<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
時をかさねる
9月25日、この世に生まれ出て修業を積む年月がまた一年増えました。
d0046294_1064370.jpg

修業の甲斐があって(?)、このごろはいろいろなことが見えてしまい、それが辛く感じるようになりました。
良いことや美しいことが見えるのならば気持ちいいけれど、人の心の欲や見栄や怠慢や、調子の良さやウソなどは、ひたすら見ざる聞かざるを努めるも、どこからか漂ってくる悪臭のように鼻について吐き気をもよおします。

ひっくり返せば、それらの要素は全部自分の中にあるということで、修業の年月が増えるごとに、それら悪玉菌は減っていくように努めたい・・・・・・努められるのが人間、と思うのです。

笑っても泣いても、大金持ちでも貧困層でも、時が来れば誰もがあの世に還ります。
その時に持っていける物品は何もなく、魂に刻み込まれた思いが栄養となり財産となって、次の生につながるのだと感じています。
だから、どんなに貧困に追い込まれても一番大切なものは、やっぱり愛。
今、ゆるぎない心でそう言いきれる自分に誇りをもちたいと思います。・・・・・・

X年目の修業突入に、祝ぽちっをお願いね。d(^0^)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-09-26 10:07 | ■とりあえず日記 | Comments(0)
草刈りの助とともに
酔っぱらった勢いで、草を刈ることにしました。
ええ、普通は「草刈りをしてから一杯」なのですけどね、今日は順番が逆になってしまったわけです。

なぜって、相変わらず憂鬱な秋が続いているから、朝から飲んだくれてやろうと思っていたわけですよ。
発泡酒を飲みながら『The closer』を見るのが大好きで、今はシリーズ7の2回目。
2話ほど観終わった所で、自堕落に時を過ごすことにもなんとなく飽きてきて
(ちょっくら、草を刈るか・・・・・・)
なんて思ってしまったわけです。
実は昨日、虫が知らせたのか、アタシったら草刈りの助2台分の充電をしておいたのです。

しかし玄関を出れば、いつもここを歩くたびに足首に触れる草が気持ち悪いことを思い出し、
(ああ、まずはここからやらねばな・・・・・・)
d0046294_13526.jpg

いくら涼しくなったといっても、サウナスーツのような上下を着てるのだから、動く前から少々暑い。
素肌が出ている部分といったら、顔だけ。わが家は、代々木公園に負けないくらい蚊がうじゃうじゃいるから、デング熱にならないように完全防備しなければなりません。
さて、この石の間から伸びている草は、鎌で根っこから抜いていく完全手作業。しかも両サイドは、残す草と抜き取る草を分別しながらの草取りですが、抜く方が多いではないか! やだ、もう蚊が飛んでくる・・・・・・しっ! ・・・・・
蚊取り線香を炊かなかったことを後悔しながら、顔の前に飛んでくる蚊を鎌で追い払いながら、せっせと抜きます。
d0046294_1351380.jpg

ああ、もうこれで終わりにしたい・・・・・・。
という気分になりながら、それじゃあ、せっかく充電した草刈りの助に悪いじゃないか・・・と、メインの会場へ。
d0046294_1352210.jpg

グゥイーン・・・グゥイーン・・・盛大な音を立てるから気が引けるのだけど、そんなことを気にしていたら草を刈れなくなってしまいます。心臓に毛を生やして遂行するしかあるまい。・・・
それにしても、すでに汗が顔から滴り落ち始めています。
ああ、もう止めたい・・・・・・がんばれ、草刈りの助は20分の命(1時間の充電で約20分の作業、と説明書に書かれている)・・・・・・私も20分だけ頑張るのだ! 自分を叱咤激励しながら、グィウーン! グィウーン! 
d0046294_1354999.jpg

台所の窓から見える部分は刈り終わりましたが(かなり虎刈りだけど)、まだ草刈りの助はくたばりません。
仕方がないので、玄関の方に向かう部分も刈ることにします。
d0046294_136432.jpg

ミントやシソは避けながら、大雑把でいいから一応全体的に刈り終わるようにしました。でもまだ、草刈りの助は止まりません。20分経っていないのか?・・・・・・ああ、気持ち悪っ・・・・・・。
飲んでから草刈りなどする自分がいけないのだけど、このサウナスーツがいけない! などと八つ当たり。
d0046294_1361593.jpg

それでもまだ草刈りの助は働き続けます。仕方がないので、あっちの方まで刈っておこうか・・・・・・。
d0046294_1362524.jpg

ああ、だんだん草も見飽きてきたよ・・・それに、草を刈る威力が弱くなってきたんじゃないの?
そうなのです、草刈りの助も疲れてきているようです。切れ味が悪くなっていますから。

顔からは汗が流れ続け、胃の腑はむかつき、絶対に体に悪いことをしているな・・・と感じながら、もう虎刈りでもなんでもいいや、とにかく草刈りの助が電池切れするまで、あと少しに違いないっ! 
ムキになって刈り続けますが、よく見れば、草がほとんど刈れなくなっているではないですか。
そうなのです、草を刈る歯の回転が遅くなっているのです。
よしよし、そんなに疲れたなら終わりにしてあげるよ・・・・・・。(ホッ・・・・・・)
d0046294_14401619.jpg

刈った後を、熊手で草をかき集めることすらできないほど、私はへろへろ。サウナスーツの下に来ていた衣服は、汗を吸って水をかぶったように重く、それらを脱ぎ捨てて、やっとの思いでシャワーを浴びるに至りました。
たかだか3-40分だったと思うのですが、内臓がぐちゃぐちゃに混ぜ合わさったのではないかと思うくらいに気持ち悪くなり、つくづくアルコールあとのサウナが危険であることを思い知らされたひとときでありました。

ああ、まだこの畑がまったくの手つかずだけど、これはこれで秋の野のようではないの。(?)
d0046294_1364812.jpg

通常ならば、水浴びのあとの一杯! ですが、当然そういう気にはなれませんから、
d0046294_137513.jpg

朝焼いておいたブラウニーを食べるか・・・。

それにしても、今回のブラウニーはほぼ平らでよく焼けました。
『The closer』のブレンダが食べる銀紙に包まれた丸いチョコレートケーキ、あれが食べてみたい・・・・・・。
一体、どんな食感なんだ? どんな味なんだ? 実際にアメリカで売っているのだろうか? どこのメーカー?**

疲れたり嬉しい時など、何かの節目になると机の引き出しから取り出して食べる彼女。
実においしそうに、恍惚とした表情で食べるのです。
ああ、私も今日は疲れたから食べよ。 (胃の腑が気持ち悪かったんじゃないのかい?!)
ブレンダになったつもりで、切り取ったブラウニーを口に入れました。・・・・・・ああ・・・甘っ!

草刈りをガンバッタあちきと草刈りの助に、ぽちっとお願いね。d(^0^);
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング

追記)**Ding Dong (ウィキペディア)
by anrianan | 2014-09-15 14:53 | ■家庭菜園 | Comments(0)
絵っせい
いつもなら、訳もなく楽しい秋。
けれど、今年は心が沈んでどうしようもありません。

髪を切りに行こうか・・・・・・先立つものがない。
おいしい物を食べようか・・・・・・食欲がない。
草刈りでもしようか・・・・・・まだ蚊が飛んでるし。
などといろいろ言い訳しながら、本来の怠け者本領発揮! (とエバルことではないが)

「Anriのエッセイ」ってのはどう?
田中師匠からご提案をいただきました。偶然山手線の駅で会って、会社まで一緒に来た時のことです。
「エッセイの“エ”は漢字の絵ね。・・・・・・絵日記みたいに」
“ッセイ”はカタカナですか?・・・・・・ひらがな、がいいな。・・・ですね。 なんてポツリポツリと話しながら
「絵っせいかぁ・・・・・・」
なんとなく、やろう、とその時に心の中でで決まっていたように思います。
いつ始めるか、毎日描くのか時々描くのか、いくつかのモヤモヤを抱えたまま今日に至り、なんとなく開設してしまいました。

「Anriの絵っせい」の方は、今後週一回くらいのペースで更新していけたらいいなぁ、と思っています。
「東京慕情」の方も週一回、(こちらは月曜日)の更新予定です。こちらは筆者が加筆・修正をされています。
どちらも合わせてご覧いただけたら幸いです。m(__)m


豊穣なる秋を祝って! ぽちっとお願いね。d(^ ^)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-09-13 13:34 | ■とりあえず日記 | Comments(0)
梅塩作り - Part2
梅を塩漬けにして上がってきた梅のエキスを「梅酢」と呼んでいますが、「酢」というのに酸っぱいのではなくて、しょっぱいではないの!
このしょっぱい梅汁を天日干しして、梅塩を作る実験を始めたのが、8月7日でした。

なんだ、まだ1カ月経っていないじゃないの・・・・・・。(あと2日です)
と思うくらい、一身上にいろいろなことが起こって心がクタクタ。ブログもなんとなくサボってしまいました。
つくづく、この世は弱者いじめの社会だと感じて、生きることをギブアップしたくなります。
自殺が増えているということですが、なんだか分かりますね。
そもそも、政治家が国民をいじめ、企業の上層部は社員をいじめ、派遣をいじめ、社会全体がいじめの構造になっているのですから。子どものいじめの前に自分たちはどうなのか、大人が省みることが先ではないかと思いますわよ。
ええ、省みることすらできない大人が増えているのが元凶かもしれないですけどねぇ・・・・・・。

でも、落ち込んでいてもいなくても、もう秋。
一年の中でも、秋は私の季節! と思えるくらい、心身ともに元気になります。・・・なるはず。・・・なれるはず。
ということで、ほったらかし天日干し梅汁のその後です。
d0046294_9401865.jpg

一日中晴れそうな日はベランダに出し、夜は取り込んで約1カ月。
中を覗いてみると、おぉ! 赤いみぞれ氷のようになっている~♪
d0046294_9403029.jpg

これをフォークでガリガリとひっかいてかき回し、細かくしてみます。
よく晴れた日は、水分がよく蒸発して固そうな結晶になり、雨が降るなど湿気が多い日は、溶けかかっている氷アイスのようになります。
d0046294_9403877.jpg

そろそろ使えるんじゃないかしら・・・と思っていたのですが、容器の外にこぼれ落ちていた分を見て驚きました。
「ずいぶん色が違うじゃないの!」
たぶん、白に近い薄桃色の物体ができあがり状態、ですよね。
とするならば、赤色鮮やかなうちはまだまだ・・・・・・。富士山八合目まで来たような気分でいましたが、
「なんだ、まだ五合目だったのかぁ」
とちょっとがっかり、力が抜けました。
d0046294_940491.jpg

さて、あと何日で登頂でしょうか・・・。

早くうめぇ~(梅)塩になるように、ぽちっと応援をお願いね。d(^。^)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-09-05 09:42 | ■食生活 | Comments(2)
「東京慕情」ネットで公開
以前にもご紹介した『東京慕情』(田中哲男著・東京新聞出版)、本日からネット上で随時公開していきます。
第1日目は、高校の教科書にも採用されている「東京タワー」の話。
高度成長期を迎えていた昭和の代表的建築物である東京タワーは、命綱もつけずに塗装がされたとのこと。
これを読むと「一度東京タワーを階段で上ってみたいなぁ・・・」と思ってしまいます。(ええ、思うだけですが)

さて、このウェブ版はちょっとした楽しみがあります。
著者の田中氏が加筆されていることです。
もともとこの本は、新聞に掲載された人気コラムがまとめられたものですが、新聞の記事というのは厳しい字数制限があります。その字数内で収めるために「命を削るようにして書く」とは田中氏の言葉。
この一言をぽろりと口にした時、普段と変わらずゆったりと穏やかな雰囲気の氏ではありましたが、キリッと眼光鋭くなった一瞬を、私は見逃しませんでした。

ネット上では字数制限なし! 文体自由! 書きたい放題!
だから、
「ちょっと書き直したいところがあるんだよ」
という田中氏に対して、
「どーぞ、どーぞ、好きなだけ直してください」
と告げると、何度も楽しげに編集画面を開いては文字を追い、その後ろ姿を見ている私が楽しくなるほどです。
この調子で一話一話を読み直して書き加えられていくととなるのでしょう。
ペースとしては一週間に一話、を予定にしております。

ということですので、本とは若干異なる部分が出てきますが、良質のワインのように、より熟成されたものに仕上がっていくことは間違いございません。

どうぞ、ウェブ版『東京慕情』の方もご愛読いただけたら光栄です。(右の一覧からリンクされています)
私の勝手気ままなこのブログよりも、遥かに格調高き文章で正しい日本語と古き良き昭和の時代を楽しんでいただけることでしょう。

よし、じゃあ、ちょっと読んでみるか・・・・・・と思った方は、⇒ウェブ版「東京慕情」へ

ちょっとサボリ魔に憑りつかれているアタシですが、ぽちっと応援しといてね。d(^_^;) オネガイネ…
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-09-01 19:58 | ■最近の一冊! | Comments(0)