<   2009年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧
昨晩は9時半に就寝。
一昨日に続いて、幼稚園児並みの早寝が続いている。

テレビ番組も見たいものが特にないし、起きてりゃ電気代も灯油代もかかるし、
「ベッドの中で本を読も」
と布団にもぐり込むのだけれど、寝室にはストーブがないから首まで布団にもぐり込み、顔と手先だけ出して本を読む。
そうすると、すぐ眠くなってしまうのだ・・・・・・・。


でも、昨夜は嵐かと思うような強風が吹き荒れ、ボロ家のあちこちでバタンッ! ガタンッ! と騒音が・・・・。
裏の壊れかけている物置の屋根や扉が、風に煽られているのだ。
ご近所にも悪いし何とかしたいが、
(ごめんよ、貧困層の私にはどーにもならんのだよ)

それよりも、屋根が飛ばないように・・・・・、何かが飛んできて家が壊れないように・・・・・、との心配で眠れなくなる。
さらに意識が戻って来るに従い、来月の支払いのことやこの先の仕事のことが不安で、さらに眠れなくなる。
うわぁ~・・・・、こうなると暗い穴倉に吸い込まれるように人生ずんどこ。・・・・いや、どん底。
これが、0時48分だった。

いくらなんでも、こんな時間に起きて何をやろうって気にもならない。
仕方ないから、ひたすら自分に呪文をかける。
  “安静、安静、安静・・・・・・安政の大獄・・・・? ありゃ?”


  大きな団地の上階層。 廊下を中年男(高校教師らしい)が早足で歩いて行く。
  その男に高校生の女の子が、泣きながらしがみついている。
d0046294_14491860.jpg  「お願いします! お願いします! ・・・・助けてください!」
  その男は苦しそうに顔をゆがめながら振り払おうとしている。
  あるドアの前に来ると鍵を開けて、中に入った。
  高校生の女の子が後を追って入った。

  男は隣りの部屋に荷物を放り投げるように置くと、疲れ切ったようにドカッと座り込んだ。
  なおも高校生の女の子は、男にすがるようにして叫んでいる。
  すると男は、
  「どうにもならない。・・・自分で、自分の体を使ってどうにかしろ!」
  と突き放すように言って、座ったまま自分のベルトを外し始めた。
d0046294_14494358.jpg
私はなぜかドアの所に立って見ているのだが、彼らには私が見えないらしい。
男が言ったことと動作の意味を考えながら、“まさか・・・・・!”と思っていると、高校生の女の子の頭が男の股の間に行くではないか!
私は「オエッ!」となってそこを飛び出し、団地の階段を駆け降りる。

d0046294_14501457.jpg

下は谷底のように深くて見えない。

怖いと思いながら周囲を見まわすと、見渡す限り海で囲まれている事に気付いた。

  海上に一本の橋が遥かかなたまで続いている。 
  幅1mほどのアルミ製のような橋だ。

d0046294_14513070.jpg 
  その橋を、私はひたすら走った。

  両手で橋げたがつかめそうな幅なのに、長さは何キロも続いていそうだ。
  (風が吹いたり波が荒れたら、この橋は持つのだろうか・・・・・・)
  一瞬恐怖心に襲われるが、
  (今はそんなに風は吹いていないし、波は立っていない)
  と自分に言い聞かせる。

  とにかく足元だけを見て走った。
d0046294_14515665.jpg
  すると意外にも早く向こう岸に着いた。
  (え? もう終わり?!)

  崖を登るようにして陸に上がると、図書館があった。
  二階、三階と上がっていくが、廊下というよりもロフトのような狭さ。
  そこで何冊か気に入った本を見つけ、下りてくると木製の長テーブルを挟んで人が大勢座っている。
  なぜか私の職場の人たちらしい。(実際に何人かは知っている人だった)
  その中に、以前演劇をやっていた時に出会った俳優さんがいた。
  ずっと“もう一度会いたい”と思っていた人だったから、本当に嬉しくてビックリして、上手く話せない。
  その人が私の目の前に背中を向けて立った。
  すると、その人が来ている緑のジャンパーの背中に小さなポケットがついていて、そこに何かくっついている。
  小さな小さな七福神だ。
  私はその七福神が顔にぶつかりそうになりながら、じっと見ている。
d0046294_14522461.jpg

という夢で目が覚めた。
(長い! 長い! 長すぎる! 読むのに疲れるじゃないか!)   スンマヘン・・・



おぉ、今日は晦日じゃないか! 

  と言っても、別に何も変わり映えしないんだけど・・・・・・。


     七福神の夢は、明日の方が良かったんじゃないのぉ?



d0046294_14524720.jpg
微風になってくれるといいんだけど・・・・・。
ランキングに参加中です。応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
   
by anrianan | 2009-12-31 15:10 | ■とりあえず日記
こんなの、反則だわ!・・・・・・
昨夜TVを見ていたらウトウトしていたので、灯油代も電気代も勿体無いから寝ることにした。
それがなんと、時計を見たら8時40分。・・・・・


なのに、今朝目が覚めたのは5時50分。
(私ったら、一体何時間寝てるつもりなのかしら・・・・)
でも、いつもならバロック音楽(6時になるとラジオから流れてくる)で覚醒するから、今日は早かったのだ。

ここんとこずっとジョギングをしていなかったから、
(そうだ! 今日は走ろう!)
と起き出した。
ホントは昨日から走ろうと思っていたんだけど、その前の晩に寝るのが遅くなったので起きられなかったのだ。

d0046294_1556942.jpg
6時って、まだ薄暗いじゃないか・・・・・。
もうちょっと・・・・、もうちょっと・・・・と明るくなるのを待っていたら、6時20分になってしまった!
(しまった! いつも走る時間とあまり変わんなくなっちゃった・・・・)
家を飛び出して、20分強の道のり。
苦しさの度合いからいったら40分くらい走っていそうなのに、時計を見るとたった20分くらいなのだ。・・・・ ガックリ

d0046294_1552991.jpg

それでも走った後は体の細胞が目覚めているから、きびきびと動ける。(しばらくストーブをつけなくても暖かいし)

朝陽も射し始めたから、さっさと布団を干す。
ところが、その後曇ったり晴れたりと落ち着かず、とうとう昼前にとり込むことにした。

そんな中、今年は一人でお節でも作ってみるか・・・・と思っていたが、どうもイマイチやる気がでない。
年末の特別な空気が流れてこないし、“いつも通り”の7連休にしか思えない。
仕方がないので、“いつも通り”の自分を養う保存食作りなどをする。

d0046294_1602360.jpg


何より「ドリンク」がなくなると、せっかくの正月が盛り上がらないから(こういう時だけ“正月”を持ちだす)
冷蔵庫の中の発泡酒を数えてみるに、毎晩(+エクストラ)飲むには本数が足りないではないか!
(今から買いに行こうか?・・・・・)
と思うが、どうせ明日までスーパーは開いているだろうとタカをくくって、今日は止める。(寒いし)

  買い物に出ると余分な物まで買ってしまうから、行きたいくないのだ。 ほんとは・・・・・


d0046294_15535318.jpg
こうして節約に励んでいるのに、ポストを見ると“催促状”なんてものが入っているじゃないか!

     ガ~ン!!!



社会健康保険の自動引き落としが、残高不足で引落されなかったんだとさ。




  なんだよぉ・・・・・、こんな年末にくるなよ。・・・・・

  大体、年収が2万円増えたら、社会保険料が年間3万円増えちゃうって、どーゆーこと?!

  しかも、とびっきり低い年収なのに、いじめ社会もいいとこだわっ!



と言っていてもショーガナイので、早く風呂に入って年末イブで飲もう! 飲もう! わ~い!!!




早く飲んで、早く寝よ♪
ランキングに参加中です。応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-12-30 16:06 | ■とりあえず日記
頭寒足熱!
ボロといえども広い一軒家。
さらに、なるべく1LDKのように広いスペースで生活をしたいので、家中の扉を開け放している。
場所によっては、扉も障子や襖と一緒に取り外してしまった。
だから、すこぶる風通しが良い。夏は快適!
だけどご想像通り、冬は隙間風がピープー吹きぬける。


「これはいかん」
ということで、スクリーンカーテンで御簾のように仕切ろうかと思ったが、そんなにたくさんの布切れもカーテンもない。

そこで、部屋の乾燥を防ぐためにも、洗濯して濡れているタオルやシーツを掛けて空間を仕切る事にした。
そう、平安時代の御簾がヒントになっているわけ。
これが抜群に利いた。
机の向こう側に置いた石油ファンヒーターからあったかい空気が足もとに吹き付けられてくるし、机の周囲は南国となった。

ところが、
吹き付けてくる熱風は、足元から机の下を通って顔まで上がって来る。
ずっと座っていると、すこぶる気分が悪くなることに気付いた。

ということで、いろいろ考えた挙句、机炬燵もどきを作る事にした。

d0046294_14433286.jpg


机の側面はそのままにしてあるから、網目から熱風が流れる。
足がすごーくあったかいのに、顔には熱い風が来ない。
しかも午前中は太陽の陽も差し込み、極楽以外のなにものでもない。

d0046294_1445106.jpg


   ああ、こんなに幸せでバチが当たりそう・・・・・・。



ここから動けないっ! たすけて~!
ランキングに参加中です。
応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-12-29 14:53 | ■とりあえず日記
お正月の食糧・・・・・
今年の年末は、親の所へは行かず一人で過ごすことにしたと知らせたら、おナカさんから宅急便が送られてきた。
年末年始の7日間、籠城のための食糧である。

7日の連続休暇なんて、普段のシフトでもざらにある私にはちっとも嬉しくないし、ちっとも長いとは感じない。
ひどいと10日なんてこともあった。そうなると、会社までの道だって忘れてしまいそうになる。(んなわけない!)(/_^)
だからこの年末も、
(ああ、今回は7日間ね)
てな感じだ。

それでも年末年始は、日本人のDNAなのか特別な感じがする。
少なくとも、餅は食べねばならない! みたいな気持ちがある。
だから当然スーパーでの食料調達も、いつもとは違う食材を物色したりする。

今では一年中食べようと思えば手に入るお餅だけど、私はやっぱり正月に食べることにしている。
おナカさんが、地元の「道の駅」などで買って送ってくれると言ったのだけど・・・・・入ってないじゃないか。
あ、それに黒豆も入ってない・・・・・。
それに、ジーヤの打つ手打ちそばもないじゃないかぁ。・・・・
(なんだよぉ、餅と蕎麦がないじゃんかぁ・・・・・)

なのに、なぜかエプロンみたいな夏用ワンピースなどが入っている。
そしてこれまたなぜか、一緒に白くてきれいなタオルハンカチも・・・・・。
(なんじゃ、こりゃ?!)

d0046294_15275555.jpg


夜になって、おナカさんから電話がかかってきた。(昼間かけたら居なかったのだ)

「ねぇ、レタス、どうやって食べてるの?」と私。 ・・・・あまりレタスを食べないのだ。
「スープなんかに、食べる直前に入れると美味しいよ」
「ああ、なるほどね・・・・。 で、餅が入ってないよ」
「餅さぁ、(店で)見たんだけど、全部2-3日しかモタナイんだよ」
「ああ、保存料とか入ってないからね・・・・」
「そう! だからぁ・・・・・」
「いいよ、こっちでもおいしそうなのがあったから、それ買ってみる。 少しでいいし」
「そうだよ、その方がいい!」
「蕎麦も私の所にはいってないんだけど」
「ぐふふふ・・・・、あのさぁ、オトーサン、うまく打てないんだって。またもうチョット経ったら打つから・・・・」
「あ、そぉ・・・・・・」

それに黒豆も入れ忘れた、とか、かぼちゃも忘れたなどとさんざん話し、
「そう言えば、どうして夏用ワンピースが入っているのさ? エプロンみたいな・・・・・」
と私が言うと、ぐふふふ・・・・といつもの笑い声が聞こえ、突然話が変わる。

「あのさぁ、・・・・・・入ってたでしょ?」
「なに?」(主語なし会話は慣れてるけど、時々意味不明)
「あのタオル・・・・・。白いタオルに・・・・・」
「あるよ、きれいなタオルでしょ?」
「中に入ってるでしょ?」
(タオルの中に? ・・・・なんや、それ?)
と思って、ハッと気付く。

「なんか入れてくれたの?!」(「なんか」というのは、お小遣いのことである)
「中にさぁ、オトーサンに分からないように折ったんだよ」
「え゙っ! やだ、広げてないよ。 待ってて・・・・・。 なんでこんなきれいなタオルを入れてきたのかと思ったんだ」
といいながら、折ってあるタオルの間を確認すると、
・・・・・・・出てきた! 茶封筒。
d0046294_16154382.jpg

「うわぁっ! ・・・・・こんなに・・・・」
「年賀状作ってもらったからさ。あげるって言ったじゃん」
「だって、年金だって少ないのに・・・・・・、悪いじゃん。・・・・」
「いいよ、あげるって言ったらあげるんだから」

ああ、・・・・・あと1万円あったら、あと2万あったら、あれを買おう、これを買おう、と“買いたいものリスト”はいっぱいあるのに、そのおカネがこうやって手元にくると、買いたいものが全然浮かばない。・・・・・

d0046294_16164429.jpg



(1月に引かれる固定資産税に当てよ・・・・・・) ホッ
その茶封筒は、そのまま神棚に置いた。


今、湯浅誠さん(派遣村の村長)が書いた『岩盤を穿つ』という本を読んでいるのだけど、胸が詰まることだらけだ。
仕事をしたくても、年齢制限で切られてしまう。
老後の貯蓄がなければ人生のツケ、と判断される。
女は結婚して子供を産まなけりゃ、女の役目を果たしていないと言われ、私の今のザマは結婚もせずに好き勝手に生きてきたからだ、と切り捨てられる。
まるで生きている価値がないかのように。


でも、こんな私でもセーフティネットがある。
少ない年金をもらっている親がその年金をやり繰りして、時々こうして送ってくれるお小遣いであったり、知人友人が送ってくれる食糧であったり。
このセーフティネットがあるだけでも現代は幸せなのだという現実が、妙に寂しかったりもする。



・・・・・と、ここまで書いて、玄関のドアがノックされた。


  ま、また、菩薩からのギフトが届いた!

      デ、デカイ箱だぞぉ・・・・・・・・、なんだ? なんだ?!





なんだかこの年末、私の周囲には菩薩がいっぱい集まってきているようだ・・・・・・・。



うわぁっ! サンタさんから遅延ギフトだ!(笑)
ランキングに参加中です。応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-12-27 16:31 | ■とりあえず日記
黒糖黒米稲荷
TBSの日曜ドラマ『仁―JIN』の中で出てきた“黒糖黒米稲荷”
時代小説家であるらんせさんのブログで話題になって以来、
(一度は作ってみなければ・・・。 早く作りたい!)
と思い続けていたのだけれど、毎回スーパーで油揚げを買い忘れて、作り損ねていたのだ。


だが、とうとう今日は作ったぞ!
試しに作ってみたので油揚げ2枚分だけ。(ということは、4個の稲荷寿司ができたわけ)

1.鍋に出汁と黒糖(三温糖も入れた)、醤油、酒を入れて、熱湯で油抜きをした油揚げを煮る。
2.黒米1合+白米1合に黒豆、青豆、大豆を加えて、鰹だし粉末、酒と塩少々を入れて炊く。
3.油揚げに炊きあがったご飯を入れて、できあがり~


d0046294_1452181.jpg


見た目はイマイチ?
でも、味は旨い! (出ました! お得意の自画自賛)(^_^;)

自分で作るから黒と白の割合も自由だし、雑穀も入るし、油揚げの味付けも自分好み。
さらに詰めるご飯の量が多めだから、・・・・・・とても危険な食べ物になってしまったのだ。
「うぅ・・・・やばい。 4つくらい一度に食べちゃいそうではないか・・・・・・」

ダメダメ、
せめて2つは夕食に残しておかなくちゃ・・・・・。
ということで、2つで我慢した。



「黒米がなかなか手に入らないからねぇ、貴重な食べ物というわけかぁ・・・・・」
とつぶやいた記者がいて、その言葉にハッとさせられた。

毎年黒米を送ってくださる方がいるのだ。
そのお陰で、何気なく黒米を食することができるし、今年は新米も送ってくださった。
おナカさんも野菜の合間に新米を送ってくれたから、いざとなったら“にぎりめし”で乗り切れる!
と心強く勇気づけられたものだ。・・・・・

一歩間違えば野宿生活になりかねない私が、こういう菩薩たちに救われている。


考え始めると、他にも我を救ってくれる菩薩たちを次々思い出してきて、
d0046294_14525557.jpg

  なんとも感動的な年末である・・・・・・。



よし、明日もう一回作るぞ!
ランキングに参加中です。
応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-12-26 15:00 | ■食生活
2010年賀状 ― 自分の分Ⅱ
えらいっ!


あと宛名印刷をしたら、終わりやないか~っ!

といっても、パソコンがVistaに変わったから、Wordのバージョンも変わっており、
昨年作った宛名印刷でデータだけを変えようと思ったら、使えないやんか!

データのエクセルを編集して、ワードの宛名印刷で確認して、またエクセルを開いてデータを直して、またワードを開いて確認して・・・・・・。

つくづくプログラマーって、現場作業をしてない人間なんだな、ってことを感じるよ。
バージョンアップなんて言ったって、実際の作業が便利になるどころか不便になる事もあるんだから。
改善してほしい所なんかされてない、10年くらいずーーーーっと。

とココまで書いて時計を見れば、8時57分!

  やばいぞ~、やばい、やばいっ! ヒジョーにヤバい! 洗濯をまだしてない~!


(だからやなのよ、パソコンに朝一で向かうのは。・・・・ 何もやらずに朝が終わってしまうんだもん)
その分パソコンの作業はすこぶる捗るのだけど、こっちを立てればあっちが立たず。
今日は偉かったのだ、私。
まだ薄明かりの6時に起床して、年賀状の印刷に取りかかったのだ!

これがまた、本番のハガキで微妙な調整をしたり、
(あ、こうしたらどうだろう?)
なんてアイデアが浮かぶと試してみたりするもんだから、時間がかかってしまうわけよ。・・・・・・

とにかく、洗濯をしていないと気づいた私は猛ダッシュで動き回りながら、何か愚痴りたい。
で、“朝一パソコンは御法度”条例ができたわけだけど、完全にアドレナリンは噴出状態。

へっへ・・・・、体力が少しついてきたから、階段なんか楽ちん楽ちん・・・・
と思いながら、バタバタと何往復もする。


そしてその合間を縫って、宛名の印刷を始める。
すると、マタマタ問題発生!

「なんで、こーなるの!」
これは慌てた故の、完全なる私のミスなのだけど、はがきの裏表を反対に入れてしまった。
つまり“絵”の上に住所が印刷されて出てきた~っ!


   ガーっ!!!

思わず、トラになって吠えちゃったね。・・・・・・



プリントミスのはがき8枚。
これを行く途中の郵便局で取り替えてもらって・・・・・・、あ、今日は回数券を買わなくちゃダメなんだ・・・・・。
あれもこれも、と重なる時には重なる。

久々に駅まで急いで歩いたもんだから、暑い暑い・・・・・・。 うぅ・・・気持ち悪い・・・・・・。

(だから、チョ~余裕を持って家を出たいのにぃ~!)
と自分に抗議する。




仕事に入る前、日比谷シティのベンチに座って、持ってきたコーヒーを飲む。
暖かい陽を浴びながら、はぁ~っ・・・・と溜息をつく。
(わたし、バーサンみたいだ・・・・・)

  でも、落ち着いた。・・・・・・



ということで、今日も画像がありません。 あしからず。



ランキングに参加中です。
慌てる乞食は貰いが少ない。・・・・・て、言わなかったっけ?
応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-12-25 14:10 | ■とりあえず日記
年賀状2010 -自分の分
まぁねぇ・・・・・・、世の中、変な人や変なことがフツーになってしまっているけど・・・・・・
それでもまだ驚くことがある、ってことにビックリしちゃうこの頃です。・・・・・・


という、はっきり言えないことは置いといて、本題です。

d0046294_161815.jpg


昨年まで、その年に撮った写真を使って作成していましたが、今年は初のイラストで作ることに決めました。
どういうデザインにするか考えること1カ月(ぐらい)。
ようやく下書きが終わったのは、もう1週間以上前。

  なんだかペン書きまで終わったら、ホッとしちゃったんですよ。・・・・・・ホッ


で気付いたら、25日まであんなにあった日数が、あと数日になっているじゃありませんか!

 いや~、びっくりしたなぁ、もぅ・・・・・。 (モタモタしていただけ!)


だから、今日は気合を入れて起きたわけですよ!
「よし! 今日は年賀状を作るぞっ!」(だって、明日から3日間は忙しいんだから)
で、ようやく「でけたぁ~!」となったわけですね。
d0046294_1645386.jpg

と気付いたわけです。


なんだぁ・・・・・、まだまだ終わっていなかったんだぁ。

  間に合うのか? わたし・・・・・・。

d0046294_167188.jpg


おお! 神よ、我をたすけてたもれ。・・・・・・
        (でも今日は、もうこれ以上パソコンを触りたくないっ!)




ランキングに参加中です。
時間よ、止まれ! 応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-12-22 16:14 | ■とりあえず日記
山口晃「年忘れ山愚痴屋感謝祭・弐」
山口晃(やまぐちあきら)さんという画家さんがいます。

“大和絵や浮世絵のようなタッチで、非常に緻密に人物や建築物などを描き込む画風で知られている。
武士を馬型のバイクに乗せたり、現代の超高層ビルに瓦屋根を載せて描くなど、作品の多くが自由でユーモラスな発想で描かれている。書籍の装丁や広告のポスターの原画も多く手掛けている。”
(by ウィキペディア)

という人で、さらに付け加えれば、今年のFIFAのポスター日本代表の画家さんです。
この画家さんを知ったのは、東京新聞の小説「親鸞」の挿絵が縁でした。

平安姿の人が携帯電話を持っていたり、古の街並みの中に「〒」マークの看板があったり・・・・・。
非常に微細な部分まで描き込んだ絵が多く、そこに登場してくる人々は時空間を超えて様々な人種がいたり。
侍がいたり、現代人がいたり、その横に骸骨がいたり・・・・・・。
騎馬隊の中に、馬の頭をもったバイクもあります。

日本画風の描き方で現代の街並みが描かれ、虫めがねを持って隅から隅まで見ていると
古地図を眺めるのと同じくらいに時間が走って過ぎて行くのです。


さて、この山口さんのトークライブがある事を知り、滅多に行かない新宿などに行ってしまいました。
チケット代も1000円と考えられない格安。
それなのに、この山口さん
「皆さん、1000円というおカネを出していると思うと・・・・・ぷるぷると体が震えてきて・・・・・・。
 ・・・・920円分くらい(の価値)しかない、なんてことだったらどうしようかと・・・・・・」

d0046294_18103464.jpg

NHKの「課外授業」をご覧になった方は分かると思いますが、静かな声で淡々と何の気負いもなく、思いつくままのつぶやきトークで、その声のトーンとダジャレ(?)ライブの融合が妙に可笑しいのです。
さらに本業の墨描きが同時に見られるとなれば、なんだか凄いお得感がありました。


写真は、トークが終わった後のサイン会での一こまです。
7時から8時半頃までトークで、その後サイン会。
お疲れさまですねぇ・・・・・・。



d0046294_1882582.jpg
すゞしろ日記』の動画を見ているようで、この本そのままの人という印象でした。
そもそも私は、本業の日本画や『親鸞』の挿絵よりも、この『すゞしろ日記』でハマりました。
大きな本なのに持ち歩きながら何度となく読み返しているので、懐の余裕があったら「保存版」でもう一冊くらい買いたいところですが、今の私にはそんな大それたことはできません。
(へん、サインがなんだいっ!)
と強がって、ぼろぼろになったら買えばいいんだ、と言い聞かせて我慢しました。

この本の中身、実は漫画なのです。
ちょっと気持ちが落ち込みそうな時に読んでいると、ふっと笑いが出て、その瞬間に心が軽くなるように感じるのです。
モノを見る視点、が最高です。

そしてラフな線で描いているようですが、さすがにプロ。
基本を学んでいるとはこういうことか・・・・、と思える動きを感じる絵は見ていて楽しいです。

d0046294_1833894.jpg





今年は絵筆を持ち始め、水彩画講座などにも参加し(セイシュンさんという画家さんも知り)、美術館にも多く足を運び、山口晃さんという画家さんに出会い、なんと豊かな色彩が私の人生に流れ込んできたことでしょうか・・・・・。

来年は七色の虹が、かかるでしょうか・・・・・・。


あ゙ぁ・・・・・、なんか真面目な終わりかたになってしまった・・・・・・・。 ガクッ




ランキングに参加中です。
七色に輝け! 応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-12-20 18:34 | ■芸術orエンターテインメント
鬼平の誘惑・・・・・
新聞を読んでいると、下の方に本の紹介があるでしょ。
ここが好きなのです、私。
なんだか世間の傾向が垣間見えるようでもあるし、ショッピングカタログを見ているようなトキメキを感じるんです。

けれどこの欄を見て、“欲しい!”と思った本があっても、
さらに、“絶対に欲しい!”と切り取っておくことはあっても、
実際に「買う」という行動に出ることは、滅多にありません。

それほどに、私の巾着・・・・いや、財布の紐はキツイのです。


ところが、鬼平の誘惑には迷う暇なく落ちました。
d0046294_1273750.jpg

1巻だけでよかったのです、ホントに。
内容は丸ごと『鬼平』でサービス価格の390円! 

  いよっ! 太っ腹! (※2巻以降は、580円です)

d0046294_1294979.jpg
全部で30巻のうち、鬼平は7-8巻出るようです。
(鬼平だけ買お♪)
と、私はワクワクしてしまいましたさ。


そしたら、出版社も上手い事をやるじゃないですか。
2巻の付録が、江戸の古地図。


江戸好きの私ですからすでに一つ持っているし、(それを)壁に貼ってもいるし、もういらないのです。

が、この古地図には現在の地下鉄の線などが書かれており、
しかも鬼平所縁の場所もマークされており、
なんとも魅力的過ぎるのでございますわよ。・・・・・・・



ほれ、こんな感じ。
d0046294_1214613.jpg


2巻はいらないと思ったのに、この地図が欲しいばっかりに580円!
ああ・・・・・、なんという手口。
汚いじゃないか、・・・・・人の弱みにつけ込んで・・・・・・。

  「わしは、2巻など・・・・・買いとおはなかったぁ~!」(「天地人」より加藤清四郎ふう)



しかし面白いざんすよ、この地図。
一度ちょいと見始めると、あっという間に時間が過ぎてしまうざんす。

へぇ~、ここが軍鶏鍋の五鉄? 
ここに行くには、役宅からだと・・・・・・・、たぶんここまで歩いて・・・・舟だわね。
この川をずっと行って・・・・・・、いや、ここで降りて、・・・ここからまた舟に乗った方が速いねぇ・・・・・。

などと考えると、私の江戸妄想はもうど~にも止まらない。

  この地図、結構~! (^_^;) あ゙、ははは・・・・・は・・・は・・・はぁ・・・・


d0046294_18353866.jpg
ランキングに参加中です。
江戸妄想族に応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-12-19 12:34 | ■とりあえず日記
揺れたっ!
毎日6時になると、ラジオのタイマーが入り「バロックの森」が始まる。
流れてくる曲はクラシック音楽だから、その心地良さに二度寝してしまうことが殆どだ。

d0046294_81459.jpg



ところが時たま、まるで何か虫の知らせでもあるかのように、パキッと目覚めてしまうことがある。
さらに、その後眠れなくなると、
(私は何か切羽詰まって悩まなければならないことがあるのだろうか・・・・・)
などと不安になる。
大抵“あれをやっておこう!”と思っていたことをやっていなかったりすると、そうなる。
だけど、心当たりなどない時にはかえって不安が大きい。・・・・・・・

d0046294_8144175.jpg
今朝は、グラリッと家が揺れて目覚めた。
音が鳴ってないと“6時前”ということになり、
(おぉ~!)
となぜか感動する。(そして寝るのだが)

いつもなら、地震が来ても
(家が潰れるまで布団の中に入ってよ・・・・・)
と思うのだが、今日はなぜかすぐにラジオをつけた。
絶対に“ただ今、関東地方に地震がありました”と言っている! と思ったのに、
なんだ? 何にも地震に関することを言わないではないか?

ジッと地震情報を待つこと・・・・・・20分ぐらい?
「バロックの森」がフツーに始まってしまい、6時になったことを告げる。
(あれぇ・・・・・・、揺れたのは気のせいか?)

(あ、風が強くて揺れたのか?)
昨夜から突風とも言うべき風が、家の周囲を吹きまくっている。
もともと風が強い場所ではあるが、なんせわが家はご老体だから心配なのだ。
強風でミシッ! なんて家全体がきしむと本気で心配になるし、
「がんばれ!」
と心の中で声援を送る。

そんなわけで、風で揺れたかと一瞬考えがよぎったが、そんな揺れ方ではなかったと否定する。
グラグラッと来たのだ。・・・・・確かに。

d0046294_8153810.jpg

(それにしても、普段地震でも目覚めないのに、なぜこんなに過敏になっているのだろう・・・・)
自分のことでも宇宙のように未知の部分がまだまだ多い。・・・・


バロックの森から音楽が流れてくるが、頭の中にはいろんな考えが流れてきて、
今日はなんだか二度寝ができない。

そのうちに、“昨日はブログを更新していなかった”と浮かぶ。
さらに、“今日も江戸に出るから、たぶん更新できない。・・・・すると2日もサボる”と考えるに至って、
たかがブログを更新できないことが気になっているのではないか? と考える。



えぇ~い!
カネにならないブログだが、気がかりになっているのなら更新せねばなるまいっ!

と啖呵を切って(切ってない、切ってない)、まだ薄暗くて寒い中起き上がる。
で、このブログの更新となったわけ。

イラストを描いたりしているから、2時間くらいすぐに経っちゃうわけね。
ま、時間はたっぷりあるし(今日はあまり無いけど)、好きなことをやっているんだから何の苦もないのだけど、
(これが仕事だったらなぁ・・・・・・)
と、つくづく思うわけよ。・・・・・・


そんな妄想に浸れるのも、雨や風をしのげる家があるからだな。・・・・・
ということに至り、

  ああ、なんて私って恵まれてるんだぁ~♪

となるわけ。





そうそう、7時のニュースでやっと“地震情報”が聞けた。
ここら辺は「震度3」ということだけど、3ぐらいの揺れで目覚めてしまうなんて、肝が座ってないわよ、私。

それよりも、あの揺れが“気のせい”でないことの方がホッとしたわ。・・・・・




あっ! やばいっ!
まだ洗濯してないじゃないのっ!!!



ランキングに参加中です。
まったり時間の後の慌ただしさ・・・・・・! 応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-12-18 08:23 | ■とりあえず日記