<   2017年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
母、転院する
2016年9月1日、よこすか浦賀病院に転院しました。

療養病棟を持ついくつかの病院から、この病院を選択した大きな理由は、家に近いこと。
山を降りて海岸に出るとポンポン船(浦賀の渡し)があり、そのポンポン船で細長い浦賀湾を渡った向こう岸に、その病院はあります。
病室の窓からは房総半島が望めました。
d0046294_1141240.jpg

いつもいる場所の反対側から眺めた風景。 おもしろいですね。
海外に行くと日本がよく見えるとか、日本の良さが分かるという話を聞きますが、人生のすべてにおいて同じことが言えるのかもしれません。今の自分と反対側の立場に立ってみると、いいこともあれば悪いこともある。
想像上では実感にいたらず、実感しないと「分かる」という言葉を使えないのかもしれないと思ったりします。

あの山の上のちょっと向こう側にわが家はあります。
d0046294_111339100.jpg

母は60歳で蜘蛛膜下出血になるまで、約15年間浦賀病院で働いていました。
以前の病院は浦賀駅前にあって便利でしたが、現在はバス停3つ分ほど離れた場所にあるのでシャトルバスが出ています。
母が病院を離れてから20年経ちますが、当時から働いている人が何人かいらして、次々母の病室に会いに来てくれました。
懐かしい人たちと会い、話していると俄然元気になっていくように見えました。
d0046294_114434.jpg

ああ、これで安心……
きっと意識もしっかり戻ってきて、これで食欲が戻れば元気になるに違いありません。
たとえ肝硬変や多機能不全といわれても、わずかでも機能している細胞が活発に働いてくれるのではないか。素人考えですが、そう期待せずにはいられませんでした。
家からも近いし、これなら毎日来るにしても大分楽になります。
ああ、よかった……
と安堵したのでした。それを裏付けるかのように、面会の前にクックを連れて周囲を散歩していると、大きな虹が空いっぱいに広がりました。  うわぁ~!
d0046294_115777.jpg

人生、山あり谷ありか……

束の間の「山」であったことは、後に知ることになるのですが……

折れそうなワタシにガンバレ~!!! と応援のポチッをお願いね!d(´ー`;)
→→→人気ブログランキング


by anrianan | 2017-01-09 11:57 | ■とりあえず日記 | Comments(3)
あけましておめでとうございます
前回からの続きをなかなか書くことができずに、2017年の元旦を迎えてしまいました。
とりあえず新年のご挨拶と、現状をチラリとお知らせしておきます。

現在母を在宅で介護をしております。
夜中の2時から3時に一度起き(時には2度起き)、朝は6時から6時半に起床してオムツを替える生活が2ヶ月になろうとしています。
母の認知症が刻々と進んでいるのか、自分でオムツを取ってしまうことが頻繁になりました。
当然、糞尿が寝具やパジャマに付着します。臭いも強烈です。
そのたびに私は絶望し、母に暴言を吐き、母も落ち込み、その母を見て罪悪感に駆られ、ということが何十回となく繰り返され、私は慢性的睡眠不足と精神的・体力的な限界を感じつつあります。

年末年始などなく、正月の用意も一切する余裕もありません。
帰省した愚弟は山盛りの正月料理(パック詰め)を買ってきましたが、従来の正月のように何も用意できないし、食卓に並べる気力もないのです。そういう状況を把握できない可哀想な愚弟は、昨夜怒って帰っていきました。

大威張りでしたけど大黒柱だった父が亡くなって、こんなにも簡単に家族が崩壊するのだと驚いています。
父という怖い存在がいた時には我を出さなかったというだけで、互いに思いやっていた家族ではなかったということですね。
恐怖政治と同じ。 家族や会社、学校などの集団は、世界国家の縮図ですね。

以上、元旦到着の年賀状が書けなかった長い長い言い訳を終わります。
これから一枚ずつゆっくりと、時間を見つけて書きますので少し先になりますが、どうぞお許しのほどを・・・

皆さまの健康と幸せな日々を、そして世界の平和を祈りつつ、新年のご挨拶とさせていただきます。

あんり

了解! という方、初ポチッをお願いね!d(´ー`;)
→→→人気ブログランキング

by anrianan | 2017-01-01 12:12 | ■とりあえず日記 | Comments(9)