということで、4月1日から始まった工事は、この雨で終了が数日延びています。
d0046294_1253239.jpg

玄関から上を見上げると、すっかりボロボロだったベニヤが取り外され、
d0046294_1210875.jpg

二階の方はすでに白い板が張られていました。
d0046294_12105293.jpg

この写真は4月3日のものなので、今はすべての軒下に真っ白い板が張り巡らされています。
あとは足場を外すのみなのですが、この雨では……大工さん、暇してるだろうなぁ……。

そうそう、こちらは桜の前に咲いた梅。すでに小さな実がついているんです!
これを見るたびに、おナカさん(母)の「参ったなぁ~、梅がしゃらくさい実をつけて」と言った姿を思い出します。
d0046294_12152692.jpg

紫モクレンも咲き始めて、桃色の桜を背景にまるで桃源郷のような彩りで囲まれます。
d0046294_12173951.jpg

そしてその桃源郷が闇に包まれると、夜桜の宴が開かれ、暖かい夜気と微風が心地よい中、花見酒の盃は重なっていったのでした。
d0046294_122123100.jpg

独りで桜を眺めた年、一緒に眺める人がいる年、父がいなくなった年、母がいる年……私はずっとこの場所にいるのだけれど、時間とともに私の周囲の景色がどんどん変わっていきます。いいことも悪いことも、うれしいことも悲しいことも、すべてが流れていきます。

来年はきっと、おナカさんが傍らにいるに違いありません。
クックは元気でいてくれるでしょうか。
あまり先のことを考えても仕方がないのですが、人生の終焉を迎える自分がどんな状態でいるのだろうか……と、思い描いている自分がいつもいます。

世の中が平和で、慎ましくも好きな友だちや仲間と楽しく、心豊かな日々を暮らしていたい。
そのゴールに向かって今を生きているんだ、と感じるこのごろです。

人の一生もアッという間だな……と感傷に浸るあちきに、今日もぽちっとお願いね。d(^.^)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
# by anrianan | 2015-04-08 12:49 | ■住まい | Comments(4)
花の命は短くて・・・・・・
土曜日はまだ二分咲きくらいだったのに、今日はもう満開!
ああ、今年もまた会えたね・・・・・・。
d0046294_8455882.jpg

天気は明日からはゆっくり下り坂というから、今年はこの桜を眺めながら、ほとほとと酒を飲む時間がない。
「極楽浄土の一週間」もない。
ええ、こうして目覚めた時に目の前に広がっている期間を「極楽浄土」と呼んでいるんです。
大抵一週間くらいは極楽浄土なのですが、今年は花の命が短すぎます……。
d0046294_8454721.jpg

ここに引っ越してきた37年前に父が植えた桜。いつか再び、父も見る日があるだろうと思っていたのです。
それとも、
魂は自由だから、この桜を見に来てくれているでしょうか。……

少しでも花が長く咲いていますように……ぽちっとお願いね。d(^.^)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
# by anrianan | 2015-03-31 09:27 | ■とりあえず日記 | Comments(4)
春爛漫
本日は、わが家の桜も1分ほど咲いております。
これからの一週間は日ごとに花が開いてゆき、そして咲き乱れ、やがて狂い咲き(それはアタシか…)来週の今頃は花吹雪なのではないかと想像するに、ああ…なんと人の一生は儚いものよ…と、すでに感傷に浸るあちきでした。(早い!)
その桜の前に咲き乱れるこれは、スモモでござんす。
d0046294_8222296.jpg

こちらはコノハナサクヤヒメの化身、山桜。白い花のつぼみが目立つようになってきました。その隣の小さい木はコテマリ。こちらも緑の葉ですっかり覆われ、白い花を待つばかり。
d0046294_8223251.jpg

元気なのは木ばかりではありません。台所を出たすぐ前には、カラスノエンドウがモサモサと……。
d0046294_8224542.jpg

枯れ木のようになっていた木にも春の息吹。これは山椒でごザンショ。
d0046294_8225438.jpg

これは何かわかりますか? ブルーベリーです。25センチほどの小さな木も「生きてるよ!」と伝えているように感じます。
d0046294_823334.jpg

これは雑草に見えるけど、実はニラです。この庭ではかなりの古株。
d0046294_8231137.jpg

さ~て、これは!
d0046294_8231990.jpg

そうです、先日並べて植えたタラの芽! なんと芽がでてきて、また天ぷらを食べられそうな気配です……芽を摘んでも大丈夫なのか?
d0046294_8232830.jpg

こうして春を感じる食材で料理をすると、それだけで幸せな気分になりますね。
山椒の新芽を刻み、山椒の実の佃煮と炒り卵をご飯に混ぜ込みました。
d0046294_8233818.jpg

……へぇ、そのご飯の上にイクラとバッケ味噌(フキノトウ味噌)を乗せるんどす。
d0046294_8235035.jpg

そして、(円)おむすびにするんだす……なんか良縁に恵まそうじゃありませんか~!( *´艸`) 
……ああ、旨かったぁぁぁぁ……!
d0046294_824026.jpg

実は、先週末(21~23)に花巻に行ってきました。おナカさん(母)が一泊でお墓参りに行くというので、私はクックとお留守番だったのです。そして花巻は雪が降り(!)……私は見事に風邪をひいて帰ってきました。こちらは、こんなに春に満ち満ちているというのに……

でも風邪も治ったし、今週は昼夜桜を愛でながら、花見酒といくかな……♪

いいねぇ、花見酒??…に、ぽちっと一票をお願いね。d(*´▽`*)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
# by anrianan | 2015-03-27 17:02 | ■とりあえず日記 | Comments(0)
天然酵母パンと濱田家パンを二股じゃい!
春が近づいて暖かくなってくると、なんとなく動きたくなってくるのは虫も人間も同じ。
怠け者を自認しているアタシだってモゾモゾと落ち着かなくなり、庭を見てはモゾモゾ、スイーツやパンを作りたくモゾモゾ、部屋の片付けをしなくては、とモゾモゾ。
その割には「何もしてないじゃないかいっ!」と自分で突っ込みをいれる今日この頃です。

いえね、何もしてないわけではないんですよ。パンだって焼いてますのよ。
レーズンで作った天然酵母を使って、ようやく作った念願の天然酵母パン。
これがね、『朝日屋ベーカリーの四季の天然酵母パン』を見ながら作ってみたのですが、大体12時間ほどの時間がかかってしまったのです。朝10時から作り始めたものだから、できあがりが夜の10時すぎという、なんともマヌケた結果になってしまいました。
d0046294_645225.jpg

写真は翌朝撮りました。
さすがに焼きたてとはいえ、深夜に(※夜10時すぎは、アタシにとって深夜ざんす)パンを食べる気になれず、涙を堪えて(ウソです)寝ることにしたのでした。

でも、できあがりはまずまず……ざんしょ?
d0046294_6452942.jpg

なぁ~んだ、結構簡単に成功したじゃないかぁ~♪
と調子に乗って、次はできあがりが朝になるように逆算し(最初にこれをやるべきね…)
「そうだ! 一次発酵を冷蔵庫でゆっくり…という方法にしてみよう!」
グッドアイデア~♪ とばかりに仕込んだのですが、これはものの見事に大々大失敗っ!
冬のせいもあり(?)温度が低かったのか、全然膨らまなかったのです。 シュ~ン……と久方ぶりにショゲました。

ええ、失敗の写真は撮りませんでしたの。(イヤなことは、すぐに忘れた方がよござんしょ)

次に試作したのは、大好きな「濱田家」から出版された『和食のぱんのつくりかた』を見ながらのパン作り。
このパン屋の和総菜が入ったパンや豆パンが大好きで、自分でもたっくさん作って、飽きるほど食べてみたいのです。
d0046294_64554100.jpg

おぉ! 目いっぱい食べる夢に、ちょっと近づいてるのではないかぁ?!

天然酵母パンは、純粋に強力粉と水と酵母と塩だけで作りますが、濱田家のパンは卵と牛乳も使います。
どちらも手ごねですが、食感や風味が異なり、両方ともそれぞれにおいしい~!
こういうおいしいパンを作りながら、そのうちにanripanを作りたいなぁ。
なんて、春の妄想が続いています。

おいしいパンが焼けるように、モゾっと応援をお願いね。“d(^~^)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
# by anrianan | 2015-03-20 06:47 | ■食生活 | Comments(4)
おいしい天ぷらを食べるために・・・
雪が残る東北から、フキノトウが送られてきました。
今年はおナカさん(母)が岩手を引き払ってくるので、採りたて山菜の天ぷらも最後になるのかもしれません。
そう思うと一層ありがたみが増してきます。
d0046294_154824.jpg

こちらは庭から摘んできたアシタバ。 (シシトウは市販です)
アシタバを天ぷらにする時には、根元近くに出ている新芽を摘みます。
d0046294_154818100.jpg

こちらは頭のてっぺんに生えていた芽を切り落としたタラの木の苗。 
d0046294_15485513.jpg

芽は天ぷらで食べて、苗はこうして土に挿しておくと根が出るのだそうです。 来年もタラの芽の天ぷらが食べられるように、おナカさんが送ってくれました。 ほんとに根がでるのかなぁ・・・・・・。
d0046294_21271632.jpg

こんな風に一列に植えつけました。(ちょっとくねくね曲がってますが・・・・・・ヘソも根性も曲がってません)
根が出たら移植する予定です。
d0046294_1549898.jpg

とうとう! ようやく! やっと! 買った(買えた)油を濾過して保存する「天ぷら油クリーナー」 レッツフライ!
パナソニックから販売されています。
d0046294_15493221.jpg

蓋を開けるとこんな感じ。 この上にペーパーフィルタを乗せて、揚げカスや不純物を濾します。
ペーパーフィルタは1回ごとに換えますが、写真で見えているカートリッジは約10回使って交換します。
カートリッジの活性炭が揚げ油の臭いや色をキャッチするのだそうです。
d0046294_15521283.jpg

何年も買いたいと思い続けた物なので、今回も慎重にあちこちのサイトを見ながら検討。お買い物は大抵「楽天」ですが、今回は「アマゾン」から。アマゾンは送料がかからないので、結局一番安かったのです。
そして、こちらもアマゾンから購入した小麦粉とごま油。
d0046294_1628575.jpg

衣に使う水は財宝温泉水、強くゴマの香り立つ極上の油は一缶(800ml)使い切りました。
山盛りの天ぷらを揚げ終わるころには、発泡酒の缶が数本空いており、大きなお盆二つに天ぷらが山盛りになりました。

 あ、出来上がりの写真を、撮り損ねてしもた・・・・・・

春は山菜の天ぷら! にぽちっと☆お願いね。d(^0^)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
# by anrianan | 2015-03-15 21:53 | ■家庭菜園 | Comments(2)