<   2012年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧
あっぱれ! 瀬戸内寂聴さんと美輪明宏さんと平野啓一郎さん
昨日、「椿姫」を検索していたら、たまたま美輪さんのコメントをYoutubeで見つけ、芋づる式にこのお三人のトークを見つけた。聞いてみたら可笑しくて面白くて一人でアハハハ・・・と抱腹絶倒、アッパレ! 
とうとうパート3まで見てしまった。

瀬戸内寂聴さんは、東京新聞の「この道」を11月から掲載され、4月28日(土)にちょうど終わったばかり。
「烈しい生き方をした女たち」を書かれ、そしてご自身も烈しく生をまっとうしたいと述べていらしたことを思い出す。



「枠を外して生きる」そうだそうだ! と心で叫んだけれど、こうして言える立場にならないと、何を言っても負け犬の遠吠えになってしまうのだ・・・・・・。

それにしても、今風のモテタイプのこの作家を知らなかった。最近こういう感じの男性が増えてきて、日本もいい時代になってきたじゃないか。(?)



おカネと物が溢れると心が廃れる、あるいは麻痺するという気がする。工夫をしなくなるし、人の傷みにも鈍感になり、数字ですべてを判断しようとする。要するに、感性が退化するのではないだろうか。・・・



テレビが地デジ化して以来、テレビなしの生活になった人は意外にも結構いるようだ。
私もその一人だけど、Huluで米国のテレビドラマは見放題(980円/月)だし、こうして縁があるものや必要なものは見る機会が与えられる。凄い時代になったものだ。・・・・
ますますライフスタイルは多様化され情報が溢れていくから、個人が賢くなっていかないと、自分が選んでいるようで実は選ばされているという状態になりかねない。恐い時代でもある。いや、いつの時代も「どれだけ自分を分かっているか」が大切だと思うのだけど。



さ、今日はHuluの合間にタルト・タタンを作ってみよう。
フランス人のカッコイイ女性が作っている過程をaomeさんがブログで紹介しており、早速私も作ってみたくなったのだ。
ちょうど放置されていたリンゴが2つあるし。





昨日の夏日(30℃以上)から10℃近い低温で、なんだかとっても疲れる・・・・・・。
という私に今日も応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング

P.S. おぉ、びっくり! 美輪さんと寂聴さんは、ともに5月15日生まれだ!
by anrianan | 2012-04-30 12:19 | ■芸術orエンターテインメント
ユベール・ロベールと美輪明宏と真夜中のラッシュ
                                                  詳細はこちらのサイトで
d0046294_8583336.jpg27日金曜日、雨の中上野の西洋美術館で開催されている“ユベール・ロベール-時間の庭”を鑑賞してきました。
素描だけでも充分に楽しく、油絵では空の美しさが印象的でした。
光と影の表現や物の質感はいくら見ていても飽きることなく、たっぷり4時間近くの時をかけてユベールの世界に浸っりました。
そして地下鉄に乗り込んで座った時には、足も腰も疲れがどっぷりと流れ出ていたのでした。

けれども一年中を通して公私ともに忙しい心友と、はるばる横須賀の田舎から江戸に出ていく私ですから、美術鑑賞とお食事をして終わり、なんてわけにはいかないのです。
会う時はいつも“ゲイジュツの梯子デー”となり、この日は食事の後、美輪明宏さん主演の『椿姫』を観に行きました。



「椿姫」のサイトはこちら) (※ここをクリックするとYoutubeで美輪明宏さんのコメントが見られます
d0046294_945030.jpg
今回の舞台では、脇役の方たちが豪華で見ごたえがありました。
一番惹きつけられたのは白川和子さん。帽子屋のオバチャン役でしたが、ホントに素晴らしかった。木造アパートか長屋がある下町にいるような、気のいいオバチャンというキャラを地でいくような人柄を感じる。

それからアルマンの父親役の勝部演之さん。このお二人は年齢を重ねた心の深さや機微が、鍛えられた演技力で充分に表現されているという気がしました。

夏樹陽子さんは相変わらず美しく、嫌味な物言いをする姿にもうっとりとして見入ります。やっぱり美しい人やモノを見るのはいいものです。

原発問題で仕事を失ったという山本太郎さんが今回アルマンの親友役で出演しています。俳優としての山本さんと脱原発運動に人生をかけている山本さんへ、最後はスタンディングで感謝と敬意を込めて精一杯の拍手を送りました。

今回のテーマは無償の愛ということですが、・・・・・・少ないのではないかしらねぇ、今の時代で無償の愛を(特に男女間の愛で)心から納得できる人というのは、と思います。
でもこの世の中で一番必要なのは愛だということは、最近しみじみ感じ入っていますけどね、個人的には。
ほどほどのおカネと満ち溢れるほどの愛、これが最高の幸せなのではないかと思います。

                              


ま、ここで愛について語るのは限界があるのでそれはすっ飛ばして、帰りの出来事に話を進めます。
いつもは有楽町からJRで品川に出る私ですが、芝居が終わったのが10時半。
ちょっと遅いのでお茶もせずに、地下鉄銀座線で新橋に出ることにしました。

新橋駅から都営浅草線へ乗り換える時、JR駅の放送で京浜東北線と山手線がなにやら事故で、やっと動き出したとか動き出すとか。
(地下鉄で来てラッキーだったな・・・・・・・)
心の中で神さまに感謝しながら、都営浅草線のホームに降りました。

15分ほど待ってやってきた三浦海岸行きの特急は、11時過ぎとは思えない人の多さ。
車両の隅っこの方にやっと一人分の吊り皮スペースを見つけ、ずっと立ちっぱなしかもしれないと覚悟を決めます。
(それでも今日は幸せな一日だった・・・・・)
と余韻に浸りながら3駅目の泉岳寺。ここで目の前の人が立ち上がりました。 やったー!!!
しかも一番隅っこを確保、ツイてる! ツキすぎ!

ホッとして座り、次の品川駅。
朝の通勤ラッシュのような大勢の人がドッと乗り込むのでビックリしました。
ああ、そうか、京浜東北と山手線が動いていなかったからだな、と察します。
それにしても・・・・・・・!

横浜駅ではもっと凄い! 真夜中のラッシュです。
“無理をせず、次の電車をご利用ください”
と構内放送が流れていますが、三浦海岸まで行く電車はこれが最終。
若い女の子が、
「でも次の電車じゃおうちに帰れない!・・・次の電車じゃ三浦海岸まで行けない、どーしてもこれに乗らないと」
と可愛い声で駅員さんや周囲の人に訴えています。
「じゃ、押しますからね、いいですか? 押しますよ?」
若い男性駅員さんがお断りをいれています。
「もう一歩っ! 押しまーす! ・・・押します~っ!! 奥の方~! もうっいっ歩~っ!!!」
腹の底から大声でお客さんたちに呼びかけながら、最後の(三浦海岸行きの)女性を押している模様。
「引いて~! カバンカバンカバン! そうっ! はい、足、気をつけてくださいね~! 右足、引いて~っ!」
もう聞いているだけで可哀想になるくらいに必死さが伝わってきます、駅員さんと乗客たちの。

私は一番奥の隅っこに座っているから、前に立っている人たちもそれほど牛牛ではないけれど(注:ギュウギュウ(^_^;))、入口付近は
「朝のラッシュですか?」
と錯覚を起こしてしまうほどのすし詰め状態です。
可哀想で見ていられなくて私はずっと下を向いていました。

その後は徐々に人が降りて行きましたが、
途中各駅停車に乗り換えた時の若いサラリーマンとその友だちらしき人の会話。
「よぉ~! 久しぶり!」
「おぉ!」
「今の電車?」
「ああ・・・・」
「凄くなかった?」
「もう・・・疲れた・・・・・・、汗だくだく・・・・」
そのサラリーマンの男の子は見るからにヨレヨレでグッタリしており、私は品川駅以前に座れた事に感謝するとともに
“ごめんよ、あたしゃ座ってきちゃったよ”
と心の中で密かに詫びたのでした。

浦賀に到着したのは10分遅れ。
午前0時23分というのに、こんなに人がいるの?! と驚くくらいの人でした。



同じ時空間を生きていても、人間はそれぞれ天と地ほどの状況の違いや思いを味わっています。
思いは、自分の考え次第で天国に変えることができますが、今回のような状況で地獄側(ギュウギュウ状態)に立たされた時、私は幸せを保っていられただろうか。・・・・・・
真剣に想像して考えたら、胸が苦しくなりました。
辛い状況に立たされた時というのは、ホントに試練または試験なのだなぁ、と感じます。

  でも、アタシは(試練も試験も)もうチャレンジしたくありませんから。
  なるべく逃げられるものは逃げますから。
  前半生は命懸けで突っ走ってきて、体力がもうそんなにありません。・・・・・・

いつも、必死に神さまに言い訳をしているのです。



平和で穏やかな晩年が送れるように、応援のぽちっをお願いね~。(*^。^*)b
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-04-29 10:47 | ■芸術orエンターテインメント
甘いアメリカンクッキーとフレンチナッツタルト
今日は一日中雨が降るそうですが、私は出かけます!
待ちに待った心友とのデートなのです。

水曜日に焼いたアメリカンクッキー。
d0046294_9544862.jpg

毎回砂糖を少なくしているのですが、毎回「甘い」という感想を寄せられます。(笑)
元々のレシピがアメリカ直輸入ですので、
「さすがアメリカ!」
というくらいに甘いのです。
でも時々、食べたくなってしまいます。(中毒です)

ご覧の通り、4種類を作ってみました。
とはいっても、チョコレートとナッツの種類を変えただけですが。

このアメリカンソフトクッキーを全種類1枚ずつ(計4枚)を袋に詰めたものと、クルミとアーモンドのナッツミニタルトをお土産にします。
d0046294_9545970.jpg

まだ少々肩こりは残っていますが(とはいっても、ほぼ慢性的ですが)、大分背中や首のコリが楽になり、風邪の症状は峠を越えました。

今日は芸術の世界に浸ってきます。

  それでは、また明日・・・・・・。





雨よ、あがれ! の念を込めて、今日もぽちっをお願いね。(^_^)b
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-04-27 10:06 | ■とりあえず日記
めまぐるしい変化の時なので・・・
久しぶりの更新。
春が来たのか来ないのか、気温も天気も安定せず、したがって体調と心も大波小波状態。
この波をうまく乗りこなしていこうと四苦八苦しているうちに、あっというまの一週間であった。

それでも自然は、いたってあるがままの姿でどんどん変化を続けている。
今朝、ハッと気付いて様子を見に行った“タラの芽”。
もうこんなに葉っぱが伸びてしまっていた。  (ああ、タラの芽の天ぷらが……!)
d0046294_1195123.jpg

大体、私は幼稚園の頃に近くの野原でつくしやのびるなどを摘んだ記憶はあるけれど、それ以外の山菜を採ったことがない。だから山の中を歩いていても、いつ何が生えて、どれが何なのかなんて分からない。
おナカさん(母)は田舎の農家育ちだから、その点やけに詳しかったりする。
一緒にフキノトウや栗拾いをしても、彼女は見つけるのも早ければ採るのも早い。
自然に生えているものを識別する力や自然への畏敬は、こうした暮らしの中で育まれるのだと感じたりして、子どもの頃に田舎の自然に触れる大切さを身を持って知らされる。

こちらは大自然の中でというよりは、家の中で豪華に花を咲かせるクンシラン。
ウチではキッチンの出窓下に放置プレイ。
この頃は食器をすすいだ水などを小まめにかけているが、雨が降らないと土がカラカラになっていたりした。
そんな砂漠期も乗り越えて、風雨にも耐えてきたわが家のクンシランが、今年は見事な花を咲かせている。
d0046294_1134336.jpg

こちらは梅の下にあるツツジ。
梅やみかんの木で日陰になってしまう部分が枯れたのだけど、日が差す部分は光に向かってどんどん伸びる。という場所に根付いているものだから、動かすこともできないし、剪定をして形を整えようとしても整わない。ほんとに植物って、光に向かっていく姿は素直すぎて、困る。 (写真をクリックすると大きくなります)
d0046294_1212585.jpg

左上にチラリと見えている枝は梅の木。
もうすでに小さい実をつけていることが分かる。こうなると、私はもう梅干し作りの準備に心が急くのだ。

こちらは、やっと機嫌を直してくれた紫モクレン。
玄関前に堂々と立っているのだが、一度太い枝を切られて(弟に)、何年も花を咲かせなかった。
数年前からようやく、少しずつ花を咲かせるようになったのだ。   (これもクリックすると大きくなります)
d0046294_11463033.jpg

後ろの梅の木と枝がかぶり合ってしまう部分が年々増え、風が吹くと枝と枝で傷つけあってしまうから、ぶつからないように上下左右を交差させながら3D剪定をする。こうなると植木職人というよりは、植木アート。

ちょっとビックリしたのが、これ。
後方にコンポストが見えるが、その手前には穴を掘って生ごみを埋めている。
そのせいで土壌が肥えてきているのか、やけに大きく育っている・・・・・・ジャガイモ。
d0046294_11515479.jpg

苗が立派に育っても、大きなジャガイモが収穫できるわけではない、ということは嫌というほど味わった。

とかくこの世は期待などしてはならないのだ。
何事も、今現在の“あるがままの姿”を愛でることが、幸せを継続していく秘訣のような気がする。
すべてのものが刻々と変化をしていくのだ、植物も、天気も、人の心も。・・・・・・


最後に、南面に広がる庭の現在。  (これも大きくなります)
d0046294_11593584.jpg

こうしてみると、どこに何があるのか・・・・・・。
ナガミヒナゲシやカタバミが咲き乱れている辺りは草刈りをしなければならないのだが、こうして花盛りだから、刈れるわけがない。

垣根のようにぐるりと囲っているのはカラスノエンドウ。
これもスッキリと取り除いてしまいたいのだが、このカラスノエンドウのお陰でフリージアが倒れず、長ネギ(?)の新芽も護られていたりする。なんでも善い面と悪い面が裏表で、庭を眺めているとつくづくこの世の縮小世界を眺めているような気分になるのだ。

  ああ、われも悟りの境地に達したか・・・・・・・。  (;一_一) 達してない、達してない!・・・




首から上の風邪がなかなか抜けませぬ・・・・・・。
早くスッキリ! に応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-04-25 12:26 | ■とりあえず日記
メリハリ週間?!
家を空ける日が続いた後は、見慣れたはずの庭なのに微妙な変化があちこちで起きている。
まず今朝は、いきなり青い花が目に入ってきた。
d0046294_12145235.jpg

アヤメ。
昔は群れになって咲いたのだが、父が岩手に移住して以来、私は何も手を加えず放置プレイ。
それでも毎年数本の花が咲く。 

左手に見える蕾はジャスミン。
鉢で買ってきたジャスミンを庭に移植したら、地を這ってあちこちに根付いた。
今や抜いて歩くのに大変。・・・・・

こちらは、毎年名前を忘れるハーブ。
なんだっけ・・・・・・? これも簡単に根をつける。      (チェリーセージだそうです -- コメントより)
しかし今年は花がたった数個。これから咲くのだろうか。
肉料理に葉っぱを使うとよいと知り、鶏ハムを作る時には必ず使用する。
d0046294_12185040.jpg

こちらは日本のハーブ(笑)たんぽぽ。今やオオイヌフグイとタンポポで色とりどりの絨毯。
d0046294_1221397.jpg

これも迷惑なくらいに増え続ける花。ポピーに似ているのだけど、やはり名前が分からない。 (ナガミヒナゲシとのことです)
d0046294_1222179.jpg

迷惑と言えば、草刈りをしなければならない一番の理由はこれ、カラスノエンドウ。
カラスノエンドウというわりには、ちっともカラスは食べにこない。
d0046294_12233618.jpg

これに埋もれて、ひときわ鮮やかな赤が目に飛び込む。
何の花?・・・・
家の中から気になって仕方がなく、蜂がぶんぶん飛び回っていたけど堪え切れずに近くまで確かめに行った。
d0046294_1225573.jpg

ああ、赤いフリージア!
これは昔、どこぞから一本引っこ抜いてきたのだ。増えないのだけど、こうして咲いてくれる。
黄色いフリージアもいたはずなのだが、今年は見当たらない。・・・・・まだ・・・・。

こりゃ何の鉢だか分からなくなっている!
榊を増やしたくて、数年前に鉢植えを買ったのだ。
ミントがなぜか生えてきて、例のポピーに似た草も出てきている。
肝心の榊は大分葉が落ちてしまい、瀕死の状態。(?)生命力が強い植物の筈なのだけど。・・・
d0046294_12294619.jpg

こちらは百合!
昨年は“これは何だろう?”と思っている内に、新芽の部分を虫に食われてしまった苦い思い出がある。
今年は、殺虫剤はかけたくないし・・・・網をかけようか、家に入れようか、どうしようか、と悩んでいるが、結局何もしないに違いない。・・・・・
d0046294_12325367.jpg

特別美しいガーデンというわけでもないのだけど(というよりも、スーパーナチュラルガーデン)、ふらりとほんの10分歩き回るだけでホッとする。植物の力は凄い。


月曜日は江戸からの帰宅途中で人身事故があり、京急線の川崎から横浜区間が運行停止になるという初体験。
京急からJRに乗り換えて関内まで行き、関内から上大岡まで地下鉄に乗り、上大岡から京急で浦賀へ。
もっと簡単な経路はあったのだけど、とにかく混雑はイヤということで、なるべく人混みを避ける経路を選んだ。
結果、乗り換えるたびに私の目の前の席が空いているという神業的ハプニングの連続で、イラつくどころか“ラッキー!”とうれしさの連続。
それでも計3時間の旅路はさすがに疲れたけれど。

とはいっても、たったの1時間オーバーで帰宅できたことは、考えてみれば有り難いこと。
夜神棚の前に座ると、ありがとうございます・・・の言葉しか出てこなかった。

東日本大震災はじめ日本の各地で災害に遭っている人々のことを考えると、大概のことはこの程度と思えるし、ハプニングによって普段使わない脳を使い、心を鍛えてもらい、やっぱり有り難いと思うしかないじゃないか。

とはいっても、こんなことは30年に1回もあれば充分なんだけど。





昨晩は久しぶりに友だちとワインを飲む。帰宅は深夜で久々にシティライフを思い出す。
寝不足のあちきに応援のぽちっをお願いね。(-。-)zzz

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-04-19 13:04 | ■とりあえず日記
フキノトウの天ぷら
「今朝さぁ、クックを連れてフキノトウを採ってきたからっ!」
と、いつもながらに元気な声の主はおナカさん(母)。

東北はまだまだ寒いが、やっとフキノトウが顔を出す季節がやってきた。
毎朝毎夕、クックの散歩が日課となっているおナカさんは、ビニール袋を持ってフキノトウも採りまくる。
地元の人たちは、フキノトウなど見向きもしないのだという。
昨日“送るから”の予告通り、朝一でクロネコヤマトのお兄さんが届けてくれた。
d0046294_1659628.jpg

待ち構えていた私は、早速調理を始める。
一つずつ汚れを見ながら、黒ずむヘタの部分をちょこっと削ぎ取る。
ざるにあけて、全体に小麦粉を振っておく。
フキノトウの水分が切れたら、衣をつけて揚げる。

衣をパリパリに揚げるには冷たい水を使うのだ、と聞いたことがあり、夏などは氷を数個入れたりもする。
これでやっと半分。 まだまだ・・・・・・。 (スイーツを作りながらの並行作業なので、結構大変!)
d0046294_16592297.jpg

揚げたてを一つつまみ、塩をちょっとつけて口に放り込んだ。
  ああ、おいしい・・・・・・。

ほろ苦さが春を告げる。
そして、揚げ物を食べるとビールが飲みたくなる。・・・・これは生理現象なのだからしょーがない。
我慢をすると精神的に良くないし、ここで大地震がきて飲めなくなってしまったら一生後悔するから、素直に欲求に従う。
あ、言っておきますけどね、この時はすでに11時半。かろうじて午前中ではあるけれど、私にとってはブランチ。
日曜日のブランチはアルコールを飲んでもいいことになっているのだ。(!)


泡モノが入ると元気になる、のは相変わらずで、曲げて押し込められてきたゴボウを使って、きんぴらごぼうを作ることにした。
(かあーさん、ゴボウをこんなに曲げてまでも私に食べさせたかったのね・・・・・・)
こんなにゴボウが曲がるなんて知らなかった、と笑いが漏れる。(↓ これでも大部真っ直ぐに伸びてきたのだ)
d0046294_16593645.jpg

飲みながら作っていると体細胞も活性化し食欲も出るので、食べたいという衝動のままあれこれ作る。
これは、前回のリベンジオムライス。
d0046294_1721132.jpg

写真を撮る前にケチャップをかけてしまったのは失敗。
玉子の表面がトロトロっとしてイイ感じになったのだ。(形は悪いけれども)
しかし玉子の破れた部分を隠そうとする意識が、ケチャップをかけさせてしまった。・・・・



山ほどのフキノトウの天ぷらだが、半分は冷凍庫。
例のごとく、出来たてのおいしいうちにと、気持ち悪くなる直前まで胃袋に収納したので、冷凍していない分はすでに随分と少ないのだが。





今晩は日本ソバ(生)を買って帰ろ! と食い気マンマンのあちきに、応援のぽちっをお願いね~。 p(*^^*)q
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-04-16 08:08 | ■食生活
今週末のスイーツは、ナッツタルト
この間のクルミタルトが美味しかったから、今週もクルミタルトを作ろうと思っていたのです。
でもまったく同じものを作るよりは、ちょっと変えた方が楽しいし、実のところクルミも残り少なくなってきたので、アーモンドとクルミでナッツタルトにしました。

一日目は、材料の計量のみ。
d0046294_15205791.jpg

二日目は、パートサブレ(タルトのお皿部分)の製作とクリームダマンドを塗るところまで。
三日目は、上に乗せるクルミとアーモンドのキャラメルがけと、クランブル(アーモンドパウダー、小麦粉、砂糖、バターを合わせてポロポロのひき肉のようにしたもの)を乗せて仕上げ焼き。
ただ今、仕上げ焼きの最中です。

今回は2倍の量で作り、半分のパートサブレを冷凍しておくことにします。
写真はすっかり撮り損ねましたので、本日のアーモンドとクルミのローストから。
d0046294_15261089.jpg

考えてみれば、これは一回分の量で良かったのに、これも二倍の量で作ってしまいました。
アーモンドとクルミがそれぞれ100gぐらいずつ入っています。
キャラメルは前回と同じ、生クリームとグラニュー糖、インスタントコーヒー、はちみつ(コーヒー)、そして生クリームを鍋に入れて、かき混ぜながら煮たてます。
大きな泡がぼかりぼかり・・・・と出てきたら、火を止めてここにナッツを入れます。
煮足りないとキャラメルがゆるくなるし、煮すぎると速攻でカチンカチンになるので、ここら辺の加減がちょっと難しい・・・・。
d0046294_15315339.jpg

今日は、ちょーーーーっとゆるい感じがします。・・・・・ぐやじぃ・・・・!
これを、サラダ油を塗ったバットに移して冷まし、熱が取れたらクリームダマンドを塗った上に乗せます。
d0046294_15334957.jpg

これだけでも、充分に美味しそう。(事実、キャラメルがけのナッツは超ウマイ!)
この上にクランブルを振りかけて、ただ今焼いております。・・・・・・


   ああ、匂いがたまらん・・・・・・。(*^。^*)





朝晩はまだ肌寒いけど、今はなんだか夏の夕暮れの香り・・・。
明日も平和でありますように・・・・のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-04-15 15:47 | ■食生活
春になると・・・・・・
みんな、恋をする。
d0046294_10301254.jpg

と思っていたら、私からランチのお裾分けがあるのではないかと、恐れを知らない都会の雀たちは1メートルほどの所で待機しているのである。
手前が夫(もしくはボーイフレンド)と思われる。
非常に忍耐強い・・・・・ジッと動かずに私を見つめる。
d0046294_1034677.jpg

耐える男はそそられる。私はとうとうパンを小さくちぎって投げてしまったのだが・・・・・・。
もう一羽がどこからともなく加わり、争うようにして食べる二羽の雀。
実は三角関係なのか、忍耐強い一羽はチラリと見ることはあっても、二羽の女に押されながら相変わらずジッ・・・と、耐へて動かず。
ただトロいだけなのか・・・・・・?


水曜日の雨で散ってしまうかと心配した桜は、新芽の緑色が目立つようになってきたが、まだ持ち堪えている。
                             (写真をクリックすると大きくなります)
d0046294_11244974.jpg

先日草刈りをして道らしきものを作ったが、ここには散ったさくらの花弁が。
どうってことない場所なのだけど、こうして写真で見るとなにやら森の小道のように見えるではないか。
d0046294_10502868.jpg

その小道端のヒヤシンスは、雨滴の重みで地べたに倒れてしまったものが多い。
d0046294_1043410.jpg

倒れたままにしておくのも勿体無いので、切って花瓶に放り込む。
d0046294_10481211.jpg

拡大すると牛の乳のように見えるこの黄色い物体は・・・・・・、    (これもクリックすると大きくなります)
d0046294_1114333.jpg

レモン。
レモン酒を作っても飲まないし、はちみつ漬けにするには蜂蜜を買わないといけないし(はちみつは高いし)、レモンを使ったスイーツを考えているが、今のところ“これ!”という美味しいレシピが見つからない。
ああ、やっぱり発泡酒に絞り入れて飲むのが一番か?・・・・・・・

と平和な悩みが尽きないのであるが、昨夜は今年初のご対面。
d0046294_10571971.jpg

「あ~! やもやも~♪ 元気だったぁ~?」
ぷくっぷくっと呼吸とともに膨れる腹を見ると、多少食糧にありつけたようだが、まだまだ動きは緩慢に思える。

やもやもが出てきたということは、ゴッキー(ごきぶり)も出てくるってことだ・・・・・。
と、ため息が出る。
その途端に左目の視界の端を黒いものがササササッと!・・・・・もう出たっ!


気付くと私は右手にゴキブリジェットを持ち、今年初の殺生を行っていた。

 はぁ~・・・・・・。    

再びため息が漏れた。・・・・




どうせならトキメキのため息をつきたい。・・・というあちきに応援のぽちっをお願いね。(#-。-#) ハァ…トキメキ
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-04-13 11:20 | ■とりあえず日記
くるみタルト
以前に一度作ったことのあるクルミタルトを、もう一度作ってみました。

クルミは多い方がおいしいに決まってる! と、ごっそりとローストします。
d0046294_748956.jpg

クルミを冷ましている間、鍋にグラニュー糖とインスタントコーヒー、はちみつ(コーヒー)、バター、これに生クリームを加えてキャラメルを作ります。
d0046294_7482282.jpg

できたキャラメルにクルミを絡ませて、サラダ油を塗ったバットの上に敷いて冷まします。
タルト地にクリームダマンドを乗せて焼き、冷めたらこのキャラメルがけクルミをのせて、クランブル(アーモンドパウダー、小麦粉、グラニュー糖、バターを混ぜてぽろぽろにしたもの)を振りかけて焼きます。
これで出来上がりです。
d0046294_7483263.jpg

今回、タルト地にクリームダマンドを乗せて冷凍しておいたものを使ったので、あっけなく簡単に終わってしまいました。
d0046294_7484789.jpg

それでも、クルミを存分に使ったせいか、キャラメルが前回よりもカリカリしているせいか、私には前よりも断然おいしいものができたように感じるのでした。


  ああ、相変わらずの自画自賛・・・・・・・。(^。^;)




タルトに復活愛、か?・・・・・・ふふふ、あれもこれもと心はちりぢり、のあちきに今日も応援のぽちっをお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-04-10 07:50 | ■食生活
おやき風おまんじゅう
だんご粉と小麦粉と白玉粉を1:1:1の割合で混ぜて、おやき風のおまんじゅうにトライした。
先日作って冷凍してないつぶあんを、早く消費しなければと事情もあった。

とにかく初めての実験だから、材料は半分の量で作る。
d0046294_8492824.jpg

手で平たく伸ばしながら、あの大理石のめん棒を使えばいいじゃないか! と思いつく。
そして丸い形に伸ばしたのだけど、ひとつ目にあんこを乗せて皮を包んで行ったら、皮がぷつりぷつりと切れてしまう。
餃子や大福のように、皮に弾力性がないのだ。(小麦粉が入っているからねぇ・・・・・)
そして見事に無残なひとつ目が出来上がった。
仕方がないので急遽、四角く包み込むことにしたが、・・・・・おやきに見えない。(:_;)
d0046294_8494083.jpg

ごま油を敷いたフライパンで焼き目をつけた後、蒸す。
d0046294_849582.jpg

皮がもっちりと膨らみ、ちょっと美味しそうになった。
d0046294_8501152.jpg

4つのうち1つは夕方まで残しておいて、皮の固さを確かめることにする。

試食して、油で焼かなくてもいいのではないか? と感じたが、焼かないと焼き目はつかない。
  ならば、トースターで焼いてから蒸してみようか?
  それとも、蒸してからトースターで焼いてみようか?

パソコンでブログ巡りをしながらおやきの今後に思いを馳せて、ふと気付くと、・・・・・・ない!


  全部食べてしまった!     しまったぁ・・・・・・。



ということで、美味しかったのです。(^_^;)




 
今日は22℃の予報。
昨日の電話では、岩手はまだ雪が残っているらしい・・・・-3℃とかいう日もあるらしい・・・・・。
東北に早く暖かい春が来るようにぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-04-09 09:08 | ■食生活