<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Moma美術館
なに? 寿司がMoma美術館とどーゆー関係があるんじゃい???
d0046294_15473712.jpg

はい、説明いたします。
寿司を乗せている板……ヒノキです、しっかり厚板で香りがいい~!……が、ニューヨークのMoma美術館のミュージアムショップに売っているのです。

一隅に丸くくり抜かれた部分があり、そこにしょうゆ皿を乗せるようになっています。セットで箸もついていますが、これは箸にも棒にもならない安っぽさ。これだけ立派な台に、なぜこの箸なんじゃい? と不思議きわまりなく、付けない方がよいくらい。
ではありますが、
「このミニ寿司バーセットはいいよ」
と、リー君に教えてもらい、実物を見たらホントにいいので、かなり無理をして2セット買ってしまいました。
だって、客人が来た時にこそ使いたいじゃありませんか。

ということで、京急ストアで夜8時過ぎに5割引きでゲットした寿司を乗せてみたら、高級寿司か思うほどに格上げしてるっ!!! ……え? してない?

いずれにしても、寿司以外に酒の肴(主に刺身)などを乗せるとイイ感じなんです。
現地(ニューヨーク)に行かなくても、実は表参道(東京)で買えます。
……ネットでも買えます、実は。

オッサレーなミニバーセットに、ぽちっと一票お願いね。d(*^.^*)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-04-28 06:47 | ■食生活 | Comments(4)
井筒 生ワイン
週末のランチは、ワインを飲みながら楽しむことが多くなった。
大抵手ごろな安いワインをたらふく飲むのだけど、生(き)ワインというものがあると聞き、さっそくネットで探して手に入れた。
とはいっても、これが時季によってはなかなか手に入らない。

ヨーロッパに在住している人のブログなどを拝見していると、自家菜園で収穫したブドウでワインを作ったりしている。近隣の人たちと協力し合いながら、大型の機械を使ってブドウを絞り、湿度や温度の一定した地下蔵などに寝かせて熟成させる。だから日本で売られているワインも同じように作られているのだと思っていた。しかし、日本で販売されているワインのほとんど(90%以上?)は、酸化防止などのために加熱処理をされているのだという。
知らなかったなぁ……。

混ぜ物は一切使わず、絞っただけの生ワイン、まず香りに驚いた。まるでブドウジュース! うっとりするほど甘くてフルーティーな香り。口に含むと、微発砲のせいかテイストはすっきり爽やかで、仄かにブドウの皮の渋みが「生」の新鮮さを感じさせる。この渋みは、野菜でいうなら山菜の苦みのようなもので、身体の細胞が目覚めるような爽快感がある。
うわぁ~! 1本まるごと一人で飲めちゃえそうだ……。
d0046294_1538832.jpg

ええ、つまみは私が好きなエビチリ。 そして、ワインの向こう側で赤い鍋に入っているのは、豚の角煮。
この豚の角煮、昨年から何度となく作っているのだけど、これは下茹でに何時間もかけるから、石油ストーブを点けっぱなしにしている冬に作る方が当然いい。ということで、次に作るのはたぶん今年の冬。
d0046294_15385647.jpg

そして最近常備菜になっているのが、油揚げとベビーホタテ、そしてきのこ類と昆布の合わせ煮。
昆布のだし汁に酒、しょう油、みりん、砂糖という昔ながらの味付け。これに只今ハマっており、大きなタッパーいっぱいに作るのだが、食べ終わるころになると不安になるほど。
d0046294_15395580.jpg

こちらは、ワインに合うパン。……という訳ではなく、朝食用のパン。週に1回は焼くようにしているのだけど、なかなか体力と気力を必要とする割には満足のものにならない。
この時は、チーズとクルミを入れて焼いたのだけど、チーズがはみ出してしまった……。
d0046294_15402935.jpg

さて、これはチーズケーキの下に敷くビスケット。
4月20日はおナカさん(母)の誕生日だったので、チーズケーキを焼いて送った。
全粒粉と卵、牛乳、インスタントコーヒー、砂糖、塩少々で焼く。コーヒーのほろ苦さが、甘いチーズケーキを大人の味にするのだ。
d0046294_15405833.jpg

え? 出来上がりのチーズケーキ? 
すまんです、写真を撮るのを忘れてしもうた……。

実は、これらの写真は日曜日に写したものでしてね、本日は再びパンを製作中でござんす。
なんだか、時間が速いざんすねぇ……。

もっと手際よく生活していきたいわ…というあちきに、ぽちっと応援お願いね。d(*ー.ー*)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-04-22 12:39 | ■食生活 | Comments(6)
うなぎパイVSOP
うなぎパイといえば、大人の夜のお菓子。VSOPといえば、大人の飲み物。共通するのは〝大人の”ということ。
はぁ? なにゆーてんねん? 
へぇ、この大人の飲み物と食べ物が合体してる物があるんですわ。
d0046294_9421492.jpg

なんと、あの「うなぎパイ」にVSOPが入っているとゆうんですの。
ああ、お父さんにも食べさせたかったなぁ……と、マモル君(父)の写真の前で封を切った。
「ほら、お父さん、食べてみな」 へぇ~! と声が聞こえたような……。
d0046294_9423786.jpg

なにやら芳しい香りがふわぁ~と立ち上る。 おぉ! 高貴な香り……(?)
それもそのはず、一枚が200円ほどする。むむむむぅ……一口50円くらいになるのではないか……。
これをくれた人から「心して食べるように」と告げられたので、心して一口パクリ。「うまいっ!」
感動のあまり、残りはアッという間に胃の腑に納まってしまった。 あ、5枚入りなので残りはあと4枚……ではなくて、3枚。(*'ω'*)
d0046294_9425578.jpg

今度、ブランデーを飲みながら食べてみよ……。

大人の夜に、ぽちっと応援お願いね。d(*^.^*)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-04-15 17:43 | ■食生活 | Comments(4)
軒下の修理
今年の桜は開花が早かった割には、意外にガンバッテ長く咲いてくれたような気がします。
でも今や、花びらは雨で路上にへばりつき、季節の終わりを告げられているようでサビシイ……

さて、そんな中わが家では軒下の修理をしてもらいました。
ホントは雨どいや外壁も手を加えるといいのですが、それには資金が……。
とにかく最低限雨風を凌ぎ、文化的人間の生活が営めればいいのだ、ということで、4月1日から始まった工事は、この雨で終了が数日延びています。
d0046294_1253239.jpg

玄関から上を見上げると、すっかりボロボロだったベニヤが取り外され、
d0046294_1210875.jpg

二階の方はすでに白い板が張られていました。
d0046294_12105293.jpg

この写真は4月3日のものなので、今はすべての軒下に真っ白い板が張り巡らされています。
あとは足場を外すのみなのですが、この雨では……大工さん、暇してるだろうなぁ……。

そうそう、こちらは桜の前に咲いた梅。すでに小さな実がついているんです!
これを見るたびに、おナカさん(母)の「参ったなぁ~、梅がしゃらくさい実をつけて」と言った姿を思い出します。
d0046294_12152692.jpg

紫モクレンも咲き始めて、桃色の桜を背景にまるで桃源郷のような彩りで囲まれます。
d0046294_12173951.jpg

そしてその桃源郷が闇に包まれると、夜桜の宴が開かれ、暖かい夜気と微風が心地よい中、花見酒の盃は重なっていったのでした。
d0046294_122123100.jpg

独りで桜を眺めた年、一緒に眺める人がいる年、父がいなくなった年、母がいる年……私はずっとこの場所にいるのだけれど、時間とともに私の周囲の景色がどんどん変わっていきます。いいことも悪いことも、うれしいことも悲しいことも、すべてが流れていきます。

来年はきっと、おナカさんが傍らにいるに違いありません。
クックは元気でいてくれるでしょうか。
あまり先のことを考えても仕方がないのですが、人生の終焉を迎える自分がどんな状態でいるのだろうか……と、思い描いている自分がいつもいます。

世の中が平和で、慎ましくも好きな友だちや仲間と楽しく、心豊かな日々を暮らしていたい。
そのゴールに向かって今を生きているんだ、と感じるこのごろです。

人の一生もアッという間だな……と感傷に浸るあちきに、今日もぽちっとお願いね。d(^.^)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-04-08 12:49 | ■住まい | Comments(4)