<   2015年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
花の命は短くて・・・・・・
土曜日はまだ二分咲きくらいだったのに、今日はもう満開!
ああ、今年もまた会えたね・・・・・・。
d0046294_8455882.jpg

天気は明日からはゆっくり下り坂というから、今年はこの桜を眺めながら、ほとほとと酒を飲む時間がない。
「極楽浄土の一週間」もない。
ええ、こうして目覚めた時に目の前に広がっている期間を「極楽浄土」と呼んでいるんです。
大抵一週間くらいは極楽浄土なのですが、今年は花の命が短すぎます……。
d0046294_8454721.jpg

ここに引っ越してきた37年前に父が植えた桜。いつか再び、父も見る日があるだろうと思っていたのです。
それとも、
魂は自由だから、この桜を見に来てくれているでしょうか。……

少しでも花が長く咲いていますように……ぽちっとお願いね。d(^.^)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-03-31 09:27 | ■とりあえず日記 | Comments(4)
春爛漫
本日は、わが家の桜も1分ほど咲いております。
これからの一週間は日ごとに花が開いてゆき、そして咲き乱れ、やがて狂い咲き(それはアタシか…)来週の今頃は花吹雪なのではないかと想像するに、ああ…なんと人の一生は儚いものよ…と、すでに感傷に浸るあちきでした。(早い!)
その桜の前に咲き乱れるこれは、スモモでござんす。
d0046294_8222296.jpg

こちらはコノハナサクヤヒメの化身、山桜。白い花のつぼみが目立つようになってきました。その隣の小さい木はコテマリ。こちらも緑の葉ですっかり覆われ、白い花を待つばかり。
d0046294_8223251.jpg

元気なのは木ばかりではありません。台所を出たすぐ前には、カラスノエンドウがモサモサと……。
d0046294_8224542.jpg

枯れ木のようになっていた木にも春の息吹。これは山椒でごザンショ。
d0046294_8225438.jpg

これは何かわかりますか? ブルーベリーです。25センチほどの小さな木も「生きてるよ!」と伝えているように感じます。
d0046294_823334.jpg

これは雑草に見えるけど、実はニラです。この庭ではかなりの古株。
d0046294_8231137.jpg

さ~て、これは!
d0046294_8231990.jpg

そうです、先日並べて植えたタラの芽! なんと芽がでてきて、また天ぷらを食べられそうな気配です……芽を摘んでも大丈夫なのか?
d0046294_8232830.jpg

こうして春を感じる食材で料理をすると、それだけで幸せな気分になりますね。
山椒の新芽を刻み、山椒の実の佃煮と炒り卵をご飯に混ぜ込みました。
d0046294_8233818.jpg

……へぇ、そのご飯の上にイクラとバッケ味噌(フキノトウ味噌)を乗せるんどす。
d0046294_8235035.jpg

そして、(円)おむすびにするんだす……なんか良縁に恵まそうじゃありませんか~!( *´艸`) 
……ああ、旨かったぁぁぁぁ……!
d0046294_824026.jpg

実は、先週末(21~23)に花巻に行ってきました。おナカさん(母)が一泊でお墓参りに行くというので、私はクックとお留守番だったのです。そして花巻は雪が降り(!)……私は見事に風邪をひいて帰ってきました。こちらは、こんなに春に満ち満ちているというのに……

でも風邪も治ったし、今週は昼夜桜を愛でながら、花見酒といくかな……♪

いいねぇ、花見酒??…に、ぽちっと一票をお願いね。d(*´▽`*)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-03-27 17:02 | ■とりあえず日記 | Comments(0)
天然酵母パンと濱田家パンを二股じゃい!
春が近づいて暖かくなってくると、なんとなく動きたくなってくるのは虫も人間も同じ。
怠け者を自認しているアタシだってモゾモゾと落ち着かなくなり、庭を見てはモゾモゾ、スイーツやパンを作りたくモゾモゾ、部屋の片付けをしなくては、とモゾモゾ。
その割には「何もしてないじゃないかいっ!」と自分で突っ込みをいれる今日この頃です。

いえね、何もしてないわけではないんですよ。パンだって焼いてますのよ。
レーズンで作った天然酵母を使って、ようやく作った念願の天然酵母パン。
これがね、『朝日屋ベーカリーの四季の天然酵母パン』を見ながら作ってみたのですが、大体12時間ほどの時間がかかってしまったのです。朝10時から作り始めたものだから、できあがりが夜の10時すぎという、なんともマヌケた結果になってしまいました。
d0046294_645225.jpg

写真は翌朝撮りました。
さすがに焼きたてとはいえ、深夜に(※夜10時すぎは、アタシにとって深夜ざんす)パンを食べる気になれず、涙を堪えて(ウソです)寝ることにしたのでした。

でも、できあがりはまずまず……ざんしょ?
d0046294_6452942.jpg

なぁ~んだ、結構簡単に成功したじゃないかぁ~♪
と調子に乗って、次はできあがりが朝になるように逆算し(最初にこれをやるべきね…)
「そうだ! 一次発酵を冷蔵庫でゆっくり…という方法にしてみよう!」
グッドアイデア~♪ とばかりに仕込んだのですが、これはものの見事に大々大失敗っ!
冬のせいもあり(?)温度が低かったのか、全然膨らまなかったのです。 シュ~ン……と久方ぶりにショゲました。

ええ、失敗の写真は撮りませんでしたの。(イヤなことは、すぐに忘れた方がよござんしょ)

次に試作したのは、大好きな「濱田家」から出版された『和食のぱんのつくりかた』を見ながらのパン作り。
このパン屋の和総菜が入ったパンや豆パンが大好きで、自分でもたっくさん作って、飽きるほど食べてみたいのです。
d0046294_64554100.jpg

おぉ! 目いっぱい食べる夢に、ちょっと近づいてるのではないかぁ?!

天然酵母パンは、純粋に強力粉と水と酵母と塩だけで作りますが、濱田家のパンは卵と牛乳も使います。
どちらも手ごねですが、食感や風味が異なり、両方ともそれぞれにおいしい~!
こういうおいしいパンを作りながら、そのうちにanripanを作りたいなぁ。
なんて、春の妄想が続いています。

おいしいパンが焼けるように、モゾっと応援をお願いね。“d(^~^)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-03-20 06:47 | ■食生活 | Comments(4)
おいしい天ぷらを食べるために・・・
雪が残る東北から、フキノトウが送られてきました。
今年はおナカさん(母)が岩手を引き払ってくるので、採りたて山菜の天ぷらも最後になるのかもしれません。
そう思うと一層ありがたみが増してきます。
d0046294_154824.jpg

こちらは庭から摘んできたアシタバ。 (シシトウは市販です)
アシタバを天ぷらにする時には、根元近くに出ている新芽を摘みます。
d0046294_154818100.jpg

こちらは頭のてっぺんに生えていた芽を切り落としたタラの木の苗。 
d0046294_15485513.jpg

芽は天ぷらで食べて、苗はこうして土に挿しておくと根が出るのだそうです。 来年もタラの芽の天ぷらが食べられるように、おナカさんが送ってくれました。 ほんとに根がでるのかなぁ・・・・・・。
d0046294_21271632.jpg

こんな風に一列に植えつけました。(ちょっとくねくね曲がってますが・・・・・・ヘソも根性も曲がってません)
根が出たら移植する予定です。
d0046294_1549898.jpg

とうとう! ようやく! やっと! 買った(買えた)油を濾過して保存する「天ぷら油クリーナー」 レッツフライ!
パナソニックから販売されています。
d0046294_15493221.jpg

蓋を開けるとこんな感じ。 この上にペーパーフィルタを乗せて、揚げカスや不純物を濾します。
ペーパーフィルタは1回ごとに換えますが、写真で見えているカートリッジは約10回使って交換します。
カートリッジの活性炭が揚げ油の臭いや色をキャッチするのだそうです。
d0046294_15521283.jpg

何年も買いたいと思い続けた物なので、今回も慎重にあちこちのサイトを見ながら検討。お買い物は大抵「楽天」ですが、今回は「アマゾン」から。アマゾンは送料がかからないので、結局一番安かったのです。
そして、こちらもアマゾンから購入した小麦粉とごま油。
d0046294_1628575.jpg

衣に使う水は財宝温泉水、強くゴマの香り立つ極上の油は一缶(800ml)使い切りました。
山盛りの天ぷらを揚げ終わるころには、発泡酒の缶が数本空いており、大きなお盆二つに天ぷらが山盛りになりました。

 あ、出来上がりの写真を、撮り損ねてしもた・・・・・・

春は山菜の天ぷら! にぽちっと☆お願いね。d(^0^)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-03-15 21:53 | ■家庭菜園 | Comments(2)
日本とフランスのそば事情
「蕎麦」という言葉から最初に思い浮かぶのは、父。
彼の手打ち蕎麦はおいしかった。 
自分で打つだけでは満足せず、そば粉から作りたいと宮守に移り住んでしまった。
一面に小さな白い花が咲いたソバ畑を思い出す。 (思ひ出アルバム:手打ち蕎麦の巻-1-2-3


今年母がこちらに引っ越してきたら、父に代わって私がそば打ちを始めるのだ。 彼が使った道具もあるし。
でもそれまでは市販のそばを食すしかない。
d0046294_10185472.jpg

一日中家にいると、一回はソバを食べる。 体調が保たれるように感じるからだ。
付け汁にた~っぷりと大根おろしを入れるのが定番。そして、ソバの上にワカメやカイワレなどを乗せる。
今回はワカメと青ジソを散らしてみた。 ここに天ぷらでもあれば完ぺきだが、この日は生憎天ぷら切れだったので、スーパーで買ってきたイカリングを。(天ぷらの代わりにはならん……)

缶ビールが終わったら、そば湯割り焼酎という楽しみもある。
しかし乾麺ではあまり良いソバ湯にはならない。やはり生麺でないと。……手打ち蕎麦を茹でたソバ湯は、ドロリと濃厚で香りも強く最高だった。 ああ、やはり手打ち蕎麦を作らねば!

先日、同じソバ粉でもフランスのソバを食べた。 といっても麺ではなくて面……おっと、ゴメン(/_^;) ガレットというソバ粉クレープのこと。
クレープといえば菓子と思っていたから、このような料理があるなんてビックリした。
いや、ガレットという存在を知ってはいたが、今まで食べる機会がなかった。 つまり、初体験。
d0046294_16175788.jpg

おいしかった。 が、やっぱり食事というには軽いし、おやつというには甘くないし……『帯に短しタスキに長い』という感じ。…いや、単に私が食べ慣れてないというだけかもしれないなぁ。
上のガレットにサラダがついて、
d0046294_16181583.jpg

デザートはクレープというコースで、1780円。(原宿値段?)
ガレットとサラダで腹八分目(か腹七分目)だったけど、デザートのクレープで十分目に至る……。
d0046294_16182570.jpg

友だちが選んだ「マロンクリームクレープ」の方がおいしそうだったな…。
d0046294_16183589.jpg

年々嗜好が和風になってきているせいか、クレープもいいけどやっぱりソバ粉は蕎麦で、と思ってしまう。 というよりも、
やっぱり日本ソバが好き! というだけのことかもしれない……。

君のソバが一番だヨ…なんて言われたい 呆れてもポチッをお願いね。d(*^.^*)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-03-13 07:07 | ■食生活 | Comments(2)
アカスリツルコ
前から垢(アカ)すりがほしかったのです。
d0046294_16124879.jpg

思いっきりビリビリっと袋を開けてしまってから、あぁ! 写真を撮っておけばよかったぁ~!

この外袋の絵を見る限り、あまり美しくなれるような気はしなかったのですが、裏を見ると……
d0046294_1613619.jpg

やっぱりイマイチ、どーなの、これ……? と感じるのはどうしてでしょうか。それでも買った理由は、とにかく「垢すり」がほしかったのです! 一刻も早く垢を落としたかったのです!
へぇ~、そんなに垢まみれなのかい? いえ、そーゆーわけじゃないですよ。(なにゆえ一人芝居をここでしてるんだ……?)なぜだか今まで密かに「垢すりがほしい」とくすぶり続けていたマグマが、突然ドッカーン! と噴出してしまっただけのこと……。

袋をから出てきた垢すりは、黄色いミトン(手袋)でござんした。
d0046294_16131794.jpg

こ、これじゃ、背中の真ん中が洗えない……。 タレカ洗ウテタモレ……
d0046294_16133050.jpg

それにしても、このアカスリツルコ、鶴子だから口が尖っているのか……しかし鶴子というわりには太ってるじゃないか……なんてどーでもいいことを考えながら、これからは私もツルツルになって垢抜けるぞー! とほくそ笑み、その時「あっ!」と気づきました。

「ツルコ」はツルツルのツル子なのね!(では、なぜ口がくちばしになっているか……?)

今日から垢抜けるあちきに、今日もツルっとお願いね。d(^o^)ゞ
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-03-08 18:28 | ■美容・健康 | Comments(2)
すずしろの花
私はソバを食べるとき、必ず大根おろしをつけ汁に入れる。
大根おろしはなるべく多い方が好きで、しかも先っぽの細くなっている部分の方が辛いのでよい。

ここら辺では三浦大根が有名だが、今まであまり大根にこだわりはなかった。もちろん採れたてがあれば、それが一番というだけ。
ところがある日、スーパーの大根の二倍ほどの値段で売られていた三浦大根に、ふと目がいった。むっちりと太い。大根はどれも繊維の数が同じなので、太い方が柔らかい、とテレビで見たことを思い出したのだ。切り落とされた葉の残り部分も、なんだかとてもエネルギーがあるように感じられた。

やっぱり、旨かった! さすが三浦大根!

そして葉の部分を水につけておいたら、真ん中から蕾がたくさんついた茎がぐんぐん伸びてきて、今や小さくて白い花が咲いている。まさに、すずのように白い花……だから「すずしろ」というのかどうかは知らないが、(たぶん違うと思うけど)    ※写真は花が咲く前です
d0046294_1671532.jpg

大根や、全部の花を咲かせておくれ。
そして、どうか種を落としておくれ……  無理か……

自家採種祈願に、ぽちっと応援をお願いね。d(^o^;)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-03-06 09:18 | ■家庭菜園 | Comments(0)
大切な物を落としたっ!(;_:)
先週の金曜日、というとすでに5日も前のできごとになります。
大切に大切に使っていた父の形見となる手袋、の右手を落としてしまいました。
d0046294_14383466.jpg

新橋の駅で、帰りの回数券を肩掛けバックから取り出し、いつもは両手とも手ぶらなのに、その日は左手にビニール袋を持っていました。右手の手袋を外し、失くさないようにしなくちゃ!・・・・・・としっかり左手にビニール袋とともに握りしめ、改札口を通り抜け、小走りで階段を駆け上って京浜東北線に駆け込んだっ! セ~フ!

品川について階段を駆け上がり、京急の階段も駆け上がり、目的の電車が発車する5分前に走り込み、セーフっ!
空いている席に座って、手袋をしていない右手を見て、ハッと気がついたのです。 あ、手袋!・・・・・・左手に持って・・・ないっ! え? ポケットに入れた?・・・・・・(ごそごそ左右のポケットをまさぐり)ないっ! カバン?・・・ない! え? えっ? え~~~っ!!! 落としたことを信じたくなくて、何度も何度も同じところを探すんですね・・・・・・。
でも、やっぱり見当たりません、落としたこと確定です。

階段を駆け上ってきた疲れなど吹き飛んでいましたが、心底ガックリとうなだれました。
お父さんの、手袋・・・・・・。 
泣きそうになりながら、どこで落としたんだろう? と考え、新橋の改札前に外したことを思い出し、その後は・・・・・・ああ・・・記憶にありましぇん・・・・・・・。(;_:)

父が亡くなって半年も経たないうちに落とすなんて・・・・・・。

大勢の人が行きかう駅前や駅構内、その中で手袋が踏みつけられている映像が頭の中に浮かび、ほんとに情けなく、どうにも気持ちの切り替えようがありませんでした。
自分のうかつさを猛省しつつ、諦めるしかないよね・・・・・・。

と思っていたのですが、翌土曜日、ふと一応落し物の届けだけ出しておいたらいいんじゃないか・・・と思いつきます。
ネットでいくつかのサイトを参照していたら、
〝日本人はほぼ盗まないので、親切な方が近くの駅員に届けます”
との一文が。これに勇気づけられ、JRお忘れ物総合案内(050-2016-1601)に電話をしてみました。

すると、思ったよりも早くつながりました。
落としたと思われる駅や場所をすべて伝えると、届いている落し物一覧がコンピューターで閲覧できるらしく、その人が調べてくれました。結果、新橋駅で1件「黒の右手袋」があると! 
そこで、その人が新橋駅に電話をしてくれたのですが、なかなか通じないとのことで、しばらく経ってからまた電話するように言われました。
(また電話をするのかぁ・・・今度通じなかったらやだなぁ・・・・・)

1時間ほど経って再び電話をすると、先ほどと違う人が出ました。前の担当者との経緯を話し、手袋の特徴などもいい、最後に前の担当者の名前を告げると、
「そのような名前の人はいませんが・・・・・・」
な、なにぃ~???

でも、この人が丁寧に、今後忘れ物がどのような流れをたどっていくのかを説明してくれ、新橋駅にも電話をしてくれましたが、やはり通じないとのこと。でも今回は折り返し電話をくれるというので、しばし待つことに。

そうして待つこと、・・・・・・どのくらいだったでしょうか。
とにかく、新橋駅に届いている手袋は、特徴からするとたぶん私の物ではないかと。
ところが、ここで問題が。
「ああ、それなら月曜か火曜には取りに行きます!」
と喜び勇んでいうと、
「駅での保管は2日間なので、日曜の夜10時までです」(10時半だったかな?)
その後は東京駅に収集され、その東京駅で受け取れるのは火曜日の一日だけなのだそうです。
そこでも引き取り手がなかった場合は、警視庁に送られるとのこと。

そんなぁ・・・・・・(;_:)

でもね、形見と思っている手袋でしたからね、行きましたさ。 日曜日に雨の中、片道2時間近くかけて、電車賃往復2000円以上使って・・・。

それでもね、涙が出るほどうれしかったですよ。
まさか戻ってくるなんて思っていませんでしたから。
d0046294_1439652.jpg

私も今後、落とし物を見つけたら駅や交番に届けよう、と心に決めました。
その「物」がどんなものでも、落とした人にとって、もしかしたらすごーーく大切にしていたかもしれないのですから。

と、優しい気持ちになれた週末の出来事でした。・・・・・・ めでたし、めでたし

右手帰還! 祝ぽちをお願いね。d(^_-)-*
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2015-03-04 15:03 | ■とりあえず日記 | Comments(6)