<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
夏越しの祓い
今日で2013年も半分が終わりです。
神道では、上半期最後の本日「夏越しの祓い」が行われます。
神社に、茅で大きな輪が作られているのを見たことがある人も多いことでしょう。
あの輪を八の字に三回くぐり、半年の穢れを祓います。

かなりご無沙汰している貴嶺宮(愛知県幸田市)のお祭りに、今年は参加できるかもしれないと期待していましたが、本日私は出勤。参院選が近いのでなんとなく仕事が忙しく、高揚感と張り合いのある日々を送っています。


さて、ご無沙汰といえば、このブログもすっかりご無沙汰。
7時過ぎに家を出て8時に帰宅するフルタイム勤務は、体調を整えることに集中する生活になってしまい、時間の余裕が1ミリもなくなる感覚です。いえ、時間の余裕というよりは、心の余裕ですね。

それでも目まぐるしくドキドキワクワクの刺激的な日々が走りぬけ、降ってくる幸せのギフトをすべて、しっかり味わいながら受け取れきれず、大きな網の目からバラバラと落ちているような感じがします。
それでも“抱えきれない!”と感じるほどの贈り物をたくさん貰っているような、そんな六月でした。

忘備録として、簡単に記しておきたいと思います。
まずは初めてのおつかい、・・・・・ゴルフ。
なにゆえワンピースと網タイツでゴルフなのか? ・・・・・・ええ、このあとお食事だったのです。
d0046294_9313429.jpg

ナイスショーーーット~! 初めての飛距離は34m。
「生まれて初めてで、ボールに当たっただけでもすごいよ。それに真っ直ぐ飛んでるじゃない!」
と褒め殺され、駅で傘を降っているオジサンの気持ちが理解できました。そして100kmを越えた時には、すっかり打ちっぱなしにハマっていた私です。

その他に、美術館、映画、グルメなどを楽しむ機会が雨あられのように降り注ぎ、私は
(これが人生最後の打ち上げ花火じゃないか?)
と思うものだから、老体に(なりつつある体に)鞭打って乱舞しました。

そうそう、乱舞といえば、フィットネススタジオにもやっと行くことが叶い、さらに念願の初ZUNBAで乱舞。
ズンバというのはラテン音楽のエアロビクスと思っていたのですが、私が参加したクラスのインストラクターは、周囲がついてこれようがこれまいが、完全に自分が楽しんじゃっているようす。
体力のあるイケイケのネェちゃんが、腰と長い髪を振りながら
「イェーイッ!!」
とのりのりですが、私はステップが分からずにオタオタイライラ・・・。
しかし、これらを含めても、久しぶりにゼイゼイと息を切らせ、汗をしたたらせ、すっかりまた来るつもりになっているのでした。・・・・ええ、でもズンバは受けませんが。・・・・

そうした日々の中で、昨日やっと、やっと、やっと庭の草を刈ることができました。
これは6月9日の「before」(草刈前)写真です。
d0046294_945667.jpg

この状態から昨日まで、実に見事な緑深い雑草の森になりつつありました。
再びスーパーマンが飛来してくれたのですが、制限時間は約2時間(午前中だけ)。
ウルトラマンの3分間よりははるかに長い時間ではありますが、それでもこの庭の草を刈るには十分とはいえず、約三分の一ほどの開拓でした。
d0046294_948277.jpg

それでも、見てちょ! この刈った草の大山!
やたらに増えて大きくなっていた草を刈り取り(スーパーマンが)、捨てられていたゴミを拾い(私が)、これでさらに、また運が開けたような気分になりました。・・・・・・そのあと、またニョロも見かけたし。・・・・・・・(-_-;)

そうそう、昨日はこの後、塩漬けした梅に赤紫蘇を加えました。
これは6月のグルメ録とともに、また後ほどレポートしたいと思います。

それでは、今年の後半戦も心豊かな時間が過ごせることを祈って。・・・・・・合掌~♪



今日は横須賀市長選の投票日。みなさんは私にぽちっと一票をお願いね。(*^_^*)b
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2013-06-30 10:12 | ■とりあえず日記 | Comments(9)
幻想紙彩画作家 川上好子展
昨夜は「夜勤」という勤務形態を体験し、本日は休暇。
目覚めは習慣でいつも通りの4時半ごろ。
一度意識が戻るのだけど、
(今日は休みなんだから・・・・・・)
ということで、無理にでも布団にしがみつく。
その後何度か目を覚ますのだけど、母と別れるのが嫌だと泣く子のように、しつこく布団にしがみついて寝まくる。
が、さすがに爽やかな朝陽に呼びかけ続けられると、
(そうだ、今日もたくさん洗濯をしておこう・・・・・・)
と、ベッドからもったり起き出した。 これが午前9時55分。

それから洗濯機を回し始めて、今4回目を稼働中。
例のごとく、干し場を探しながら大きな物を次々と洗っていく。
ほんとはもう一つの“お昼寝用ベッド”の敷きパットやソファベッドのカバーなども洗いたいのだけど、限られたスペースと時間なので、まずは自分の寝具を身ぐるみ洗う。
ホッと一息ついて、ブランチを食べながら時計を見ると、ちょうど12時になっていた。
d0046294_12542890.jpg

これを食べていると、発泡酒かワインを飲みたくなるが、今から飲んでしまっては、まだ働いている洗濯機に悪いし、絶対に私は眠くなってしまうのでグッと我慢する。

ここ数日、何やら哲学することが多くて、少々心が疲労ぎみだから、テレビを点けた時に『チャングムの誓い』が映った時には、なんとなく吉兆を感じた。
d0046294_12593277.jpg

今までも、何度このドラマに救われたかしれない。
その時々によって感じることは違うのだけど、
「自分が真実と感じることを貫くことは愚かなのか? 生き方が下手なのか? 融通のきかない人間なのか?」
と思いを巡らせる私に、勇気と励ましをくれる。
今自分が死ぬとしたら、納得する生き方ができたかどうか・・・・・・。
の原点に戻してくれるような気がする。
人間のつながりも化学反応みたいなものだから、その時その時に同じ波長が惹き合うのだし、その波長がズレれば離れることもある。 自然は呼吸をするように動いているのだから。
と再度自分の中で確認すれば、何ものにも執着することはなくなるし、人間が作った法に合わなくても天の法に合えばいいのだと心が決まる。・・・


さて、話はがらりと変わって、昨日仕事の前に、知り合いのちぎり絵作家の個展に立ち寄った。
実はこの方とは、年に2回主催される首都オペラで、受付(正確には「花束受付係り」)を一緒に担当している。
年に二回しかお会いしないのだけど、少しずつ話していく中で、何やらお互いに感性がとても似ているものを感じ、年代を超えて共感できる友人という感じの人。
結婚前に秘書として働き、その後女優さんをやり、官庁勤めのご主人と結婚し、専業主婦のあと、ある日突然このちぎり絵作品が、フランスの「美の革命展inルーブル」でグランプリ賞を受賞する。
d0046294_13212611.jpg

その後ヨーロッパで数々の賞を受賞し、現在はカルチャースクールの講師などもしているという、絵に描いたような華々しい成功物語を持つ人。
でも、そんなことを知らなかった私は、お互いに“ただの人間”として出会い、なんとなく気が合い、1年に2回の出会いを楽しみにしている。 という関係だから、友だちのようにあれこれおしゃべりをしている中で、
「運がよかったのよ、私」
という言葉の裏に、彼女の考え方や人間的な深さ、もっと言えば魂のあり方が良き運を選択していった、ということが伺える。
  ええ、私は洗濯好きだけど、選択下手なのよ。・・・・・・ったく・・・・・・。


以下、彼女の作品を何点かご披露~!
これらすべて、色づけされた和紙をちぎって何枚も重ねて貼っている。
近くで見るほど、驚きで言葉がなかった。
一番胸にズドンッ! と来た真っ赤な富士山。 ガラスの反射で映り込みが・・・消せない・・・・。
d0046294_13282531.jpg

こちらは桜が咲くころの富士。
d0046294_13302678.jpg

童話の中に出てきそうな、穏やかな田舎家。
d0046294_1331187.jpg

こちらは十二単をきた「明石の君」。
d0046294_1330012.jpg

陰と陽がせめぎ合い融合し合う作品で、多くは構図や色彩的には西洋を、語りかけてくるエネルギーは東洋のものを感じた。
演劇でも、文章でも、こうした作品でも、創り手が曝け出されるのだということがつくづく感じらて興味深かった。
d0046294_13392328.jpg

やはり、何をするにしても、自分の魂を磨くことが一番の肝なのね・・・・・・、と思えた珠玉の一日。



げいじゅつって、タマシイの栄養だわぁ~。・・・
に、ぽちっと一票をお願いね。。。。d(*^。^*)

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2013-06-17 12:06 | ■芸術orエンターテインメント | Comments(0)
デトックス週間
今週は火曜日の夜から体調を崩し、上からも下からも体内からすべての物を出しまくるデトックス週間であった。
ま、ちょっと赤い色の飲み物を飲んで、大分目が回ると感じたから、わたしはすっかり二日酔いと思っていたのだけれど、過去の兆候を思い起こすと、風邪だったに違いないと思える。
このブログの右側にあるランキングに「いきなり嘔吐」というのがあるが、まさにこの状態を再び味わった。

お陰で、ちょっとドラム缶型になりつつあった体系は、我ながら見とれるほどの洋ナシ型となり(つまり、ウエストがくびれたわけね)、じり増えの体重もすっかり元通りになった。・・・・と思う。(ウチには体重計がないので)

それに、丸一日バナナ2本とヨーグルトを少し食べたくらいの減食だったから、木曜日にはすっかり体が軽くなり、たまに小さく発生していた脂漏性皮膚炎や眼瞼炎なども、きれいさっぱり消えてしまった。
体調が悪いときには一食抜いてみたり、一日絶食してみると、内臓も休暇がもらえてリフレッシュするのだ。

というわけで、今週もなかなか刺激的な日々を送ることが出来た。
明日は“夜勤”という、これまた私にとっては珍しい時間割なので、わくわくしながらも少々どきどきもして、
「今日は一日何もしないで寝倒してやるぞ!」
と決めていた。雨の予報だったし。

ところが!

目覚めたら、ビバルディの『四季』の第一楽章「春」が聞こえてくるくらいに、爽やかな朝陽が燦々と降り注いでいる!
ああ・・・・・・! 洗濯しなくちゃ! となるわけだ。
こういう日は、何度でも洗濯をしたくなる。シーツ、枕カバー、掛け布団カバー・・・・・・と大きな物を次々に思いつくが、“干す場所がなくなる”ということは思いつかない。
あっちの物をこっちに、こっちの物をあっちに、と干し物をパズルのように動かして
(アタシ、何をやっているんだろう)
と呆れながらも楽しんでいる自分がいるから、この“思いつき洗濯”を止めようとする気持ちなど一切ない。

これが終わると、家中掃除機をかけ回す。
がたんがたんと階段をかけながら二階が終わると、うっすらと汗をかいている。
(私ってなんて働き者なんだ!)
と自己満足に浸りながら、降りてきて水を浴びたら、次はアルコールに浸る。
ああ、なんて幸せ!

しかし、これで終わっては“いつもの幸せ”で変わり映えがない。
先週末に漬けた梅も気になるし、追熟させている梅で梅ジャムを作ろうという計画がある。
d0046294_13364131.jpg

というわけで、これは6月9日の写真。
大方の梅を塩漬けにしたから、その様子を見てみることにする。
まず、フタを開けると・・・・・・!
d0046294_13372179.jpg

あっ!! なぜ、こんな所に広辞苑がっ!・・・・・・・・ 重石の代わりに自分で置いたんだじゃないか。・・・・・・
ボケと突っ込みを一人でやりながら、ビニール袋をそっと開けてみる。
d0046294_13385179.jpg

しめしめ・・・・・順調に梅酢があがってきている。
では、その横にある梅も。・・・・・・
ええ、味噌樽の上に梅樽が乗って、そのまた上に2011年度製造の梅干が乗って・・・・・・の図。
d0046294_1340137.jpg

こちらの梅は最初に塩漬けしたものだから、2週間は経っている。
d0046294_13404152.jpg

こちらも、きれいに梅酢が上がっている。 順調、順調・・・・・・♪
ということで、水浴びした私は祝杯をあげることにするが、その前に追熟の梅で梅ジャムを作っておかなくちゃ。
d0046294_13421910.jpg

これは一週間前の残りの梅だったのだけど、この半分ほどが腐ってしまっていた!
ああ・・・・、なんて勿体無い!・・・・・・・ 半べそをかきそうになったが、せめて庭の肥料にしようと、庭に向かって投げ捨てた。 鬼は~外! 福は~ウチ! 
そして残りの梅にざらめを入れて、とろとろ火で煮る。
ゆっくり満遍なくかき混ぜながら煮ていると、とろりとしてくる。
これを見て、
(梅ゼリーにしようかな・・・・・・)
と思いつく。 
計画(急遽)変更で、水を足す。
ゼラチン(5g)をお湯(50cc)で煮溶かして、ここに入れる。
d0046294_13461167.jpg

ちょっと、おいしそう・・・・・・。
計りを使わずに目分量で作ったので、どのくらいの固さのゼリーになるのかが心配でもあり、楽しみでもあり。

さて、やっと祝杯をあげられる時がきて、すでにあちきはまどろみの午後・・・・・・Zzzzz・・・・・・。




おいしい梅ゼリーになりますように。・・・・・ぽちっと応援をお願いね。(*^_^*)b
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2013-06-15 12:18 | ■食生活 | Comments(0)
半分になったベランダ
梅の塩漬けから一週間経ってしまいましたが、みなさま、お元気でしょうか。
梅雨に入ったと言われますが、南関東はすでに梅雨が明けたような日差しが続いております。

さてさて、私は相変わらず「期間限定」のフルタイムジョブで、少々時間に追われつつあります。
それでも“ブルラン(ブルジョワのランチ)以外の日はお弁当を作って持っていく”という目標をこなしつつあり、徐々にこのタイムスケジューを制覇していることを感じながら、日々楽しんでおります。
慣れてきた頃に、
(また元の仕事に戻らなくちゃならないんだなぁ・・・・・・)
なんて考えると空しくなり寂しくもなるのですが、そうやって勝手に先のことを憂いていても時間と感情の無駄遣いなので、今過ぎていく一瞬一瞬の時間を大切にしたいと、あらためて感じている今日この頃です。

梅はほとんどが追熟によって黄色くなり、昨日(6/8土曜)大方を塩に漬け込みました。
が、今日は梅の話ではなくて、ベランダリフォームの話題です。
なんといっても、今週のハイライトですから。

今までベランダがいつ崩れるかと、強風が吹くたびにどきどきしていました。(以前のベランダはこちら
無用になったアナログテレビのアンテナを取り外すことが出来ず、そのアンテナが風に揺れて一層ベランダをきしませていたのです。
この問題は、どんな形で解決(あるいは終焉)を迎えるのだろうと楽しみにしていましたら、見事にスーパーマンが現れて解決してくれました。
d0046294_10272611.jpg

そう、以前のベランダより5分の3ほどの広さに減築してリフォーム(?)されました。
向こう端は少し下り坂になっているし、どうせ使わない部分、
「切り取っちゃって構いません」
といったのですが、まさか枠を打ち直してくれるとは思っていなかったので、
「きゃぁ~! すてき~!」
思わず両手を打ち鳴らしてしまった私です。
「枠があれば、残った部分の補強にもなるし、とりあえずの応急処置だけど」
とのことですが、この「とりあえず」が物凄く助けになるのです。
これによって、こうして布団を干す時にも揺れる枠を気にせずに済むようになりました。
d0046294_1038763.jpg

そしてこれによって出た廃材は、腐葉土を作るための枠組みとして再利用する予定です。
d0046294_10413815.jpg

もちろん、枠組みを作るのは私でなく、再びスーパーマンにご登場願うのですが。
庭のあの角あたりに設置し、刈った草をバンバン入れ込んで腐葉土を製造する、という魂胆です。
d0046294_1040983.jpg

日の当たる南の庭も、このように着々と森のような雰囲気になってきています。
トカゲやカナヘビなどがチョロチョロと姿をみせて、
(自然の生態系があるってすばらしいわ!)
と思っていましたが、昨日にょろにょろと動く紐のような生き物が目に入り、

 とうとう、出た~っ!!

という絶叫が心の中に響きました。
けれど、その太さ1cmほどの薄ベージュ色の動く紐を見た時に、なぜか
(これは縁起がいいわ・・・・・)
と思ってしまったことは救いでもありました。

さて、・・・・・・動く紐もいることが判明したので、もうサンダルで庭を歩くことはできません。
それに本気で、草を刈っていかなければ! ・・・・・と思ったことも確かです。

ということで、あれ?・・・・・・
 
ベランダの話から草刈りの話になっているじゃありませんか。
つまりは、ベランダ問題が解決した後、残るは草刈問題ということですね。
こうやって与えられた問題を、一つずつ楽しみながらこなしていくことが、
「今生を生きるってことなのね」
なんて、悟りの境地に至ったつもりに浸る今のワタクシであります。

ええ、つもりになれるだけでも幸せというもんです。・・・・・・なったもん勝ちですわね。・・・・・・



腐葉土作り計画の成功を祈って、ぽちっとお願いね。d(^o^)/
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2013-06-09 10:00 | ■住まい | Comments(0)
梅干作りと梅酒と梅ジュース
例年よりも早く梅雨に入った関東地方。
その中で、昨日6月1日は初夏を思わせる晴天となり、一気に梅の収穫を行った。
d0046294_18572239.jpg

去年までのスローライフならば、2-3日かけて一人でちまちまと収穫したのだけど、今年はクイックライフ・・・いや、ビジーライフというべきか。 週に5日も勤労しているから、
「今日を逃したら、梅の収穫はできない!」
と、非常に焦っていた。
すると神さまは助っ人を私の元へお遣わしになり、なんなく半日で摘み終えた。
いや~、・・・・・・一人じゃないってぇ~♪ すてきなことねぇ~♪ と誰かが歌っていたが、しみじみと実感した。
見てくださりませ、この大豊作。しかも今年は、斑点やシミがない美しい梅が多い!
d0046294_1858093.jpg

本日は、おナカさんにお福分けの宅急便を送り、私の分の梅酒作りに取り掛かる。
d0046294_18582649.jpg

ええ、今年はホワイトリカーなんてものではなくて、“ブランデ~”で漬けますの。 ほっほっほっほ・・・・・

ところが、砂糖を間違えた。
このコーヒー用グラニュー糖は、梅ジュースの時に使ったんだった。・・・・・・
と思い出したのは、梅とグラニュー糖を美しく交互に入れ終わった後。
(ああ・・・、どうしよう・・・・・・)
と迷うのは、このグラニュー糖を梅ジュース作りで使った時、梅が見事に縮んだことを思い出したからだ。 
まるで、しわくちゃバーサンのように。

梅ブランデー用には、傷がなくて美しい梅を選抜したから、縮んじゃ困るのだ。
それに、梅酒で使った梅は、その後梅ジャムやコンポートのように丸々甘露煮にして再利用する。
だから、なるべく傷がなくて見目形が美しい梅を選んだというわけだ。
梅ジュースは、最初から(梅干)バーサンのように縮むとわかっているから、多少傷がある梅で構わない。

ということで、一度入れてしまった梅とグラニュー糖を再びボールに取り出し、傷つき梅とコーヒー用グラニュー糖で梅ジュース(+黒酢少々)に、美しい梅と氷砂糖(+はちみつとレモン)で果実酒に。
d0046294_191613.jpg

向かって左の白いフタが、梅ジュース(2リットル瓶)、赤いフタが梅ブランデー(4リットル瓶)。
ただし、本日は氷砂糖がないので、明日買ってブランデーの方に追加しなければならない。・・・・・・氷砂糖をあとから入れるなんて、聞いたことないわ。・・・・なんてマヌケな。・・・・・

ええ、ええ、これで梅作業が終わったわけではありません。
メインは「梅干作り」ですから。
とりあえず本日は、黄色く熟れ始めた大梅から(約2.7キロ分)を塩漬けにした。
d0046294_19213860.jpg

塩の分量としては、梅の2.7キロに対して、塩が約480g。 重石は500g(らしいが、私のはやや重い)。

さて、こちらの方は梅酢が上がってくるまでに、カビが生えないようにしなければならない。
一日に一回は容器をゆすって、梅全体を濡らしておくようにする。
それに、そろそろ庭に出てきた赤紫蘇の発育にも目を配っていかなければならない。
昨年は梅も実りが少なかったけれど、赤紫蘇もあまり出てこなかったから、少しだけ作った梅干は白漬けになった。
今年こそ、赤紫蘇を入れて赤い梅干にしたいのだ。

さて、明日からまた4時起きの勤労ライフがスタートする。
一、体調が良好で元気な心でいること、
一、梅酢のチェックをすること、
一、追熟している梅の実に気を配ること、(※追熟=青梅を放置して熟させること)
一、明日氷砂糖を買ってくること、
一、それを梅ブランデーに入れること、
一、週に2-3回はお弁当をつくっていくこと・・・・・・

  よしっ! がんばるゾ!p(^o^)q オー!



老体に鞭打つあちきに、ぽちっと応援をお願いね。d(^_^;)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2013-06-02 21:56 | ■食生活 | Comments(6)