<   2008年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
ランチボックス作戦
出稼ぎに行くと、お金が出る。
稼ぎに行っているのに、どんどん出てしまうのはどういう訳だ?
そりゃ、お金を使うからである。

都会というところは実に良くできていて、お金がないと息も吸えないんじゃないかと思えるほどだ。
まず、電車やバスの移動手段はもちろんとして、ちょっと一休みしたいと思う時も、ただ木陰に座って持参のペットボトルのお茶でも飲む、なんて所がとーーーっても少ない。
だから、ドトールやマック、スタバなどのコーヒーでも一杯頼んで、店内で座って休みたい、となる。

ちょっと洒落た通りを見て歩けば、珍しいもの、可愛いもの、美しいもの、買ってみたい物がきらめく星の如く溢れているのだ。人間の物欲を最大限に引き出すために、商品販売に色彩心理学や脳波に働きかける様々な作戦が仕掛けられていて、そりゃもう・・・・・・、たまりませんわ。

でも、幸か不幸か、私はその罠にかかりそうになって、ふと財布の中を見てみれば、
(だめだぁ・・・・・・、買えない。)
と現実に引き戻されるから、結局本当に必要な物しか買わない。

ただ空腹には勝てないし、お腹が空いているのに食べられないというのは、そりゃあ惨めな気持ちになってしまうもんですわ。それに、イライラして精神衛生上も良くないし、ということで、財布の紐もゆるめるわけ。

出稼ぎの始業時間が1時で、家を出る頃はお腹が空いておらず、始まる頃に空いてくるというサイクルだから、いつも始まる前におにぎりやサンドイッチを軽く入れて、夕方5時前後に再び食べることになる。
つまり、2回分の食事代が必要になる。

以前から、
(一回分ぐらい、自分で作っていけばいいんだよなぁ・・・・・・。)
と、そこはかとなく考えてはいたのだけど、亭主も子どももいない私は、
「お弁当を作らなければならない」
という義務に縛られたことがない。
よって、“作ること”が習慣づいてもいないし、時間の配分もうまくいかない。
しかし、決心したのだ!

「簡単な物でもいいから、1回分のお弁当を持ってくぞ!」

アメリカのランチボックスのような物でもいいではないか、と自分に言い聞かせた。
知ってるだろうか? アメリカの「ランチボックス」というのは、リンゴ1個とクラッカーだったり、ポテトチップスとバナナだったり、クッキングぅ~♪ なんてしてないのだ。

Cookingぅ~ といえば、・・・・・・もう一つ、アメリカの話。
アメリカでホームステイしていた頃、ある夏の暑い日に、そこの美しい奥方が、
「今日はとても暑くて、火を使いたくないから、簡単なクッキング(料理)にするわ」
と言って、切った生野菜の上に、ポテトチップスを砕いて乗せただけのサラダが出てきた。
「今日は暑いからぁ~・・・・」
と言い訳する妻に、夫は
「とーっても美味しいよ、ハニ~」
みたいなことを言っていた。

(クッキングぅ~(料理)じゃなくて、カッティングぅ~(切るだけ)じゃないかぁ。バカップル!)
とは言い過ぎであるけど、そう思ったのは事実。


どうも、アメリカのランチボックスというと、連想ゲームのようにその時の事を思い出してしまうのである。
それはともかく、初のランチボックスは「サンドイッチ」。
ごま食パンにマーガリンと辛子を塗って、カッティングぅ~したゆで卵をマヨネーズとレインボーペッパーで味付けしたもの。
チョー簡単、チョーお手軽、チョーおいしそうな一品。
d0046294_13482837.jpg


朝の水撒き修行は、とりあえず終了しているので、次はランチボックス修行というところか・・・・・・。


一日一回応援のぽちっをお願いね!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング参加中
by anrianan | 2008-09-30 14:47 | ■食生活 | Comments(15)
『双頭の鷲』 千秋楽
会場は「ル・テアトル銀座」と知っていたのに、電車に乗った時には、なぜだか「渋谷」に行こうとして、携帯で乗り換え案内を見ていた。

一番早い方法は、横浜で湘南ラインに乗り換えて渋谷に一直線。
でも、一番安い方法は、横浜で東横線に乗り換えて渋谷へ。
上のコースと比べると15分余計にかかるけれども、120円安い。
時間を取るか、料金を取るか? の選択である。


しかし、電車が走り出して、あら?・・・・・・と思い始める。
(「ル・テアトル銀座」というのだから、「銀座」なんじゃないの?)
何回も行っている場所なのに、会場までの道のりを頭の中で思い返すと、なぜか渋谷の通りが出てくる。
(あれ~??????・・・・・・)
なんだか、完全に私の脳みそはまだらボケのようだ。

夢の中で道に迷って目的地に着けなかったり、電車を何回も乗り換えて到着駅が分からなくなったりする、あの感覚に非常に似ていて気持ち悪い。
まさに「夢かうつつか・・・・・・」の妙な感覚。

何度も何度も解けない計算を繰り返すように、頭の中で「ル・テアトル銀座」から駅までを逆行してみると、
(ああ、やっぱり銀座だった)
と、漸く確信するに至った。 ヤバイ、ヤバイ・・・・・・


有楽町の駅で下車して、なるべく人混みの少ない道を歩いていこうと思いながら、西武デパートの脇を大通りに向かう。
さすが銀座。歩いている人たちも、ちょっと洒落た富裕層の人が目に付く。
私の目の前を歩いていた二人連れの女性、向かって右側の人の後ろ姿に目が釘付けになった。

あれ? ジャケットの後ろが斜めに切れている。・・・・・そういうデザインかぁ?
と思うのだけど、私はその「斜め」部分が、まるで手で引きちぎったように生地がほつれていることが気になって目が離せない。
(本当に生地が切れたままみたいだ・・・・・・)。
そう、まるで雑巾を下げて歩いているみたい。(写真ではチョット分かりにくいかも・・・・・。)
d0046294_9202648.jpg

かと思えば、何か芝居の宣伝か? と思うようなご一行さま。
最初、着物の着付け教室の宣伝かと思い、いや、雑誌か何かの撮影かと思い、・・・・・・結局分からず終いのまま、私はそのまま素通りした。
要するに、都会とは何が居てもおかしくないという感覚だから、深く追求せずにサラリと事が流れる。
d0046294_9204438.jpg



さて、いよいよ2時の開場と共にエレベータ前の人の列も途切れず、向かいの交差点からはどんどん人が湧いてくる。
d0046294_921513.jpg
3Fで扉が開くと、見慣れた開場受付と天井からの大きな旗(?)に、何やら懐かしさのようなものを感じる。

私と友達の席は、今回最前列。
舞台上を見上げる形になるので、少々首の疲労は感じるものの、やはり前に障害物がないと、丸々舞台にのめり込めるものだ。
え? もう休憩時間? というほどに時間が駆け抜けていく。

脇を締めていた長谷川初範さん、夏樹陽子さんが際だっていた。というよりも、これがベテラン俳優というのだろうか、知名度のある俳優はこういうことなのだ、と感動した。
昨年に引き続き出演された格闘家の大山さんも、昨年よりも確実に上手くなっている。私が「上手くなっている」などというのはおこがましいのだが、役が自然になっているというのだろうか。観ていて不自然さがなくなり、実践で鍛えられることの大きさをつくづく感じさせられた。

どんな役を演じようとも、その人が赤裸々に出てくるから、人間(魂)磨きが一番大切だと私は感じている。

欲を言えば、というよりも、かなり重要なポイントのような気がするのだが、美輪さんの相手役を務めている木村章吾さん、可哀想なほどの見劣りを感じた。美輪さん相手というだけでも、かなりの力量差が見えてしまう上、脇役陣も実力がある人たちだから、観ていてかなり辛いものがある。
誰もが年々進歩しているはずなのだが、・・・・・・やはり、分にあった段階というものがあるのだろうか、と思わずにはいられない。
せっかく美輪さんに目を留められて、主役を与えられているのだから、そのチャンスを生かせればよいけれど・・・・・・、と何だか私の心は重かった。


2時半開演の舞台は、6時半頃終わり、全員が総立ち。
7~8回のカーテンコールでも拍手鳴りやまず、途中、開場がどよめいて前の方の人たちが皆後ろを向いているから、出演者が後ろから登場したのかと思ったら、なんと2階のボックス席に一際大きなご仁が。
そうです、和服を着た江原啓之さんです!

会場の人々に気づかれて一瞬戸惑っているようだったけれど、手を振る人も多く、最後には彼も両手を大きく振って答えていた。私と友人も、武道館の公演以来の再会だったので、これも嬉しいサプライズだった。


d0046294_9212435.jpg

楽しい夢から目覚めたばかりのように、私と友人は幸せに満たされていたけれど、とてつもなく空腹だった。
当然夕食を食べていこうということになり、二人でイタリアンレストランへ。
トマト好きの友人は、トマト味のパスタ。 今年トマトづいている私も、トマト味のパスタ。
食後は、写真のデザートで幸せがミルフィーユ状態。・・・・・・

帰宅は久しぶりにシンデレラタイムを越えていたけれど、体は疲れても心は満たされていた。




こういう日もあるんだな・・・・・・。




一日一回応援のぽちっをお願いね!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング参加中
by anrianan | 2008-09-29 18:26 | ■芸術orエンターテインメント | Comments(8)
さらに、鍬を振る
ここの所、同じような写真が続いてしまいますが、前回種まきした横に幅1mくらいの畑を作りました。
と言っても、もともと父がいた頃は、庭全体が畑のようなものだったのですが、この十数年ですっかり「野っぱら」状態になっていました。
黒土や肥料を足すこともなくなっていましたから、以前ほど土に栄養があるとは思えず、再び畑に戻すために、最初は草を抜いて耕し、油かすだけ蒔いて土と混ぜておくことにしています。
雑草(という名の草はありませんが)が茂る場所と、あまり生えてこない場所があり、いろいろ自然流農法を勉強してみると、草が生えない場所の方が土が良くないことが分かります。

年月の流れとともに、一番日が当たっていた場所は、今や周囲の桜が成長して日陰になるので、日当たりの良い場所を広げるために、今までほったらかしにしていた場所の整備が必要になりました。
先日種を蒔いた場所や、今回耕した部分が、新しく畑として復活したというわけです。

d0046294_9153857.jpg


刈った草を被せているので、あまり整備した後という感じはしないかもしれないのですが・・・・・・。(^_^;)
(でもね、これだけでも結構大変なのよ。この細腕で耕すんだから・・・・)


勢い盛んだったトマトの苗も、完全に衰えを見せ始め、季節の変化を実感させられます。
小さなトマトの実は・・・・・・、赤くなることはあるのでしょうか。
d0046294_9213676.jpg




さて、本日は久しぶりに「シティー」に出て観劇です。(笑)
美輪明宏さん主演の『双頭の鷲』の千秋楽。この舞台は何度観たことでしょうか。
舞台はライブですから、その日その日で同じものは二度とないですし、その時の私の心境や状態によっても感じることは異なりますから、何度見ても見飽きることはないですね。・・・・・・

美輪さんのコンサートや舞台は、私にとって十数年前のお礼参り、のようなものです。
d0046294_9411411.jpg


では、これから準備して、お礼参りに行ってきます。(笑)




一日一回応援のぽちっをお願いね!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング参加中
by anrianan | 2008-09-28 09:31 | ■家庭菜園 | Comments(8)
徐々に領域拡大
先日、種ニンニクを埋めた場所へ、さらに「ラディッシュ、バジル、サラダ菜ミックス」の種を蒔いた。

d0046294_7573410.jpg


その他に植えたいものは、九条ネギ(春には失敗した)、空豆、イチゴなど。鍋の季節がやってくるから、春菊もいいだろう。
でも空豆とイチゴは、種や苗が手に入ったら、ということで予定は未定。


それに、ある日突然
「これ植えたい!」
と思いついてしまう物があるかもしれないので、もう少し場所を作っておかなければならないな。

私は不耕作の自然流農法なので、土が出来上がれば殆ど手をかけることはなくなるはずだが、今年始めたばかりの現在は、まだまだ土にパワーが足りない。
雑草と土で堆肥づくりも必要だろうし、庭の隅に置き去りにされているコンポストも、もっと活用してもいいし、初めて野菜を作る場所には、油かすを土と混ぜておいた方が良いみたいだ。


私の弱点は、畑のレイアウトが下手なこと。
思いついた物を思いついた所へ植えてしまうので、統一性もないし、なんとなく雑然としてしまう。
分かっていても、苦手なのでなかなか改善できない。



まぁ・・・・・・、続けるしかないよね。

 楽しみながら。



<おまけ>
ちょっと可愛いものをいただいたので、お披露目を。(笑) 
d0046294_7583294.jpg

ダロワイヨのマカロン。 
これ、・・・・・・食べにくいよねぇ。(^_^;)  ということで、冷凍庫に入れちゃったけど。


一日一回応援のぽちっをお願いね!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング参加中
by anrianan | 2008-09-27 10:08 | ■家庭菜園 | Comments(10)
はぁ・・・・・・、行ってきました
一度修理してもらった富士通のノートパソコンが、1か月もしないうちに同じ現象のエラー表示で、青スクリーンが出てきてシャットダウンするという事が起こりました。
私がパソコンを教えて、長いお付き合いの生徒さんのパソコンです。

2度目もヨドバシの修理カウンターでお願いしたのですが、どうやら彼女の所に修理工場から直接電話がきて、
「1週間検証しましたけど、どこもおかしい所は出ませんので・・・・・。」
と言われたとのこと。
「どうしたらいいでしょう?」
と、彼女に聞かれました。
その電話でのやり取りの一部始終を聞いているうちに、いつも感じることながら、ほんとに世の中の人間どうかしてしまったんじゃないか? と呆れてモノが言えない(言いたくない)気持ちになるのです。

どこもおかしい所はでませんので・・・・・・? って、顧客に言うこと? 
「ならば、直らなくていいです」という答えを期待しているのかい?
どこもオカシイ所がないったって、実際に“同じ症状の”エラーで、パソコンがシャットダウンしてしまうんだから、何も原因がないはずはないでしょう?
あなた、技術者でしょうが!


修理に出したパソコンは4年使っています。
こういう時に、決まって返って来るセリフは、
「だいたいパソコンの寿命は3~4年ですからねぇ。」
こう言って諦めさせて、新しいのを買ってくれれば、彼らにとっては一番「楽」なわけです。

でも、違いますよ。

私が使ったWindows95(IBM)は10年動いたし、(最後は、使えるけれど捨てることになりました)、Windows98(SONY)のデスクトップ(コンパクトサイズ)は現在、ちょっとオカシナ動きはするけれど、壊れてはいないのでセカンドとして置いてあるのです。
あちこちやたらクリックして壊してしまう人もいるけど、既定の使い方しかしていないのに3-4年で壊れるというのは、不良品かそのメーカーがダメだということです。


その富士通のノートパソコンは、下請けの修理工場に出されて帰ってきたら再び壊れ、再度その工場に戻りましたが「原因がわからない」ということで、富士通の工場に移されているそうです。
「どこもおかしい所はありません」
なんて言って戻ってきたら、
「じゃ、どーして壊れるんだい?!」
と思いながらも、泣き寝入りするしかないのでしょうか?


私は今日、その生徒さんに付き添ってヨドバシカウンターに足を運び、
1.修理されて戻って来たら、この先一年、再びこのようなことが起きたら無料修理
2.現在パソコンが行っている富士通の工場の責任部署、技術者名、修理内容を記載
を要求し、さらに頻繁に修理に出すような場合には、
「代替のパソコンを用意してもらうことになるかもしれませんねぇ、・・・・・・」
と(無理を承知で)さらなる要求をしてきました。

またヨドバシの係りの人にも、
「仲介に入ってくれるヨドバシさんとして、どのように対処してくださるのか楽しみです」・・・・
と、チクリ。


ほんっとに、どこもかしこも社保庁ばかり。
自分の中での60%合格ラインで物事を進め、責任をとらない。言い逃ればかりに知恵が回る。



ほんの数十分の交渉に、私は往復2時間をかけて行ってきたわけだけど、帰って来るともうくたくたでした。
今日2度目の水浴びをして、久しぶりにお豆腐屋のラッパの音を待って駆け出して、早速「ざる」を一つ平らげて、チョット落ち着いた。・・・・というか、豆腐を食べるとビールが飲みたくなる。 もうチョット、ガマンガマン・・・・・・(笑)

d0046294_14253567.jpg

この条件反射、季節とともに去ってくれるかしら・・・・・・。



豆腐にぽちっをお願いね!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
by anrianan | 2008-09-26 14:10 | ■とりあえず日記 | Comments(12)
バースデーにんにく
今週末は、ぐっと気温が下がるでしょう・・・・・。

というラジオから流れる声で、急に
「今日、にんにくを植えよう! お誕生日だし!」
と思い立った。

なぜ誕生日にニンニクなんだ?! 
と思うが、メモリアルなんとかというのは、それだけで楽しいではないか。
外の空気も土も温かい。こんなに適した日はない、と私は決めつけて、パジャマに長靴を履いて庭に出る。(笑)
用意してあったニンニクは、6つ。
ちょっと少ないかなぁ・・・・・・、いやいやそんなに欲張っても・・・・・・。
迷いだすとキリがなくなるので、とりあえず「第1回目植え付け日」と自分に言い聞かせて、穴を掘る。
約15cmの深さを6個分。
(油かすを混ぜたのは数日前じゃないの? 大丈夫かね・・・・・・)
なんだかんだと、もう一人の私が煩い。
穴の一つから、ミミズがニョロリと出てきた。

 ひょえ゙~~~!

とっさに掘り出した土を、ミミズの上に投げかけて、ミミズの姿が見えないようにする。
(こ、これは、土がいいってことだよ。)

  こいつぁ~、秋から縁起がええやぁ~・・・・・・、

訳の分からないことを、心の中で会話しながら、無事発芽準備OK!(?)
(↓ これはニンニクじゃなくて、オクラね。・・・・・・分かってるって)(^_^;)
d0046294_945243.jpg


そうそう、今日は私の誕生日なので、日比谷公園にある松本楼でカレーが10円なのだ。
というのは冗談だが、10円カレーは冗談ではない。先着1500名さま。

以前から何度となくその話を聞くたびに、一度は行ってみたいと思っていたし、なんと私のための10円カレーのような今日、じゃ行ってみるか!
と意気込んでいたが、ふとメモリアルにんにくを植え付けて、メモリアルスパニッシュオムレツを作って食べて、メモリアルコーヒーを飲めば、(なんでも“メモリアル”をつければいいってもんじゃない!) すでに8時半。
やっぱり先着1500名に洩れなく入るためには、現地到着11時頃を目指さなければと考えていて、そのためには2時間前の9時には家を出なければならず、・・・・・・やめた。

バタバタするのは疲れるし、隣に座っているヒッキーは、
「それほど・・・・・おいしくもないよ。」
と言っていたし。(ま、彼は1500円の定価で食べたらしいのだけど)

ま、いいや、今夜はビール(発泡酒だけど)で乾杯だ!
独りケーキバイキングにするかぁ! いや、和菓子バイキングというのもある!
 ・・・・・それとも、やっぱり飲み放題か? おいしい冷酒を奮発するという手もあるぞ!

  ああ、いろいろ迷っちゃう~♪ (こうなると、わくわく妄想族は止まらない!)


    あっ・・・・・・、


d0046294_992925.jpgでも、明日は10時までにヨドバシカメラに行かなくちゃならないんだ・・・・・・。(飲んだくれて、夜更かしして、寝坊するわけにはいかないよ!)


   シュ~~~ン、・・・・・・

なんだか楽しい風船が萎んだ感じ。(^_^;)


祝いたい人も祝いたくない人も、「祝!生誕!」のぽちっをお願いね!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
by anrianan | 2008-09-25 09:03 | ■家庭菜園 | Comments(16)
秋の紫蘇とコーヒーレポート
今月初めには、これほどに紫蘇の実は付いていなかった。
それが、ここ数週間、目覚ましい変化を遂げているような気がしてならない。
庭のあちこちで角のように芽を突き出し、細かくて可愛らしい花を付けている。
d0046294_8574020.jpg

ちなみに、自然発芽した大量の紫蘇は、日陰になる場所に出てきたのだけど、あまりに混み合っていたので、間引くために抜いたり移植したりしたが、写真の紫蘇は移植したうちの1本である。

手前の鉢植えは、コーヒーの芽たち。
そろそろコーヒーの木は、家の中に入れなければならないかもしれない。
まだ移し替えしなければならない芽が幾つかある。100円ショップで植木鉢を買ってくるかなぁ。・・・・・・

d0046294_858276.jpg
そんなことを考えながら眺めていると、1つだけ落ち込んでいるような苗を見付けた。
葉っぱがタラリと下がっている。
他の芽と見比べても、やっぱり元気がないように見える。
どうしてだろう・・・・・・・。
d0046294_8581865.jpgと考えても答えが出るわけではないのだけれど、一応原因究明を心がける訳だ。

なんとなく、二重底になっている植木鉢なので、下に水が溜まっているような気がして、水をこぼしたのだが・・・・・・。

                     
一番成長の早い「ジャック」は、この通り元気。
葉っぱをピンと伸ばして、緑の葉っぱがつやつやしている。
今のところ、元気のない1本以外は、このジャックに習ってみんな葉っぱをピンと伸ばしているが、無事にこの冬を乗り切ってくれるのは何本だろうか。

二階の窓辺に並べようか・・・・・・。
今から、どこに置いたらいいかと少々悩ましい。

d0046294_8583273.jpg


このフェンスが、ウチの「庭」と「山」の境界線になる。
この境界線を挟んでアシタバが茂るのだが、この写真で分かるとおり、夏が終わったばかりの現在、アシタバ以外の植物も生い茂る。よく見ると、子どもの頃に見た野山の草花も生えていたりするから、やたらに抜くことが出来ず、もう少したって、枯れてきたら刈ることにしようと予定をたてている。


これだから、長靴を履かずには歩けない・・・・・・。



前回までのコーヒーについて

一日一回、ぽちっの応援をお願いします!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
by anrianan | 2008-09-24 15:18 | ■家庭菜園 | Comments(6)
耕して、油かすを撒く
朝晩はすっかり秋。夜はタオル地のガウンを羽織るようになった。
今朝起きてみれば、なんとも肌に触れる風が心地よく、ずっと外に出ていたい気分だった。
しかし、ラジオから流れてくる天気予想は、日中30℃近くなるという。

ええ~! そんなバカな。
温度湿度ともに完ぺきなのに。・・・・・・

ならば、今のうちにニンニクを植え付けようか、と種ニンニクを用意する。が、すぐに気が変わった。
ここは暖地だから、今植え付けると若干早いかもしれない。
早すぎると冬までに育ち過ぎてしまうし、遅すぎると成長しないから、見極めが大切らしいのだ。
時期としては9月~10月が植え付けと言われているから、もう少し待った方がいいだろう。
と判断して、とりあえず植え付け予定地を耕して、油かすを混ぜておくことにした。
さて、この判断が吉と出るか凶と出るか・・・・・・。
d0046294_12194073.jpg


雑草を抜かなくなって、特に一昨日に大雨が降っているせいか、土は柔らかい。
両親の所の土よりも、ずっと良質のような気がする。宮守のあの広大な畑は、実は岩がゴロゴロと埋まっており、粘土つちなので耕すのが大変なのだ。
それに引き替え、ここの土は水はけが良く、どちらかと言うと砂地だが、父が居る頃は毎年のように、黒土や肥料を足していたから良い土になっているのだと思う。

洗濯物をサッサと干して、私は長靴に農家帽子といういでたちで庭に出る。
以前ジャスミンが茂っていた場所、今はナスと株分けしたニラを植えた場所に、ニンニクも植えようと考えている。
僅か60cm×50cmほどの狭い場所だが、これで充分だろう。

そして耕している間に、この隣の場所も耕しておけば、思い立った時すぐに種が蒔ける・・・と思い付く。
そして、紫蘇をまたいだ隣の土地を耕し始めた。ここは80cm×1.5mほどのちょっと広め。

あれ? なんだかハーブが生えてきている。
(レモンバームかなぁ・・・・・・。)
と思っていたら、
先日岩手から貰って来たミントじゃないか!
おいおい、しっかりしてくれよ。
d0046294_12263414.jpg


さて、油かすを撒いてみれば、なんだか・・・・・・・臭い。
田舎でたまに臭って来るジャパニーズ香水、あるいは野良猫のウ〇コと同じ臭いだ。
もしや、ホントに野良猫がどっかに糞をしているんじゃないか、と私も鼻をクンクンさせる。
しかし、確かに朝の爽やかな空気に混ざって、糞の香り(?)はしてこなかったから、これは肥料の臭いなのだろう。


それにしても、昼近くになるとやっぱり気温が上がって、ジャパニーズ香水も風の向きによっては強烈だ。


んん~、たまらんなぁ。・・・・・・




一日一回、ぽちっの応援をお願いします!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
by anrianan | 2008-09-23 11:59 | ■家庭菜園 | Comments(10)
小さい秋 見~つけた♪
d0046294_83387.jpg


私が東北に滞在している間はずっと暖かく(というよりも暑かった!)、赤とんぼがブンブン飛び回っていました。
住んでいる横須賀周辺ではたまに見かけるぐらい、と記憶しますが、宮守町にくると無数のトンボが飛び回り、ちょっと気持ち悪いくらいです。

永久に晴れが続くんじゃないか、と思えるほど好天に恵まれていた日々から、台風が接近していた関東に戻って以来、いつも空はどんより。時折薄日は差すものの、気温はぐっと下がったように感じられ、東北よりも全然寒いじゃないかい! と腹立たしく、お日さまが恋しいこの頃。



さて、今日は出稼ぎ再開の日。かなり楽しみにしている自分を感じます。
この仕事を続けていると、家計的にはかなり苦しいのですが、働いている周りの人たちと雰囲気が好きで辞められないのです。
主婦の小遣い稼ぎには絶好ではないかと思うのですが、一人で生活していくには、ちょっと厳しい現実が・・・・・・・。

ここら辺の問題点をずっと考え続けているのですが、好きな人たちが多い職場って、そんなに多くないんですよ。職種や職業によって、そこに集う人たちの色合いはかなり違って、やっぱり自分の好きな業界で働くということが、好きな人たちに出会える一番の方法ではないか、と思います。
これは、何十社もいろいろな職場を見てきた私の、体験からくる確信のような答えです。
だから収入がどんなに良くても、付き合いたくない人間や魅力を感じない人が多くいる職場では続かないのです。

でもねぇ、収入も生きていくには大切なポイントで、
「どうしたらよいだろう?」
という私なりの解決策を、これからも探し続けていかねばなりません・・・・・・。



さて、こんな鬱陶しい日は、こういう鬱陶しいことが何倍にもなってのし掛かってきますが、あの晴れ渡った枝豆ファームを思い出して、気分を盛り上げていきたいと思います。

毎日1本ずつ抜いて、山盛りの枝豆を茹でて食べていました。
「ほんっとに、好きだねぇ~・・・・・・」
と、おナカさんは呆れていました。

ええ、ええ、好きですよ、ぜ~んぜん飽きませんよぉ。 こういう男、どっかにいないかなぁ。

帰りがけに貰って来た2枝分の枝豆は、週末に食べてしまってすでにありません・・・・・・。
d0046294_8351816.jpg


ああ、もっと貰ってくればよかった・・・・・・。


一日一回、ぽちっの応援をお願いします!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
by anrianan | 2008-09-22 14:42 | ■とりあえず日記 | Comments(18)
そろそろ秋の植え付けの準備・・・・・
一週間のロングバケーションの間に (一週間でロングバケーションといえるのか?) すっかり早寝が習慣付いた。9時にはベッドに入り、早いと8時だったりする。
ニャンコやワンコにも負けない睡眠時間だ。
しかし、寝溜めも容量がいっぱいになると出来なくなるのか、昨晩9時に床についた私は11時半に目が覚めた。3時か4時頃かと思った私はガッカリしたのだが、その後、目を閉じても一向に眠くならない。
零時2分前、手もとの携帯電話ワンセグでテレビをつけてみると、ペ・ヨンジュンが映し出された。
(あらぁ、お久しぶり・・・・・・)
どうやらNHKの番組らしい。

しばし眺めていたが、どうせ眠れないのなら下のテレビで見よ。
ベッドを抜けて、こうなったら眠くなるまで起きててやるぞ、と下に降りる。
教育テレビの「チャロ」を見たり、あちこち番組を変えながら時を潰す。
2時間経って、丑三つ時になる。眠くならない。・・・・・
しかし、テレビの電波はどうも疲れる。絶対に体に悪い電磁波が多く出ているに違いない、と思いつつ消して、二階の寝室に戻り読書をする。
1時間くらい読んでいたら、ようやく眠くなってきて1行おきにボヤケて見えてくる。
(きた、きた・・・・・・。)
睡魔を逃さないように、最小限の動きでしおりを挟んで、枕もとのライトを消した。
めでたしめでたし・・・・・・・。


で、何時に起きたのかって?
6時に目が覚め、うつらうつらと二度寝をしたり、ゴロゴロと本を読んでいたら、陽が差し込んで来たので、
(早く洗濯をしなくちゃ!)
と、飛び起きたのが8時。(^_^;)

こんな楽な生活をしていたら、絶対に悲惨な老後を迎えそうだ・・・・・・、という底知れぬ不安が消えないのだが、何か目的を見つけて一所懸命にやり始めると、ショックに打ちのめされるということが続いたこの3-4年で、すっかり私は仕事に対する積極性を失っている。
いわゆる、行き詰り。


ま、誰でもそれなりの悩みは抱えているのだから、もっと悲惨な国の人々に比べたら、私の悩みなど「へ」である。

d0046294_11412059.jpgと自分を励ましつつ、伸びた草をバリカンで刈った。
伸びた草は、ふかふかの絨毯のようでそれなりに悪くはないが、気持ちがサッパリしない。
今回は電気がショートしないようにコードを点検し、一気に刈ることにした。
刈った草は、その場に寝かせておく。

私の草刈りバリカンは、ハンドクリーナーのようにしゃがんだ体制で刈っていくから結構疲れるのだが、ハサミで切っていくことを考えれば、ずっと楽だと思わなければならない。

それにしても、なんだか切れなくなってきたなぁ。
こういうバリカンの歯を研ぐものはあるのだろうか?・・・・・・


d0046294_11413824.jpg

一通り刈って満足したので、岩手から貰って来たミントの苗を植えた。
あとは「にんにく」の植え付けだ。
はつか大根と小松菜の種も蒔こう。・・・・・・



一日一回、ぽちっの応援をお願いします!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
by anrianan | 2008-09-21 11:34 | ■家庭菜園 | Comments(10)