<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
どぶ板通り (プチ・アメリカ体験)
ああ、どんどん時間が走り抜けていく・・・・・・。

ということで今日も慌てて、昨日の「スカぶら」について書いておくことにします。
スカぶらというのは、横須賀をぶらぶらすることを言います。

私は横浜に生れ落ち、7歳から横須賀で育っていますが、“ドブ板通り”にはつい最近まで行った事がありませんでした。なぜなら、子どものころから
「ドブ板通りは恐いところ」
と聞かされており、不良という種類の人間たちが行く場所と言われていたからです。

ドブ板通りについてちょっと説明しておきますが、ここはスカジャンの発祥地と言われています。
現在はきれいな通りですが、その昔はドブ板がある通りであったのであろうと・・・・・ここでウィキペディアを覗いたら、
「戦前この通りには、道の中央にどぶ川が流れていたが、人やクルマの通行の邪魔になるため海軍工廠より厚い鉄板を提供してもらい、どぶ川に蓋をしたことから「どぶ板通り」と呼ばれるようになった。」
とあります。 
なるほどねぇ・・・・・・。  じゃ、「どぶ」じゃなくて「どぶ」じゃん。・・・・・・(?)


ともかく、話は「不良」に戻りますが、高校生のころの私は不良になる勇気も無く、心だけ斜めに構えているような中途半端でしたので、今になれば
(なぜ若いうちに行っておかなかったんだろう・・・)
と悔やまれます。
若くて感性がひりひりしているうちに、さまざまな体験をいっぱいしておけばよかった・・・・・・と思うのです。
特に恋愛に関しては・・・・・・。

恋愛についてはひとまず脇におきますが、
このごろは横須賀のゴールドジムに行くことなどもあり、やっぱり汗をかいた後は水分を供給しなければならないので、給水地を捜し求めるわけですね。

子どものころに、父親からよく聞いていた給水地は「お太幸」(オタコウ)。
おぼろげな記憶ですが、昔父に一度連れて行ってもらい、カウンター席(一階はすべてカウンター席)に座って、焼き鳥などを食べました。
「なんでも好きなものを頼んでいいぞ、ここは」
などと父が大威張りで言うくらい、庶民的なお値段です。
そして、昭和の匂いが充満しています。

ところが、お太幸は3時にならないと開きません。
私に横須賀探訪の同行を望む芯友が、3時前でも給水できる場所をあちこち検索と調査をし、お太幸通りの並びにこれまた歴史ある酒場を見つけて参りました。
(ワタクシのような姫が入るのは、どーなの?)
なんて感じる大衆酒場ですが、ま、オードリーヘップバーン演じる王妃だってローマの休日を楽しんだのですから、私も下々に混じって横須賀の休日を楽しむことにしましょうか。・・・・・・(?)
d0046294_14451590.jpg

(横須賀)中央にある中央酒場・・・・・・ですって。
ここに入ったのは午後2時45分。
おぉ・・・・・・! すでにみんな飲んだくれてる・・・・・・!
d0046294_14464280.jpg

写真ではカウンター席しか写していませんが、この後ろにテーブル席があります。
ほぼ満員状態で、活気溢れる店内は明るいエネルギーが満ちています。
「ひゃ~! 横須賀人はこんなに昼真っから飲んだくれてるのかい?!」
と、私は思わずつぶやいてしまいました。

残念なのはワインがないこと。
生中のあとは黒ビールや冷酒というコースをたどり、つまみは300円~700円の家庭料理。
お太幸では一人黙々と飲むオヤジさんが多く、静かで侘しい昭和枯れススキというイメージですが、中央酒場は一人飲みのオヤジさんの背中にも、あまり哀愁を感じないのはこのお店の雰囲気でしょうか。

さて、ここでいい気分になった後は、ドブ板散策。
芯友が、“ちょっと怖そうなお店で飲んでみたい”というので、米兵が集まるBARに。
ええ、アメリカ人を見慣れてる私ですが、それでもこんなに米兵が束になっていると、なんといいますか・・・・・・、
東京で見る海外のビジネスマンとは明らかに異なるワイルドな雰囲気で、“怖い”という感覚も分かります。
反面、彼らが群れ集う店内を覗き見れば、サンフランシスコに住んでいた頃と同じような空気を感じて懐かしかったりうれしかったり。

ドブ板通りを行ったり来たりしながら、“入れそうな店”を探します。
そうして漸く決断して入ったのが、ここ「コールドラッシュサルーン」。
決め手は、入り口が広かったこと。(何かあったら、すぐに逃げ出せるから?)(笑)
d0046294_1501058.jpg

奥を見渡せばビリヤード台があり、スクリーンには映画が流れています。
数人の外人と数人の若い日本人女性が連れ立って・・・・・・、これは戦後の風景と変わらないのでしょうか。
d0046294_1535856.jpg

飲み物はすべてワンコインで、つまみに食べたアツアツの山盛りトルティーヤチップスも500円。
明瞭会計なのも安心できるところ。
ささやかな現地(アメリカ)気分を味わいながらコロナビールを2本ずつ飲み、お店を出るころはとっぷりと日が暮れていました。
d0046294_1554381.jpg

「今度は、もうちょっと怖そうなお店にトライする?」
「う~ん・・・・・・」

このワイルドで刺激的な雰囲気が大好きで、とうとう二十代後半にすべてを捨ててアメリカに飛んだ私ですが、今になると、もっともっと早い時期に、そう・・・・・・十代の時に渡米して、いろいろなことを体験しておきたかったなぁ、と思います。
やっぱり、経験は宝、ですから。

中高年の不良体験(?)に、ぽちっと一票をお願いね。d(*^_^*)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2013-09-29 15:37 | ■とりあえず日記
九月の食紀行
なんということか!
日記なのに週報になってしまう・・・・・・と心配していたら、ついに月報になってしまうではないか!
いかんいかん! すっかりサボリ癖がついているではないか!

よし! 

これからは心を入れ替えて、毎日が無理でも二-三日おきには・・・・・・。
二-三日おきが無理なら週一回は・・・・・・。
それでも無理なら隔週で・・・・・・いや、それはちょっと空き過ぎか・・・・・・。

ならばやっぱり週二回くらいは・・・・・・そうだ! 更新の曜日を決めようか。
い、いや、・・・・・・それはプレッシャーを感じてしまう。

あれもこれもと書きたいネタがざくざく溢れてくる時もあれば、パタリと心が動かないこともある。
それがいけないのだ、そういうムラが成熟を止めるのだ。
いや、もう十分に成熟しているぞ。・・・・・・あ、成熟しているのは年齢だけか。

いや、年齢が成熟するわけではない。
熟れても熟れなくても、一年に一つずつ数が増えていくのが年齢。
ふ・・・・・・む、これは真なる平等とかいうのであろうか。・・・・・・

などと脇道に逸れそうになりながら、どーでもいいことをたっぷりと、言い訳を込めた前書きはこの辺で止めておきます。
とりあえずは、前回の9月6日の晩からざっくりとたどってみましょう。

9月6日は金曜日で、ワインなどを嗜みました。ええ、ご馳走になったのでございますね。
野菜がおいしいお店で、この時に食べた生の「つるむらさき」があまりに美味しくて、この後スーパーで見つけては買っております。
そう、こうなると次は、つるむらさきの「タネ」を見つけなければなりません。
やっぱり、美味しいものは自家栽培で採りたてを食べなければ・・・・・・。(ワインといいながら写真はビール・・・。ワインはこの後でした)。
d0046294_8264986.jpg

9月8日、日曜の朝。
急にスコーンがすこーんと食べたくなり、
(確か以前、小麦粉でサクサクスコーンを焼いたことあった・・・・・・)
と思い出します。
オーブンを使わず、トースターで作るイングリッシュスコーン。これはイケます。
d0046294_827383.jpg

9月10日の夜。
仕事から帰ってきて、まずは一杯! 帰宅してからの料理は、なんとも疲れてやる気が出ないのですが、なんとなく温かい手作りものを食べると体に優しい気がします。
冷蔵庫からナスを取り出し、ごま油で焼いただけ。それに生姜のすり下ろしと青じそをたっぷり、お醤油をさーっとかけるだけの物ですが、これで十分気分は満たされました。
d0046294_8274577.jpg

9月13日の花金は、ふたり飲みです。
念願の立ち飲み屋さんで、焼き鳥や串焼きなどを食べました。
周囲を見回せば、おにいさんやおじさんやおじさん・・・オジサン・・・おじさん・・・の中に、ぽつりぽつりと若い女性二人組などがいます。えーっと、オバサンの二人組はいませんでした。・・・・・・
d0046294_82816.jpg

上を見上げれば、ピラピラとはためくお品書きや「ホッピー」なんて書かれた提灯が下がって雰囲気バツグンでございます。 ええなぁ、こういう雰囲気……♪
d0046294_828976.jpg

9月14日の朝食。これは自宅ではありませんねん。ホテルどす。
この日、超早い時間の新幹線で岩手にいくため、昨夜はホテルに泊まったのでした。三連休は岩手でした。
この時のようすは、また追々・・・・・・。
(注:新聞はホテルで「自由にお持ちください」と書かれてあったもので、自分の意思で買ったものではありません。買うならば、安くて面白い「東京新聞」です、絶対に)。
d0046294_8282614.jpg

9月20日は三回目の花金。
金曜日はたいてい出勤の日ですが、この日は珍しく仕事がない日でした。
何年ぶりかの女友だちから連絡をもらい、横浜で会うことになりました。
夜の横浜をぶらついて感じることは、とにかく東京よりも人が少ない、照明が薄暗い。これが何となく海外の街を彷彿とさせて、空気感がいいのです。
d0046294_8285696.jpg

この日行ったのは、みなとみらいにある横浜美術館。
d0046294_8291470.jpg

の向かい側にある、マークイズ(Markis)というショッピングセンター(?)です。
d0046294_8292380.jpg

横浜は全体的に高層ビルが少なく、このマークイズも五階建て。その五階にはハーブなどが植えられた「庭」があります。その小さな庭を散策すると、ほどよく薄暗い照明がこれまたいい! そして・・・! うわぁ~!
d0046294_8293531.jpg

「あそこで食事がしたいねぇ!」
見下ろすとワンフロア下のレストランにはテラスがあり、そこがなんともニューヨークみたい!(なぜニューヨークだ?)
d0046294_8294793.jpg

ええ、食べたものは写し忘れてしまったのですが、久々に
(ここはデートスポットに最高のロケーションだわ・・・・・・!)
と、気分が80年代に戻ってしまったひとときでした。

そしてようやく昨日、9月25日の朝。
再びイングリッシュスコーンが食べたくなり、セッセと焼きました。
半分は、上にシナモンシュガーをたっぷり振りかけて焼いてみました。
直径5センチ、高さ3センチほどのスコーンが8-9個焼けるので、一度に全部を食べきることはできませんが、朝三つ、夜三つ(飲んだ後に)、翌朝(今朝)軽くトースターで焼き直して残りの三つ、で完食です。
d0046294_8303765.jpg

今度、レーズンとかクルミとかを入れて焼いてみようかなぁ・・・・・・。

あ、ついでですが、昨日25日は私の何回目かの生誕日でした。
ケーキを焼いて祝うような気分でもなかったので(雨がザーザーでしたし)、せめてスコーンを焼いたというわけです。

ま、なんだかよく分かりませんが、今後もよく分からないまま、気分次第、風まかせ、川の流れのように時々を楽しみ、つれづれなるままにその記録を書きつづってゆきたいと思ひます。

今後とも、どーぞよろしゅう・・・・・・。m(_ _)m


祝ぽちっ! をお願いね~!\(^0^)/ Yeah~!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2013-09-26 08:27 | ■とりあえず日記
スイーツ3点セット
先週のラム酒ケーキに引き続き、今週はスイス流“ブラウニー”を製作。
d0046294_9202492.jpg

ブラウニーといえば、小麦粉が入った茶色のケーキを思い浮かべますが、これはアメリカのブラウニー。
スイスのブラウニーのレシピを見た時には、
「小麦粉を使ってないっ!」
と、たまげました。
出来上がりも、ケーキというよりは生チョコという感じ。
d0046294_9204957.jpg

には見えないって?・・・・・・ええ、なんだか、こんがり焼けちゃったんですねぇ。
ラム酒ケーキの時に、
「まずレンジで中から火を通そう」
なんてことをしたら、妙にぼこぼこと波打ってしまったから、今回は最初っからパン焼きトースターの弱火で、5分ごとに向きを変えながらじわじわと焼いたのですね。

あ、向きを変えないと、奥の方ばかりがどんどん焼けてしまうからです。
けれど、どんな向きにしようと中央部分はいつも焼かれているわけで、途中からアルミホイルを3重にしてカバーしたのですが、時すでに遅し・・・・・・ちょっと焦げ焦げになってしまいました。

でもね、このブラウニーのお焦げはカリカリになるわけでもなく、苦みが出るわけでもないので全く問題はないのです。
ただ見た目がねぇ。・・・・・・

とガッカリしている暇はなく、次にはアメリカン・ソフトクッキーです。
d0046294_9203390.jpg

大きいサイズはいつも通りですが、今回は「カントリーマーム」くらいの小さいサイズを作ってみました。
なぜなら、これらのスイーツは贈り物として(宅急便で)送るので、割れないように工夫してみたわけです。
ところが、これがまた、た~いへん! でした。
型で抜いてみたり、セルクルという筒の型に入れて焼いてみたり。 (↓型抜きした余りです)
d0046294_9204490.jpg

いつものごとく、あれやこれやと格闘はしましたが、焼き上がったスイーツを一晩寝かせ、寝ているラム酒ケーキは起こして、どうやら箱に詰めて送り出したのは、昨日のことです。 
(※向かって左から、ラム酒ケーキ、ブラウニー、アメリカンソフトクッキー)
d0046294_9213550.jpg

昨日といえば、プールの底が抜けたような大雨の中。
出勤の時に、この詰め合わせをビニール袋で包み抱えるようにして、アサコさんの所に持ち込みました。
アサコさんは両親の友だちで、クリーニング屋さんをやっているのです。

前日クロネコヤマトさんに集荷してもらえば楽だったのですが、焼き上がりのスイーツは柔らかくて形が崩れやすので、やっぱり一晩寝かせてからの方がよいと判断したのです。

雨が降ると“龍神さまがきた”といいますから、このスイーツは非常にご利益があると思われます。
なんてったって、龍神さまと神なり(カミナリ)が一緒にお見送りしてくれたのですから。・・・・・


縁起のいい祝スイーツに、祝ぽちっをお願いね~!\(^0^)/
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2013-09-06 09:19 | ■食生活
まだまだ途中
週末は、毎年恒例秋の首都オペラが神奈川県民ホールで開催されました。
今年も受付のお手伝いに声をかけていただきました。
終わった後は、お姉さまたちと打ち上げ。
「どこか他にないかしらねぇ・・・・・・」
といいながら、どうしたって駅の近くだからと“さくら水産”。
ここ数年、お決まりパターンになっています。

一夜明けて、昨日は横須賀のゴールドジムで“ステップを覚えよう!”の日。
(よし! 今日こそステップをマスターするぞ!)
と勢い込みましたが、いくつかのステップパターンが続いた所で頭はぐぢゃぐぢゃ、息はハァーハァー。
(諦めちゃだめ!・・・だめ!)
と自分に言い聞かせるだけで精一杯。
というわけで、昨日も開始から30分ほどのところで挫折感を味わったのでした。
これは老化のせいなのか、それとも20年近く運動していなかったせいなのか、それとも根本的にトロいだけなのか・・・・・・秘かに悩んでおりますの。

そして本日は、江戸参勤日。
以前、髪のアイロンがけで1時間近くの時間を費やしていたのですが、最近はすっかり傷んだ髪をいたわってナチュラル乾燥。
濡れていると傷みやすいから、ドライヤーで根元を乾かした方がよいと言われますが、ドライヤーの熱風でさえ髪が
「熱い、熱い!」
と叫ぶので、一切の熱は加えず、江戸時代のように髪を大きく串巻きにして、ただ留めておくだけ。
その分時間が余って余って、朝の時間が余裕シャクシャク状態。
カフェオレなんて何杯も飲んでしまいます。

そしてなぜかストレートパーマをかけたはずの髪ですが、毛先はまるでソフトパーマをかけたようにクルクルしています。・・・・・・これも実は、秘かに悩んでおりますの。

話は余裕しゃくしゃくの朝の時間まで戻り、カフェオレを何杯も飲むだけでなく、先週製作したラム酒ケーキにラム酒を重ね塗りなどもいたします。
ついでに、ラム酒の浸透率を見るためにお味見もします。まだ一週間ほどなので、上から三分の一ほどしか染み込んでないような感じですねぇ。
ホントは1ヵ月以上時間をかけてラム酒を塗っていくと、全体がしっとりしてまろやか~な美味となるのですが、今回はちょっと時間が足りず、どこまで浸透してくれるか・・・・・・これもちょっとした悩みですわね。
d0046294_8305378.jpg

ああ、でもおいしい・・・・・・。
三分の一の浸透でこれだけおいしいのですから、これは大量に作っておいて、冷蔵庫に目一杯保存しておきたくなります。数日に一回ずつラム酒を塗りつけていくのは大変ですけど、寝かせれば寝かせるほどおいしくなるので、急にスイーツが食べたくなったり、誰かに贈り物をする時などにとってもいい! と思うわけです。

あ、でも大人のスイーツですから、お子ちゃまは食べられません。
身も心も大人の人しか・・・・・・。


大人のスイーツ大好き!の方、ぽちっとお願いね。d(^0^)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2013-09-03 08:30 | ■とりあえず日記