<   2012年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧
アメリカンソフトクッキー
このクッキーは3度目になります。
1度目はまったく膨れず、生地が柔らかくてベターッと平らになってしまい、期待したものと全くの別物になりました。
2度目は大分「マシ」な状態にはなりました。マシというのは1度目よりも若干膨れた、という意味です。

コンビニなどで見かけるこのクッキーは、もっと厚みがあって“グニャッ”とヌガーちっくなのです。
時々研究のために(?)買って食べましたが、そのたびに原材料をチェックしたり、どうやったらこんな風になるのだろう・・・・とため息が出ました。


半分、もうこのクッキーを焼くのは止めようと思っていましたが、コンビニで毎回120円払うのもバカらしく、今日はやけにこのクッキーが目に浮かびます。

味噌を作るための味噌桶が午前中に届くはずなのに、9時半を回っても待ち桶来ず(通常このくらいの時間に午前指定は届くのです)、何となく時間を持て余したので“それっ!”とクッキー作りを始めました。

フランスのタルトやスイスのスイーツを作り始めているこのごろの私には、アメリカンはスーパー大雑把で楽ちんに感じました。

分量は以前作った時と全く同じ
ただ今回は、チョコレートを大きくざく割りにして、アーモンドとクルミもいれました。
そして、あれ?! と驚いたのは、生地が前回2回の時よりもネッチョリと固め。
従ってドベーッと平たくなってしまうこともなく、なんだか売っているクッキーのように厚みがあるではありませんか。
d0046294_13171459.jpg

はい、トースターで二枚ずつ焼きながら、すでに最初の二枚は胃袋に入れてしまいました。

    ああ、満足・・・・・・♪




甘い物の後にはさっぱりと発泡酒・・・・。(!?)(^_^;)
これから味噌作りの豆を潰しますっ! 今日も応援のぽちっをお願いね~。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-02-29 13:26 | ■食生活
沖縄に住んでもいい!・・・・・ですって
おナカさんとその仲間二人は、24日(土)午後7時半頃帰宅した。
開口一番、
「いやぁ~! 良かったよぉ~! 沖縄に住みたくなっちゃったよっ!」

よっぽど楽しかったらしい。(左手は痛くて不自由したけれども)。
何度も何度も針が飛んでるレコードのように(例えが古っ!)、“あったかくてさぁ! 広くてさぁ!”を繰り返し、
「海がばぁ~っと目の前に見えて、堂々としてるんだよ!」
「水族館がもう~ずーーっと大きくてさぁ! 外にくじらの花があって・・・・・」(????)
「ほんっとに見せてあげたいよ!」

言語能力は昔からあるとは言えなかったが、年齢を重ねるごとにちぐはぐな言い回しは磨きをかけられている。
彼女の頭の中では絵が浮かんでいて、それを筋道を立てて説明する思考は面倒臭いから省いて、いっぺんに言おうとするからここに無理が生じて「言語障害」ぎみになるのだ。
けれど本人はちっともこちらの意に介することもなく、“ただしゃべっていることが楽しいの♪”という風情だから勝手にしゃべらせておく。(たまにBGMとしてはうるさいのだが)。

いつもなら内容を気にすることなく“ああ、楽しかったのねぇ・・・”とか“可笑しかったのねぇ”と流し聞きするのだけど、今回の沖縄旅行をコーディネートした立場としては気になる。
「ホテルは?」
「すっごく良かったよぉ~! 13階だったの! 海がどっこまでも広がっててさっ、どぉ~どぉ~としてて、そこらの海じゃないんだよ」
「部屋はどうだった?」
「まぁ~、きれいでさぁ! おっきなベッドがどーん! と並んでいてその奥にもっと大きなのが一つあってさぁ・・・・・・(この先は長いので省略)」
という具合に聞きたいことを質問して回答を得、その後も延々と楽しそうにおしゃべりは続いていた。

あちらでは、弟と彼の友だち夫妻が現地添乗員を務めてくれて、至れり尽くせりの旅だったようだ。


さて、これはおナカさんの友だち二人からいただいたお土産。
d0046294_1137966.jpg

欲しかった琉球ガラスのグラス。
これからは発泡酒をこれでいただこう。



翌25日(日)は上大岡の京急デパートまで買い物に出た。
必要なものだけ買って、冬限定のパフェなどを食べ、3時間ほどで帰宅。
これだけで私としては“本日のイベントは終わり”という疲労を感じていたが、次の日には帰ってしまうので夕食にカリフォルニア巻きを作り、お土産にベリータルトなどを作った。
d0046294_11423575.jpg

雪で転んで左手を打って一週間、ようやく痛みが和らいできたというが空気が入ったゴム手袋のように腫れている。
動いていないと落ち着かない彼女は、うろうろと私が作っている傍で見ながら手持無沙汰。

「ああ、こうやってな~んにもしないで食べられるなんてさぁ・・・・・ほんっと! おいしいよなぁ!」
おいしいのは何よりだけど、何もしないから美味しいのかい? あちきの作ったものが美味しいんじゃないのかい?
と突っ込みを入れたくなるが、まぁ答えは想像がつくので止めておいた。


未だにな~んにもしない父に三度三度の食事を作り、父に指図されながら畑の仕事を手伝い、クックの朝晩の散歩や世話など、いくら時間があっても足りないくらいに忙しい毎日。両手の指先はひび割れが酷く、左ひざは粉砕骨折をしているから、特に左半身の血流が悪いことが足を見ると一目瞭然。

この人がいなくなったら一番困るのは父なのに、どうして大切にしないのだろう?
と私はいい加減あきれ果て、その父=日本の男という公式が「正しい!」といわんばかりに身勝手で古く典型的な日本の男という生き物を見続けてきた今までの人生経験から
「結婚をしなくて正解だった」
とつくづく思えるのだ。今までの“結婚って何?”の疑問を持っていた私としては。

その解答を見つけた今の私でも、結婚をしたい男なんて膨大な藁山の中から一本の針を見つけるくらいに大変なことなのだ、と思えるけど。・・・・・・






とにもかくにも、沖縄旅行に行った“かしましお婆”三人組は
「来年も行こうよ!」
なんて言い合うほどに楽しい時間で満たされたらしく、それを聞いただけでめでたしめでたし。
私もホッとしたのだった。






(今朝の話)
電話がかかってきて「正月には今度オカーサンがそっちに行くから」という。
「お父さんは?」と聞くと「行かないって言ったら置いてくよ」(おぉ! 踏ん切りがついたじゃないかぁ!)
「でもクックがさぁ・・・」というから「その時はアタシが(クックを)抱いてきてあげるよ!」
あはははは・・・・・! と二人で大笑い。

あと何年生きられるか分からないのに、いつまでも我儘男の犠牲になって生きることないじゃないか。



明日はいよいよ待ちに待った“味噌作り”!  Yeah~!\(^o^)/
応援のぽちっをお願いね~!

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-02-28 12:45 | ■とりあえず日記
てんやわんやの沖縄旅行
今回おナカさんがやってきた理由は、仲間との沖縄旅行。
かしまし娘ならぬ“かしましお婆”の三人組で23日羽田を飛び立った。


昨年の暮れには、沖縄旅行の手配を“お姉ちゃんに頼もう”という話にまとまっていたらしい。
私は正月からネットであちこちを調べまくった。
なんといっても、飛行機に乗るのが初めてという元お嬢が二人、乗ったことがある一人もツアーでくっついて行ったという程度。どのツアーを選んでも不安は消えない。


出発前日の22日、おナカさんは喜び勇んでやってくる・・・・・・はずだった。
ところが、“駅に着いた”コールの声がエラク沈んでいる。
「オカーサンさぁ・・・・、今朝クックの散歩していて雪で転んじゃったんだよ。それで左手が全然動かせなくてさぁ・・・・」
「え~っ! そんなんじゃ(旅行に)行けないんじゃないの?!」
とにかくタクシーに乗ってすぐ来るように伝えた。

玄関を入ってきたおナカさんは、いつもの元気はどこへやら。幾分顔が青白く見える。
「食欲あるの? どこか・・・吐き気がするとか気持ち悪くない?」
と聞くと、どこも気持ちは悪くないという。
左手首近くに大きな湿布を貼って、その上から大判のハンカチを巻いている。

作っておいたスイーツを試食するも、左手の痛さと片手の不便さでどうしても沈みがち。
「ちょっと寝れば?」
というと、そうすると即答。
明日の用意をしなきゃいけないんだけどさぁ・・・・・などとぶつぶつ言いながら、ソファに横になった。


翌朝、栗ちゃんちのヒトシ君が休みを偶然とっていた(?!)とのことで、駅まで仲良し三人組+私を車で送ってくれた。
蒲田駅で乗り換えに間違えるも、とにかく羽田空港に到着。
時間はたっぷり余裕を見てきたが、私も羽田空港は初めてなので勝手が分からない。
出発ロビーに行ってこの後の手続きを確認する。

十時半過ぎには保安検査場の列に並び、荷物をかごに入れて並ぶ三人を見送った。
私は最上階の展望台に行って、59番搭乗口の近くから飛行機を眺めた。
(※デジカメを忘れてしまい携帯で撮影。ああ、ホントにトンマ・・・・・!)
d0046294_1434913.jpg


11時10分発の飛行機はこの時間に動き始め、ゆっくりと滑走路に向かって動いていく。
私も飛行機に合わせて歩き始め、11時27分に飛行機が飛び立ち、雲の中に消えていくまで見送った。
飛行機が動き始めた瞬間、滑走路を走り出した瞬間、ふわりと機体が上がった瞬間、童女のように無邪気なかしましお婆たちが、ワクワクどきどきしながら喜んでいる光景が目に浮かぶ。


午後2時頃には“今頃沖縄に着いたなぁ”と思い出し、3時近くには“そろそろホテルに着くかな”などと考えていたら、弟から携帯に電話。
「ねぇ、ずっと待ちぼうけなんだけどぉ!」
「え?! いないの? 電話はなかった?」
その瞬間、違う飛行機に乗ってしまったのだろうか? 飛行機が遅れたのだろうか? 事故? 携帯電話のかけ方が分からない?(これいつも)・・・・と一瞬のうちに目まぐるしく思考が交差する。
「電話はあったんだけどさぁ、非通知になってるからオレの方からかけられないのさ」
「分かった、私の方から電話してみるよ」
と一端切って、おナカさんに電話をするとすぐに出た。
「ねぇ、どこにいるの? ハルジがずっと待ってるってよ。電話した?」
「電話したよ。2階の35って書いてある所にいるんだよ。動き回って会えないと困ると思ってさぁ」
という。私は再び弟に電話して“2階の35”にいるんだって、と伝える。すると、
「だってさぁ・・・・・・、搭乗口から出てこないのさ。荷物を取るところにいても、こっちは入っていけないんだよ。普通分かるでしょっ! 人の流れにくっついてくればいいんだから!」
ここでようやく状況がつかめた。

「えぇっ?! 搭乗口から出てこない?!・・・・・・・・あはははは・・・・・・!」
悪いけど大笑いしてしまった。
私が弟の立場だったらやってられないけど、傍から見たり聞いたりしていると“やってくれるじゃないの、あの三人組”と可笑しいことこの上ない。
「分かった、また電話して(搭乗口から)出ていくように言うよ」
とはいったものの、その後何度電話しても出ない。

再び弟に電話をし、
「悪いけど、館内放送とかしてもらってくれない?」
というと、
「もうしたさ。一階の総合案内所まで来るように言ってるのに来ないのよ。もう知らんぞ、オレは」
と言う。

ああ、困った・・・・とその後も何回か電話し続け、ようやく繋がった。
「あ、オカーサン! 搭乗口から出て行かなきゃダメだよ!」
「うん、今いく所!」
なにやら三人で慌てて小走りしている状況が伝わってきた。
どうやら館内放送が届いたらしい。・・・・・・


その後しばらくして弟から電話があり、
「あ、捕まえたから」
「一人も漏れてない?」
という私の耳には、弟の声の向こうでこちらの心配をよそに、三人が大喜びして笑っている声が聞こえてきた。



そうこう言っている間に3泊の沖縄旅行は終わり、今日の夜には帰って来る。

  さて、どんな珍道中だったのか・・・・・・。





おナカさんの左手が回復に向かっているように、ぽちっと応援をお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-02-25 15:17 | ■とりあえず日記
おでん
昨日職場で「おでんごっこ」の話をした。
「“おでん”と書かれたのれんを買いたい」
ということから始まったのだが、その話が終わるころには全員の頭の中はおでんモード一色。
私は帰宅途中に寄る京急ストアで、早速おでんの具を買い求めた。
今日はおナカさんがやって来るので、今晩はおでんだ。
d0046294_10522851.jpg

ニンジンが細かいのは、いつも野菜を煮ている鍋におでんの具を放り込んだため。

ところで、おでんの具で「ちくわぶ」というのがある。
もちろん関東以北の人はほとんどが知っていると思うのだけど、なんと驚いたことに大阪にはこの「ちくわぶ」がないという話。

「えぇ~~っ! なんて人生損をしているの、大阪の人たち!」
その場の全員が同じ意見。
私はちくわぶだけでもOKというくらいなのに。

だから昨日はちくわぶを2本買って、一本鍋に入れてストーブにかけて置いたら、もう今朝はいい塩梅。
ということで、あっという間にその一本は私の胃袋に収まってしまった。・・・・・
でも今晩は大丈夫、あと一本あるし。
(でも一本じゃ足りないかも・・・・)
おナカさんを駅まで迎えに行くついでに、もう一本かっておこうか・・・・・・などと迷っている。


本日はストーブを消しても寒くないほどだけど、こういうわけだから(おでんの具を煮ているという理由)やっぱりストーブは消せない。

  まだまだ入れたい具はあるし。・・・・・・






I love ちくラブ~❤ (*^。^*) にぽちっの一票をお願いね~。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-02-21 11:55 | ■食生活
手作りのどら焼き
「こしあんを作ったのだから、どら焼きを作らなければならない」
という私の公式がある。
昨日は一日外出をしたのだけど、帰宅後やおら材料を並べ始めた。

材料は以下の通り。
くるみ 好きなだけ、全卵 3個、粉糖 130g、ハチミツ 10g、薄力粉 160g、重曹 2.5g、水 適量(調整用)
1.卵、粉糖、ハチミツをボールに入れて、泡立てないようにすり混ぜる。
2.振るっておいた薄力粉を入れて、さっくり混ぜ合わせる。
3.水で溶いた重曹を入れる。
4.クルミを入れたら、最後に水を入れながら生地の固さを調整する。 はい、これで終わり!
d0046294_9283099.jpg

生地がトロリとするくらい・・・・の加減は、勘所に頼るしかない。
ホットプレートで焼くのがよいらしいが、フライパンでも焼ける。
焼き上がり後ごとに濡れ布巾の上にフライパンを置いて、薄く油を塗って生地を落とす。
弱火で蓋をするというのがコツのようだ。
d0046294_9284263.jpg

くるみが入っているので真ん丸にはならず不揃いだが、私的にはこれが手作りっぽくて好き。
d0046294_9285420.jpg

焼き立てのアツアツがベストだけど、これはその場にいないと食べられない。
冷めてくると、どら焼きというよりは“パンケーキ?”てな感じになるが、これはこれでおいしいよ♪
                                       どらどら?・・・・(^_^;)ドレドレ? っていいたいわけ





次は求肥を入れてみよう! に賛成の方、ぽちっをお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-02-20 09:31 | ■食生活
濃厚ブラウニー VS. 極上のこしあん
先日のバレンタインデーで作った一つが“濃厚ブラウニー”。
友チョコとしてあげた友たちは、“おいしい!”と絶賛してくれたが、その時私は端っこの二切れしか食べなかった。
(あれ、もうちょっと食べたかったよなぁ……)
と思った途端、もう作らずにはいられなくなった。
幸いにしてチョコレートはまだまだあるし、他のスイーツと比べるとそれほど手がかからない。
「よしっ!」
早速材料を揃える。

スイートチョコレート 130g、カカオマス 130g、無塩バター 120g、ココアパウダー 35g、
ベーキングパウダー ひとつまみ、卵 3個、グラニュー糖 150g、くるみ 好きなだけ

d0046294_13362774.jpg

バターはすぐに溶けるように“切れてるチーズ”くらいの厚さに切って、日なたに置くことにしている。
d0046294_13364115.jpg

チョコレートも湯せんにかけて早く溶けるように、細かく削っておくことにしている。
(ちなみに、丸いチョコがカカオマス、・・・・カカオマスというのはビターチョコレートなんですって。)
d0046294_13365259.jpg

湯せんでそのまま放置して待つよりも、溶け始めたら木杓子で静かに混ぜていく方が早く溶ける。
d0046294_1337638.jpg

完全に溶けたら、そこにバターを投入! これも完全に溶かす。
d0046294_13371947.jpg

別のボールに卵とグラニュー糖を入れて、湯せんにかけながら泡立てる。
もーーーったりしてきたらOK。
d0046294_13373736.jpg

そこに溶かしたチョコレートとクルミを入れて、さっくりと混ぜていき、型に流し入れる。
これはレンジで9分ほど加熱。その後トースターに入れて、焼き目を見て角度を変えながら弱で10分ほど。
ウチのトースターはどうしても真ん中が焼けてしまうのでこの通りの焦げ目だが、味的には全く問題なし。
d0046294_13375374.jpg

で問題なのは、この膨れ加減。
レンジ→トースター加熱で、たっぷりとここまで(赤い矢印)膨らんでいる。
これが時間とともにしぼむのだ。
“オーブンだったら膨らんだままだろうか?”という疑問は、オーブンがわが家に来ない限り解決されないのだが。
d0046294_1338112.jpg

さて、食べたかったブラウニーは焼けたが、冷めるまで型から外すのを待たねばならぬ。
その待ち時間を紛らわすために、昨日茹でた小豆でこしあん作りの続きを行うことにした。

実は、今朝起きて最初にしたことが小豆を濾すこと。
スイーツ作りの90%はルンルンで楽しいのだが、時に“試練”の時がある。
この小豆を濾す作業も試練の一つ。

400gの小豆を裏ごし器で濾して、そこに水を入れてしばし放置し、上澄みを捨てること5回。
ボールの底に残っている(濾された)小豆を手拭いでさらに絞り、水気を完全になくす。
そこに水400gとざらめ500gを入れて、かき混ぜながら強火で煮詰めていくのだ。

煮詰まってくると、地獄の釜ゆでのようにボコボコとあんこの飛沫が飛んでくるが、
「あちっ!・・・・あちっ!」
なんて言って火を弱めたり、かき混ぜることを止めてはいけない。
あんこの銃弾に当たってもひるむことなく、あんこを捏ねるように煮詰めていかねばならないのだ。

その戦場跡。  (興味のある方、写真をクリックすると大きくなります)
d0046294_13382859.jpg

長袖のトレーナーなどを着て軍手をし、持っていれば長い柄の木杓子でかき混ぜた方が良い。火傷するから。
「君はそれでも“こしあん”を食べたいかぁ~!」
「イエッ・サーッ!」
の覚悟を決めて作ったこしあん。
d0046294_13384042.jpg

むふふふふっ・・・・・・・♪
d0046294_1339065.jpg

これ、前回もおいしかったのよねぇ。・・・・・・(うっとり)

おナカさんが来ている時に作ったのだけど、その出来加減と手間暇に感動したおナカさんが、
「オカーサンもガンバッて小豆を鞘から出して送らなきゃ・・・・・」
なんて言ったほど。
今回その時のお約束通り、岩手で採れた小豆を送って貰って作った。
火曜日におナカさんがやって来るから、その時に“クルミ入りどら焼き”を作っておいてあげたいのだ。

昨日の二作品。
d0046294_13392186.jpg

あ、ほらほら!
ブラウニーったら、こんなに萎んでるでしょ。
d0046294_13393729.jpg

ま、萎むから“ねっとり”で“むっちり”した濃厚な味になるのかもしれないけれど。・・・・・・


  今回は“もう嫌っ!”ってほど食べるんだから。・・・・・・

                  嫌って言わないかも。・・・・・それほど美味しいの。(^m^)






誰が“こしあん”を考えたのかしら・・・・。
昔の人は凄い! に同感の方、ぽちっをお願いね。(^。^)b

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-02-19 08:30 | ■食生活
ジャガイモじゃが・・・・・・
生ごみを埋めようと、庭に穴を掘っていたらジャガイモがころりと出てきた。
(そういえば、ここら辺にジャガイモの苗が出ていたっけ・・・・・)
と思い出す。他にも埋まっていないだろうか、と少々掘る範囲を広げたがこれ一個だけ。
早速薄皮を剥いて、鍋に放り込んで置くことにした。

剥き終わってみると、なんとハートの形に見えるじゃないのぉ~❤
d0046294_6413050.jpg

ちょっと角度を変えて(頭の中でジャガイモの上下を逆さにして)見ると、“あ、お尻に見える!”♪
d0046294_6425580.jpg

さらにぐるりと回して上から見ると、・・・・・・・・・ジーサン?  (ちょっと苦しいか…)
「いや、あたしゃジャガイモじゃが・・・・・・」。 (^_^;):
d0046294_644063.jpg


久しぶりにアップしたというのに、なんてくだらないんだ。

   内容が無いよう・・・・・・・。 (/_;)





バレンタインデーもあったし、怒涛のごとくスイーツを作っています。
出掛ける合間をぬって作るので時間がいっぱいいっぱい。
忙しいというよりは充実しているという方が正しい表現でしょうか。
写真を撮るのを忘れることが多く、ひたすら作っております。
そのうちにご披露ができれば・・・・・・。


ただ今「リンゴタルト」(手土産用)製作中。明日は「ベリーベリータルト」(これも手土産用)を製作予定。平行して昨日より「こしあん」製作中。・・・・久しぶりだけど応援のぽちっをお願いね。(^_-)b
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-02-18 06:56 | ■とりあえず日記
食べること、生きること
最近なんとなく考えていたことや今まで自分に問いかけてきて“答えが出たなぁ”と感じていると、活字として目に飛び込んでくることが多くなった。

2月7日(火)の東京新聞の記事もその一つ。
昨年から始めたスイーツ作りは、特に何の目標があるわけでもないのに、熱しやすく冷めやすいと言われてきた私が、珍しく今日まで続いているアクティビティ。
もっとも“熱しやすく冷めやすい”のは、目標に向かっている時は熱していて、達成すると冷めるからだ。
いつも全力疾走していたから、目標達成までの時間が短かったとも言える。

しかし今回は向かっていく目標があるわけでもなく、比較的地味に一人で楽しむ活動としてこんなに続いているなんて、と我ながらビックリしている。(とは言っても、まだ一年も経っていないのだけど)。


続いている理由の一つとして、昨年九月から出稼ぎに出る日数が増えたので、以前のように頻繁には作る時間が取れなくなり、その分スケジュール帳を見ながら
(今度はアレを作ろうか・・・・)
などと考える時間が多くなり、さらに実際に作るまでの時間が“想いの貯め”となり、作ることが小出しの噴出となってそれを繰り返す。
これが“作りたい気持ち”が続いている要因の一つであるような気がしている。
恋愛と一緒で、障害がある方が燃えるのだ。
しかも、一気に燃え上がるよりも炭火で燃えている方が細く長く続く・・・・・・。


ということはともかく、一言でスイーツといってもいろいろな種類があり、
(私はどうやら、タルトやパン系が好きだな)
と感じ始めていた。
食べる方も好きだけど、ここで言う好きとは“作るのが好き”ということ。

その理由が、なんとなくこの記事を読んでストンと腑に落ちた。  (写真をクリックすると大きくなります)
d0046294_9331513.jpg

焼けてくる時の香りはもちろんだけど、生地をこねているのが心地良い。
食感としてはサクサクやザックリというクッキーよりは、ねっとりやしっとりという方が好きなので、タルトなどはまさに“捏ね好き”と“しっとり好き”の両方を満たす。

記事の中では
  “「食べて」というのは「生きて」ということ”
と書かれているが、私的には作った物を誰かに食べてもらうことで、「生きて」と言われているような気がしている。
人の喜ぶ顔を見て自分も嬉しくなり、これが生きる喜びになっている。
喜びや感動は魂の栄養、という感じがしている。


食の中でもスイーツという分類は、やっぱり贅沢品だと思う。
つい最近まで、一般庶民は簡単に食べられないものだった。
作っていると、自給自足では到底揃えることができない材料ばかりだ、と思ったりする。

こんな貧困層の私がこのような贅沢品に興じていいのだろうか? などとも考える。
けれど、物質的に貧しいからこそ心を豊かに保っていたいという思いも強く、焼けてくる時の甘く芳醇な香りやトロリと口に広がる舌触りは、間違いなく五感を通して物質的にも豊かな生活だと錯覚させられる。
そしてその錯覚を味わう前の生地を捏ねる作業でも、次第にキメが細かくしっとりと手に馴染んでくる感触は、私の心のキメもしっとりたおやかにしてくれるような、そんな気持ちにさせてくれるのだ。

作る喜び、食べる喜び、食べてもらえる喜び・・・・・・はまだまだ続きそうだ。



  続いてほしい。







今週末はいよいよチョコレートスイーツ! 上手に作れるように応援のぽちっをお願いね~。\(^0^)/
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-02-10 09:33 | ■心・精神・魂
人身事故
昨日から今日にかけて、久しぶりにまとまった雨が降った。
しかも今朝出掛ける時は、天気予報の17℃が当たって本当に南国のように蒸し暖かい。
台風でも来るのかと気持ちの悪い湿気を感じながら、レインコートの下にはいつもより薄手の服を着て良かったとホッとした。ところが品川に着くと、途端にいつも通りの冬の寒さ!
(なんだ! こりゃ! ひょ~寒いっ!)
2連チャンで江戸に出てくるアタシは、風邪などひいてられないんじゃ!
と、今夜は卵酒などを飲んで寝よ、と考える。

さて、その日の帰り道。
雨の中“転ぶな!”“風邪ひくな!”と自分を叱咤激励しながら、品川駅でいつものウイング3号に乗り込んだ。

このウイング号は座席の数だけ200円のチケットが売られる。
つまり、全員が座れるという列車。
でも品川から横浜にも止まらず、一気に上大岡という駅まで行くから、遠距離通勤者用電車ということになる。

あちきは派遣だから交通費も出ないしこんな贅沢はしてはならぬのだけど、なんせ車中の滞在時間が長い。
このカモシカのような足で1時間も電車に揺られて立っていたら、足が折れてしまう。
だから200円は、長く健やかに生活していくための保険。・・・・かな。(^_^;)


そんなことはどーでもよい。
昨日の話に戻るけれど、席に座ってホッとしていると車内放送が入った。
“先ほど・・・19時12分ごろ、六郷土手付近で人身事故がありました。・・・・お急ぎの所申し訳ありませんが・・・・”
予定の時間より発車が送れるとのこと。

その警告通り、多少遅れて品川駅を出た。
5分走っただろうか、隣りの北品川は通過していたのだろうか、私はカーテンを閉めて本を読んでいたので外の景色を見ていなかったし、時間も確認していなかったのだが、中途半端な所で突然電車が止まり、そのまましばらく・・・・・しばらく・・・・・ぜんぜん・・・・・動かなくなった。
車内放送で、警察の現場検証が始まったことを知る。

警察の現場検証が、まだ続いていることを知る。

そうして“さすがにアタシもくたくた・・・・”と思った頃、ようやく走り始めて車内放送が入った。
“ただ今、この電車は予定より71分遅れで品川を発車いたしました・・・・・・”

えぇぇぇ~っ! ななじゅう~いっぷん~?! 
(なんだい、そりゃ! 1時間11分って言えよ!)
座って本を読んでいただけなのに、なんだかとっても疲れた。

けれど、前後の快速特急などで立っている人たちは、もっと疲れただろうなぁ、と想像すると、それだけで疲れが果てしなく覆いかぶさってくるので、パチンと思考を絶ち切った。・・・・・




そんな訳で、71分ほど遅れて家に到着したところに電話が入った。
正確には、携帯電話に入っていた着信に気付いた、ということなのだが。
そしてその内容は、お江戸での仕事が今週は5日連チャンに変更とのこと。

「わーい!」と「はぁ・・・・・」を同時に感じながら、絶対に風邪なんてひいてられないわよね! と喝を入れる。
元々ワーカーホリックになりやすい自分を知って、
(もっと余裕のある生活にしよう)
ということでパートタイムに変えたのだけど、人間てのは不思議なもので、月に3日しか休みがない時代もあったくせに、今や週5日フルタイムがキツい。
もっとも、交通費やボーナスがない派遣の仕事を週5日なんて、体を壊すだけでバカげてると思うのだけど。

でもどーなんだろうなぁ・・・・・・。
世の中には働きたくても職場がないという人もたくさんいる。例えば震災の被災地なんて。
働き盛りで何とかしたい、何とかしなければという人もいる。
漁業や農業でその道のスペシャリストもいるだろう。

でも、・・・・・・


私がパソコンを教えていたとか外人の秘書だったとか、そんな程度よりももっともっと専門知識や匠の技を持っているのに、職に就けない人がたくさんいるのだ、きっと。
そういうことを考えると、とにかくこうして働けることが有り難いことなのよね。・・・・・・


    週5日、バンザイ! \(^o^)/







さあ今日も、あとは卵酒を飲んでお風呂に入って寝るだけ! バンザイ!
応援のぽちっをお願いね~。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-02-07 22:26 | ■とりあえず日記
日曜日は寝てよう日
昨日は、パソコンの仕事が入って金沢文庫まで出掛けた。
生徒さんは70を超える人生の先輩だが、もう10年以上の付き合いになる。
元々は仕事でワードとエクセルを使った給与計算などの事務処理をしたい、ということで始められたが、現在は写真の加工やスライドショーをCDやDVDに焼いたりする楽しみでパソコンを使われている。それにネットにも大分慣れてきて、歌舞伎のチケットを取ったりユーチューブなども楽しんでおられる。

私は本来ワードとエクセルが専門分野だけど、こうなると老後ライフをエンジョイするための“よろずや”に徹する。
専門のワードとエクセルだって以前のように「歩くマニュアル」とはいかなくなってしまったし。
時々開いた画面で、バージョンが違うとツールボタンの場所やメニュー構成が変わっていたりする。
(あの機能はどこに行っちゃったんだ?)
と探し回ることもたびたび。

あのね、
ウィンドウズってホントに詐欺的商法だと思うわけ。
何十万もかけて講習やセミナーに通って資格を取っても機能をマスターしても、バージョンが変わると内容編成もガラリと変えられてしまっていたりする。
そして就職条件で“パソコンを使える人”なんて出ていても、どの程度使えるかを判断できる人間なんてほとんどいない。
凄く使える人がいたとしても、その知識や技術を活かせる職場なんても殆どない。
と現状を踏まえて、大金をはたいてパソコン習得に自己投資するのは止めておいた方がいい。
これは自信を持って言える。


という前置きはここで止めておき(相変わらず長い前置き・・・・)、
今朝はグータラと9時まで布団の中。
すっかり布団と同化してしまう、などというのはドーカ・・・・? (^_^;)

出掛ける日のほどよい緊張を感じながらの早起きと、パンツのゴムが伸びきったようなダラリの寝坊のコントラストが、なんというか人生の醍醐味・・・・・。(?)

5時のアラームで目覚めた途端に
(今日は出掛ける日? 出掛けない日?)
と焦って自分に問いかける。
“出掛ける日”であればその瞬間から「お江戸にgo!」のモードに入る。
“出掛けない日”であると、途端に夢の世界に呼び戻されてあっちとこっちを行ったり来たり。
今朝もそうして9時になってしまった。

ちょうど陽が射しこんできた所で
(早く洗濯物を干さなくちゃなぁ・・・・・)
とようやく起き上がり、冷凍庫からおろしてあるミニタルトの上に、古くなった半分のリンゴのうち少しだけ薄切りにして、残りを煮て、フランス風リンゴミニタルトを作っておめざ。
d0046294_15341310.jpg

ちょっと薄切りリンゴが厚い。・・・・・・
下のタルト地を焼き過ぎたかと思ったが、このくらいの方が歯ごたえがあって私的にはおいしい。
このように一人分を作る時にいろいろと試しておくと、これが後で役に立つ。

ということで、甘い物のあとにはさっぱりした物が食べたくなる。
朝食でもあるし、先日の恵方巻きで余った具材で作った海鮮サラダなどが冷蔵庫に入っている。
d0046294_1538199.jpg

ここにマヨネーズをかけて、半分くらい食べようと思っていた。・・・・・が失敗。
全部食べてしまった。

ああ、美味しすぎるって罪だわぁぁぁぁぁ・・・・・。



なんてことをやっている間に午後に突入して、
(今日はナッツタルトを作ってみたい・・・)
とレシピをパラパラ見てみるが、どれも生クリームを使っている。
(生クリームを買いに山を下りると、他の物も買っておカネが出ちゃうしなぁ・・・・・・)
と考えている内に、今日はダラダラと家に居たいという気持ちがだんだん強くなってきた。

というわけで、生クリームは明日の仕事帰りに買うことにして、今日は何もせず休息の日にした。

とはいっても、日が暮れるに従ってやがてまたお腹は空いてくる。
(そしたら“鍋”があるし・・・・・・)
なにやら私の生活は、自分を食べさせて養うことに最大のエネルギーが使われているような気がする。

   ま、そうできることの幸せ・・・・・・だわね。





明日は十五夜。ああ、月見団子・・・・・! (*^。^*)
今日もぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2012-02-05 16:03 | ■食生活