<   2010年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ナスタチウム
以前からほしかったナスタチウム。
道端や通り道の草むらで見つけて、一苗抜いてきたこともあるのですが、うまく根付きませんでした。
昨日、一鉢150円というナスタチムを見つけ、黄色と赤の2鉢を買うことにしました。

毎年勝手に咲いてくれそうな日当たりのよい場所はどこかしら・・・・・と、ただ今検討中です。
d0046294_11481139.jpg


薬用として、葉は「ビタミンC」と「鉄分」を多く含み、「抗菌作用」があるそうです。
風邪 ・貧血 ・肌荒れ ・血液の洗浄に効果があると言われ、熱湯に葉の搾り汁を混ぜるか細かく刻んで煎じて飲んだり、葉をサラダに加えて生食できます。

フランスでは‘ペルークレソン’と呼ばれるほどピリッとした辛みのある若葉は、クレソンの代わりに使用されることもあるそうです。

葉と花はサワークリームと相性が良く、サラダやサンドウィッチになどに入れてフレッシュなうちに生食でき、種子も辛さがあるので、胡椒ひきやすり鉢ですって香辛料になるとのこと。
未熟な果実をおろし金ですると、鼻につんとくるワサビの代用となり、お刺し身や日本そばといった和食の薬味としても、とてもおいしくいただけるのだそうです。



ね! これだけでも “ウチにあったらいいな~♪” と思うでしょ?


どんどん増えますように!
応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-03-27 11:57 | ■家庭菜園 | Comments(14)
風邪をひいたって~?!
一昨日、宮守町から帰宅して親に電話を入れたら、
「クックがさぁ~、食べた物全部戻しちゃってさぁ・・・・・・」
とおナカさん。
「ええっ~!!!」

新花巻の駅までおナカさんが送ってくれた時、クックも一緒に車に乗ってきた。
少し時間があるので、駅の周辺を散歩したのだけど、その時に時折震えていた姿が思い出された。
「心配だから、また電話するよ」
といって、ようやく電話をしたのが今朝。
どうやら風邪は治っているようでホッとした。・・・・・・


「クック! そこで何してるの?」
「え?」
d0046294_16444480.jpg

ワタシ・・・・・、何してるのかしら・・・・・・・・。
d0046294_16524580.jpg

この姿でしばし、微動だにしない。
私が「クック、床を点検中、点検中・・・・・」と言うと、両親は大笑いしている。
それでもクックは首をかしげたまま、動かない。

「クック、お散歩行く?」
d0046294_1701767.jpg

ああ、良かった~! クックが動いたわ。(笑)



思い出に浸る私に応援のぽちっをお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-03-25 17:05 | ■とりあえず日記 | Comments(8)
魔除け
雪が舞う東北で過ごした数日間だが、二晩続いて懐かしい知人から電話があった。
珍しいことがあるもんだ!
5年ぶり(?)というくらいに突然の電話をもらい、
(まぁ・・・よくぞ思い出してくださった)
という思いやら、
(なぜ“今”かかってきたんだ?)
という思いやら、嬉しさや驚きがない交ぜになった。

d0046294_15472946.jpg

最初の晩は陰陽師からだった。
この陰陽師はダンディーなシャレタおじさんで、モグラ叩きのモグラのようにひょっこり電話をくれる。
関西弁の軽妙な語り口に笑い転げるのだが、私の女性性を目覚めさせようと様々なアドバイスをくれる。

(カウンセリングをしてもらってるなぁ・・・・)
とその晩も感じていた。
陰陽師と私が呼ぶくらいだから不思議な力を持っているのだけど、なぜか私の旧い知人友人にはそういう人が多い。

話している内に、その陰陽師は私に、
「口紅をつけなあかん」
と宣った。
そう言われてみると、私は滅多に口紅をつけない。
彼は何年も私に会っていないから、口紅を付けていないことを知らないのだけど、そう言った。
「どうして付けていないことを知ってるんですか?! ・・・・・面倒臭いんですよねぇ、付けるの・・・・・」
と言うと、
「魔除けになる」のだそうだ。

この数年、すっかりこの世の邪気に負けてしまっている私に、あの手この手の方法(療法?)やヒントを与えてくれた。



そして翌日の晩、これまた珍しい友だちが電話をくれた。
彼女もいろいろと見えない心の世界を知っている人だから、私にあれこれとアドバイスをしながら励ましてくれた。

カネがあれば幸せというわけではないけれど、この世で生きていると大概のことはカネで解決する。
ほしい物や名声も手に入るし、やりたい勉強もできる。
仕事がなくたってカネがあればいい、という人も多いに違いない。
でも、やっぱり心の豊かさが幸せへの近道、でそこに至るまでの道のりが遠いのだ。・・・と私は思う。


私は何ヶ月毎かの周期で、おカネの遣り繰りに追い詰められて自殺したいくらいのウツに陥るのだけど、それでもこの状況を体験して良かったと思っている部分がある。
体験するとそれまで見えないモノが見えてくるし、一言の重みが違ってくる。
辛い経験をした人の言葉はたった一言で伝わるものが大きいけれど、上っ面で知ったかぶりをした人間の発する一言は、同じ言葉でもスケスケで軽い。


私は言葉を重ねるよりも、体験を重ねたい、と思う。・・・・・・




あと何回この波を乗り越えるんだろう・・・・・・。
ランキングに参加中です。応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-03-24 16:31 | ■心・精神・魂 | Comments(6)
春雪の一日
d0046294_1283385.jpg

早起きの親が一晩留守なので、いつも通り、6時40分ごろの目覚めとなった。
カーテンを開けてビックリする。一面の雪景色。しかも吹雪いている。・・・・・

写真は大分時間が経ってお日さまが出てから写したので、かなり雪も解けている。
赤い点線は、門から家の玄関までの私道で、雪が降れば当然雪かきが必要となる。
東北では早朝から老夫婦が雪かきをする光景が、当たり前に見ることができる。
これだけでも相当の重労働。
首都圏の人口密度と地方との問題は、このようすを見るだけでも考えさせられる。・・・

d0046294_1291792.jpg
晴れていても気温は低い。
太陽が出ていても、風は身を切るほどに冷たい。
こんな中に、クックを置いておくなんてことはできない!

ということで、もちろん家の中でぬくぬくさせる。

すると、遊んでもらいたいクックは私の側にやって来ては
「なでなでして~♪」
とせがむ。

胴体をくっつけるようにして、
「次はここ、そしてここも・・・・、もうちょっと背中の方・・・・」
と、延々延々と続く。


クックは飽きないけれど、私は飽きてくる。
なでるのを止めると片手で
“ちょーだい”
の仕草をして催促する。
その可愛さに負けて、仕方なくなでなでを再開する。
しかしエンドレスに要求されては、さすがに応えきれない。


「もう自分のベッドに行きなさい!」
とソファの上にバスタオルを敷いてあげると、パタパタパタパタと走ってきて飛び乗る。

暖炉で暖まっている家の中にいると、外もそれほど寒くないように思えるし、
時々差し込む太陽の光は、暖かいのではないかと錯覚させられる。
ところが、じゃ散歩に行こう! と外に出ると、途端に曇って雪が舞ってくるという気象状況なのだ。

めまぐるしく変化する気候は、人の心も不安定にさせるように感じる。・・・・・・


自分のベッドに横たわると、自然に眠くなってしまう。・・・・
「でも、私、寝てないわよ」
というふうに装っているのだけど。(笑)


d0046294_12112594.jpg









ランキングに参加中です。
応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-03-23 08:31 | ■岩手県宮守村 | Comments(10)
薪ストーブの一夜
関東地方では強風で交通も乱れたとのことですが、東北でも風と雪で寒い夜になりました。
その上、クックと二人きり。(一人と一匹)
さらに、慣れない薪ストーブで火の管理。
火を絶やさないためにと気配ることで、原始人の気持ちが少し分かったような気がしました。(?)

とにかく思ったよりも、薪の燃え方が早い!
両親がいると私が気にする必要もなかったので、こんなに薪を使うのだろうか? と心配になるくらい。
d0046294_8495083.jpg


私はクックを甘やかし過ぎ? と思うくらいの自由奔放放任主義。
そのクック姫も心細い夜なのか、静かに自分のベッドで私に背中を向けていました。
d0046294_9511796.jpg

この後ろ姿を見ていると、寂しさに堪えているような気がしてしまい、
「クック! こっち向いて!」
と声をかけてしまいます。すると、
d0046294_9515591.jpg

「まぁ~♪ 見返り美人!」
なんて言いながら、不安な夜を乗り越えた二人でした。(笑)




ランキングに参加中です。
応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-03-22 10:01 | ■岩手県宮守村 | Comments(4)
クック姫の乳母係
3月18日の夜行バスで、両親が住む岩手にやってきました。
前回は昨年の9月でしたので、半年ぶりになります。
銭湯に入ってから夜行バスに乗ると、翌朝酷い頭痛にならないことを学んだので、
(本当に湯に入った後は、頭痛にならないのか?)
を確認する意味でも、またまた銭湯に入ってから夜行バスに乗り込みました。
※ 今回は、前回の今春湯(こんぱるゆ・銀座)ではなくて、塩湯(しおゆ・四谷)を利用してみました。


銭湯の話はまたの機会ということで、本題に戻ります。
年末年始にさえ節約のために訪れなかった私が、なぜ今回決死の覚悟(?)で来たのかと申しますと、
「なんといっても、クックのため」
なのでございます。

両親が二人揃って兄弟会というものに出席するとのことで、一晩留守にします。
その間、クックをどうするか? という大問題が発生したのです。
「外に繋げておけば、一晩だし大丈夫だろ」
というのは、冷酷なマモル爺や。
「だ~めだよ! どっか、預かってくれる人を探して・・・・・・」
というのが、おナカさん。
「一晩外も、慣れない場所もだめだよっ! クックは犬じゃないんだから!」
といったのは私。
ということで、一晩クック姫のお世話に参上したのでした。

そのせいか、到着した私をクック姫は、たまげるほどに大歓迎してくれました。
d0046294_12373378.jpg

一日2回の散歩に同行し、途中猛ダッシュのかけっこをし、クック姫との愛と信頼を深めて参りました。
一度足場の悪い所を走った途端にバランスを崩し、何十年ぶりに転んだりしましたが、軍手をしていたことと草の上だったことが幸いして、大事には至りませんでした。


今日は朝から雨と強風。
散歩に行くことができず、私は久しぶりにブログの更新、クックは傍らのソファで寝ておりますわ。・・・・・

d0046294_12282849.jpg

この寝顔を見ていると、それだけで幸せな気持になり、すべての心配事が氷解していくようです。




ランキングに参加中です。
応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-03-21 12:40 | ■岩手県宮守村 | Comments(8)
風が運んでくるもの
昨夜は雨風が激しく、いつもながら裏の壊れかけた物置の屋根が、バタンバタンと世間騒がせな音を立てていた。
一夜明けると外はすっかり静まり、太陽が意地悪く私の眠りを妨害するので、しぶしぶと起き出して窓を開ける。
すると暖かい朝の空気が流れ込んできて、すっかり春を感じさせた。

d0046294_113622.jpg
ふと目をやると、スモモの花がいつの間にか咲いている。
前の家が壁を黒く塗り替えたお陰で、白い花が昨年よりも一層美しく見える。

そして今年は幾つの実をつけてくれるのだろうか。
その実を採りに、タヌキはやってくるのだろうか。
このスモモの樹は、いろいろな楽しみをくれるのだ。







d0046294_11101957.jpg
一方で、つくづく悩ましいのが桜の木。
・・・・ではなくて、その木にひっかかっているビニール袋。

どこからか強風に煽られて飛んできたのだろう。
そして木にひっかかったまま、カサカサと音を立ててなびいている。
よりによって、昨夜の強風にも負けずに一昨日からしがみついているのだ。
“ナントカ世にはばかる”、である。



もうすぐこの樹には、見事なソメイヨシノが咲くというのに・・・・・・。




さらに、
(あっ! 山椒の木が枯れている!)
どうしても山椒の実を自家採取したくて、昨年買った山椒の木が丸坊主になっていた。
それなのに・・・・・とじっと眼を凝らすと、まぁ~、なんということでしょう~♪
芽が息吹いているではありませんか!
d0046294_11161399.jpg

この木も将来大きくなることを考えると、この場所に植えておいていいのかどうかと悩む所なのだが、
(まだ小さいし・・・・・)
と検討を先送りしているところは、政府と同じである。・・・・・

まったく考えなくてよいのが、アシタバ。わが家の優秀山菜である。
フェンスの内側にも外側にも、毎年たくさんの新苗が出現する。
d0046294_11312644.jpg

これはフェンスの向こう(山側)に生えたアシタバが花をつけた状態。
アシタバは花ばかりか苗全体がカラカラに枯れ、風でタネがあちこちに飛ばされていく。
すっかり枯れている苗が殆どなのだけど、なぜかこの苗は今が花盛り。
気候が温暖になっているから、このアシタバはますます増えていくに違いない。

ふむ・・・・・、アシタバ料理を研究せねば・・・・・・・。




ランキングに参加中です。
応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-03-16 11:44 | ■家庭菜園 | Comments(6)
日当たり線
日の出の位置や庭の日陰部分で、季節の変化を感じることができます。

d0046294_850620.jpg

“冬の日当たり線”が、ほぼ菜園と芝生の境界線になります。
そこにはブロックが埋めてあるのですが、芝の生命力は強く、放っておくとどんどん菜園にも根を張ってきます。
また、菜園と呼ぶ所も雑多な植物が生え放題で、子どもの頃に遊んだ野原状態です。


自然農法は雑草が大切な役目を果たします。
雑草が土を柔らかくしてくれるのだそうです。
また、雑草も生えない土は栄養がなく、野菜が育たないのだそうです。

ということで、雑草を抜くべきか抜かざるべきか・・・・・・と、シェークスピアの気分です。

ま、芝生部分といっても芝生以外の植物が多く生えてきているので、
(一部を花壇にして、花や野菜を植えてもいいかな)
なんて考えています。

今までの常識にとらわれず、もっと自由な発想で変えていっていいのだと思いながら、以前の姿を知っていると、なかなかそこから脱却できないものですね。・・・・・


そんな事を考えながら、急に暖かくなってきてタネ撒きの準備不足に焦りを感じるこの頃です。



ランキングに参加中です。
応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-03-15 09:02 | ■家庭菜園 | Comments(4)
光合成
6時に目が覚めた時、空がすっかり明るくなっていることに驚いて、また寝た。
ここのところ雨が続いていたから、こんなにも日の出が早くなっているとは思わなんだ・・・・・。

d0046294_19573389.jpg


今まで動けなかったことが嘘のように、洗濯や布団干しを始め、切干大根を作り、畑の一部を耕した。
こんなにたくさんのことをやったのに、まだ時間がある・・・・・・・。
尽きない元気が不思議だったが、太陽が西に傾いて日暮れ近くなると、ようやくトーンも落ちてきた。
さて、後はお風呂に入って寝るだけ。(?!)


最後に、今日耕した畑の写真を。
d0046294_2033579.jpg

焚火をした後の土や草と、新しく手前を耕した土を混ぜ合わせてタネ蒔きの準備をした。

これだけではない! 
先日作った小さな畝に、何かのおまけに付いてきた「ベビーほうれん草」のタネを23個蒔いたのだ。
実はこの小さな畝には、ニラという先住草がいるから、その隣に蒔くことにした。
d0046294_20395973.jpg


今日は、気持ちよく眠れそうな気がする。・・・・・・
なんだか、すごく久しぶりに味わったような安堵感だ。



ランキングに参加中です。
応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-03-11 20:50 | ■家庭菜園 | Comments(10)
当たり!
(そう言えば・・・・・)
と、お年玉つき年賀状の当せん番号が気になった。
くじ運は弱い私だから、滅多なことでもない限り、宝くじなんて買わないし、買っても当たらない。

“人生はギャンブルだ”

と誰ぞが言ったかどうか分からないが、最近ふとこの言葉が浮かび、この“くじ運が弱い”ということが、私の人生を決定づけているように思えたりもした。
なのに、おこがましくも当せん番号を調べる時には「1等」から調べているのだから呆れてしまう。
(あ~あ、当たってない・・・・・・)

当然だよ! と、もう一人の自分に笑われて、4等の末尾2ケタならなんとかなるんじゃないか? と励ます。
(1枚ぐらいは当たっているだろう)
との気持ちである。
d0046294_951096.jpg

ところが、すっとこどっこいであった。
4等が3本あったのだ。
(おおっ! まぁまぁじゃないか~?!)
いやいや、「まぁまぁ」の段階を越えている。

(もしや、これで今年の運は使い果たした、なんてことは無いだろうなぁ・・・・)
と、すぐに弱気に取り憑かれている自分が情けない。
“勝ち癖”をつけなきゃダメだ!
と、つい最近も思ったばかりじゃないか。
過去を振り返ってみるに、4等だけとはいえ、3枚も当たったなんていうヒットはなかったぞ。


唐突に、今年の年賀状にトラを3匹描いたことを思い出した。
“ちびくろサンボ”を元にひねり出したネタだったので、3匹のトラが登場したわけだ。
(ああ、あの3匹の虎が3枚の切手シートなのかぁ・・・・・・)
と、全然説得力のない理由に、なんとなく納得した気になってこの話は終わり。・・・・・・

d0046294_9512924.jpg



ランキングに参加中です。
応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2010-03-10 15:06 | ■とりあえず日記 | Comments(8)