<   2010年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧
シャンプーの香り~♪
昨日はとっても良く晴れました。
道路脇の雪もどんどん溶けて(といっても無くなることはありませんが)、車もスイスイ走れるのは嬉しい限りです。

「今日はクックをお風呂に入れるから!」
と宣言すると、おナカさんも
「こういうあったかい日に洗ってあげるといいよ」
と、すんなり許可が下りました。

クックはおナカさんにお風呂場に連行され、そこで私が待ち構えるという算段です。
もっと嫌がるかと思ったら、意外に神妙でシャワーを当てながらマッサージをしてあげると、瞼を半開きにして気持ちよさそう。
それでも緊張しているのか微動だにせず、右側をピッタリ壁にくっつけています。

お湯だけで一度洗いした後、手のひらにシャンプーを泡立てて首筋から頭、背中、両手両足というように
「マッサージだよぉ、気持ちいい? 気持ちいいねぇ~♪ クック~♪」
と話しかけながら洗い、すっかりすすいだらバスタオルでゴシゴシ全身を拭き、するとクックがブルブルッ! と体を振って水滴を飛ばし、再び私がゴシゴシ拭いて、ブルブルッ! ゴシゴシッ! ブルブルッ! を何度も繰り返して、ようやくストーブの前に来て落ち着きました。

はぁ~・・・・・・・、私、実はとっても疲れたの・・・・・・・・・。
d0046294_12335967.jpg

クックはもこもこの毛皮をまとっていますけど、お風呂上がりはまるで子ヤギのようなのです。
その変貌が可笑しくて、私はなんだか見るたびに笑ってしまいます。

    なぁ~に? なにがおかしいのぉ? ・・・・・・・なんで笑ってるの?
d0046294_12304425.jpg

え? みんなどーして笑うの? 
d0046294_12382555.jpg

首輪も濡れているので外し、新しい物に付け変えました。
リードをつけておかなくてもいいのに、と思うのですが、
「だ~めだめ! クックはすぐあちこち行っちゃうから!」
と両親の強固な反対にあい、仕方なくクックは繋がれたまま。

「私、お散歩に行きたいの」
というクック。
「まだ乾いてないから、ダメ!」
と、なかなかお許しが出ず、ストーブの前で座って待つこと1時間。

ようやく3時頃になってお散歩の許可が降りました。
ほらね❤ だいぶ、ゴ~ジャスな毛並みが戻ってきたでしょ?
d0046294_1250858.jpg

せっかくお風呂に入ったクックは、雪が深く積もった所ばかりを歩きます。
「もう~、汚れちゃうじゃ・・・・・・」
と私が行った所で、
「だって雪の上を歩くのが好きなんだもーん♪」
とクックはヘイチャラ。


今朝も雪かきをしている私たちを見守りながら、やっぱり僅かに残っている小雪山に上っているのでした。
d0046294_136567.jpg




皆さま、良い大晦日をお過ごしくださーい! 今年最後のぽちっをお願いね~!\(^o^)/
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-12-31 13:06 | ■岩手県宮守村 | Comments(12)
雪の中を泳ぐ
朝夕の一日2回クックの散歩をしますが、どちらか1回は私が一緒に行くことにしています。
「散歩に行く?」
と聞くと大喜びで尻尾を振り、リードを付け変えるとダッシュで走り出します。
この時季、特に雪が降った後などは滑らないようにと、どうしたってへっぴり腰で坂道を駆け下りることになるのです。


昨日は比較的日照時間が多く、アスファルトの雪はほとんど溶けました。
ところがクックは、雪の上を歩くのが大好きです。
しかも体が埋まってしまうほどの深い雪が好きなのです。
地元の道に私よりも詳しいクックは、雪が積もって誰も足を踏み入れていない道に、大喜びで飛ぶように走り込んでいきます。
d0046294_210932.jpg

彼女にとって、私は何でも言いなりになるしもべ。
その上、美味しいおやつをくれるし、マッサージもしてくれるし、
「かわいい~クックぅ~♪」
と誉めちぎってくれます。


クックは除雪された公道から、両側が大きな樹で囲まれた横道に、短い脚を目いっぱい持ち上げて走っていきました。
私も引っ張られるようにして一歩踏み出した途端、ズボッと膝上まで雪に埋もれます。
(マズったかな・・・・・・!)
という思いがチラリと掠めたのですが、雪に埋もれて歩くこともあまり無い経験だし・・・・と、半分面白がって進み始めたのが間違いでした。
約100mのいつも通り慣れた道は、田んぼとあぜ道の境が分からなくなるほど、すっぽりと雪に覆われてまさに一面の銀世界。

膝上の雪は、時に太もも辺りまで深くなり、足を持ち上げて前に進むのもやっとの状態。
クックも最初は兎のようにぴょんぴょんと跳びはねていましたが、その内にまるで泳いでいるように、首だけ出してひさすら前進。
(こんな所で遭難したくない・・・・・・・)
遭難なんてしないでしょうが、一切の音と色が消えた世界はなんとも異質で怖いものを感じます。
d0046294_89732.jpg

途中、来た道を戻りたくなりましたが、後ろを振り返ればすでに半分ほどまで来ています。
ならば前進するのみ、と
「クック、がんばれ~! ・・・・・もうすぐだっ! ・・・・・・1・2・1・2!・・・・・・」
ほとんど自分を励ますようなものですね。

やっと除雪された農道に出ると、私もクックも“はぁ、はぁ・・・・”と肩で息をしながら
「よく頑張ったね~!」
「おねぇーちゃんもがんばったじゃないのぉ」
といっていたかどうかは別として、その後クックは一切道草を食わず帰ってきましたので、やっぱり深雪の大行進はかなり疲れ、同時になにやら達成感を味わっていたのではないか、と想像するのです。


こうして、クックと私は絆を深めています。(笑)







これからも遭難しないように、(笑)応援のぽちっをお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-12-30 08:20 | ■岩手県宮守村 | Comments(12)
今日は楽です
「クック! クック! おはようっ!」
おナカさんがクックに呼び掛ける声で目が覚めた。
同じ部屋に寝ているわけではない。
隣りで寝ているおナカさんの声が目覚ましになるわけだから、いかに目覚めから元気な声であるか、ご想像がつきましょう?

クックはおナカさんのベッドで一緒に寝ている。
おナカさんが起きた後は、呼ばれるまでベッドで待機しているんだそうだ。
d0046294_1846563.jpg

そして呼ばれると、カチャカチャカチャ・・・・と滑りやすいフローリングの床に、爪の音を立てて走って来る。
その後、玄関に向かって情けなさそうに座っているのだ。
d0046294_1993459.jpg

「どーしたの? クック。何か悩みがあるの?」
と私が話しかけると、おナカさんは
「おしっこに行きたいから、そこで待ってるんだよ」
あらぁ・・・・・・・、なんだか背中を丸めちゃって、悲しそうじゃないの。・・・・・
クックをすぐおしっこに連れて行ってあげたいのは山々だけど、外は再び雪が降り積もっている。
チョロっと外に連れていくだけでも、コートを来て手袋をはめて長靴を履いて・・・・・と準備をしなければならない。
窓から見える軒下には、いまにも屋根から落ちて来そうな雪の塊が見えている。(※クリックすると大きくなります)
d0046294_1847925.jpg

落ちる瞬間を見ようと、昨夜積もった雪をかきながら待つことにする。
外から見ると、こんな感じで分厚い雪が垂れ下がってきているのだ。(※これも大きくなります)
d0046294_18473783.jpg

長い長い坂道の雪をかいて行きながら、もちろん雪かきだけをまじめにやるわけがありません。
ちゃんともう一つ、雪だるまを作りました。それもボインだるま。
「は~い! 私がボインだるまよ♪」
d0046294_1848351.jpg

よく分からない? じゃ、横から見て~❤
d0046294_18483447.jpg

あらぁ、胴回りの太さもバレちゃったわ・・・・・・・。





私の胴回りも・・・・・・・こうなっちゃまずいけどぉ、(^_^;) ボインだるまに応援のぽちっをお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-12-27 19:57 | ■岩手県宮守村 | Comments(8)
未だかつてない大雪!
朝目覚めると、窓の外に見える色は白一色。
柔らかそうな雪一面は美しいけれど、5-60cmの積雪はすべてを飲み込んだようにも見えて微かに恐怖のようなものを感じます。
右端に何やら大仏の横顔のような物が見えますが、あれは昨日作った雪だるま。・・・・ (※クリックすると大きくなります!)
d0046294_14111264.jpg

車も丸のみされています。
d0046294_1422512.jpg

とにかく朝食を食べながらも、みんなで“こりゃ凄い雪だ”のフレーズを連発し、
「雪かきしなきゃ、どっこにも出ていけないよ」
「ああ、困った」
散々嘆き、愚痴り、家族総出で(といっても三人ですが)、雪かき大作戦が始まりました。
なんといっても意気揚々と出動するのは、マモル君。
d0046294_1417060.jpg

この光景を見ながら、私の頭の中はゴジラのテーマ曲でいっぱい。

私はといえば、雪かきスコップで玄関周りの雪をかき始め、ゴジラの・・・トラクターが雪を運んだ跡の氷になりかけている雪をはがしたり。・・・・
d0046294_1419428.jpg

最後に家から出てきたおナカさんは、クックに“おしっこ”とせがまれて近場で済まそうとしますが、クックは散歩に行きたくてたまりません。それでも大仏だるまの横で大雪をボー然と眺めるおナカさんの傍で、クックもしばし立ちつくします。
なぜかこの光景を目にした時には、私の頭の中のBGMは「冬のソナタ」が・・・・。(※これも大きくなります!)
d0046294_14273385.jpg

とにかく庭中・・・・と言わず、どこを見ても雪だらけですから、かいた雪を捨てる所もありません。
マモル君は雪をどんどん庭の前面に積み上げていくから、すっかり雪壁ができあがってしまいました。
「これじゃさ、・・・・雪を捨てに行く時間が勿体無いよ」
赤いソリのような物に積んで、3-40m離れた場所まで押して行って捨てるのです。
雪をかくだけでも疲れるのに、それを押して行って捨てる体力が勿体無いったらありゃしない。

ということで、雪壁に「穴」を開けることにしました。
「ここにさ、道を作ってここからすぐ捨てられるようにすればいいよ」
私は説明して、おナカさんと二人で突貫工事にかかります。
はぁ・・・・はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・。
夢中になって壁を壊していると、なんだか妙に可笑しくて二人で“むふふふ・・・・”と笑い出し、どんどん可笑しくなっていって、笑いながら
「なんで笑ってんのよぉ!」
とおナカさんに聞くと、
「ブッふっふっふっ・・・・・・、だって・・・・・・・・、ああ! やんなっちゃうなぁ!」
とおナカさん。

私はここに住みたい訳じゃなかったのに、お父さんは好きで来たからいいけどさ、なんでこの歳になって、こんな労働をしなきゃならないのよ! もぉ~! やんなっちゃう!

てな所ではないか、と思います。
それを“怒り”という表現ではなくて、“笑い”になる所がこの人の凄いところ。
そして母娘というのは、なぜか笑い虫が感染しやすいのです。

とにかく、やりましたさ、女二人で突貫工事。
d0046294_1531251.jpg

おナカさんの両側の高さの雪壁だったわけですね。
私は壁を崩しながら、急にチリの鉱山の人たちのことを思い出していました。
「チリの人たちさ、こうして穴を掘っていたのかしら・・・・」
ぜいぜい言いながら、髪を振り乱すようにして、とにかく壁を崩そうと掘り続けます。
その姿を見て、またおナカさんが“ぶふふふ・・・・”と笑いながら掘っています。
その“ぶふふふ・・・”と笑いながら掘っているおナカさんの姿が可笑しくて、私はさらに笑って苦しくなります。
という具合なわけです。・・・・・・

一応、突貫工事完成記念に私も一枚。
d0046294_19593940.jpg

この時、もう私はフラフラでした。
途中、母が家に入って、草餅や粟餅大福を温めて半分ずつ与えてくれたので、一応空腹は避けられていました。
けれど何しろ座ることもなく、このように3時間も4時間も労働をすることなど日常の生活ではありませんから、疲れをドッと感じた途端にギブアップ。・・・・・


その私にひきかえおナカさんは、
「ああ・・・、お母さん、もうダメだ! 疲れたからちょっと休むから」
と家に入り、私に食べ物やらお茶などを与えた後、(もちろん自分でもしっかり食べて)再び外に出てからは、延々と坂道の残雪をかき続けます。
d0046294_2093435.jpg

よっぽど私なんかより、体力も気力もあるのです。・・・・・・・
    (手前はおナカさん、奥のトラクターはマモル君です)






私だって、ちょっと雪をかいたのよ。
d0046294_20115777.jpg




明日はあんまり雪が積もらないように、・・・・・・・応援のぽちっをお願いね。(一人一)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-12-26 20:23 | ■岩手県宮守村 | Comments(10)
イブの夜~ホワイトクリスマス
イブの夜。

私は江戸で労働をした後、華やかな銀座の真ん中にある金春湯でひとっ風呂浴びていくことにしました。
するとこの日は“ふれあいデー”とかで、な、な、なんと、100円っ!
(え~・・・・100円でいいんですかぁ~
と心の中でお礼をいいながら、なんだかサンタクロースからプレゼントをもらった気分。

すっかり100円で気分もリフレッシュした私は気を良くして、神田洋食店(だったような・・・・?)というお店に入り、ガッツリ“肉”を食べたい気分でした。
d0046294_1214113.jpg

席に案内されてふと気付けば、なんだかカップルが多いような・・・・・・・

              

ああ、イブの夜なのねぇ・・・・・・。
と気付いた私は、昔のように“羨ましい”という気持ちも湧かず、
(へぇ~、こんな男がいいのかぁ・・・・・・・。まぁねぇ、どっちもどっちか・・・・・・)
なんて心の中で、一人ガールズトークをしながら観察している自分に気が付きました。
(ああ・・・・・、私もそういうお年頃になってしまったのね・・・・・・)
嬉しいんだか悲しいんだか。

やっぱり、嬉しいんですね。一人でもこんないい雰囲気の中で、こんなに美味しい食事が出来て。
「ハンバーグとオムライスのミックスディッシュ」なる物を(もちろん、生ビールとともに♪)注文しました。
d0046294_12142838.jpg

これを、隣りの女二人連れの
「ウチの会社、ゆるいよねぇ~」
「ゆるゆる~」
なんて会話を小耳にはさみながら、さらに一つ向こうのカップルの男性が手にしているネクタイ(プレゼントらしい)が目に入り、
(あのネクタイ・・・・・どーなの? ・・・・でも、ま、嬉しそう(?)に笑ってるからいいか・・・・・)
なんて思いながら、私はなんだかビールを飲みながらイイ気分。
食事が半分ほど進んだところで、文庫本を取り出してゆっくり食べながら時間を潰しました。

夜行バスは秋葉原から10時55分に出発します。
お店を5分前に出れば間に合います、が、右隣に男の二人連れが座って
「女って、結婚すると変わるっていうじゃ」
「子どもが生まれると、それだけ!って感じになるらしいね」
「なんかさ、女ってさ・・・・・・」
と、どうやら恋愛と結婚についてのボーイズトークが始めたのを機に、私は場所を買えることにしました。
(ふ・ふ・ふ・・・・・、いつでもネーサンが教えてやるよ・・・・・)
まだ青い男子二人組を可愛らしく感じながらも、
(アホらしくて聞いてられんがな。・・・・・)



さて、東北はニュースで見た通りの大雪で一面銀世界。
夜行バスは厚い遮光カーテンで窓を覆われていて外の様子が分からないのですが、前面のカーテンが開かれた途端、車内から静かなどよめきが上がりました。
“うわぁ~・・・・・・!”
d0046294_12145317.jpg

予定よりも1時間以上遅れ、バスの停留所に車で迎えに来てくれていたマモル君はご機嫌が悪悪。
そんな最悪の雰囲気の中、おナカさんとクックは健気に気を遣うから、私も一緒に気を遣うふりをします。
(怒ってもショーガナイわさ、雪と事故で遅れたんだから。・・・・・)
と思っているのだけど、
「ごめんねぇ、遅れちゃってさ・・・」
と申し訳なさそうに言いながら、
(なんでアタシが謝ってるんじゃ?)
と思っているわけです。


家に着くと、早速ご機嫌とりのために雪かきを始めました。
というよりも、雪だるまを作りたかったのです。
私が外に出て雪かきを始めると、クックが遊びたくて飛び跳ねています。
「クックぅ~ お散歩に行きたいのぉ~?」
行きたい! 行きたいっ!
「じゃ、行くぅ~?!」
行く! 行く! 早くぅ~!
d0046294_12175439.jpg

というわけだから、私は雪かきもそこそこにクックと散歩にでてしまったのですが、とにかく一面真っ白。
クックは嬉しくて駆け出すし、私は引っ張られながら滑らないように走るのが精一杯です。
d0046294_1217134.jpg

彼女は(クックは)、私と散歩すると全力疾走が出来ることを覚えているのです。(以前は出来たのだ)
けれど、・・・・・・・
「クックぅ~、もう走れない! 走れないから!」
私はものの1分ももたずに降参宣言をしました。
その時のクックったら、・・・・・・チラリと私を一瞥して走るのを止めました。
なによぉ・・・・・・つまんない・・・・・とでも言っているように。



戻って来ると、おナカさんが雪かきを始めていました。
そして、マモル君も家の中から出て来ていました。
東北は、どこの家も老夫婦が雪かきをしています。
(じゃ、私もやらなくちゃな・・・・・・)
と、雪だるまを作りましたぁ!

                  ジャーン ♪
d0046294_1345596.jpg


今夜は、早く寝よ。・・・・・・



徹夜明け(予行バスは殆ど眠れない)で雪かきをガンバッた私に、応援のぽちっをお願いね。ヽ(^o^)丿フレーフレー!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-12-25 13:47 | ■岩手県宮守村 | Comments(6)
出発前の一日
早い! 早いっ・・・・・・、時間が経つのが早い!

もう太陽が西に傾いている! (と言っても、まだ13:30なのだけど)

そろそろ布団を取り込まないといけないし(今年最後の布団干しだ・・・・)、
そろそろ宅急便の集荷をお願いしないといけないし、
お風呂に入ったら、お風呂を洗って、ついでに今日着た服の洗濯はしておいて、持っていく物を忘れないようにバッグに詰めて・・・・・・、と考えると気ばかりが焦る。

そうなのだ、明日の夜にはバスにのって雪国に旅立つのだ。

しかし、それにしても今日も暖かい。
網戸にしていても全然寒くない。
こんなに暖かくて幸せな気分でいられるこの地を去るのは、ヒジョーに未練が残る・・・・・・・。
というと、永遠に旅立つようではないか。
そうではないよ、年末だけだよ。
しかし、今年の年末はちと長く居過ぎかな・・・・・という一抹の不安もある。

親の所に行って和気あいあいムードで親の(特に父親の)ご機嫌がいいのは最初の内で、その内に雑に扱われ始める。
ま、それはそれで仕方ないけど、毎日勝手気ままに暮らしている私は、親といえども多少の気を遣っている。
証拠に、滞在日数が長くなると疲労感が増してくるし、親たちに合わせて早起きができなくなってくる。
それにさ、おナカさんは平均して面白いだけだけど、マモル君が癇癪を起すとねぇ・・・・・。
いやなのよ、大声で怒鳴る男は。・・・・・・・ (だから結婚しないんだからさ・・・・・)(;-_-)

と、このように行く前のワクワクと一緒に、はぁ~と溜息が出ることも想像してしまうわけ。



な~んて考えていても、あっ! という間に帰って来る日になって、来年が始まっていると思うけど。・・・




そんな短い年末の課題として、宅急便にこれを一緒に詰めることにした。
d0046294_13375962.jpg

なんだか分かるかなぁ~♪  

     え?  抱き枕?


         はっずれ~!



正解は!・・・・・・・・・・・・




















ブックカバぁ~! (ハードカバー用)

d0046294_13401134.jpg

ご存知の方も多いと思うけれど、『ハリーポッター』の中に登場してくる・・・・・・・なんだっけ?(^_^;)
牙をむき出してガゥガゥ言いながら走り回る本。
あれがブックカバーになっているのだ。
そう、ハリーポッターグッズというわけ。
昔買った時には“無駄遣いしたかも・・・・”と思いながら仕舞ったのだけど、今になってこうして持ち歩きたくなり、
(買える時に買っておいて良かった!)
と思える。

買ったはいいけど全然使ってない、という物が結構多い中で、無駄遣いとそうでない物に分かれる境って何だろう?




・・・・・・いつまで経っても、この品を見ると何だか嬉しい物、自分を幸せな気分にしてくれる物、

                   そういう物は“無駄遣い”じゃないよね、きっと。・・・・・・・






ひぇ~! まだ年賀状の一言書きが残ってる~・・・・・・。汗汗焦の私に応援のぽちっをお願いね~~~!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-12-23 14:01 | ■とりあえず日記 | Comments(14)
落ちている・・・・・・!
昨日の皆既月食は快気月食とならず、天気予報通り厚雲に覆われてしまった。
さらに夜も深まるにつれて稲光が夜空を突っ走り、ガラガラガラ・・・・と激しい音響も加わった。
(この季節に雷って鳴ったっけ・・・・・・?)
なんて考えながら深くは追求せず、しばしテレビなどをボーっと眺めていたが、灯油代も電気代も勿体無いので、さっさとベッドに入ることにした。

一夜明けて、目覚めると窓の向こうにひときわ輝く星が見えて(たぶん金星?)、雨が上がったことを知った。
しかし相変わらず、洗濯物干し部屋にしている天井は雨漏り跡がしっかりとついて、日増しに大きくなっている。

そんな様子を眺めて階下におり、カーテンを開けて庭を眺める。
すると目に付いたのが、地面に落ちているトマト。
d0046294_8394326.jpg

ここのところ、ホントの冬になりつつあったから、トマトの色づき具合もかなりスローになっていた。
緑色が抜けて、黄緑色が白っぽくなり、さらに温度が上がれば
(赤くなるかも♪)
と期待が持てるのだが、これだけ寒い日が続いてくるとダメかもしれない・・・・・などと思っていた。

落ちたトマトの上には、まだ5-6個のトマトが枯れた葉っぱに囲まれてガンバッテくっついている。
d0046294_8395575.jpg

落ちたトマトを拾ってみたら、ぶよっとしている所があって諦めた。

さらに、レモンも落ちていた!
これには驚いた。
未だかつて、レモンが落ちたところなんて見たことがなかったからだ。
レモンはしっかりと枝にくっついたまま腐ることなく熟す一方、鳥にも食べられないし、宝の木のようだった。
それが落ちるなんて・・・・・・・!
d0046294_840693.jpg

このレモンも取り上げてみると、下の部分がグジャッと腐りかけていた。
それでも未練たらたらの私は、何とか半分でも・・・・・と思いながら実を触ってみると、内部はほぼダメであることが感じられた。
一応解剖してから捨てるという方法もあるけど、どうせダメならばこのまま土の上で朽ちてもらうことにした。
それだけ昨夜の暴風雨は凄かった、ということも言える。

でも、レモンの木に関しては・・・・・・・・、
(実がなり過ぎているのだろうか・・・・・・)
ミカンがたくさんなったという話をした時に、“実がなり過ぎると落ちる”という話を思い出した。
d0046294_8404550.jpg


全てのレモンが落ちずにいてくれるだろうか・・・・・・。
一抹の不安がよぎるが、
(今から心配しても仕方がない・・・・)
と考えることを止めて、冬至の空を見上げた。


  さぁ・・・・・今日は陰極まる日、これが過ぎれば、日が伸びていくのだ。・・・・・・





初体験が尽きない自然界。これ以上レモンが落ちるな~! えいっ! と、応援のぽちっをお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-12-22 08:42 | ■家庭菜園 | Comments(10)
マイライフ
数日おきに脚立のてっぺんに登り、オレンジ色に染まった金柑を摘みます。
金柑は、まさに“摘む”という表現そのもので、一粒一粒を選別しながらブチッ! と引っ張るのです。
出来ればヘタが取れて、実にポツンと穴が空いている状態で収穫した方が、洗ってすぐに煮ることができるので、
わざとブチッ! と引っ張るわけです。

d0046294_11433754.jpg
ところが時には、脚立を立てた足元の一か所が柔らかい土で、ズブッと脚立がのめり込み、途端にバランスが崩れ、ブチッの瞬間にグラリとしたりするわけです。

だから、ズドン! と地面にたたきつけられないように、左手は金柑の枝を握っているわけですが、これらの細い枝がどこまで私の体を支えてくれるかは………想像がつきます。
地面に叩きつけられない代わりに、数多の細い枝が私に刺さってくるに違いないのです。

そういうことをすべて想像した上で、覚悟をしての収穫、というよりも私の生活そのものが、そういう綱渡り状態。・・・・・・





最近、夜中によく目が覚めます。
ハタっと目が覚めて、来月の支払いが頭の中を駆け巡るのです。

健康保険の滞納3カ月分・・・・・・、暮れに岩手に行く交通費分の引き落とし・・・・・・、固定資産税・・・・・、PASMOカードの支払い・・・・・・これが止められたら生活できない。・・・・・

PASMOカードでは、交通費と京急スーパーなどでの買い物すべてが可能です。
だから現金を持っていない私でもこうして生きていられるのです。
けれどその分、残高が足りなくて使用ができなくなるという事態は、何が何でも避けなければなりません。
電気代、ガス代などもこのカード1本に絞っているので、月に7万や8万には簡単に達してしまいます。
収入が7万前後(交通費を除いて)の私にとっては、毎月どきどきの綱渡りなわけです。

こういうことを考えていると、スポッ! と簡単にウツの穴に落ち込み、こうなると
「死にたい・・・・・」
という死にたい病になりますから、とにかくウツの穴に落ちないようにする工夫が必要です。
昨年の年末は、交通費が出せないという事実を理性的に受け止めて、初めて一人の年末を過ごしました。
今年はやけっぱちで親に会いに行きます。


こうして帰れないと言っている内に、万一親が亡くなってしまうということもないとは言えませんから、この世に存在している内に、なるべくたくさん会っておきたいと思いました。


けれど、金銭的なストレスというのは、健在意識では“ケセラセラ~♪”を装っても、深い所で強いストレスになっていることは確かで、体調を崩しやすくなったり背中が痛くなったりという症状が出てくるのです。
「病院に行けば?」
なんて簡単に言ってほしくないんですね。
治療代でさらに首が締まるんですから。

・・・・・・健康保険料をどうにか支払っても、病院に行けないという人、多いと思いますよ、今の日本。



どなたか政治家さんが、「1500万円は高所得者ではない」と言ったそうですが・・・・・・・。
そういう金銭感覚の人は、国民のために政治家を辞めて下さい、と言いたいです。
名古屋の河村さんのように、まず政治家全員が年収800万にして、交通費のパスを止めて旅費精算を行うことを実施したらどうですか?


先日の『相棒』は、決してドラマのストーリーではありません。
私も「一軒家に住んでるの?」とよく言われますが、築35年以上経つ家はボロボロで、雨漏りもすれば床もきしみます。
住んでいる人間が責任を持って修理をしろ、とか、もっと土地を生かせ、とか言う人もいますけど、板1枚買うにもおカネがかかるのです。そのために、散々就職活動もしましたが、年齢(数字)で切られます。

『相棒』では、経験がなくて仕事が取れないと言っていましたが、違いますよ。
経験があっても技術があっても関係ありません。
数字が少なくないと(若くないと)必要ではないのだそうです。



ま、こんなことを言い出したら切りがないし、大半の人は一応食べる心配はしなくて済む人が多いでしょうから、そういう人たちにとっては愚痴にしか取れないでしょう。

だから、ゆるゆると気楽に生きていくんだ・・・・・と、自分を暗示にかけて凌ぎ生きていくしかないわけです。
このブログも、私にとってはそのツールの一つです。
いよいよパソコンも使えない、インターネットも見られないとなったら・・・・・・、想像するのが怖いです。



私が死ぬ時には、真実をなるべく多くの人に知って貰いたいと思っています。




年末のせいか、なんだか遺言っぽくなってしまいました。

金柑を摘んでいたら、グラリグラリと揺れるたびに
(私の人生そのもの・・・・・)
と感じて、このような流れになってしまいました。


でもグラリと揺れながら、しっかり一粒ずつ実を摘んでいますけれどね。・・・・・・・・






今日は皆既月食! 4:40~5:55にかけて見えるらしい! 北海道と東北はね・・・・・・。(-_-;) シュン・・・・気味の私に応援のぽちっをお願いね。・・・
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-12-21 12:37 | ■とりあえず日記
野鳥の森
ワイルドな自然が残るわが庭園(?)は、さまざまな鳥が遊びに来ます。
その鳥を狙って、野良猫もわが物顔で歩き回るのは困るのですが、
「猫がいるとネズミがいないよ」
と言われたことがあるので、それでは野良の侵入も多少は許してやるか・・・・と思うようになりました。
d0046294_9273655.jpg

どうです、目の前に何かがハラハラと落ちてきたと思うと、こんな鳥だったりするのです。
机に座っている私は、鳥に気づかれないように手元のデジカメを掴み、静かにスイッチを入れ、望遠にして構えます。
d0046294_9282960.jpg

あ、こら、動くな・・・・・・・あ、・・・・・・・よし!
d0046294_9271838.jpg

最大のズームにして、息を止めて(それでも手は震えるが・・・・←アル中ではありません)、多少のピンボケあっても、今までの私に比べたら上出来!
「自分にゆるく」
を心がけている私は、気をよくして次に雀を狙いました。



                    カシャッ!



d0046294_929411.jpg

むむむむ・・・・・・・・・(・_・;)  いいんじゃないなぁ・・・・・・、一応スズメに見えるし。・・・・・・







次は“40歳以上の鳥”を狙うわよぉ・・・・・ソレハ、シジュウカラ・・・・!(/_^)女モ、シジュウカラ~♪ 呆れないで、今日も応援のぽちっをお願いね~。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-12-20 09:32 | ■ペット・動物 | Comments(8)
ポテトチップといえば・・・・
          Beer! ・・・・・・ですねん。

d0046294_1425153.jpg


なんやの? この写真・・・・・・・。

だから、ビールですねん。
発泡酒じゃなくて、ビール! (←太字で下線まで付けて協調よ)


ビールをくれた人がいたねんなぁ

ところが、最近とんとビールなんて高級品は飲んでなくて、庶民の発泡酒にすっかり体が馴染んでしまったから、
まぁ、このビールが濃いのなんのって・・・・・!

一口飲んで、オヤジのように
「く~~~っ!!」
なんて、思わず声が出てしまいましたわ。



せっかくの“ビール”だから、
(これは美味しいつまみで飲まなくては!)
と妙にテンションが上がって作ったのが、ポテトチップ。
d0046294_1432199.jpg

ジャガイモ2個を水洗いしましてな、皮を向いて、薄ーく輪切りにして素揚げするんですわ。
え? 知ってる? ・・・・・ですよねぇ。

ところが、タダ揚げるんとちゃいまっせ。
ふと閃いて、ベーコンの油部分を細かく切って一緒に揚げたんざんす。


そうしましたらねぇ・・・・・・・、ほわ~っと香ばしい香りがしてきましてねぇ・・・・・・。

ベーコンだけで食べることはないのですけど、こうしてカリカリにしましてね、ポテトと一緒に食べると塩加減もちょうど良くて、触感もカリカリあんどサクサクになって、そりゃあもう~・・・・・・
「やめられない♪~ 止まらない♪~」
てなことで、自分を抑えることができなくなってしまうざんすよ・・・・・・。

挙句、
(ま、ジャガイモ2個だから、食べ過ぎってことはないだろう・・・・・)
と、ゆるい私が申しましてね、全部食べてしまうんですわ。
ところがこれ、油で揚げてるざんしょ?
食べ終わる頃には、
(うっぷ・・・・・、なんだか気持ち悪い・・・・・油の臭いも気持ち悪いし・・・・・)
てなことになるんざんす。


いい加減、大人になったらどうざんす?
もう一人の私が呆れて叱るのですがね、・・・・・・
この写真を見ていたら、また食べたくなってしまいましたわ。


    だって、これ食べたの、昨日だし。・・・・(^_^;)





ポテトチップの腹八分目は、なかなか難しいの・・・・という私に、応援のぽちっをお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-12-19 14:56 | ■食生活 | Comments(4)