<   2014年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
もう初秋です
先週あたりから、すっかりわが家の周囲は秋の空気。
特に朝晩は湿気がないので、さらさらした感じが非常に気持ちいい。

相変らず伸び放題の草には呆れるが、そのボウボウの草たちでさえ、なんとなく秋を感じさせる。
そう、まるで・・・・・・年とともに細くなる髪の毛のように、草たちも細くなってイイ具合に枯れ始めて見えるのだ。
d0046294_11142411.jpg

でもないか・・・・・・。

しかし、太陽の陽が庭に差し込んできても、灼熱というほどの夏は終わった、という感じだ。
が、なんとかしなければなるまいよ、この草たち。・・・・・・
d0046294_11143347.jpg

そう思いつつ、まだ蚊や蜂は飛んでいるから、むやみに野良仕事をやろうという気にもならない。
この茫々たる庭を眺めながら、私に必要なものは水出しコーヒー。
FMラジオを聞きながら、さらさらした秋の風に吹かれて、ひたすら快楽をむさぼるのだ。
ええ、やらねばならぬことは、いろいろあるんですけどねぇ。 洗濯物や布団を干したりとか、掃除とか。
でも、まずはこのたった「今!」流れている秋の風に身を委ねて楽しんでおかなければ! と思っちゃうわけです。
だって、いつ死んじゃうか分からないからねぇ・・・・・・。
d0046294_1115284.jpg

と、いつ死んでもいいようなことを漂わせながら、
(来週の分のパンを焼いておこ・・・・)
などと、朝食べていくパンを焼いたりしている。 (全然死ぬ気なんてないじゃん・・・)
d0046294_11142441.jpg

しかし、なんだね。ロールパンにハマっているから、全然バリエーションが増えないじゃないの。
進歩ないじゃん、アタシ。

いえ、足るを知る、ってことで・・・・・・???

要するに食い意地がはってるってこと・・・のアタシに、今日もぽちっとお願いね。d(^.^:)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-08-17 19:00 | ■とりあえず日記
ニューヨーク!
d0046294_6272760.jpg

と、一瞬思える光景は、(え? 思えない?・・・)お台場です。

8月10日の東京湾花火大会が台風11号の影響で中止となり、私の生まれて初めてで最後となるかもしれない大都会の花火大会鑑賞は、強風と共に去りぬ・・・。

仕方がありません。
この後、ニューヨーク・・・ではなくて、滅多に来ないお台場だから、ウィンドウショッピングでぶらつき、映画『超高速!参勤交代』を鑑賞、そしてステーキなどを食し、デザートはソフトクリーム(400円もした!)なども食べ、夜の都会を楽しんだのでした。

ええ、いつもより人が少ない大都会の夜を歩くのも悪くありません。
台風の被害に遭った人もいるのですから、花火大会が中止になったことぐらい、大したことではありやせん。

・・・・・・残念ではありましたが。・・・・・・かなり。

東京湾の花火の前に、人生の花火を打ち上げなきゃ!? に、ぽちっとお願いね。d(^.^:)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-08-12 06:52 | ■とりあえず日記
こんな所で芽が出なくても・・・
わが家は、玄関が一番涼しい。
そのため、買ってきた野菜の一時保管場所にもしている。
といっても、この暑さでは葉物はもたない。でも、玉ねぎやじゃがいもなどは大丈夫。 なのだが・・・・・・!
d0046294_1130986.jpg

やぁ~だ・・・・・・サツマイモったら・・・・・・こんなに芽を出している。
しかし、なんだね・・・結構きれいじゃないの、サツマイモの芽。

てな感じで、ここ数日眺めているのだけど、このまま土に埋めたらサツマイモができるのかどうか・・・・・・。
と考えているうちに、すごい勢いでぐんぐん伸びていく。
私が行動を起こすよりも、はるかに早いサツマイモの成長!

というより、アタシの行動が遅すぎるってことか・・・・・・?

サツマイモの成長を見習わなきゃ・・・(?) というあちきに、ぽちっとお願いね。d(-_-:)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-08-09 11:54 | ■とりあえず日記
梅塩作り
梅干しを作るたびにできる大量の梅酢。
梅酢といっても酸っぱいのではなく、塩辛いという感じ。

この梅酢でピンクの梅塩を作る方法を調べてみたら、大きく分けて2つの方法があることが分かった。
①この梅酢に粗塩を入れてフライパンで炒る 
②水分を天日で蒸発させて塩にする
ということで、私としては当然、放置プレイの天日干しを選択。

ところが昨年、タッパーに入れた梅酢を、野菜や魚を天日干しする時に使う網に入れて天日干ししたら、細かい虫が入ってしまった。網の目が大きいのだ。
そこで今年は、網戸を張り替えた時に余った網をタッパーの大きさに切り抜いて、虫除けにする。
d0046294_14292810.jpg

蚊が入れないのだから、よっぽど小さな羽虫でなければ大丈夫。・・・・・・のはず。
d0046294_14294082.jpg

ベランダの上で引きずった時に、ちょっとこぼれてしまった梅酢。一日干しただけで、すでに塩になりかけている!?
d0046294_14295344.jpg

さて、このタッパーいっぱいの梅酢が塩になってくれるには、どのくらい干せばいいんだか・・・・・・。
夜は取り込み、もちろんゲリラ豪雨などが降った時にも取り込まないとならない。ということは、仕事で家を空ける日は、外に放置していくわけにいかない。
今年中にできるのだろうか、ピンクの梅塩。・・・・・・

と考えながら、昨日は家籠りの日だったので、昼近くになって朝食用のパンを焼いた。
d0046294_1430433.jpg

食パンよりも、一つずつ冷凍庫から出して食べるには、このように小さなパンが食べやすい。
ロールパンの生地でプレーンを4つ、残りはキャラメルとくるみ、またはピーナッツを入れて焼く。
d0046294_14301641.jpg

まだキャラメルナッツロールに飽きておらず、しつこくこればかりを焼き続けている。
もっと全粒子や米粉などで作って実験してみたいのだが、まずは日々のパン食を満足させることが先決になってしまう。

ま、梅酢と一緒で、気楽に、気長に、楽しみながらいこうではないか・・・・・・。

冬が来る前に梅塩ができますように・・・ぽちっとお願いね。d(●_●;)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-08-07 07:43 | ■食生活
梅干し祭りも終わり・・・
とっくに夏至は過ぎているのだから、すでに日は短くなっているに違いないのだが、まだまだ夜明けは早い。
毎朝午前4時半ごろに、一匹のセミがビビッ・・・・・・と鳴き出す。
すると、その第一声が合図のごとく、あちこちからセミが一斉に叫き出す。ミーンミーン・・・ジージー・・・カナカナカナカナ・・・・・・これに鳥たちのさえずりが加わるのだから、さしずめ朝の混声合唱というところか。

そのたびに、あの世では鳥の鳴き声は聞こえないんだよ、と(山蔭神道の)太主が生前におっしゃっていたことを思い出し、つくづく
(現世に生きているんだなぁ・・・)
などと朝っぱらから感慨に耽ったりする。
そして、あの世で鳥の声が聞こえないのなら、当然セミやこおろぎ、スズムシの声も聞こえないのだろうか?
などと考えたのは、すでに2日(土)の夜からコオロギが鳴き始めているからだ。
昼は夏真っ盛りだが、夜は秋に突入している!\(@.@;)/

さて、4時半に目覚めたからといって、そのまま起床するわけではないのだけど、そのまま眠れずにボーッとしていたり、目を閉じて眠ったふりをしたり、時には本を読んだりして、6時頃までベッドの上でごろごろしている。
今朝は、なんとなく5時半ごろ起きてしまった。(えらいっ! と褒めたくなるのはナゼか?)

7時を過ぎると、太陽が高く上って庭にも徐々に光が増してくる。(当然ベッドの上は灼熱状態)
そうなると猛暑でモウショうがない状態になってしまうから、その前に家事を済ませておきたい。
といつも思うのだけど、涼しい早朝に本を読んだりパソコンを開いたり、そしてただボーッとしているというのも、これまた至福を感じてしまうから、
(ああ・・・、どっちの幸せを選んだらいいんだ・・・!)
と、毎朝悩むことになる。 (なんのこっちゃ! 自堕落に過ごしたいだけじゃないの)

結局、涼しいうちに家事のルーティン業務をこなしておけば、暑すぎる日中はゴロゴロしてられるのだから、苦あれば楽あり、楽あれば苦あり、という公式が変わることはないのだな。

さて今朝の話に戻るが、5時半に起きた後、3日間干した梅を仕舞うという作業を行った。
指先で一粒ずつ、固さや大きさを確かめながら、よくできた梅干しは大きなビンへ、イマイチの梅はタッパーへと選り分けた。
こちらは、まぁまぁ良くできたんじゃないの?・・・という梅干し、4リットルの瓶。
d0046294_725953.jpg

そして、イマイチ梅のタッパ-。ちょっと固めだったり、大きさがバラバラとか形がイマイチなど。
d0046294_7245565.jpg

今年の反省点としては、塩漬けの段階で重石が足りなかったこと。最初の塩漬けの時にしっかり梅に重圧を加えないと、果肉が柔らかくなりきらないようだ。
d0046294_724313.jpg

梅を並べた大ざるを洗って、外に吊すと、今年の祭りも終わったなぁ、という感じでホッとした。
さて、次は梅酢をなんとかせねば・・・。
これはもう、何年越しの課題であろうか。・・・

長年の梅酢問題の解答は生めズ・・・にも、力強いぼちっ!と応援をお願いね。d(^_^)q
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-08-05 16:24 | ■食生活
海水浴
私は海の近くに住んでいるのに、ほとんど海に泳ぎには行きません。
子どものころから、足元が見えない海は嫌で、プールが好きでした。
さらに、おナカさん(母)が、
「色の白いは七難隠す」
と事あるごとにいったものですから、日に焼けると醜くなると思い込み、日焼けしないように必死でした。
「日に焼けると」なんていうと、まるで日に焼けなければ美しい、みたいですが。
ええ、そう錯覚したくて必死だったわけです。

そんな訳ですから、今まで海水浴なんて数えるほどしかなく、昨日飲み食いしている最中に、
「今から、海に泳ぎに行こうよ!」
なんて言われた時には、はぁ~?! 困ったなぁ・・・・・・、という感じでした。
「水着は持ってきたの?」
と聞くと、
「持ってこない」
「じゃ、パンツで泳ぐの?」
「ステテコで泳ぐ」
「ステテコ~ォ?!」
あたしゃステテコも持ってないし・・・日に焼けるのも嫌だし・・・しかも今さら日焼けしたら、老人シミが増えそうではないか・・・・・・でも、夏なんだから、こういう機会にたまには海もいいか・・・。
などと心千切れながら水着を探すも、見つかりません。

そりゃ、そうです。
その探している水着だって、一体何年前に買ったの? ってやつなんですから。
(ああ、あの、ハワイで買った超~セクシーなビキニ・・・どこにしまったんだっけ・・・・・・)
捨ててないことだけは分かっているけど、どうせ着ないのだから、と仕舞い込んで忘れているのです。

あちこち引っ掻き回していると、ふと手に引っ掛かって出てきた、あんまりセクシーでない日本製のワンピース。
「ほ~ら、見つかった! 全然セクシーでない水着っ!」(オバサンなんだから、オバサン水着でいいわいっ!)
ヤケのやんぱちでその水着を着込み、自転車に乗って颯爽と坂道を走り下りて、たたら浜に到着しました。
d0046294_1032678.jpg

このたたら浜には、昔、ゴジラの滑り台がありました。
私は7つの時に引っ越してきたのですが、その前に家族で下見に来た時にたたら浜を訪れ、弟と二人でゴジラの腹に入って尻尾から滑り下りたことを覚えています。
その時すでに大分傷んでいましたから、まもなく取り壊されてしまい、なぜ作り直さなかったんだろう、と今でも残念に思います。
そうそう、京急線では各駅ごとに、電車が入ってくるとテーマ曲が流れますが、浦賀駅では「ゴジラ」の曲が流れるのですよ。

月のカレンダーによると、午後2時45分は“引き潮”ですが、すでに潮は少しずつ満ち始めているようす。
思ったよりも人が少なく、遠くには白波が立っています。
d0046294_10124783.jpg

海水浴がしたいと言った友は、すでに沖に向かって泳いでいますが、アタシャやっぱりヤだね、この汚い水・・・。
と、波打ち際に座り込んで、波がザザーッとやって来ては、お尻あたりの砂と一緒にサーッと引いていく感覚を楽しんでいました。
d0046294_10204070.jpg

すると時折、何やらチクリ。見ると、私の白い太ももに、小さな小さな透明の虫が引っ付いています。
どうやら、その虫がくっつくとチクリとするのだと分かりました。
(この虫は・・・・・・巨大な白いソーセージだとでも思っているんだろうか・・・)
なんども指先ではじくのに、諦めることなく波に乗ってやってきては、巨大ソーセージに張り付きます。

最後に、どうせ来たんだから・・・・・・と恐る恐る肩まで海水に浸かり、
(これで浄化されたわ)
と勝手に解釈して、小一時間ほどの浄化タイムの後、ゴジラの浜を後にしました。
d0046294_10242675.jpg


ホントに浄化されたのかジョーカ?d(^_^;)笑えなかった人も、ぽちっと★お願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-08-03 10:40 | ■とりあえず日記
今日から三日間
梅雨が明けたのだから、私もこころのフタを開けなければ・・・・・・。
d0046294_11212738.jpg

ありゃ、シソがいっぱい・・・・・・
d0046294_11215431.jpg

この赤紫蘇を静かに端に寄せながら、
d0046294_11223818.jpg

オープン! と、うち豚が蓋が、開かれた。
d0046294_11232193.jpg

たっぷりとあがった梅酢の中に、ぷかぷかと浮いている梅。その中に、ずぽっと手を入れるのも嫌なので、
「そーだ!」(なーんてアタシって賢い!)
と相変わらずの自己満足に浮かれながら、蕎麦を茹でた時に使う取っ手付きザルを持ってくる。
こうして、一粒ずつ梅子ちゃんの漬かり具合を確認しながら、今日から三日間の日光浴。
ええ、二-三時間ごとに、ひっくり返してあげないといけないんですけどね。

ということで、梅雨明けの(といっても大分経ってしまったが)後の、塩漬けにしておいた梅の天日干し三日間が始まった。お天気と、私が家にいられる日が三日続かなければならない。
d0046294_11341487.jpg

ベランダに二つのザルを並べて、その上に布巾を敷く。こうした方が、ひっくり返す時に、梅に傷がつきにくい。
d0046294_11354974.jpg

昨年よりも梅の量は少ないから、この二つのザルで大丈夫だろう・・・なんて並べ始めたら、・・・足りないっ!
d0046294_11364711.jpg

まだ樽の中には、こんなに梅子ちゃんがいるじゃないの! どーしよ・・・・・・。
d0046294_11595982.jpg

毎年、ザル二つでは足りないのだから、いい加減買い足せばいいじゃないの! 
と思うけれど、貧困層だからね、アタシ。・・・・・・そうそう簡単には「買う」なんて行動は起こさないのでござんす。
d0046294_11411011.jpg

ということで、ほらね・・・・・・並べちゃった。
古い金網にペーパータオルを敷いて、残りの梅を並べた。

それにしても、あんなに赤紫蘇を入れたのに、梅が全部赤くなっているわけじゃない。
赤紫蘇がくっついていた梅は赤梅になったけど、下の方は白梅のまま。
一つの樽で、紅白の梅干しができるという特典もアリだろうけれど、今年は赤梅干しを作りたかったアタシとしては、
「これどーなのよ・・・・・・」
と、少々愚痴りたくなる気持ちも出てくる。(しかも、わざわざ赤紫蘇を“買った”のに・・・・・・)

しかし考えてみれば、今まで
“全部を赤い梅干しにしよう”
などという志を持ったことがないのだから、毎年作っていながら、この点に気づかなかったのも仕方がない。

ということで、新しい発見(と課題)が持てたことに感謝し、三十年後に
「立派な梅干し(作り)バーサンになれるようにガンバロウ!」
なんて思う8月1日であった。・・・・・・ (だからなに?・・・・・・ って感じもあるけど)。

麗しき梅干しバーサンに向かって新たなるスタート! に、ぽちっと応援をお願いね。d(^,^)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-08-01 12:05 | ■食生活