鴨居八幡神社の夏祭り
7月25日(土)と26日(日)に、鴨居八幡神社の夏祭りがありました。
子どものころは太鼓の音に誘われて、待ちきれないといった気持ちで山を駆け下りて行ったものですが、気づいたらすっかり足が遠のいていました。

今年は母が戻ってきたこともあり、久しぶりに行ってみることに。
鴨居八幡神社の神様は誉田別尊(ほんだわけのみこと)と素盞嗚尊(すさのおのみこと)、二つの神様が合祀されているそうです。
もともと鴨居は漁村だったので、お祭りではその名残をあちこちに垣間見ることができます。
d0046294_6224520.jpg

私は小学1年生の3学期に転校してきたので、お祭りの時に地元の子たちがイキイキとしている姿が、とてもうらやましく感じたものです。今でも覚えているのは、同じクラスの子とお祭りで会ったことがうれしくて、明日も来る? と聞いたら「来る」というので、翌日曜日は朝から、走って神社に行ったことです。その子と会えませんでしたが…。
d0046294_623233.jpg

夏祭りは、そんな幼いころの思い出とともに、懐かしい人々に再会する場所でもあります。
特に、17年ぶりに帰ってきた母は今、親しかった友だちや街並みと出会う日々を楽しんでおり、このお祭りでも、ずっと会いたいと願っていた友だちと再会。
年月が過ぎ去ったことをつくづく感じる二人の後ろ姿……
d0046294_1358290.jpg

子どものころから知っているオバサンたちにとっては、子どもたちがオバサンやオジサンになっていることが驚きらしく
「あらぁ~、大きくなっちゃってぇ~!」
なんて嬉しそうに言うわけですね。 ええ、もう立派な中高年ですのよ……
d0046294_6253092.jpg

実は、ずっと会いたかったこのお友だちは、もうすぐ東北の施設に行ってしまうと知り、少し離れたところで母は目を潤ませていました。長年住み慣れた土地を離れる切なさや寂しさ、介護する側の気持ち、される側の気持ち……さまざまなことを考えると「涙が出てきちゃってしょーがないよ…」と。
d0046294_6255717.jpg

さて、心がうるうるするような一日目から夜が明けて、お祭りの2日目。
この日は、メインイベントである「お浜降り」があります。神社のお神輿と各町内会のお神輿が勢ぞろいして海に入るのです。
ということは知っていましたが、なんと私、7歳の時にこの地に移り住んでから、一度も見たことがないことに今回気づきました。今年は愚弟が町内会の神輿を担ぐというので「じゃ、見てやるか」ということに。
d0046294_6383670.jpg

神社の目の前は、道路を挟んで浜が広がっています。その浜に、大きな竹で斎庭(ゆにわ)が作られていました。夕刻から始まる「お浜降り」を、皆待ちわびています。
d0046294_6392456.jpg

写真では、人がそれほど多くないように見えますが、角度を変えるとすでに多くの人、人、人…。
d0046294_6455280.jpg

ほらね、……とはいっても、まだまだこの時は少ない。この後、どんどん人が増えてきました。
はい、白いワンコはクックです。その傍らに立っているのはおナカさん。

日が西に傾いたころ、大太鼓が「ドーン! ドーン! ドーン!…」となり始めました。大鳥居から、大きな榊の木や祭祀を行う宮司さんらが登場。浜はしんと静まり、その間、祝詞が奏上されているだろうことは、遠くの私にも分かりました。
さて、宮司さん方が退場し、斎庭が取り外されると、笛や太鼓が激しく鳴り始め、上下に大きく揺れるお神輿が出てきました。古い町順に出てくるそうで、まずは「宮原」。 おぉ! 褌がいるではないか! しびれるぅ~!
d0046294_6394959.jpg

ここで、動画にトライ。
雰囲気はちょっと味わえるかな?……



次々と出てくるお神輿を見て「一体、何台の神輿が出て来るんだい?」。愚弟が担ぐ神輿は一番最後に出て来ると聞いていたので、それまでにみんな飽きちゃうんじゃないの? なんて心配になりました。
d0046294_6412494.jpg

ところがどっこい、飽きるどころが益々盛り上がっていくではありませんか。
普段、町内会なんて無関心なのに、この時ばかりは「わが町内の神輿」なんて興奮している自分がおかしくなりました。
やっと「わが町内会の神輿」も登場。



結局、11の神輿(10町内+神社のお神輿)が浜と海を何往復もしながら浜を練り歩きます。
d0046294_6423956.jpg

神輿と観客が混然一体。浜全体が大きなエネルギーの渦になっています。
私はデジカメを構えながら、愚弟を探すも見当たらない…どこにいるんだぁ?……担ぐの、やめたのか?……(年だしねぇ…)  あ、いたいたっ!…… むふふふ…
d0046294_644307.jpg

こちらが神社神輿です。担ぎ手が白衣を着てるんですねぇ。
d0046294_6471482.jpg

いよいよクライマックス、ちょうど目の前に「わが町内の神輿」がやってきました。
いいね~、あたしゃ若かったら一緒に担ぎたかったよ…



目の前で、神輿が浜と海を行ったり来たりするのを見ながら、私は過ぎ去りし年月を噛みしめ、二度と戻れない時間という不可思議の中で、過去と現在を何往復もしていました。
d0046294_6485538.jpg

太鼓や笛の音は鳴り続けますが、お神輿は何度も高く上げられて終了しました。 おつかれさま~!
d0046294_6491054.jpg

神輿と人の渦の中で「大丈夫だろうか…」と心配していたおナカさんとクックも無事でした。
d0046294_6492546.jpg

初めてのお浜降り、懐かしき人々との再会、そして別れ……忘れられない夏祭りになりそうです。

あの、7歳の夏祭りから何十年も経ち、変わらない風景と変わってしまう風景。どうすることもできないけれど、誰もが幸せで心豊かな人生を生き抜けますように……と、改めて願った2日間でした。

世界が平和で幸せでありますように… 願いを込めてポチッとお願いね!d(*´▽`*)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
# by anrianan | 2015-08-05 11:22 | ■伝統と文化
沖縄に初上陸!
おナカさんがここに越してきて、1か月が過ぎました。
すったもんだの日々が続いています。嫁と姑のバトルは当たり前のように語られますが、娘と母だって16年も離れて暮らしていれば、完全に家事の流儀は違っているもんで、遠慮がない分、そりゃあ神経擦り減らすほどのバトルが続き、ただただ疲れております……そして、悩んでおります……

とりあえずは、すでに2週間前の話になってしまいましたが、初沖縄の話です。
突然友だちに誘われて行ってきました。一泊だけど朝一の飛行機で羽田を発ち、2日間をめいっぱい使って遊びまくりました。美ら海水族館に行って、コンドミニアムに泊まり、目の前のプライベートビーチで泳ぎ、夕日を見ながら食事をして、波の音を聞きながらビールを飲み、ああ……沖縄に住んでもいいかも~! という人の気持ちがよ~く分かりました。

出発当日は、まだ梅雨の羽田空港でなんだか頭も気も重かったのですが……
d0046294_1427538.jpg

朝6時半、翼のハートマークを見たときは、ちょっと楽しい旅になるような気がして気持ちもほわり。
飛行機のエンジンがかかり、機体がゴトゴトと音を立てて走り始めると、久しぶりの空の旅にドキドキしてきて、なんだか興奮している自分を感じました。機体がふわりと浮くと気分も急上昇! 思わず、やったー! と万歳をしたくなりました。…しませんでしたけどね。

そして大好きな雲を眺めながら到着した那覇空港には、自衛隊の飛行機がズラリ。
d0046294_14462182.jpg

沖縄の基地問題や、敗戦後ずっと置かれてきた沖縄の立場を目の前に突きつけられたようで、言葉を失ったまま流れる光景に見入りました。……といいながら、初めに行なったことといえば、
d0046294_1716917.jpg

塩ちんすこうブルーシーズアイスを食べること。空港を歩いている時に目にして以来の、まずは一つ目の目的を達成……

車をレンタルして、最初に訪れたのは道の駅「許田」。ここで美ら海水族館の割引券を購入。
d0046294_1512685.jpg

この道の駅に立ち並ぶ小さな商店路地はなんとも言えない風情が溢れていました。異国情緒というのか、昭和初期の懐かしさというのか……ええ、昭和初期にはまだ生まれてませんでしたけど。
d0046294_15141234.jpg

通りすがりの天ぷら屋で、全品50円という手書き札にひきつけられ「天ぷらを買って沖縄そばを食べよう!」と急遽ランチが決定しました。友人は、ソーキそば。
d0046294_15155274.jpg

アタクシはトン(豚)が苦手なので、
d0046294_17193879.jpg

アオサが入った沖縄そばです。メニューを見ると「ゴーヤドライ」とか「シークワァーサーなんとか」というビールがあり、おぉっ! と思ったのですが、友人が運転をしてくれているので私だけが飲むわけにはいきません。ま、そのうちどこぞで買って飲めばいいや、と思っていたのです……(これが失敗でした)
さて、腹ごしらえをしたので、あとは北に向かって突っ走り、美ら海水族館へ。
d0046294_17233426.jpg

さすが74%の米軍基地が集まっている沖縄、米人がやたら目につきます。
d0046294_17261350.jpg

横浜の金沢八景シーパラダイスというところにも水族館があります。以前訪れたことを思い出し、……あやや? 十何年も昔の話じゃありやせんか……!
d0046294_17294711.jpg

大盛況でした。水族館って、どこもこんなに賑わっているのでしょうか。
天井がガラスになっているトンネルは、頭上を大きな魚が泳いで行き、こういう光景は大人になっても心が浮き立つもんですねぇ。
d0046294_18111886.jpg

この後、ジュゴンを見たり、イルカのショーを見たり。
d0046294_17362882.jpg

とにかく、暑いっ! 関東はまだ梅雨寒だというのに、暑いっ! ぎんぎんの日差しを浴びながら、美ら海水族館の出口に向かいました。歩道から出ている白い霧はミストです。さすが南国! 少しでも暑さを和らげようという工夫がされている! と妙に感動してしまいました。
d0046294_17384115.jpg

さて、水族館を後にして、今宵は瀬底にあるコンドミニアムに泊まります。玄関を入ると、
d0046294_18115992.jpg

おぉ! ワンダフルすぎ~! 天井には、こんなものが付いてました~!
d0046294_18232072.jpg

目の前には、プライベートビーチなどというものがあるんですって。
d0046294_1916213.jpg

そう聞いたからには、泳がねばなるまい…… 
d0046294_18151373.jpg

ありゃ? 溺れてるのか? い…いえ、そうではなくて「ミロのビーナス」になったつもりでしたが……
友曰く「自由の女神だね!」 ……えぇっ?! ま…いいか……ビーナスも女神も同じ女だし……
砂浜が白くてさらさらで、どこまでも遠浅。所によって足元が岩場になって痛いのです。それでも子どもの時以来かもしれない「やどかり」などを見て、忘れていた夏休みの気分が蘇ったようでした。
d0046294_1922309.jpg

さて、話はちょっと変わりますが、コンドミニアムには洗濯機が付いています(当然?)そこで、少しでもお持ち帰りの洗濯物を減らしたいと思ったのですが、洗剤を持っていませんでした。よって、洗剤を買いにコンビニまでドライブをすることに。
じゃ、じゃーん! アタシたちが乗った車~! 超~カッコよすぎ~!
d0046294_18281171.jpg

せっかくだから、オープンカーにして走ることにしたのでございますね。そしたら、なんざんすか、妙に気持ちよくて「別人になったみたーい!」なんて言ったら、友人が「別人…28号?」なんてつまらないギャグを返してきました。それでも妙にうれしくて「べっつじん、にじゅうはちごぉ~!」なんて叫んでしまいましたわ。
嬉しさついでに瀬底橋を渡って、瀬底島にも行ってみることにしました。ああ…天国への橋みたい!(?)
d0046294_18322638.jpg

そしたら、あ……ちょっと待って、ちょっと待って、お姉さん……バックが……
d0046294_18392031.jpg

というのは冗談でやんすよ。運転したのは友人ですから。(^m^)

瀬底島では、小さなお店で沖縄ぜんざい(かき氷)を食べ、印刷ミスで値引きされていたコーヒーを2つ買い、幸せ満腹状態。
d0046294_1840417.jpg

夜は歩いて10分弱のところにあるレストランで、夕暮れを見ながらBBQ。……は予約が取れませんでしたので、私たちは屋内で。ワラジほどの大きさのビーフカツレツを食べながら生ビールを飲み、次回はぜひBBQの予約を取ろう! と誓い合ってきたのでした。
d0046294_18445715.jpg

部屋に戻ってからは、二度目の祝杯。庭のベンチに発泡酒とつまみを持ち出して、星の光と波の音でいい気持になっていたら、突然のスコール! 慌てて部屋に駆け込む時間、約15秒か20秒くらいでしたでしょうか……酔っ払い二人は大笑いしながら、ずぶ濡れになって部屋に戻ってきたのですが、その時にはすでに雨は止んでおりました…
d0046294_18492956.jpg

何はともあれ、初めての沖縄は梅雨明けの関東のように猛烈に暑かったのですが、それすらも楽しく思える旅でした。

本日、長~くなってしまいましたので、この辺で終了させていただきます。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
二日目は辺野古に行って参りましたが、これは後ほどアップさせていただくかもしれません。……ええ、辺野古の海を潰すなんて何を考えているんだい、アホたれは……とついつい言いたくなってしまうもんで。
沖縄は琉球王国として独立したらいいと思いますよ、私は。ハワイを何度も思い出しましたけど、文化も伝統も街並も、日本じゃなくて外国ですもの……

辺野古の海を埋め立てるな~! に一票をお願いね!d( `ー´)q
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
# by anrianan | 2015-07-22 19:45 | ■とりあえず日記
やっと、フローリング完成!
5メートル36センチの廊下は、約3.5㎝ほどの段差がありました。場所によっては板がきしんで少々沈み、剥がれていたところもあります。そこに接ぎを充ててもらったのが昨年で、これだけでも十分きれいになったようでうれしかったものです。
d0046294_135524.jpg

おナカさんがクックとやってくることになり、家中の物を大移動しなければならなくなったとき、この廊下の突当りは、こんなふうになっておりました。
d0046294_1383360.jpg

かれこれおナカさんが岩手に行ってから16年以上、その間に私の物たちがどんどん溜め込まれていました。カラーボックス1つを空にするにも1日かかる始末。どーん! と捨ててしまいたいのに捨てられない。何があるのかをチェックしながら、いらないけれど捨てられないもの(人からもらったり、新品だったり……例えば、以前のプリンターのインクとか、新品のMOディスクとか…)は、目をつぶって一気に「廃棄」の袋に放り込みました。そうしてようやく、廊下の壁に再会し、
d0046294_13144588.jpg

低い段差を上げて、プチリフォームに取り掛かりました。
一般的には、幅の細い根太(ねだ)と呼ばれる木を30センチくらいの間隔で置き、その上に合板を張って最後にフローリング材を張るそうです。けれど、窓になっている面の根太は固定することができないため、合板を2枚重ねて敷きつめ、その上にフローリング材を張ってしまうことにしました。
d0046294_132567.jpg

先週末、ようやく残りの部分に着手することができ、
d0046294_13264718.jpg

柱のでっぱりや、当初根太に使うはずだった板も無駄にせず、すべて敷き詰め、ようやく完成した廊下を歩きながら、おナカさんは「家らしくなった!」と大喜び。
d0046294_13285248.jpg

ええ、クックも気持ちいいらしくこの上でペタリと寝るので、クック用のタオルを敷いてあげました。

ところで、最近の冷蔵庫ってずいぶんと大きいんですね。置く予定にしていた場所が、ことごとく高さが足りず(敷居にぶつかって扉が開かなくなるんですの)仕方がないので、台所に近い廊下の隅に設置することになりました。
d0046294_13321428.jpg

これから暑くなることですし、当分冷蔵庫2台を使っていきます。
うっふぉふぉふぉ……! な~んて贅沢なんでございましょ! 冷蔵庫2台使えるなんて夢のまた夢でしたのに、ああ! 早くパンを焼いたりスイーツを作りたい!……

そして、次なる作業はおナカさんのテレビが映るようにすること、そして台所の前にテラスを組み立てること。本日は雨なので草刈り作業はできないし、今週末はちょいと出かける用が入ってしまっているし……なかなか思うように進みませんが、これからの改善計画をしょっちゅうおナカさんと語り合い、妄想族は雑草のようにどんどん伸張しております。

少しずつ、お互いの物をしまう場所やキッチン用具の使い方を調整しながら……もう少し経ったら、何の問題も起こらずに日々の時間が流れるようになるに違いありません。……ふぅ……

二人が言い合っていると、クックはビー玉のような目をジッと見開いたまま、私とおナカさんを交互に見ています。どっちが「ボス」なのか見極めようとしているようにも思え、ケンカをしているんじゃないかと不安になっているようにも見え、それでも二人の傍らにいるのがうれしいらしく、いつもどちらかにくっついて歩いています。あるいは、寝ています……
d0046294_13453759.jpg

座敷だったり、脱衣所だったり、玄関だったり、廊下だったり、
d0046294_13471049.jpg

財宝温泉水をよく飲み、一緒に毎朝カフェオレも飲み、食欲もあり、出すものも出し、波打ち際も怖がることなく、クックはあっさり馴染んでくれているようでホッとしています。

只今おナカさんは(社交)ダンスのレッスン。
岩手に引っ越す前に通っていた先生や仲間と再会して楽しんでいることでしょう。

低速ギアで進み出した熟女と熟々女と熟美犬…にポチッと応援してくだされ。d(´ー`)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
# by anrianan | 2015-07-01 14:10 | ■住まい
まだまだ、断々捨々離
20日の土曜日、予定よりも早い午後6時半ごろに、クックとおナカさんがやってきました。
初めての場所に戦々恐々ながらも、興味津々のクック。
d0046294_1438259.jpg

目ん玉をキョロキョロさせながらもニコニコして(?)あちこちを探索していました。
車の長旅は初めてでしたが、私を見て少々驚きながらも喜んでいるようす。(?)
d0046294_14431994.jpg

やや興奮気味ではあるけれど、それはおナカさん(母)も同じ。ハイテンションのおしゃべりが続き、それだけでも私より十分にパワーがあることを実証しています……。

さて一夜明け、助っ人が二人来てくれました。一人はいつも助けてくれる例のスーパーマン、もう一人は父の親戚のヒロジおじさん。まずはピアノの移動を、と大人4人でヒーヒー…… あれ? 一番パワーがある怪獣(弟)はどこ行った? こういう時にいなくてどーするっ! 
花巻からの荷物は昼前には届き、次々と家の中に運ばれてきます。庭にも物置やテラスなどが広げられ……
d0046294_14563937.jpg

スーパーマンが草を刈って、土台の石を並べてくれました。台所の前にこんなに広いテラスができるのかぁ……と、荷物にゲッソリしながらも、かなりうれしい。
d0046294_14584216.jpg

この上に防草シートを敷いて、テラスを組み立てます。でもその前に、これらの荷物を片づけねばなりましぇん……(:_;)
d0046294_1503633.jpg

やたらとカラーボックスや布団が多いのです。……結局、何かを収めるためには何かを捨てねばならないのですが、はぁ~、まだまだ先は長いよ。
それでも本日6日目になると、どうやら家らしく(?)なってきました。ええ、おナカさん、そーとーガンバッテます。
d0046294_155136.jpg

でも、年には勝てません…… (ボー然としているおナカさん)
d0046294_1562659.jpg

こちらは、すっかり自分のベッドを見つけてマイペースのクック……
d0046294_15183615.jpg

16年ぶりに一緒に住むことになり、良いこともあれば良くないこともありますが、やがて母があちら側に先に帰ってしまうのですから(順番からいけば)、限られた時間をなるべく楽しく、笑って過ごす時間を多くしようね、と約束しています、一応ね。

末永く健やかな日々が送れますように…と景気づけのぽちっを押してくだしゃい…d(;´Д`)ハァ~
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
# by anrianan | 2015-06-27 15:31 | ■住まい
引っ越し
この二か月ばかり、家中の物がごった返しています。
私の心も体調も、ごった返し。 というのも、母が16年の岩手暮らしに終止符を打ち、この家に引っ越してくるからです。ま、出戻り……ですな。
荷物は明日、おナカさん本人とクックは、弟が運転する車に乗って今夜来ます。

しかしですよ、こちらはすっかり二階家での一人暮らしに慣れてしまってるから、一階の部屋を空にするなんて、どーしたって無理じゃ~!!! 物が多すぎっ!
ということで、家にいる日はひたすら断捨離。 あぁ…疲れた~。

母の物がやってきたら、どこに何を置くかをいろいろ話し合った結果、きしむ廊下の補強を兼ねて張り直し、夢の壁一面本棚を作ることとなったのですが……
d0046294_942129.jpg

廊下は、まだ途中でごぜぇますだ……。
この突き当りに、ピアノを持ってくる予定なのですよ、明日……。
そのピアノは今、物に埋まってあそこにあります。
d0046294_9445749.jpg

この家に来た15-6年前から、ずっとあそこにい続けたピアノ。今度は日の光が入る南の廊下に持ってくるという壮大な(?)計画。その隣にあった茶色の本棚を、ようやく移動したのが3日前の水曜日。
d0046294_9491940.jpg

この本棚の前をうろつくのが大好きで、このごろ、しばしばここで「立ち読み」することが多くなりました。
それはいいのですが、奥の部屋も物置のようになっており、
d0046294_951844.jpg

これから廊下のフローリング材をもう少し張り足し、ソファーベッドを持ってきます。そして目の前のベッドの上を片付けねばなりません。今夜やってくる母と怪獣(弟)のために……。

ううう……吐きそう……。

ということで、いくらブログの更新をサボっていたからって、今こんなことをやっている場合じゃないぜよ~! と自分を叱咤激励して、いざっ! 出陣っ! ……(涙)

どうぞ、ぽちっとあっしに元気を与えてやってくだせぇ~!d(:_;)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
# by anrianan | 2015-06-20 09:58 | ■住まい