<   2009年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧
味噌漬けの・・・・・・
d0046294_10384122.jpg


冷蔵庫の奥の奥に、白いタッパーを発見。
中身は茶色系・・・・・。

私は煮汁なども捨てられない方で、その割には完全に忘れ切ってカビさせる。
その状態は、
「うえっ!」
と言いたくなるほどで、こんなことならサッサとコンポストに捨てればいいじゃないか、と思う。

この白いタッパーの中も、きっとそんなことになっているに違いない。
恐る恐る蓋を開けると、案の定、ドロッとしたものが・・・・・・。
しかし、カビはない?!
しばしジッと見つめ、忘却の彼方の記憶を辿るも、蘇ってこない。
中央が何やら盛り上がっており、何かが、ある。・・・・・ コワイ、でも見たい、でもコワイ・・・・・・

意を決して、フォークを差し込んで“物”を持ち上げてみた。

丸いぞ。・・・・・・ 

幾つも出てくる。・・・・・・・


はたっ! と思い付く。

「梅の味噌漬けだ!」
となると、たぶん昨年だろうと思う。
梅の味噌漬けなんて食べたことがなかったので、味噌に漬けると聞いた時には
「絶対にやってみなければ!」
となったのだ。 ・・・・ああ、思い出してきたぞ。

d0046294_1123111.jpg
それにしても、丸ごと食べる気になれず、そこで考えたのが、刻み梅。
この梅を水洗いして、細かくみじん切りにした。
ご飯の上などに乗せるとおいしそうだ。



さて、この梅が浸かっていた「梅味噌」をどうやって利用するか・・・・・・?
これが今後の課題、で再び冷蔵庫の奥の奥へ。・・・・・・




ランキングに参加中です。
梅味噌の活用法が思い付くようにぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-07-31 11:12 | ■食生活 | Comments(10)
梅干しの天日干し
今日も真夏の陽が照っている。

昨日も目覚めた時には強い日差しが射しこんでいたので、早速布団を干しながら、
(今日は梅を天日干しにしよう!)
と、お盆に紙を敷いて、塩漬けした梅を並べたのだった。(6月12日塩漬け : 塩漬け追記

二階のベランダに置くと、なんとも気持ち良さそうな梅たち。
あとは2-3時間ごとに、一つずつひっくり返す作業をするだけ。・・・・・

私はホッとしたような気持で、1階のパソコンの前に座っていた。
周囲の木が風でザワザワと鳴る。
(雨が降る前触れ・・・・・・。)

木々の葉が奏でるこの“ざわわ~♪ ざわわ~♪” は、ホントに雨が降っている音にそっくりなのだ。
以前は何度も騙され、慌てて洗濯物を取り込もうと外に出ると、風が強いだけだったりした。
最近は、その微妙な違いが分かるようになった。


と、その微妙に違う音にハッと外を見た。

  しとしと・・・・・しとしと・・・・・と降っているじゃないか!


バタバタと二階に上がり、しっとり湿り始めた布団を取り込み、除湿器の前に広げる。
続けて、梅干し。

天日干しのはずが、雨にさらすことになってしまった。
(ああ・・・・・・・)
私の心の叫びは、そのまま梅干したちの叫びだったに違いないよ。・・・・・

d0046294_1121235.jpg


今年は全部で29個の梅干し。
今日も全員元気に日向ぼっこ。

  お天気が安定してくれるといいんだけど・・・・・・。



ランキングに参加中です。
美味しい梅干しになるように、応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-07-30 11:08 | ■食生活 | Comments(10)
ジョルジュ・ビゴー展 -東京都写真美術館
昨日は、台風のような暴風雨の中、江戸は恵比寿まで出かけた。
私の心友が多忙を極める人なので、あらかじめ予定したデートはたとえ槍が降ろうが決行なのだ。

雨が酷かったので滅多に履かないヒール靴を履き、帰りは足が痛くなるので替えのペタンコ靴を持つ。
バスも電車もやっぱり空いていた。

ところが、江戸は雨が降っていなかった!

心友は、
「二度寝をしちゃって30分遅れる~、ごめん」
ということで、私は
(ああ、それなら私もコンタクトを取りに戻ればよかった。)

そうなのだ。
現地で入れようと思っていたコンタクトレンズを忘れたことに気づいたのは、バス停までの道のりを歩いている途上。
半分ほど来てしまっていたし、雨があまりに酷かったので、30秒ほど立ち往生して迷う。
結果、そのまま来たのだった。
ま、家でかけているボロ眼鏡は持って来たけど、とても人前でかけられるような代物ではない。

とはいっても、仕方なく絵を見る時だけはかけたのだけど。・・・・・

d0046294_13193476.jpg


2時半頃には入館していたはず。
作品を観て回って気付けば、
「只今、閉館15分前です」
との放送が入り、すでに6時になっていた!

ジョルジュ・ビゴーは、明治維新の日本を風刺した画や新聞や雑誌への挿絵などを描いている。
どこかで見たことがあるような・・・・・、と思わせる懐かしさを感じる作品の数々。
漫画家の草分けではないか、とも思えた。
画に書かれている英語やフランス語(これは読めなかったけど)、そして当時の日本語を読んでいると、面白くて簡単に時間が過ぎる。


ちょっとチラシの裏面に掲載されているビゴーの画を載せておこう。
d0046294_132556100.jpg


すっかり展示会場で冷え切った私たちは、とてもビールなど飲む気になれず、屋外でパスタや暖かいスープをいただけるイタリアンレストランで、心地よい初夏の宵を楽しんだのだった。



ああ、あの辺りは本当に居るだけで心が安らぐ。

本来の自分に戻れたような気持がするのだ。


 といっても、あの辺に住むなど夢のような話なんだけど。・・・・・・






※ジョルジュ・ビゴー展 - 碧眼の浮世絵師が斬る明治
  2009年7月11日~8月23日まで  東京都写真美術館2F (月曜休館)



ランキングに参加中です。
応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-07-29 13:45 | ■芸術orエンターテインメント | Comments(12)
出し汁トマト
カラッと晴天日が少なくて、わが家のトマトはなかなか収穫できない。
それでもイエローミニトマトは7-8個ほど収穫できたが、“絡みつくような旨さ”をキャッチコピーとする赤いシシリアンルージュは、まだ色づかない。

ということで、写真のトマトは岩手産。
宅急便で送られてきたものである。
これを出し汁に漬けておいて食べる。

d0046294_953211.jpg


湯むきしたトマトを、出し汁に付けて冷蔵庫へ。
これで完成。
生のままで食べることが苦手な私は、この冷やしトマトにハマっている。

少しずつだけど収穫できているイエローミニトマトは半分に切ってお皿に並べ、切った面に塩をちょっちょっとつけてラップをせずに冷蔵庫へ。
これで半ドライトマト(数日がベスト)になったら、ビールのつまみに。

昨年海外在住の方にドライトマトの作り方を教えて貰って、すっかりハマったまま2年目。
まだまだゼンゼン飽きていません。
今年も、どんどん作り続けます。



今年はトマトソースが作れるほどのトマトが手に入るのかどうか、・・・・・
今から心配なのです。・・・・・・




ランキングに参加中です。
トマトの大豊作を祈って、応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-07-28 09:59 | ■食生活 | Comments(10)
東京ガスの検針日
東京ガスのお兄さんが検針に来て、湯沸かし器とガス台のチェックをしていった。

湯沸かし器は20年前くらいの古いものだから、火の点きが悪いのだけど一応パス。
問題はガス台。
「早急に替えてください」
と言われたけど、そんなの財政的に無理。
いつ何があってもビクつかない覚悟なのだから、火事になったらそれまでさ。

ところで、湯沸かし器を全開でお湯を出して、その間にいろいろとチェックしたお兄さん。
傍らで見守る私としては、水道代とガス代が気になって気になって仕方がない。
「ちょっと外からチェックしますので、このままにしてくださいね~」
とお兄さんが外に出た隙に、私は出っぱなしのお湯を洗面器に入れてはお風呂場に入れる作業を必死に繰り返した。

d0046294_13262860.jpg


お兄さん、
来月の水道代とガス代が上がっていたら、あなたの責任だからね!(?)





ランキングに参加中です。
熱湯バケツリレーに応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-07-26 13:32 | ■住まい | Comments(4)
梅雨明け宣言は・・・・・・?
目覚めた時は曇っていた。

二度目に目覚めた時は、晴れていた。


だから、
(洗濯をしなくちゃ!)
と張り切って飛び起きたのだ。
布団も干した。

そしたら、間もなく曇って来た。
一向に晴れない。

仕方がないので、布団を取り込んだ。



そしたら、



今は晴れているではないか!・・・・・・



なんとも優柔不断な天気である。
だから私は、未だに梅干しの天日干しもできずにいる。
3日は続けて干したいから、私が家に居る時に天気が良い日が3日続いてくれないと干せないのだ。

一緒に漬ける赤紫蘇は、昨年よりも成長が遅いような気がする。
そういえば、青紫蘇も成長が遅い。
野菜全般的に、背丈が伸びきらないうちに実をつけてしまったり、成長しきれなかったりしている。
やはり天候が大きく関係しているのではないか、と思うのだ。・・・・・・・



ところで、昨日のトイレ臭い家からは脱却した。
やっぱりトイレの浄化槽は、電気がないと正常に動かなくなって臭いがするのではないか、と思える。
だってそれを証明するかのように、夕刻にはすっかり臭くなくなったもの。

さらに、3つのブレーカーのうち、どのつまみがトイレ臭発生につながるか、が何となく分かって来た。
トイレの天井についている電灯は真ん中のつまみなのだが、臭いに関してはどうやら一番右のつまみ。
これを落としておくと、やがてウ〇コ臭くなってくる。


ああ、なんてバカなのだ!
というのは、家を建てる業者に対してのクレーム。

絶対に落としてはならないもの、例えば冷蔵庫とか、トイレの浄化槽とか、タイマー用などは1つにまとめるべきだ。
そして、後は用途によってブレーカーを落とせるようにしておけば、電気代が節約できるではないか。

といっても、まだブレーカー落し作戦の結果は出ていない。
今回来た7月分請求書は、6月22日~7月22日の使用量。
ブレーカー落としを始めたのは、7月7日からなので次回の請求書が成績表となる。

それにしても・・・・・・、
7月7日~7月22日はすでにブレーカー落しを行なっていたのだけど、大して効果がでていないような。・・・・・・

いやいや、次の請求書まで待ってみよう。


  もしや、悪臭嗅ぎ損ってことはないだろうなぁ。・・・・・・・・






ランキングに参加中です。
電気代節約に燃える私に応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-07-25 16:05 | ■とりあえず日記 | Comments(4)
臭い・・・・・・・
最近、トイレ臭いのである。

これじゃ、男を連れ込めない・・・・・・。


なんて冗談を言ってる場合ではない。
考えつく原因は、どうやら電気。

そう!
ブレーカーを落としていることではないか、と思うのだ。

トイレの仕組みはよく分からないけど、たぶん、浄化槽も電気で動いているのではないか?
と、私の勘ピューターが囁くのだ。


3つあるブレーカーのうち、2つ落とし始めたのが7月7日
まだ2週間しかたっていないのだ。
でも日曜日(19日)あたりからトイレ臭さが漂い始め、
(誰かが庭でウ〇コをしたんじゃないか?)
なんて思ったくらいだ。


電気代は節約したいが、ウ〇コ臭い家なんて嫌だ。
仕方がないので、試しに今日から“私が家にいる時は”、ブレーカーを全部上げておくことにした。

今朝からのことだけど、気のせいか臭いがしなくなってきている。・・・・・・



私は犬ほどではないけど、臭いには人一倍神経質だ。
このことは、現代社会では苦痛以外の何ものでもないように思う。
電車・バス・人混み・街中、とにかく臭い場所が多い。

そうそう、知ってるだろうか。
東海道線の品川駅ホームのある場所は、すごーーーーくウ〇コ臭いのだ。

私は品川から新橋までの一区間だけ東海道線を使うことが多い。
この時、ハンカチで鼻を押さえて走り抜けるのだ。
きっと、あの近辺にトイレがあるのだろう。

この近代社会を誇る日本で、大都会の東京で、あれは無いだろうと思うのだが。・・・・・・



さて、電気代節約のためにブレーカー落し作戦を実行したら、ウ〇コ臭くなった。
これじゃダメだ。
ブレーカー落し作戦はこのまま続行するが、時間帯を決めるとか何か工夫が必要だ。

とまぁ、・・・・・相変わらず「低所得生活」から脱出する方法が見つからないのだけど、一時の酷い落ち込みから少し浮上し、新たに「一月6万円生活作戦」に燃え始めている私がいる。

昨日、「一月15万円、節約年金生活」という本の宣伝広告を見たけれど、ひと月15万円なんて甘い!!
15万円なんて、「らくらく生活」だ!




と、これが問題なのだ。・・・・・・

私は節約への挑戦に、なにやら妙に闘志が湧いてしまうのだ。
これがどうやら、物質的豊かな生活へ向かえない原因なのではないだろうか? と思ったりもする。



しかしねぇ、・・・・・・・・
やっぱり納得できないんですよ。

朝早くから夜遅くまで家を空けて、住まいに気を配る時間もなく、日々の暮らしや季節の変化が生活の中に取り入れられることもなく、食事はすべて惣菜を買い、作り方もよく分からず。・・・・・
たとえ綺麗な服を着ていようが、きれいに髪をセットしていようが、高価な化粧品で顔を塗っていようが。
それが幸せなんだろうか?・・・・・・


d0046294_13115523.jpgいえね、
私だってオシャレ好きだから、スタイルには結構こだわるし、1年近くも美容院に行けていないことに落ち込むし、歯の治療や目の検査にだって行きたいし、・・・・・・
とお金がかかることはすべて行えてない現状を考えると、すぐにドーン! と落ち込める。     (タイトル:昔と今 →)

それらのことを考えると、
(ああ、結婚ってそういうことかぁ)
と思うようになった。

山へ芝刈りにいくジーサン(外に稼ぎに出てお金も持ってくる人)と、川で洗濯するバーサン(住まいや食事など快適な日々の住まいを創り出す人)の二人がお互いに協力し合うことで、快適な生活を創り出すことができるんだな、と。


それを、私は一人でやろうとしてるんだから、・・・・・・・・そりゃ大変だよ。

でも、“無理だよ”とは言いたくない。
言ってしまったら、生きているのが辛くなるからね。


そう慰めつつ、励ましながら、今日はウ〇コ臭さと闘っている私である。・・・・・・





ランキングに参加中です。
臭いの臭いの飛んでいけ~! 応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-07-24 13:31 | ■とりあえず日記 | Comments(6)
豪華なこぼれ種?
ご存じの通り、ウチの庭は畑も芝生も区別無く“自然流”である。
つまり、分け隔て無く(?)雑草だらけということ。

それでも野菜を作り始めて以来、名も知らぬ雑草の代わりに、野菜の合間合間にハーブを植えたりしている。
そのためか、昨年よりもずっと害虫が少ないような気がする。
単に、害虫たちの餌になる野菜が成長不足、なのかもしれないが。・・・・・・


その昔、芝生が敷き詰められていた部分には、今やイヌフグリを始め、月見草やねじ花といった野花がオンパレード。
野花は清楚で可愛らしいから、咲けば草刈りもできません。
というわけで、草がボウボウなのだ。(← というのは言い訳です。)


先週だったか、そんなボウボウ草に混じって、何やら野花らしくない蕾を見つけた。
絶対に、花屋さんで500円以上もするような鉢植えの花なのだ。


 なに、なに、なに~? この花♪

d0046294_1516323.jpg


そう言えば・・・・・・、と思い出したことは10年以上前のこと。
(私、トルコキキョウの鉢植えを、この辺りに置いたよなぁ・・・・・・。)

なに言ってんのよ。
10年以上のこぼれ種ってわけがないでしょうが。

と思い直して、はて、ではどうしてここにこの花が咲いているのか?




未だもって謎のまま。・・・・・・・








ランキングに参加中です。
どんどん増えてちょ♪ に応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-07-23 15:23 | ■家庭菜園 | Comments(8)
ウチのヤモリー♪
朝のこと。
玄関の扉を開けたら、何やらチョロチョロチョロっと逃げるように走っていった。


逃げると追いかけたくなる、のは人間の習性。
でも、ヘビかムカデのような気がしたら絶対に追わないのだけど、ある予感がしたのでそっと忍び寄った。

ヤツは、まるで自分は地面の一部、とも言わんばかりにフリーズしている。
私がカメラを向けて、レンズを望遠にしたり、カシャッと写したりしても、
(まだ見つかっていない・・・・・・)
と信じているかのように、微動だにしない。
その“ジッとぶり”は忍者のようにも見えるが、足の開き加減がなんとも可愛らしい。
d0046294_9534498.jpg


「あら~♪ やもちゃん、こんにちは~!」

「今年もガンバッテ、ウチのゴキブリを食べてね。」

「今年はお外にいるの?」

    ・・・・・・・。

あんた! 
私がこんなに優しく話しかけているんだから、ちょっとくらい答えなさいよ。
と言ってみたところで、相変わらず動かない。

やもちゃんはきっと、
「ダルマさんが転んだよ」
が、ウマイよね・・・・・。


独りでしゃがんで、バカみたいに話していたが、その内に飽きた。


d0046294_954192.jpgそう言えば、もう先月になる。
窓際の灯りに誘われたように、ヤモリが網戸に張り付いていたのだ。
(※実は、この灯りに寄ってくる虫を食べるために待ち構えているのだが。)

(あんた、私に腹を見せてくれるのね。)
腹心の伴だわ。(?)

と心で話しかけながら、あまり見ることのないヤモリの腹をジッと観察した。



あの腹見せヤモリーと、玄関先にいたヤモリーは同一人物・・・ヤモリなのだろうか。・・・・・・

そして、昨年トイレの中で、ピョーン! と飛んできたヤモリーも同じヤモリだろうか。・・・・・・




  それが、何?


いえね、
なんだか全部同じヤモリかもしれない、なんて考えると、妙に愛情を感じてしまって。・・・・・・





ランキングに参加中です。
ウチのヤモリーに応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-07-21 16:26 | ■とりあえず日記 | Comments(14)
メリメリメリッ・・・・・! 
まるで天地が割れるような、というと大袈裟か。
では、雷が落ちてきたような、・・・・・・というのも大袈裟か。


つまりは、稀に見るド迫力の音を立てて、1本の木が倒れたのです。
本来ならば、命綱でも付けて木に登り、枝枝を切り落としてから幹を切り倒すところなのですが、今回はいきなり、
「この根元から切っていいだろ」
と大胆不敵にも言い放ったのは、横浜の叔父。
そう、例の助っ人です。

とはいっても、この叔父は若造りではあるけれど、見た目ほど若くはないのです。
あと何年かで、還暦? (これは内緒でございます)
最近では、お腰も痛めているという話も聞くし。・・・・・


内心私は不安を抱えながらも、
(ま、なんとかなるだろう。私もいるし(?))
と、叔父が根元にのこぎりを入れて切り始めるのを見ていました。

とにかく、一つ前の記事にも載せた“Before” 写真をもう一度お見せしておきましょう。
d0046294_14181560.jpg

これは二階の窓から見た時の写真です。

そして今朝の景色は・・・・・・、
d0046294_14203498.jpg

見て下されや。
ぽっかりと穴が空いたようになり、神々しい朝の光が差し込んでいるではありませんか。
この木々の間から庭にもいく筋かの光が差し込み、まるで霊験あらたかな聖地に生まれ変わったようにさえ感じられます。

この木は枝の広げっぷりも葉っぱの形も大きく、根元からメキメキッ・・・・・! と倒れてきた時、叔母は本気で逃げていました。
山の方に倒すはずだった木は、なぜかこちらの庭に向かって倒れて来たのです。

その時、私は脱水症状というべく
(水だ、水をくれ・・・・・・)
と息絶え絶えに家の中に戻り、冷蔵庫で冷やしておいた水をグビリグビリ・・・・と飲んでいたので、“メキメキッ・・・・・!” という地を割るような音が聞こえ、慌てて再び庭に出たというわけです。

 あちゃ~っ!!!!

大きな木の山が目の前に・・・・・・・。



「山の方に倒せばよかったのに。・・・・・・」
(そう言ってたのに・・・・・・。)
フェンスがあったから、とりあえず農園の山菜などに被害はなかったものの、さて、この木をどうすんの?
「これごと、山の方に落とせばいいじゃ」
と叔父。
「そりゃ、無理だよ。絶対に。・・・・・・重いよ。」
と私。

これでも何度か「木こり」をやっている私は、木がいかに重いか、身に沁みているのです。
「だから倒す時に、あっち(山)に押さないとダメだったんだよなぁ・・・・・・。」
私はつぶやくものの、この根元を切るために格闘した労力と時間・・・・・・、1時間まではかからなかったものの、鋸が根元4分の1くらいに入ったあたりから、引けなくなってくるのです。

引いてもダメなら押してみな。
でもね、太い枝になればなるほど、空気圧でくっつくのでしょうか?
ひと引きが困難になり、体力的にも疲れてくるし、叔父と私と交代で鋸を引き、そのうち叔母まで参加をし、
(今日は伐れないかもなぁ・・・・・)
と思ったくらいでした。

それを切り倒してくれたというわけですから、倒れた方向なんざにどうこう言っては罰が当たるというもんです。
こうなりゃ、枝枝を切り取っていくしかありません。
d0046294_14253827.jpg
直径5cm~10cmほどの枝を切っては担いで山に捨て、切っては山に捨て、あちこち他の木の枝に引っ掛けながら捨てて、ようやく作業が終わったという次第です。


実は、この木を伐る前に、フェンス際から根元周辺の笹藪を刈るという大仕事がありました。
私など、この段階で両手を両膝についてゼーゼーと息をあげてしまい、
(ああ、こんなに息が切れるなんて。学生以来だ。)

そうです、久しぶりに体力の限界に挑戦しているスポーツ選手のようなのでした。
(今の私には、不似合い・・・・・・。) ゼーゼー

歩くたびに、汗で長靴の中もグチャグチャと音がします。
こんなこと幼稚園児以来じゃないかしら・・・・・・? 
と思いながら、とうとうこの状態には我慢できなくなり、二人がまだあちこちを手入れしてくれていましたが、時間もそろそろ4時を回ったし、と一足先に上がった私でした。
4時半からの宴会準備です。



叔父が持ってきてくれたビール(※発泡酒じゃなくて、ビール!)350ml缶を二人(叔母は少々)で8缶も空けて、さらに叔父が寝ている間は、叔母と私は水をがぶ飲みしながら話に盛り上がり、昼間出した水分は完璧に補給しました。

二人が車で帰って行ったのは、9時。
作業は午後からでしたが、重労働だったせいか長く、充実した半日でした。

普段静かな生活を送っている私には、気心の知れた人々との時間は、より一層濃密な時間に思えたのでした。


d0046294_17574654.jpg
だから、今日はヘタってます。・・・・・・





ランキングに参加中です。
まだまだ木を切るぞ! 
の私に応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-07-20 16:02 | ■家庭菜園 | Comments(4)