<   2011年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
梅シロップ作り
毎年梅雨に入る前に青梅を収穫していたのに、今年はもう梅雨に入ってしまったらしい。
(ああ、梅はいつ採ったらいいんだぁ・・・・・・・!)

密かなる悩みが1つ増えていたから、太陽の光で目覚めると、たとえたった5時間しか寝ていなくて寝不足だろうが(私にとっては8時間以上必要)、飛び起きない訳にはいかなかった。
傍らの窓を開けると、梅が見える。
(梅を採って梅シロップを作るのだっ!)

シーツとガーゼケットを抱えて階下に降りると、いつもなら水垢離で心身を清める(?)のだが、今日は清めぬままにパジャマの上からトレーナーの上下を着こみ、長靴を履いて帽子を被り、軍手をはめて外に出る。
5時15分、まだ、なんとなく・・・・・・ボーっとしてる。


そんな状態で重い脚立を肩にかけて運ぶと、やっとその重さで現世に蘇ってきた感覚になる。
梅の木の下に辿り着き、どこら辺に脚立をたてようかと上を見上げる。
すべての実を収穫するならば、4-5か所に持ち運んで採っていかなければならないのだが、今日は“梅シロップ用の梅”だから、小ぶりだったりソバカスが出ていたり、つまりは梅干しに向かない物だけを採ろうというわけ。

(今年は実りが少ないよなぁ・・・・・・)
と思いながら見上げて、驚いた!

   ありゃ~、意外に生ってる・・・・・・。 (写真をクリックすると大きくなります)
d0046294_102518100.jpg

しかも、な~に?
まるで大奥の渡り廊下に下がっていたお鈴のように、連なっている枝があちらこちら・・・・・・。
生る所には生って、生らない所には全然生らない。(ああ、これもまた人の世と同じなり)

二階から見ていた時には、葉っぱの影になっていてちっとも見えなかっただけで、実はこんなに隠し持っていたのだ!
おぉ、なんだか感動だ。・・・・・・能ある鷹は爪を隠す・・・・・(?)
  いえね、能ある梅(人)は実(身)を隠す、なんて思ったわけよ。    (これも大きくなります)
d0046294_10335035.jpg

さて、小ぶりの梅を採ろうと思っているのだけど、明らかに小さな実はよろしいとして、どちらともいえない物が一番困る。いわゆる中途半端ってやつ? 人間社会なら“協調性がある”なんていわれるのだろうけれど、群れになっていると似たり寄ったりで特に目に付かない、っていうやつね。
d0046294_1044476.jpg

どこか抜けてる私は、実を入れていたビニール袋に穴が開いていて、ポロンポロンと落ちてからやっと気付いて拾ったり、一杯になっている袋を脚立のてっぺんに置いておいて、ぶつかった拍子にたくさんの実がバラバラと落ちてそれらを拾い集めたり、そういう滑稽な時間も含めて1時間。

朝の一仕事を終えて、洗濯をしながら水浴びをし、梅を浸ける容器を用意したり、あ、燃えないゴミを出す日だった! と持って行ったりしながら、梅の実を洗う。

                  さて、これで何キロぐらいあるでしょう?  (正解は最後)(^_^)b
d0046294_1052998.jpg

          ぷっ・・・相変わらず、割れた洗い桶を使っているし。・・・・・(→ 割れた理由はここ)(^_^;)

とにかく、こうして何でも同時進行していくから、なんだかとっても忙しくなって、そのうち急にお腹が空いて気持ち悪くなってくる。
(そうだ、コーヒーを飲んでなかった・・・・・。)
コーヒー豆を挽いて淹れたいけれど、今はちょっと余裕がない。
邪道だけど昨日飲み切れなかったコーヒーに牛乳を入れて、とりあえずチンして胃に流し込みながら作業を続行する。
d0046294_1102873.jpg

梅の実を一つ一つ洗いながら、ヘタが付いている物は楊枝などで取り除いていく。
d0046294_1141230.jpg

中には、Mサイズながらこんなに美しい梅もいる。
d0046294_115037.jpg

かと思えば、ああ・・・・・傷だらけの人生を送って来たのね・・・・・なんて、なにやらウルウルしてくる梅もいる。
  え? あなたもウルッとしてはっきり見えない?     (・・・・・・はい、ただピントがボケてるだけです)(/_^)
d0046294_116072.jpg

梅シロップを作る時、蜂蜜や氷砂糖を使ったりとそれぞれだが、私は昨年の経験からコーヒー用の氷砂糖(黒い氷砂糖)を使うことにした。ちょっとお値段お高めなのだけれど、これを使うとなぜか梅の実がシワシワにしぼむ。
その姿は哀れなんだけど、いかにもエキスが全部出ました~! という感じがするし味も良い。
ただ今日は量が足りないので、“砂糖の素”という砂糖を足すことにした。
d0046294_1111479.jpg

そして蓋をして、ラベルに今日の日付を書いておく。
d0046294_11221999.jpg

これで出来上がり!
            5ℓ容器に梅2kg、砂糖2kg、レモン1個
d0046294_11233899.jpg

ということで、今朝収穫した梅は約3kg強。
昨年よりは少ないと思っていた実は、木が大きい分、少ないと感じても結構多く生っている。
今朝採らなかった実たちに、これから熟すまでどうか気張って木にしがみついておくれ・・・・・・と願うばかり。

  あちきも気張っておいしい梅干しを作るざんすよ。・・・・・・






毎日梅見心地のあちきに、今日も応援のぽちっをお願いね~。\(^o^)/
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-05-31 11:55 | ■食生活
雨の日のお出かけ
台風2号が温帯性低気圧というものに変ったらしく少しホッとするが、雨は降り続き太陽は顔を出さない。
すでに梅雨のような鬱陶しさで空は覆われている。

こういう日に江戸行きの予定が入っていると、とにかく電車が無事に動いてくれますように。・・・・・
祈るのはこの事だけ。

片道2時間はかかるので、飲み水と僅かな食糧は必ず持参する。
どこで何があるか分からないからね。
お弁当は持って行く時もあれば買ってしまうこともあり、その日によってまちまち。
時間的にお昼を食べ損ねることが多いので、生死にかかわるかのようにおやつの準備は頭を離れない。(喰い意地が張ってるだけだと思うが)

今日のおやつは、先日作ったチョコレートブラウニー。
作りたては柔らかかったのに、寝かせたらしっとりもするけどちょっと固くなったように感じる。
竹串をさして焼き具合をみるのだけど、竹串にちょっと付いてくるぐらいがいいらしい。・・・・・・(次の課題だわ。)
d0046294_7322924.jpg





玄関前に咲いている小さな白い花に目を奪われた。
白く浮き上がるように輝いて見えた花は、よく見ると“どくだみ”。
な~んだぁ、どくだみかぁ・・・・・と思いながら、雨の日には植物が瑞々しくて、いつもと違う景色に見える。
d0046294_736139.jpg

こういうどんよりした日が続く時には、人の気に触れた方がいい。
そうでないと、あの世とこの世の境を彷徨っているような気分になってしまうから。



     さ、今日はバターを買うのだ。・・・・・・    




バター・・・・バター・・・バター・・・バター・・・と呪文を唱えながらバタバタ動き回る私に、今日もぽちっとお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-05-30 08:01 | ■とりあえず日記
出現する池
雨が降ると池が現れる。

ピチャピチャピチャピチャ・・・・・と激しく水が溜まっていく音が聞こえると、
(始まったな・・・・・)
と思うのだけど、今はどうすることもできないので“これも自然のなりゆき”と静観。 (※クリックすると大きくなります)
d0046294_165578.jpg

風水的に、玄関脇に池がある(水が溜まる)てのはどうなのだろう?
南に池があるのは良いと聞いて、
(じゃ、南に池を掘っちゃおうか)
と思ったけれど、これまた実行に移すとなるとかなりの労力と経費が必要になるので、妄想で止めている。

けどここは、上の樋が割れていて雨水が落ちてくる。
何年か前に家の修繕をしてくれた人がいたのだけど、その人がここに梯子を建てかけて登り降りしている時に樋が割れてしまった。バリッという音を聞いた途端に、
(ああ、雨水がもれてくる・・・・・・・)
と思ったのだけど、長年修繕できずにいたところを直してくれた手前、その事を口に出すことができなかった。
つまり、一難去ってまた一難、ってやつ。

ま、このまま水が溜まって池になったら“スイレンを浮かべようか”なんて思ったりしているのだけど、残念ながら雨が上がると池もなくなる。・・・・・・



この池に落ちている梅の実を見て、きっとスモモの実も落ちているだろうよ、・・・・と思った。
改めてスモモの木の下を見てみると、枯れ草の上に薄緑色の小さな実たちの姿が見える。(※これも大きくなるよ)
d0046294_16151522.jpg

周囲の草茂る中にも、きっといくつもの実が落ちているに違いないのだけど、それはそれで仕方がない。
雨に叩かれ風に吹かれて、それでも木にしがみついている実でないと大きくなって熟すことができない。
なんだか、人間の人生と似ているじゃないか・・・・・・。

憂鬱な雨の日にはなんとなく哲学的になるが、私は太陽光の充電がないと元気がなくなる。
昨日まで作ったチョコレートブラウニーやドーナツがまだ冷蔵庫や冷凍庫に保存されているが、それらを食べる気にもなれない。(といっても、今朝はドーナツ1個が朝食)

ここ3日間ほど寝起きに見ている夢が面白い。
一昨日がボン・ジョビ。彼が私の隣で、目の覚めるような朱色のワイシャツを来て、地味なデスクワークをしているのだ。
こんなに有名な人がこんなに地道に働いている・・・・・と感動している。
握手をしてもらいたいけど、仕事が終わって帰る間際に、邪魔にならないようにお願いして見よう、などと考えていた。
そのせいか、その日は一日中ボン・ジョビの「It's my life」が頭を流れていた。


そして昨日は、美輪明宏さんの夢。
6人ほどで二間続きの旅館の部屋にいるのだが、美輪さんは暗くした部屋の隅の方で寝てしまっている。
私もさっさと寝ようと思いながら、その前にお風呂・・・・と用意をしていた。
意味不明。・・・・・・


今朝は、私を見送りにおナカさんがクックを車に乗せてきた。
でも車から降りてきたクックは白ではなくて黒! そう、以前にいたクロだ!
しかも幼稚園児がかぶっているような帽子を被っている。
「行ってくるからね」
と抱っこすると、恥ずかしそうに目を伏せる。・・・・・



夢は心の心象風景だというが、時間や人物や事柄がちぐはぐで、そこには時間も距離もなく、幽玄界を彷徨ってきたような気分になる。



   なんだか今日の日記もちぐはぐで、まとまらず。・・・・・・・






年々雨漏り状況はひどくなるのだけど、もうそのことも超越してしまったわ・・・・。(?)
応援のぽちっをお願いね。きっとよ・・・・・。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-05-29 16:40 | ■とりあえず日記
チョコレートブラウニ~!
朝から雨が降っているので、起きるのも遅くなったし、お外で遊ぶこともできない。
仕方がないので、キッチンでおままごとをしよ・・・・・・。
というわけではないけれど、昨日「あんドーナツ」の成功にすっかり味をしめた私はしっかり図に乗って、
「よし、今日はショートブレッドを作るぞ!」
とやる気満々。
なぜショートブレッドかというと、作り方が簡単だから。
さらに付け加えれば、ショートブレッドといえば英国を思い出すから。
つまり、郷愁を感じるわけですよ。


さて、材料と作り方の確認をしていると、バターが足りないことに気付いた。
(ちっ・・・・・、昨日わざわざ上新粉を買いに行ったのに!)
ショートブレッドを作りたくて買い物に出たのに、なぜバターも買ってこなかったのだ! と呆れるゼ。 ったく・・・

じゃ・・・・・と考えて、ついでに買ってきたバーンホーテンのココアがあるから、チョコレートブラウニーを作ろう! 
と、あっさり趣旨替え。
チョコレートブラウニーといえば、これはアメリカの思い出。
つまり、英国に帰ろうと思ったけどバターが足りないので、アメリカに帰っちゃおう、てな感じ。(?)


そうと決まれば、今度はチョコレートブラウニーの材料と作り方をおさらい。
すると、
(え?! これもバターが足りないっ!)
なんと、10gほど足りないことが判明。

  なんてぇ~ことだっ!



            もう今日は、何もするの、やめよ。・・・・・・




ふてくされて寝てしまおうかと思いながらも、なんとなく台所のあちこちを探す私。
別にバターを探したわけではなく、ブラウニーを焼くにしたって18×18の型がないと焼けないし、その型だってくっついてしまうようだったらオーブンシートを敷かないと焼けないし・・・・・・。
(結局、今日は何も作れないということだよ、やっぱり・・・・・・)
と思いながらも、未練をひきずっていたんでしょう。

そして、ふと高い戸棚から取り出した缶の中を見てびっくり! 
d0046294_1440110.jpg

昔使っていたお菓子作りの道具! ありゃ~、懐かしい~! 
えぇ! クッキー型もいっぱいある! あ、これ使った使った♪  あぁ! オーブンシートもある~!

すっかり一人で盛り上がって、こりゃ“作れ”ってことだな♪ と再び心はブラウニーへ。
なぜショートブレッドでなくブラウニーかというと、ショートブレッドはバターが70gほど足りないけど、ブラウニーはあと10gだけだし、その10gはマーガリンを足してみよう、と思ったのだ。

そうなると、焼くための型、型、型、型・・・・・・・・と探して、やっぱり昔馴染みのガラス製パイレックスを見つけた。
ここに古びたオーブンシートを敷いてみると・・・・・おあつらえ~!!!
d0046294_14464725.jpg

あ~ん、やだ~、これはもう絶対に作らなきゃ~♪


使う道具や材料を用意し始め、まずは冷凍庫からクルミ(50g)を持ってくる。
d0046294_1449937.jpg

昨日買っておいたガーナチョコレート1枚を刻む。(時々つまむ) (/_^)
d0046294_14512622.jpg

バター(加塩)70gをマヨネーズ上になるまでよく練る。 (※砂糖:50g、塩:1つまみ、ココアパウダー:20g)
d0046294_1455353.jpg

次は卵2個・・・・・と思いながら、1個を割って“あら~!”と声を上げた。
こういう場合って、これで2個? 違うよ、もう1個割らなくちゃ・・・・・などと二人の私が慌ただしくクエスチョン&アンサーを繰り返す。
d0046294_151585.jpg

結局“黄身が2個”と書いてあるわけではないので、もう一つ卵を割ることにした。 (当たり前か・・・・・)
d0046294_1534992.jpg

卵と牛乳をよく混ぜておいて、(私は別々に入れたけど、)数回に分けてよく混ぜ合わせながら入れていく。

さて、ここら辺で“オーブンを160℃に温めておく”と書いてあるが・・・・・・。
ご存知の通り、レンジで焼かねばならぬので、今までのパン作りの失敗データを勘ピュータに呼び出して、レンジの回転テーブルから数センチ高くできないだろうか? と考える。
(そうだ! 魚グリルの網!)
と思いつき、レンジに入れようとしたら、・・・・・・入らない。(網が大きすぎるのだ。)
(おっ、じゃあパン焼きトースターの網!)
と思いつくが、これまた入らない。
なんてこった! レンジって大きいかと思っていたけど、意外に内サイズは小さいじゃないか。・・・・・・


考えあぐねて、底が焦げてもしょーがないかなぁ・・・・・・、と諦めかけた時、ピ~ン!
d0046294_15115021.jpg

おっほっほっほ・・・・・! これは蒸し器に入れる時の高足付きの底ざんす!
これならレンジの回転テーブルと同じ丸い形だし、この足の分だけ高くなりんす~!\(^o^)/

うわぁ~♪ まれに見るヒット! ヒット! ヒットパレード~! なんて浮かれながら、レンジを温めておくことにする。
あとはふるっておいた薄力粉(100g)とベーキングパウダー(小1/2)を、さっくり混ぜ合わせる。
d0046294_15174584.jpg

こうして出来上がった生地を、あとは型に入れて焼くだけ。
それにしても、このままでもおいしそう~・・・・。 (実際、おいしかったです)(^_^;)
d0046294_1519495.jpg

「いざ、頼んだぞ!」
誰に言っているのか分からないが、“160℃に予熱したオーブンで30分焼きます”と書いてあるところ、
レンジで10分にセット。 
d0046294_15222582.jpg

その後、ようすを見ながら9分で取り出した。
d0046294_15241661.jpg

ふ~ん・・・・・、やっぱり18×18の正方形の方がブラウニーっぽいよなぁ・・・・・・。
とは思うものの、厚みはこのくらいあってもいいんじゃないの? とも思う。

さて、切り分けて・・・・・お味は・・・・・・・!
d0046294_15284124.jpg

             うっふっふっふっふ・・・・・・・・・

                  いいんじゃないのぉ~?  ・・・・やるじゃない。


まるで勝ち越した力士の気分。(?)
  こりゃ連勝だよ・・・・・・、ああ、美酒に酔いしれる~・・・・・・。 (まだ飲んでませんが、念のため)





さ、次はショートブレッドだ・・・・と虎視眈々(?)と次の目標に向かう私に、応援のぽちっをお願いね~。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-05-28 15:51 | ■食生活
南方仁の「あんドーナツ」
ふふふ・・・・、作りましたよ。 江戸時代のあんドーナツ。

というよりも、TBSドラマ『仁』に出てくる“あんドーナツ”。


ホントに江戸時代に作られたかどうかは別として、ドラマの中では脚気を治す“おいしい薬”として作られたんですね。
セブンイレブンで売られているというのを知って、あちきは作ってみることにしたざんす。
だって、どーなつにあんこを乗っければ、よござんしょ?


ということで、わざわざスーパーまで材料を買いに行って、・・・・・というのはウソ。
本来は「ショートブレッド」を作ろうと思って上新粉を買いに行ったら“ゆであずき”が目に入り、急に思い付いたという、いつもながらの発作的挑戦。
d0046294_15375956.jpg

砂糖が三色なのは、ざらめをもっとこまかくしたような「砂糖の素」とブラウンシュガーとシナモンシュガーを使ったため。そして、強力粉と薄力粉を混ぜ合わせたのは、中が柔らかくて外側がカリカリの“オールドファッション”にするため。

1.バターは常温で柔らかくするのだけど、待ちきれない私はレンジで30秒ほどチンして、泡立て器でよーくよーく練って溶かした

2.そこに砂糖を3回に分けて入れながら、よーく混ぜ合わせる

3.次にたまごを3回に分けて入れ合わせたら、牛乳とバニラエッセンス(少々)を入れて混ぜ合わせる

4.最後に、ふるっておいた小麦粉(ベーキングパウダーも一緒に)を3回に分けて、ゴムべらでさっくりと混ぜ合わせて生地をまとめる
d0046294_15475319.jpg

5.打ち粉をふった台に生地を乗せ、厚さ1.5cm~2cmほどに麺棒で伸ばす

6.ドーナツ型で抜く (型がない場合、コップを大小2つ使ってもよい)
  ちなみに、あちきはコップ2つを使ったのだけど、だから何となく細くなってしまった・・・・と言い訳をしておく。
d0046294_15504584.jpg

末っ子ブーは、型を抜いた後の生地をまとめて、手でリング型を作ったのでどーしても美しくない。(けどおいしそう)

7.油は170℃~180℃で揚げる
d0046294_15542290.jpg

と、ホットな時間を送ったら、後はドーナツの上にあんこを乗せるだけ! (申し訳ねぇ、かなりのピンボケでぃ・・・・)
d0046294_1556928.jpg

しかし、なんだか笑ってしまうのはなぜだろう。・・・・・・


言っておきますけど、ドーナツは稀に見る上出来!
歯触りも味も絶品でごぜぇますよ。 外がカリッとして中がフワッとして・・・・・・・うぅぅぅ・・・・・・泣けてきやすゼ。
なんてったって、スイーツの初挑戦でこんなにすんなりと成功するなんざ、ここ何十年もなかったざんすからねぇ。
いやね、あちきも子どもの頃から乙女の20代前半くらいまではウマイもんでしたよ。
古~い型のオーブンがありましてね、それをよく使ってましたもんさ。
ところが25で家を出て独り暮らしを始めて、その間におナカさんが捨ててしまったんですわ。(たぶん)
オーブンが無くなって以来、パタリとスイーツを作ろうなんて気もおきなくなっちまいましてねぇ・・・・・。

ま、今回はフライパンで揚げるドーナツなんで、本来の才能が発揮されたってことざんすかねぇ~!
                                                      がはははは・・・・・!



は、ともかくとして、こんなに旨く出来た時ざんす。あちきが寂しくなるのは・・・・・・。
ああ、独りで食べるなんて勿体無い・・・・・・、誰か喜んで食べてくれる人がいるといいのになぁ・・・・なんて。
え? 味見をしてくださるって? じゃ・・・・・・、
d0046294_16194666.jpg



  たんと召し上がっておくれやす♪



これでもう脚気は大丈夫~!\(^o^)/ ・・・・・・????
応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-05-27 16:20 | ■食生活
階層の違い -同じ景色を見ていても・・・・・・
3日間家を空けていたので、(といっても夜には帰って来ていたが)なんとなく家の中の気が薄まっている。
出掛けることに集中するから掃除などしないし、着た洋服をベッドの上に“とりあえず”と置いておいたり、
買って来た物をテーブルの上に置きっぱなしにするから、なんとなく雑然とした感じになる。
料理もしないから作り置きはなくなり、出来合のコロッケなどを買ってしまったりする。
なんとなく、家も私もススけた感じになっている。・・・・・・


今朝は4:00、5:00、5:55と何やら切りのよい数字やぞろ目に覚醒し、
(なんだか縁起がいい・・・・)
と思いつつも、家籠もりの日なのだと思うと、伸びきったゴムのように気が緩んで起き上がる気になれない。
ラジオから流れてくる6:55の天気予報を聞いていたら、“関東地方は午後から曇りのち雨”などというから、
(こりゃ早く洗濯して干さなくちゃ!)
とシーツを剥いで掛けているガーゼケットを体に巻きつけたまま、枕カバーを抱えて下に降りてきた。

それらを洗濯機に放り込むと、ボーっとしたままコーヒーを淹れ、埃が目立つ階段に掃除機をかけ、結局家中のゴミを吸い取ることになる。
その合間には庭に出てお陽さまで体を暖め、ついでに食糧の(小松菜やトマトね)成長を確認する。


  はぁ・・・・・、元に戻さなくちゃ。・・・・・


ふと、そう感じる。
出掛ける日が続くとエネルギーが供給される感じがして元気になるのだが、一方では、なにか自分の中がバタついて、トーンを元に戻さなければと思うのだ。

さて、二階のベランダで布団を干す時、目の前にスモモの樹が見える。
毎日見ているはずなのに、ある日ある時ある瞬間、急に気付くことがあるから面白い。
今朝の発見は、・・・・・・今年はやけに実が付いている。・・・・・・    (クリックすると実がよく見えます)
d0046294_14414983.jpg

うひゃ~!! と心の中で叫ぶほどの数。
まだ青い実だから、周囲の葉の色に紛れてまったく気付かなかったけれど、やけに生っているではないかと目を見張る。でもこれで喜ぶのは早いのだ。
よく見れば実は小さいし、すでに色が黄色くなりかけているのは風に落ちてしまうだろうし(今までの経験上)、どれほどの大きな赤い実になるかは、これからが勝負。

(そうなると・・・・・、梅の木同様、スモモの樹の下も草刈りをせねばなるまいよ)
と思って下を見渡すと、スモモの樹の下よりも桜の木の下に目が止まる。
多い茂るアシタバの群生に唖然・・・・・・。
1階から見る景色と2階からの景色では、こんなに違って見えるものなのか。
フェンスに沿って群れるアシタバはもの凄いエネルギーを放ち、まるで足を踏み込むことができないほどのジャングルに見える。(フェンスの向こうの山側は、もっと凄いことになっている。) (クリックすると大きなジャングルになります)
d0046294_14482722.jpg

アシタバは、すっかりわが自然流庭園に根付いたようだ。
野菜が高騰して何も買えなくなったら、このアシタバを毎日食べれば何とか野菜不足は防げるぞ。・・・・・・

(でもなんだか今年は、あんまり食べたくないんだよなぁ・・・・・・)
少ないと食べたいと思い、たくさんできるとあまり食べたくなくなるという、なんとも身勝手なもんだ。
寝室に戻ると、今度は窓から見える梅の樹に目が止まる。

先日“枯れたような部分があちこちに見える”と書いたことを覚えているだろうか。
その部分から、赤い葉っぱが出ているのだ。・・・・・・いや、正確には“新芽が出ている”ということのようだ。
(これも大きくなります)
d0046294_1455397.jpg

へぇ・・・・・・、枯れた部分から痛みが広がることを心配していたけど、どうやら再生しているようで・・・・・・凄いねぇ。

とはいっても、やっぱり昨年よりは実の数が少ない感じがするのだけど。
それとも葉が茂っているからよく見えないだけなのか、と楽しみと不安が拮抗する。

考えてみれば、梅酒や梅シロップは青梅を浸けるのだから、もう収穫してもいいのかもしれない。
梅干しのことばっかり考えていたので、熟成するまで待たなければと思っていたのだが。・・・・・


   そうか・・・・・梅シロップ・・・・・・作ろうか。・・・・・・





明日から雨が降り続きそうだし・・・・・と悩むが何も用意をしていない。何やらドローンとしたままの私に応援のぽちっをお願いするでござる・・・・。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-05-26 15:26 | ■家庭菜園
私の食糧庫
もうすぐにでも梅雨に入ってしまいそうな気配におののいています。
一昨年だったでしょうか、梅雨に入る前の“春”がなかったため、日照不足で野菜が全滅でした。
今年もまた野菜が高くなるのではないか?・・・・と不安になります。

そんなこともあって、芽を出している苗が少しでも大きくなってくれればと願う日々なのです。
これは初挑戦の小松菜。
実は小松菜を食べたいというよりは、菜の花を食べたい私。
秋口には、そこら中にタネをばら播こうと計画を立てています。
d0046294_72161.jpg

こちらはやはり初のかぼちゃ。・・・・でもこれは、タネを捨てたら出てきていた芽。
ちなみに、私はあまりカボチャを好きではありません。
でもね、こうなったら好き嫌い言ってられませんからね、モリモリ食べちゃいますよ。(カボチャ料理を調べなきゃ・・・)
d0046294_721275.jpg

こちらは農業一年目に挑戦して失敗で終わっている枝豆。・・・・・はい、リベンジというところです。
当時よりは少しでも土壌が良くなっていることを願って・・・・・。
d0046294_722343.jpg

ここは・・・・・・雑草畑・・・・ではないのです。
写真をクリックして大きくしていただくと分かるのですが、何度も植えては消えていたペパーミントが、今年は庭のあちこちに勢力を広げ、その間に赤シソと青シソが出始めています。(青シソは見つけにくいのですが)

その合間をぬって植えたバジルやトマトは、無事虫に食われることもなく育っています。
ジャガイモは、芽が出てしまっていたものを“えいっ!”と適当に埋めておいたものです。
九州の方ではもう花が咲いているようですが、こちらではまだこの通り。
d0046294_724131.jpg

雑然としたこの場所、思いがけない所に思いがけないものが出てきていたりするので、ただ眺めているだけでも楽しくなります。

この苗たちの状態を見ていると、まだまだ太陽の光が必要・・・・・・。

今日は貴重な晴れ日だそうで、明日から来週は曇りが続くとのこと。
ああ、こんなことを聞くと私の心も曇ってしまう・・・・・・。





晴れろ~!! のぽちっをお願いね~。\(^o^)/
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-05-25 07:28 | ■家庭菜園
こうべを垂れる・・・・
本日は大雨注意報が出ている。
昨日の夜から降り出した雨は今も降り続き、そのせいか朝6時きっかりまで寝ていた。
というよりも、パチッと目が覚めて時計を見たら“6:00”という表示が目に入ったということ。

昨日から明日まで、珍しく3日続けて江戸参勤。
(もう6時だ!)
と少々焦りながらベッドを抜け出した。
家を出るのは10時過ぎだが、朝の業務(?)をこなし、ブログを更新して、朝食と普段項目に入っていない化粧、などと考えると4時間は決して多くない。

(朝は頭も体も動かない・・・・・・)
なんていいながらもっそりもっそり動いている私が、江戸参勤の日は殺気立つ侍のように動き回る。
なんだ、朝から動けるじゃないか・・・・・・。


さて、大粒の雨が降る中、庭の植物たちは一様にうなだれているのだけど、ひときわ目を引くのが南天。
                                       (クリックすると大きくなります)
d0046294_7453688.jpg

軒下に突っかかるほど背丈が伸び、適度に刈り込みをしながら枝間の風通しをよくし、好きなだけ大きくなってもらいたいと思っているのだけど、背丈が伸びた分、雨が降るとこうべを垂れる。
(なるほどねぇ、上に行くほどこうべを垂れる、か・・・・・・・・。)
物言わぬ植物から学ぶことは多い。

その南天、花をつける年とつけない年がある。
昨年は殆ど花を咲かせなかったが、今年は白い蕾をたくさんつけている。   (これも大きくなります)
d0046294_7455870.jpg

どうやら花が咲かないと赤い実もつかないということも、昨年知った。
考えると当たり前のことなのだけど、南天といえば毎年赤い実をつける、と思っていたのだ。
南天は邪気を祓い、縁起のよい植物と言われる。


縁起が良いという点では、四葉のクローバーも同じ。 (ちょっとだけ大きくなります)
d0046294_7461170.jpg

昨年野良ネコに荒らされた跡があり、球根がなくなっているようにも感じ、今年は出てくるかどうか心配だった。
たった1つの球根しか残っていないように思えるけれど、1つでも残っていてくれたことに安堵している。
ここからまた増えてくれるに違いないから。・・・・・・


この同じ鉢に埋めた百合の球根。
今まで畑に埋めていたのだが、なんども耕すたびに掘り返されてしまうため(私が掘り返してしまうのだけど)、とうとうここに避難させることにした。

順調に伸びていたのだが、なんと! 何者かに芽の部分を喰われてるっ!  (これもちょっとだけ大きくなります)
d0046294_7462046.jpg

写真を見て気が付いた。
(蜘蛛の糸が付いているじゃないか・・・・・・・)
蜘蛛が食べたのだろうか? 蜘蛛って百合の芽を食べるのだろうか?・・・・・・

これでは花が咲けないような気がするが、・・・・・・咲くことを祈りながら最後まで見届けたい。






雨の日は髪がくしゃくしゃになるから嫌なの~! としょげる私に、応援のぽちっをお願いね。(^_^;)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-05-24 08:17 | ■とりあえず日記
コーヒーの木レポート
2008年の7月下旬にコーヒーの生豆を播いて、芽が出てからまもなく3年になる。
幼少の頃に厳しい冬越えを体験させられ、その後仲間が一つずつ消えて行く中で、最後に残った2苗は今も元気にガバッテいる。 (前回までの成長記録


ここのところ、二階の寝室に置いてあった大きい方の苗が、一階の小さな苗に比べて葉の色が薄いことが気になっていた。私にしては頻繁に気遣って水をあげるようにしていたから、水が少ないわけではあるまい。
(逆に、水のあげすぎか?・・・・・・・)
とも考えたが、いやいや、どちらかというとカラカラ気味になってからあげているからそれもあるまい。

たぶん・・・・と考えられるのは、日当たりが良すぎること。

何でも日当たりが良きゃいいだろう、と考えていた私だが、観葉植物はカーテン越しの日差しがいいと聞き、
(そういえば、葉っぱが日焼けするとこんな感じにもなるなぁ・・・・・・)
と思い当たり、早速一階の小さい苗が置いてある隣りに並べることにした。
d0046294_7324849.jpg

小さい苗は背丈こそ小さいが、葉っぱは大きくて色が濃く、見るからに元気そう。
d0046294_732356.jpg

このコーヒーたちにも化学肥料は与えていない。
三年目にしては小さいのか標準なのか、判断のしようがないのだけど、これからの季節は成長期になるので、ちょっと楽しみにしているのだ。



ところで余談だけれど、2階の空いた場所に1階から持ってきたこの鉢。
d0046294_733865.jpg

これ、実はシクラメン。そこにアジアンダムが、まるで押しかけ女房のように突然現れて居座ってしまった。
丸い球根は枯れているようにも見えるけど、葉が生い茂る時季もあり、立派に生きている。
シクラメンは水分を控え気味にあげた方が良いような気がするし、アジアンダムは湿っていた方がよいという。

なぜにそんな二人が・・・2つの苗が同居してしまったのだろう。・・・・・・

   ま、それがこの世の常か・・・・・・・。





コーヒーの苗が大きくなるように、応援のぽちっをお願いね!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-05-23 08:26 | ■とりあえず日記
惨敗っ!
昨日の朝の話から。
実は、2度目のパン作りを始めていた。

[トースター]の選択が失敗の原因であると分析した私は、今度は[レンジ]で焼いてみよう、と決めていた。
そうすれば成功する!

人間は希望があると活力が出る。
起きぬけのパジャマのまま、計量した材料を合わせて捏ね始めた。
(今度こそ、一次発酵で膨れろ~!)
との思いを込めて。・・・・・・
d0046294_1257104.jpg


6時間後、あまり膨れていない。

8時間後、変化なし。

ここで次の行程に入るか、それとも放置するかの選択に迫られる。
(今回は膨れるまで待ってみようか・・・・・・)
と放置プレイを選択したのだけど、予感としては“膨れない”という不吉なものであった。


ここからが今日の話。
朝起きてすぐにボールを覗きに行くと・・・・・・・予感的中! (こういう時ばっかり当たる)
d0046294_1322835.jpg

仕方がないので、ガス抜きをして二等分にし、もう一度よく捏ねて90分置く。

二等分してある内の1つを、今回は[レンジ]ボタンで焼いてみることにした。
一応10分の設定にはしたが、ガラス窓から様子を見ながら時間は調整することにする。
d0046294_13101662.jpg

もう一つの方は、さらに2つに分けて1つを蒸し器で蒸してみることにする。
蒸しパンの材料とは違うけれど、
(ひょっとして中華街の中華まんじゅうの皮のようになるんじゃないか?)
なんて思ったのだ。
d0046294_1395379.jpg

残りの1つは、平たく伸ばしてスライスチーズを挟んでくるくると巻いた。
(焼き方はどうしようか・・・・・・)
と考えている内に、レンジの方から何やら香ってきた~♪

  ・・・・・しかし、なにやら・・・・・・なんだ?・・・・・・・焼けてる匂いとは違うような・・・・・・・・


レンジの窓から覗いて見ても、底の部分は黒くないし表面も焦げていないし、なんだかよく分からない。
しかし、刻一刻と漂ってくる香りの質が明らかに変化している。
(だめだめ! もう我慢ができない!)
10分まで待てずに、9分50秒で扉を強制的に開く。

すると、やっぱり焦げていないが、いかにも水分が飛んでしまったようなお肌・・・じゃなくて、表面。
ひっくり返しても焦げてはいない。
でも、絶対に何かがおかしい!
と、半分に切ってみた。

                   ひぇぇ~っ!・・・・・・・・・・・・・

心の中で絶叫をあげるも、声が出てこなかった。
d0046294_1318955.jpg


これぞまさしく“想定外”!
レンジというものは、中から焼けていくのだということを初めて知った。・・・・・・

ええ、ええ、それでも食べてみましたよ。
まるで乾パンのようにがりがりして、おいしゅうございました。
でも、あっつい内に食べないと“がりがり”度合いが増すから、歯の弱い人にはお勧めできやせん。・・・・


ああ、もうこの時点で疲労感がドッと湧き出て、蒸し器の蓋を開けたくない気分になっている。
けど、もう蒸しちゃったからねぇ・・・・・・・・、と仕方なく蓋を開けて箸で挿してみると、どうやら蒸し上がったようだ。
けど見た目はふっくらと膨れているわけでもなく、なにやらボテッと重そうで食欲が失せる。

d0046294_13383916.jpg
(はぁ~・・・・・・)
ため息をついて端っこを包丁で切り取り、口の中へ。

  おや?!・・・・・・ これは、パンじゃないかぁ・・・・・!

と驚いた直後に、“そうよ、私はパンを作っているんじゃないの”と思い出した。 ・・・やんなっちまうよ、まったく・・・。


そこで、表面の水分を飛ばしてパンっぽくするために、トースターに入れて焼いてみることを思いつく。
様子を見ながらひっくり返す。
すると、なかなかパンらしいものになった。
d0046294_13365151.jpg

これらの結果から、スライスチーズを巻き込んだパンは、数分間レンジで加熱し、その後トースターで焼くというコースに決定。
トースターでは、数十秒ごとに転がし、こうして出来上がったのが、これ。
d0046294_13442646.jpg

おお! これはなかなかイケテそう。・・・・・・

失敗続きでほとほと嫌になってきている自分を奮いたたせ、チーズパンの味見をする。
d0046294_13464499.jpg

うん、うん、悪くないよ・・・・・・、いいんじゃないの?・・・・・・・・。

と思いながらも、いかんせん失敗が続いているので、当分パンは作りたくないと思う私であった。・・・・・・
d0046294_13491174.jpg





でも次には液種をもっと常温に戻してから使ってみよ!・・・なんて懲りない私に、応援のぽちっをお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2011-05-22 14:04 | ■食生活