<   2011年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧
ラムレーズン入りチョコレートタルト
この頃、外で遊ぶ時は庭の手入れ、家で遊ぶ時はスイーツ作りが定番となった。
昨日は庭遊び、今日はスイーツ作りと前々からなんとなく決め込んでいた。

蝉よりも早い4時40分には起き出し(蝉は4時58分に鳴き始めた)、9時になるとさっさと作り始める。
本日は何度も作っているチョコレートタルト。
大人向けにはラム酒漬けレーズンとくるみ入り、そしてお子様向け(?)にはクルミだけの2種類を作る。



まずはタルトの生地づくり。(の前に、クルミはローストしておき、チョコレートは細かく刻んでおく) 
毎回同じでは飽きてしまうので、今日は小麦粉に3割ほどの全粒粉を加えて作ってみる。
材料(1つ分)は、●薄力粉 130g ●砂糖 10g ●塩(有塩バターの場合は不要) ひとつまみ、●バター(角切りにしておく) 60g ●卵 2分の1個なので、2つ作る予定の今日はすべて2倍の量。

1.粉類(薄力粉、砂糖、塩)に冷たいバターを入れ、サラサラの粉状にする。
  (手の熱でバターが溶けないように)フードプロセッサでもよいとのこと。
  私はひたすら、このゴムべらで切る、切る、切る、切る・・・・・・・。
d0046294_7132721.jpg

  すると、こんな感じになる。
d0046294_7133890.jpg

2.ここに溶き卵を2回ぐらいに分けて入れる。
  これも切るように混ぜていると、自然にまとまってくる。
d0046294_713499.jpg

3.まとまったら冷蔵庫で30分~一晩寝かせる 
d0046294_714260.jpg

4.タルトの型にはバターを塗って粉をはたき、冷やしておく。

と、ここでいきなり写真は、焼いたタルト生地にフィーリング(生クリーム 100cc、牛乳 30cc、板チョコ 2枚、卵 1個)を入れた状態になる。これをレンジで5分ほど焼く。
d0046294_7141596.jpg

これが焼き上がった状態。
d0046294_714281.jpg

まるで月面のようである。
d0046294_714391.jpg

このニキビづらのような上には、ココアパウダーをふるってしまうので問題はない。(ピンボケですんまへん)
d0046294_7145161.jpg

このタルトは焼き上がりよりも、冷やしてからの方が生チョコ風になってグッとおいしい。

ラムレーズンを入れたタルトは、ミルクチョコレートとダークチョコレートを使用。
クルミのみのタルトは、ミルクチョコレートのみで作ってみた。
写真は、・・・・・・・・・実は数日前に作ったラムレーズンのみのタルト。(なんだかこれにハマっているのです)(^_^;)
d0046294_1556169.jpg

スイーツと一口にいっても、スポンジ系、ムース系、クリーム系、クッキーやデニッシュなど、それぞれ食感が異なれば人の好みも違う。
どうせならば、食べてもらう人の好きな物を作って喜んでもらいたいと思うのだけど、それには上手に作れるように練習する一方で、その人の好みを密かに探ることも必要であり、ここいらがチョット大変で面白い。


パンも焼けるようなオーブンがほしいが、これは高価でまだまだ手が出ない。
けれど、このチョコレートタルトは生地をオーブントースターで焼き、フィーリングを入れたらレンジで焼く。

オーブンが買えるようになるまで、レンジでおいしく作れるスイーツ研究はまだまだ続きそうだ。・・・・・・




2つ作る時には型も2つ必要ね。じゃないと、“型なし”どころか“台無し”・・・になりかねないわ。 (/_^):
今日も応援のぽちっをお願いね~。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-08-31 16:54 | ■食生活 | Comments(6)
レモンの木を剪定
昨夜はまったりと0時まで起きていたので、今朝は7時45分起床。
いかんな、江戸に行った翌日はいつも朝が遅い。
こんなことをしていたら、これから遅い朝が多くなってしまう。
ただでさえ季節は冬に向かっていて、明るくないと起きられない私なのに。

よし、ここはいっちょうパンツのゴムを締め直して、夜は遅くても11時にはベッドの中! を目指そう。・・・・




などと考えながらアイスコーヒーを飲み、洗濯機が回っている間、ボーっと机に座って庭を眺めている。
(ああ・・・・ぎもぢいぃ・・・・・・・・)
窓から流れてくる風はすっかり秋風で、ゆらりゆらりと揺れている草木を眺めていると、訳も分からず幸せになる。

9時半になると、どーにも我慢ができず、長袖を着て長靴を履く。
今日はレモンの木を剪定するのだ!
断固たる心の声が聞こえる。 (写真をクリックするとチョットだけ大きくなります)
d0046294_17133168.jpg

わさわさと混み合った枝を刈り込んで、風通しと日当たりを良くする。
くれぐれも実をつけた枝は切らないようにしなければならない。(切ってしまった時のショックは大きい)

このレモンの木に寄り添うようにして、金柑の木もある。
お互いの枝が邪魔にならないようにしながら、枝の形を見て刈り込んでいく。
d0046294_17202040.jpg

とは言っても、金柑はすでに実をつけ始めている!!! ・・・・もうそんなに刈り込めない。・・・・・
d0046294_17191837.jpg

レモンの実は、1つ、2つ・・・・・・3つ、と数えてみると5つ。
今回は、たったの5つ!(少なっ!)
それでも剪定が終わると、なんともすっきりと散髪後のような気分。(レモンの木が)  (これもチョットだけ大きくなる)
d0046294_17231164.jpg

そのお隣の金柑の木は、刈り込むことはできないけど覆いかぶさっている蔓は取り除くことにする。
これが結構頑丈に絡みついており、脚立のてっぺんで力いっぱい引っ張るとぐらり! と揺れて落ちそうになったりなんかする。
半分ほど取り除いた所で、脚立を木の反対側に持って行って、あちら側から引っ張らないとならない。
でもねぇ、脚立をおくべき場所がねぇ・・・・・・・。 (写真をクリックすると大きくなります)
d0046294_17273496.jpg

入って行きたくない・・・・・・。

上を眺めると、ほら、あの横一列にオレンジ色に輝く葉っぱが蔓なわけよ。
あれをズズズッと引っ張って取り払いたいのでござるよ。・・・・・・ (これもチョットだけ大きくなります)
d0046294_17302545.jpg

でも今日は、もう嫌でござる。・・・・・日も照ってきたし、疲れたし、・・・・・汗でぐっしょりだし。
とパワー切れ。

このように雑然とした草むらに、突如ダリアが咲いていたりもする。
d0046294_1734345.jpg

こうして咲いた花を見て、ああ、そういえばここにダリアがあったんだっけ、と毎年思い出す。
だから、やたらに草を抜けないのだ。・・・・・というのもある。

家に上がることに決めたとなれば、あとは大きな草を抜きながらちょろちょろと庭を見て回る。
先日のカボチャが蔓を伸ばしており、その周囲の草がぼうぼうに伸びていたのでぶちぶちと抜いて下に敷いてあげる。
あ゙・・・・! 大切なカボチャを踏んでるではないか! (あたしったら・・・・・・) (これも大きくなります)
d0046294_17393045.jpg

先の方がクテッとしているのは、知らずに踏んでしまったため。
慌てて撫でてさすって、ごめんごめんと謝る。

そういえば、紫蘇畑の中にも捨てた種から芽を出したカボチャがいたのだった。 (これも大きくなるよ)
d0046294_17413387.jpg

おお、こちらも順調だな。
ここは半日陰の状態だし、土の状態もあっちとは違うのでどういう結果になるのか楽しみ。

すると、すぐ横にもう一つカボチャの蔓が見えた。
d0046294_1743599.jpg

枯れた枝豆に寄り添うように出てきている。
こういうまったく予期していないモノを見つけるから楽しい。

これも予期していないモノといえばいえなくもないが、すぐ目の前のそんなに高くない枝にぶる下がっていた。
蝉の唐揚げ。・・・・・・じゃなくて、ぬけがら。
d0046294_17455355.jpg

何の役に立つわけでもないが、見つけるとなんだか嬉しい。
ここから飛び立って行った蝉は、今どうしているのだろうか。・・・・・


    大好きな大好きな秋が、もうそこまで来ている!




春よりもウキウキする秋がずーーーっと続けばいいのに・・・・と願う私に、今日も応援のぽちっをお願いね~。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-08-30 18:04 | ■家庭菜園 | Comments(6)
新しい生命・・・・・・
今日も蝉より早く起きた。 (蝉は4時50分ごろから鳴き始める)

水浴びをし、洗濯を始め、水出しコーヒーをゴクリと飲み、髪をまっつぐにブローする。
そうなのだ、今日は江戸行きの日。心が弾むのだ。
来月から江戸行きが増えるが、疲れてこの感動が失われないよう、心弾む状態を継続したい。・・・・・



さて、昨日発泡酒に入れるレモンを絞っていたところ、そのレモンの中に楊枝のようなものが入っていた。
このレモンはわが家で採れたレモン。(最後の3つのうちの1つ)
(なんだ? この棒は・・・・・・・?)
と注意深く取り出してみると、あっ! と驚くタメゴロウ~! (← 古っ!)
d0046294_7104671.jpg

なんと、種からすでに芽(?)が出ている状態だった。
その芽は固くて、すでに若枝なのだ。

  へぇ~・・・・・・、レモンの芽ってこんなふうに出てくるのねぇ。・・・・・・・・


まじまじまじまじと半分酔っぱらいながら見つめていると、なんだか女性のアソコに見えてきた。(*^_^*)
(はぁ・・・・・、新しい生命が生み出される場所って、同じような形をしているのかぁ)
なんて勝手に解釈してなにやら感動している自分がいる。(あたしゃ新しい生命を生み出さなかったが)

  ほら、ほら、よく見てみて。  ちょっとエロくない?
d0046294_7103134.jpg


と、生命の神秘の話題(???)で本日は終わりといたす。



もちろんこの種は埋めました! 大きく育つように応援のぽちっをお願いね。\(^o^)/
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-08-29 07:12 | ■とりあえず日記 | Comments(8)
赤シソジュース作り
前日に引き続き、残りの赤シソで2度目のジュース作り。

毎年さまざまな方法で作り方を試してきたが、赤シソを茹でて作るとなぜか苦み(アク)が出る。
個人的には、水出しコーヒーならぬ“水浸し赤シソジュース”が一番おいしいと思うのだが、これはカビが出やすい。
このカビ奮戦記は、いくらでもある。・・・・・・ 
(→カビ事件については、3年前の赤紫蘇ジュース日記の中の「この記事」を参照。)


ということで、今年は“苦みを出さない”を目標に茹でることとした。

まず葉っぱだけを取って水洗いし、ザルに乗せて水を切る。
しかし、これは乗せ過ぎ!     (しかも、ピンボケボケ!)
d0046294_13594294.jpg

これを沸騰した湯に入れる。
昨日は、入れる赤シソの量が多くて(何をトチ狂ったんだか)思いっきり葉っぱをわし掴んで、左手の親指がたっぷり湯に浸かるほど押し入れてしまった。
慌てて親指を流水で冷やして“熱くないと思えば大丈夫!”なんて暗示をかけたが、あとでやっぱりヒリヒリと痛かった。
今日はちゃんと菜箸なんて物を使おう。    (ああ、これもピンボケ!・・・・)

d0046294_144519.jpg

赤シソというが、葉の裏が緑のものが多い。これはなぜだろうか? 実は赤シソではないのだろうか?
毎年考えるが、毎年答えが出るまで追求しない。したがって、未だにナゾである。

そしてこの美しいツートンカラーの赤シソは、熱湯に浸かった瞬間に“普通の”菜っ葉になる。
d0046294_1492838.jpg

この時の赤紫蘇ジュースの色は、普通にホウレンソウなどを茹でた時と同じような薄い緑色。
d0046294_14123564.jpg

ぐつぐつと湯だってくると、赤シソの葉っぱが浮き上がってくる。
これをおたまでググッと押し込むと、ジュワ~っと白くて細かい泡が出てくる。
これを“も・れ・な・く”すくい取るっ! ・・・・ような気持ちで、せっせと泡を取り除く。
なぜなら、きっと、これがアクに違いない! と思っているからなのだけど、これは私の勝手な思い込み。

そして煮込みすぎてもアクが出るに違いない、との独断で、適当に葉っぱを引き上げて、ざらめを入れる。(量も適当)
すると、赤紫蘇ジュースの色はまるで青汁を煮込んだような黒に近い深緑色となる。  (うぇ~!)
d0046294_14194868.jpg

ここにレモン1個を絞り込む。
すると、見る見るうちにルビー色に変化していく。  (ああ、うつくしや・・・・・・!)
d0046294_14212310.jpg

ここに、おたま一杯分くらいのリンゴ酢を入れた。

昨日作った分と飲み比べてみながらブレンドする。
d0046294_14231689.jpg

氷で割って飲むか、冷たく冷やして飲むとちょうどよい甘さ。・・・を目指した。
炭酸などで割ると、ちょっと甘さが足りないと感じる人が多いかもしれない。
ここら辺は人それぞれ味覚が異なるし、自分の好みに合わせて作ることができるのが、手作りの良いところ。
d0046294_14275077.jpg

実は、この写真は3杯目のジュース。
“おいしい! おいしい!”と喜びいさんで2杯を飲んでしまい、
(あ、写真を取り忘れた!)
と気付いて、再三のセット。 (だから氷が小さい)


それにしても、水は財宝温泉の水を使い、赤シソは完全無農薬の天然モノ、(砂糖は買ってきたざらめだけど)考えてみると、随分豊かな暮らしをしているじゃないか、私ったら・・・・・・・。



体に良いものを食べると、次には体に悪いものを食べたくなる・・・・。それが自然の摂理?(^_^;) 今日も応援のぽちっをお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-08-28 14:53 | ■食生活 | Comments(0)
赤シソガーデン
昨日の私は本当によく働いた。(自画自賛)
朝の目覚めこそ6時8分と遅かったが、(ベッドから起きたのは6時56分ともっと遅かったが、)まとめておいた瓶や缶をゴミ収集場に持って行ってからは、雨上がりの庭で草取りを始めた。

とにかく雨が降ると、草木が元気になるから息苦しくなるほどの鬱陶しいジャングルを形成し始める。
ハイネックのトレーナーを着るのも息苦しいが、ジャングルに住まう息苦しさに比べたらどうってことない。
(まだ蚊がいるし・・・・・)
との躊躇いもはねのけ、何かに突き動かされるように完全防蚊の装いで庭に降り立った。
来月からこのまったりと無制限に思える自分の時間は有限になるのだ、という意識がどこかで働いているのもある。


仕事もしたいし自然との暮らしや料理も楽しみたい、とまぁ・・・・欲張りなのだ。
通勤に苦痛を感じてエネルギーを消耗するのも嫌だし、貧困で何も買えず気力さえも失せるのは悲しい。
そこそこ折り合いをつけながらでも日々の生活を楽しまなければ、生きている意味がないじゃないか。・・・・

ということで、赤シソジュースを作ることにした。
ついでに、青ジソをいつでも食べられるように採っておくことにする。

どこもかしこも草は伸び放題。赤シソも雑草に分類したいほど増えすぎている。
抜いた赤シソは、抜いた雑草(という名の草はないのだが)の小山とほぼ同じくらい。
d0046294_4465449.jpg

この赤シソに埋もれていたニラの花。  (写真をクリックすると大きくなります!)
d0046294_448092.jpg

抜いた後は、“あースッキリした~!”と風に揺られながら歌っているようにさえ見える。  (これも大きくなるよ!)
d0046294_449359.jpg

今年はニラの花が小さいように感じるのだが、これは日当たりが悪かったせいだろうか。  (これも大きな花になります)
d0046294_4514266.jpg

そうそう、赤シソといえば青シソ。(?)
この青シソは“縮れシソ”と“原種”の2種類があるとのことだったが、これは“ちぢれ”。
d0046294_4545815.jpg

そして、こちらは“原種”。
d0046294_455302.jpg

ウチではアシタバとシソは虫に食われない、と思っていたが、なんだ・・・・食べられているじゃないか。

こちらはパンプキン。 順調に成長している。
d0046294_4584562.jpg

ミニトマトはあまり実の数は多くない。熟しすぎたオレンジ色のトマトには、たくさんのアリが群れていた。
d0046294_50044.jpg

アリの食糧はそのままに、私の食糧は収穫。
d0046294_512422.jpg

これは埋めっぱなしヤーコン(梨のような食感の芋?)。
これも赤シソで埋もれていたが、周囲の赤シソをすべて撤去。
d0046294_532017.jpg

埋もれていたといえば、これもそう。これは埋もれていることさえも忘れられていた、ねぎ。
おナカさんが岩手から送ってくれて、適当に埋めていたのだった。
d0046294_5161536.jpg

なんだか、赤シソの陰で日に当たっていなかったから、皮が薄くて柔らかそうだ。・・・・・(日陰効果?)

そういえば・・・・・と、レモンの木の下にカメラを向ける。
見慣れない花が咲いていて、ずっと気になっていたのだ。 (ああ、ピントが合ってない・・・・・)
d0046294_55533.jpg

この花の根元を見ると・・・・・・、
d0046294_56342.jpg

ああ! これはアレじゃないか。・・・・・・と名前を思い出そうとするが、思い出せない。 アレ、アレ!・・・・・・
つまり全体の姿はこう。
d0046294_571949.jpg

そしてこのレモンの木の下で発見したものが、もう一つ。
それは“落ちていたレモン”! 
レモンが落ちるなんて・・・・・とショックを受けた私。

樹で完熟したレモンは、売っているレモンのように酸味が強くなく、オレンジかと思うような爽やかな味になる。
だから、どうしても使いたい時だけ一つずつ収穫していた。 のに!
風で落ちてしまったのだろう・・・・・・・・、ああ勿体無いことをした、と拾い上げようとしたら、グジャッ。
あまりにガッカリなので、残りの三つは全部採ってしまうことにした。

改めて木を眺め回すと、お~や! すでに次の小さな実がついている!  (写真をクリックすると大きなレモンになります)
d0046294_5142772.jpg

こうして終わりのない庭作業にひと段落つけて、山ほどの赤シソ(青ジソも混ざっている)をざっと水洗いし、両手に抱えて家に入った。 (これもピンボケ・・・・)
d0046294_5194023.jpg

ああ、この大量の赤シソを見た時には疲労感がドッと噴き出したが、この後赤シソジュースを作らなければならない。

まずは水浴びをして、延々と(といっても1時間くらいだけど)葉っぱだけを取って水洗いをしてざるへ。
しかし、なにしろこの量だから、半分くらい終わった所でギブアップ。
それに、鍋に入りきらないじゃないか。・・・・・・それに、ざらめも切れてるじゃないか!


ということで、ぶり返した夏の陽ざしを受けながら、山を下りてスーパーに買い出し。
帰ってくれば、当然再び水浴びをして水分補給となる。

ただの水を飲めばよかったのに、どーしても泡の出るものを飲みたかった。
これがいけなかったねぇ。
いつもよりやたらと酔っぱらってしまい、根性で赤シソだけは茹でたけど(半分だけね)、そのあとは眠くて眠くて仕方がない。

それでもお湯にだけは浸かり、髪の毛を洗い、クタクタになってベッドに倒れ込んだ。
午後7時55分。


作業後の庭。  (これも大きくなります)
d0046294_5433380.jpg



というわけで、今朝は4時7分には起きて、やっと昨日のブログを更新するに至った。

せっかく早起きしたのだから、今のうちに草の山を燃やしたいところだが、残念なことに昨日は夕方から大雨。
抜き取った草ばかりでなく、庭全体がヒンヤリと潤ってしまっていて、朝の水垢離にためらいを感じるほど肌寒い。

さて、今日は残りの赤シソを茹でねばなるまいよ。・・・・・

   茹でるのはいいけど、大量のジュースをいれる空き瓶は、昨日ゴミで捨ててしまったばかり。

     なくならないねぇ、問題ってやつは。・・・・・・ 雑草のように。・・・・・・・





問題解決の閃きが降りてくるように、応援のぽちっをお願いね~!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-08-27 04:14 | ■とりあえず日記 | Comments(4)
黄色い雨
5時8分に、ザーッとたくさんの豆が落ちてきたような音で目が覚める。
絶望的にさえ感じる大雨。
こうなると目を開けるのも嫌になり、ジッとそのまま音に叩かれている。


日照りで植物が枯れるのも悲しいが、まるで滝が落ちてくるがごとく、いっぺんに雨水を落としてくることもあるまいよ。
江戸に参る日なので、電車が止まらないかとすぐに考えはそっちにいく。
その不安がついつい、頑なに閉じていた瞼を持ち上げた。

  おぉぉぉぉ・・・・・・、黄色い…・・雨だ。・・・・・・         (写真をクリックすると大きくなります)
d0046294_805643.jpg


視界に入ってくる空が黄色い。
いや、これは朝焼けだ。
朝焼けの日は雨が降るというらしいが、その予兆を押しのけてすでに大量の雨が降っている。

(撮っておかなくちゃ!・・・・・・)
何かに取りつかれたようにベッドを飛び出し、思考も足元もふらつきながら階段を下りてデジカメを持ってくる。
その1分も経ったか経たないかという短い間に、すでに空は黄色から薄いサーモン色に代わり、薄い青色さえ見せ始める変化を遂げている。
(なんてこった! 決定的シャッターチャンスを逃しちまった・・・・・・・。)
まるでカメラマンになったかのようにがっかりする。


その一時の大雨も今はあがり、蝉も狂ったように鳴き、今日という時間が刻々と流れている。・・・・・・・






土砂洪水などの被害が酷くなりませんように、電車が止まりませんように、ぽちっをお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-08-25 07:59 | ■とりあえず日記 | Comments(2)
午前3時8分
なぜかこういう時間に目覚めることがある。

特に悩みがあるわけでもない。(ないことはないが)
特にやらなければならないことがあるわけでもない。(やることはいくらでもあるが)
なにやら目が覚める、そして眠れなくなる。
意識の奥の方で何かを考えているのだ。それが何なのか分からない。


外はまだ真っ暗で静まりかえっている。
(えいっ! 今日は起きちゃお!)
と上半身を起こすが、“ああ、やっぱりだるい・・・・・”と再び横になる。
目を閉じてジッと死んだふりをしていると(?)、やがて一匹の蝉がジージージージーと鳴き出した。
時計を見ると、4時48分。

何日か前は4時44分だったから、4分ほど鳴き始めが遅くなったことになる。
それだけ日の出が遅くなったのだろう、なんてことを考えながら薄白い明るさを頼りに階段を下りる。
洗濯機にシーツなどを投げ入れ、PCの前に来るまでに扇風機にぶつかり、半開きの扉にぶつかり、腹がたつやら可笑しくなるやら。



来月から、江戸参勤の日数が増えることになった。
家計は大いに助かる。一方、このまったり生活に慣れてしまった体がついていけるのかという不安がよぎる。
収入が増える分だけ、自分の時間は減る。
これは一人で自立していこうと思ったら当然のことなのかもしれない。

不労所得という稼ぎ方がいろいろ流行っているが、どれも私には合わない。
商才がないのもあると思うが、情熱が湧きあがって来ない。
稼ぐために働くというスタイルが合わないのだ、と感じる。
最低限の人間的な文化的生活が営めるくらいの収入はほしいが(その金額は人によってさまざまだろうが)、私にとって一番大切なことは、心が豊かでいられること。

その仕事でも、人でも、関わることで何を学べるかが私にとって大きなウエイトを占める。
そして世の中にどう役立てるのか。・・・・・・・これについては今の時点で、私があまり世の中の役に立っているとは思えず、生きることへの疑問にも繋がっているのだが。



話を少し戻して、少なくとも月々増加していた生活借金が今後は減らせていける希望がもてる。
通勤で体力をつけることもできるだろうし、効率的な時間のやり繰りができるようになる期待もできる。
美容院に行ったり化粧品も買えるから、若返ってきれいになるかもしれない。
スイーツの材料ももっと買えるし、チャレンジできる範囲と楽しみが広がった。
まずは歯を治療しなければならないけれど・・・・・・・・。

と、不安を数えるよりも希望の数をかぞえると、なんだか明るい老後が想像できる。(かな?)



なんだか、とりとめのないことを書いているな・・・・・・。

来週は4日連続で江戸参勤だから、今からその緊張がどこかにあるのだ。
などというと、フルタイムで働いている人たちに“なに甘いことを言ってるんだ”と言われそうだけど。

今週はまるでその予行練習のように、昨日から明日まで3日連続で江戸に参る。
人混みが苦手な私は、2時間という通勤時間よりも“駅”に負担に感じている。
ランダムにあちこちの方向へあるく人々、足を轢かれそうになるキャスター付きトランク、携帯を見ながらぶつかってくる人、シャカシャカとイヤホーンから流れてくる音、そういうイラつくすべてを、
(修行、修行、修行、修行・・・・・・・・・)
とひたすら自分に言い聞かせながら走り抜けていく。


その修行が増える分、金銭的な生活のゆとりが増えるのだから、やはり何事もこの世では一長一短。・・・・・・





体力UP! となるように、応援のぽちっをお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-08-24 07:44 | ■とりあえず日記 | Comments(4)
グラジオラス一本立て
毎年放ったらかしにされているのに咲く花の一つが、グラジオラス。
「こんな所に咲いている!」
と驚いた時から、すでに一年が経ったということの驚きの方が大きい。

門から玄関に向かい、玄関前から庭に出る通り道の真ん中に咲き始めたのが昨年。
今年は芽が出ているもののなかなか大きくならず、水をあげていなかったし猛暑だったし、咲かないかもしれないと思っていた。

けれど家の軒下で、もっとカラカラの土から何本かのグラジオラスが花を咲かせていたから、あまり水分を必要としない植物なのかもしれない。


その、道の真ん中にとうせんぼをするように一本のグラジオラスが咲いていることに、今朝気が付いた。
          「あら~! 一年ぶり~!」
d0046294_7404519.jpg

ゴミを捨てに行って帰って来た時のことで、雨上がりの中ですっくと咲いている姿になにやら感動した。

秋になったら球根を植えかえてあげるといい、と父に言われたが、そうしてあげようという気持ちとこのままの方がグラジオラスにはいいのではないか、という気持ちが拮抗している。
場所を変えたいというのは、私の気持ち。
でもグラジオラスは?


自然に芽吹くことを“天道生え”というのだそうだ。
多くの種があちこちに飛び散ってすべてが芽吹くわけではなく、その中に花を咲かせて実をつけるなんてことは、もしかしたら私が考えている以上に奇跡に近いのではないか。
そもそもこんな場所にどうやって球根が入り込んだのかさえ不思議だし、こうやって花を咲かせているなんて、これはグラジオラスの意志なのではないか、などと思えたりもする。

いや、グラジオラスの意志というよりは、グラジオラスの精霊がここを選んでいるのかもしれない。



なんて考えると、やっぱり球根を移動させることをためらってしまうのだ。・・・・・・・






今日は夏が帰ってくるらしい。・・・・・行ったり来たりはやめてほしいの。
と思う私に同意の人、(同意しない人も)応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-08-23 08:02 | ■とりあえず日記 | Comments(2)
ラムレーズン入りパウンドケーキ
午前中は歯医者に行ってきた。
ベイブリッジにまけない大きなブリッジが、私の口の中に入った。
仮歯で感覚がすっかり慣れてしまっていたので、なんだか変な感じ。
ようやく時間をかけて噛み砕けるようになった食べ物が、再び噛み難くなった。
(またまた痩せちゃうじゃないか・・・・・)
と不安になる。

こうなったらシニアモデルに登録でもしておいて(注:35歳以上は“シニア”なのだそうです)、小金を稼ぐか・・・。
と思ってみたりもするけれど、登録したから仕事がくるとは限らない(来ない方が多い)、のでこれは却下。



さて、思いっきり食べる喜びに浸れないけれど、歯医者のあとは横浜東急ハンズなどをぶらついてしまい、またまたスイーツの材料と用具などを買う喜びに浸った。
パウンドケーキ(18cm用)の型とアーモンドプードル(というアーモンドの粉)、ついでに全粒粉も買っておく。
これは次に“ラム酒香るチョコレートタルト”を作る時、タルト地の小麦粉に3割ほど混ぜてみるのだ。


本題のパウンドケーキだが、果たしてウチのレンジで上手く焼けるのかどうか、が一番のネック。
生チョコ風ケーキは多少ムラに焼けても、そのムラが美味しかったりすると分かった。
けれど、パウンドケーキのようにしっかり焼くものはどうだろうか?・・・・・・と不安ばかり。(なのに作る)

作り方は・・・・・と説明しようと思ったら、作ることに夢中で写真を撮ることをすっかり忘れてしもうた。・・・・・

これは焼き上がってラム酒をたっぷり塗りつけ、ビニールの袋に入れて冷ましているところ。
d0046294_17502227.jpg

ラム酒を塗るタイミングとしては、焼き上がった時に1回、冷めてから1回、となっている。
けれど、わたしは冷めたら数回塗ってしまうのだ!

一口入った瞬間に、酔っぱらってしまうぐらいに利かせちゃお♪

d0046294_17564894.jpg
                     ・・・・・・ 恋の媚薬のように。




→ こうなる予定なんだけど、明日一日ラム酒で泥酔させて寝かせる。
美味しくできるようにぽちっをお願いね。(*^。^*)b

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-08-22 18:08 | ■とりあえず日記 | Comments(2)
コーヒー蜂蜜 と カボチャ・・・・・・
時折小雨が降るのみで、予想していたような雨は降らない。
すっかり秋になった気分なので、夏はこのままきっぱりと終わってほしい。・・・・・・

今日あたりは草取りでもすれば涼しくて捗るのかもしれないが、まだ蚊が居座っていそうで庭に出る気分になれない。
せいぜい窓を開けて外の空気を呼び込みながら、目の前の伸び放題の草を眺めるのみ。

その野っ原のような場所だが、元は“芝生”と呼んでいた。
芝刈り機などを押しながら、五分刈り頭のようにきれいに刈り揃えていた場所なのだ。
それがどうだ、今や立派な自然緑地地帯。(?)
その中に息吹いた芽は、かぼちゃ。
d0046294_12503741.jpg

たしかこの辺りに、ばらばらと種を埋めた記憶がある。
だから生ごみと一緒に捨てられたカボチャの種が自然発芽したというようなものではないが、数粒の内たった一つとはいえ芽を出し、今のところ順調に育っているようすを見るのは楽しい。
ちなみに、生ゴミと一緒に捨てたかぼちゃの種はうじゃうじゃと芽を出したが、現在は赤シソや青シソの影になってしまったのか、消息不明になってしまった。

「(捨てたカボチャの種も)芽は出るんだけど、カボチャが出来ないんだよなぁ・・・・・」
とおナカさんが以前つぶやいていた言葉が私の頭に残っており、それでも“ひょっとしたら・・・”と期待してしまう。
だって、植物って本来そういうものだから。・・・・・・  (人間の手を借りずとも、季節とともに生命の連鎖をするっていうことね。)


話しはまったく違うのだけど、何でも自家生産ができたらいいと願う私でも、これは難しいと思う一つが蜂蜜。
この頃では、蜂蜜と一口にいってもさまざまな種類が出ていて、以前から気になっていたコーヒー蜂蜜をコーヒー豆の専門店で見つけた。
d0046294_12593819.jpg

いつもの“勿体無い”で封を切れずにいたが、万一このまま大地震が来て食べずに死んでしまうと悔いが残るので、思い切って食べることにした。

スプーンについた蜂蜜のみをちょっと舐めてみる。
 んん~・・・・・・・、コーヒーの香り? 味? ・・・・・してるかなぁ???

ということで、今後はコーヒー蜂蜜を見つけても、あえて買おうとはしないだろう。
こうして、また一つ、心残りがなくなった・・・・・・。




せっかく涼しくて過ごしやすいというのに、なにやら凄く眠いのだ・・・・眠い眠い眠い眠い・・・・・まるで眠り呪文にかかったみたい。千年の眠りに就かないよう応援のぽちっをお願いね・・・・・・。(-_-)zzz
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-08-21 13:14 | ■とりあえず日記 | Comments(2)