<   2007年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
入浴
最近、『料理モード』から『洗濯モード』に変わっている私だけど、大きな物も洗濯していよいよ洗濯する物が見当たらなくなると、長年同居している「ぬいぐるみ」たちに白羽の矢が当てられる。

これは数日前の真夏日の写真だけど、7-8年前に鎌倉の小町通りで買い求めた白ウサギを入浴させた。

d0046294_10215874.jpg


真っ白で背中に羽根を突けた「天使うさぎ=うさ子」(勝手に命名)は、大分この世の垢にまみれて薄汚れていた。
(せっかく可愛かったのにぃ・・・・・・)
と見るたびに気になりながら、いっときは
(捨ててしまおうか)
なんていう危機もナントカ乗り越えてきた。

この日は意を決して、ドボドボと漂白剤をいれた洗面桶に「うさ子」を入れ、
(しばし、息をを止めておくのだぞ)
と言い聞かせて潜水させた。
1時間ほど後、ひっくり返して再び浸しておいたら、粉洗剤を掌に取って頭から手や足など、全身くまなくゴシゴシと洗ってあげる。 仕上げは柔軟剤に浸す。 そして、ギュ~ッとヒネって水を出す。



入浴が終わってネットに寝かされた「うさ子」は、息絶え絶え。
それでも気持ち良さげに見えたのは、私の自己満足か・・・・・・?
by anrianan | 2007-05-30 14:55 | ■とりあえず日記 | Comments(10)
こういう流れ
知ってました?

最新のニュースを伝える新聞は、同じ日でも時間によって、トップニュースや写真が刻一刻と変わっていくんですねぇ。

今日の夕刊はこれ。
最初の版は「斎場の写真」、次が「出棺の写真」、最終版はトップ記事は変わらないが、写真は「ミス・ユニバース」。

d0046294_22541795.jpg

このミス・ユニバースは静岡市出身の20歳。
ん~、化粧だけみるとサンバでも踊り出しそうな日系ブラジル人と言ってもおかしくないような・・・・。


それはともかく、政治家やキーパーソンの自殺がこう連鎖すると、
「闇に葬られた」
という感が拭えませんね。
払った年金はどこかに消えちゃうし、どーしてこうまで訳の分からないことが次々と起こるのでしょう?
「その政治家を選んだのは国民の責任」と言われたって、
「じゃ、誰を選んだらいいのさっ?!」
と叫びたいくらいに、選択の余地がないじゃないのさ。

時代劇や時代小説の中では、必ず一人はいるんだよね、正義の味方が。
でも現実には、悪者をバッサリ斬って「世の不条理から弱い者を救ってくれる人」がいないじゃない?

そしたら、「じゃ、あなたが自分でやるしかないよっ!」
と言ったバカもいたけど、人にはそれぞれ「分」があるのさ。
今は「分不相応」な行動をする人も多いから、それでもいいかもしれないけど、
あたしゃヤダね、こんな不条理な奴らに闇に葬られるなんざ。
by anrianan | 2007-05-29 17:39 | ■とりあえず日記 | Comments(6)
オリーブの首飾り
という曲があったなぁ・・・・。

と思いながら、今年初めて花を咲かせたオリーブを眺める。
d0046294_971717.jpg


今年は「実」をつけるのだろうか?
それは「食べられる」のだろうか?
とすぐに、「食」について考えを巡らせると同時に、2 Duo core の私はすでに、ワインを飲みながら自家製オリーブを食べている図を描いている。


しかし、知っているだろうか?
オリーブは土地を荒れさせる、とも言われている。
聞いた話であるが、昔ギリシャの周辺は広大な森があったというのだ。 しかし、森林を伐採してオリーブ栽培したために砂漠と化した。・・・・・
だから、日本にオリーブを植樹してはいけません、とあちらの高官が言ったとか言わないとか。

ウチのは鉢植えだが、その話も頭の隅に残っているため、地植えにしようという気がおきない。
しかし鉢植えだと、水を毎日あげないため、時に乾燥し、
(こりゃ、もうダメかも・・・・・)
と思うことが何回もあった。

ところが、今年はとうとう花を咲かせた!
(何年かかったんだろうねぇ・・・・・・)
と、我が事のように感無量! というのは大袈裟だが、ふと気づけば花が咲いているんだもの。
正直たまげたね~。


たまげたと言えば、
先日、大枝をぶった切ったセンダンの枝から、新芽が出ているのさ!
d0046294_9205542.jpg

どう? まるで枝に小鳥たちが並んで止まっているようじゃない?

へぇ~、こうやって新芽を出すんだねぇ。 偉いじゃないのさ。
枝を切られようと文句一つ言わず(?)、生きることに希望を抱いているが如く、新芽が楽しそうに出ているよ。・・・・・

いやぁ~、植物には教えられるねぇ。


というところで、ついでにアボガドも紹介しておこう。
これも、バッサバッサと剪定したのだけど、こうやって芽がひょンひょン出ている。
d0046294_934682.jpg

しかし、アボガドは花も実もつけない。 ひたすら生命力だけが強い。

ん~、こういうのはどうなんだ?・・・・。
おまえは、何の為に成長を続けるんだい?・・・・。

<※アボガドについて追記>
アボガドは10mくらいの高さにまで成長し、てっぺんの方に実をつけるそうです。東京で実をつけたという話もあり、温暖化の影響もあり、日本でもアボガドの収穫は可能ではないかと思えるこの頃です。 2008.10.5 追記)




ランキングに参加しています。応援のぽちっをお願いします。ありがとう~♪ \(^o^)/
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
by anrianan | 2007-05-28 09:21 | ■とりあえず日記 | Comments(14)
老後のような生活
つくづく感じることが、これである。

そもそも私は、20代終りのアメリカ冒険遊学からの帰国機上で、
(私の人生は終った・・・・・・。 これからは余生だ)
との思いを、雲のじゅうたんを眺めながら噛み締めたことを覚えている。

そして、2回目。
“助からない”はずだった結核から回復して、自宅で療養している時、
(私は道端の石ほども世の中の役になっていない。 生きている価値が無い)
と、庭の草を抜きながらしみじみ考える。

そして、3回目。 
・・・・・は、まだであるが、最近の自分を考えるに、
(まるで、老後のような生活をしている)
と、ふと感じた。 今朝のこと。

d0046294_7465229.jpg


昨日は、広いがまとまりのない庭を眺めながら、「山椒」と「バジル」と「パセリ」の居住地を決めて植えた。

山椒は、ずっと長いこと欲しかった。
山椒の実がなったら、“ちりめん山椒”の佃煮を作りたいのだ。
バジルはトマトと一緒に、マルゲリータを作って乗っけるぞぉ♪
パセリは・・・・なんでも使えるからね!

そんなことを嬉々として考えながら植えていたら、
(なんだ、あの頑固ジーヤと(私は)同じことをやってるじゃないか・・・・。)
と、がっくりきた。

「蛙の子はカエル」と言われるたびに、
「蛙の子はオタマジャクシだよ!」
と屁理屈を返していたが・・・・・。

頑固ジーヤのマモル君は、そもそも
「手打ち蕎麦を、粉から作りたい」
という夢のために、遠く北国の僻地に農地を買った。
そして、ほんとにそばの実を収穫し、挽きたてのそば粉で手打ち蕎麦を作っている。

そりゃ、偉いと思うよ。 ・・・・・おいしいし。
でも、
(あたしゃヤダね。 都会の方が好きだし、もっとやりたいことがあるんだよ)
と思っている。

なのに・・・・・、
その “やりたいこと” が見つからず、“次にやりたいこと” をやって、それなりに満足している。



どーしたって、どう考えたって、時間が経ったって、
「一番やりたいことは演劇」

だけど、こればっかりは、今更もう一度昔のように人生を賭けることはできない。
大きなチャンスを逃した時点で、私には運が無かったのだ、という思いが繰り返し湧き上がってくる。


基本的に、やりたいことはすべてやって来た、と感じている。
「夢」は「現実」にしたいと思うから、そういう時は自分を崖のぎりぎりまで追い込む。
人と同じことをやっていたらそれまで。 それ以上のことをやれる人間ほどチャンスが来る、と思っているから、私は「これだ!」と思ったことは命懸けで突っ走ってきた。
しかし、突っ走るにもエネルギーが必要だ。
人間には「持ち分」のようなものがあるのではないだろうか。
それは、ただでさえ年齢とともに減少して来るのに、私は二回もすり切れるようにエンジンをふかしたものだから、これ以上ふかそうにも残量が足りない・・・・という気がする。

生活をして行く=自分を養っていく、ということは生きることの基本だと「大人の考え」に到達してしまったから、いまさら青春に留まることもできない。

「価値があるから生きるのではなく、生き抜くことに価値がある」
と江原さんはいうけれどさ。 やっぱり、人の役に立っていたり、夢があるから生きる気力も出るんだと思うよ。

 




         結局、私は自分の人生をうまく演出できていないのだ・・・・・・。
by anrianan | 2007-05-23 08:28 | ■とりあえず日記 | Comments(20)
ぼちぼちと・・・・・・
私は曜日に関係なく動いているから、仕事も遊びも私の中での扱いは一緒になる。


先週のある日、前回外壁やTVのアンテナを付けてくれた「リフォームの助っ人」ビンさんがネコを連れてやって来た。
ネコというのは、実は彼のワイフ。
「ネコの手も借りたい」というけれど、その“ネコの手”を持って来てくれたというわけ。(笑)

この日は車でホームセンターへ。
車が無いと、つくづく買い物も大変だ・・・・と感じる。
かさばる物を一度に買えないから、
「牛乳とお酒は一緒に買わない」
とか、持ち帰りの重さや大きさなど、いろいろ考えて買わなければならない。

この日は「買いたいもの」や「修繕したい所」のリストを作って相談に乗ってもらい、必要な大物を買ってくることになった。

庭での水撒きホースも破れて仕えないので、これは新しく購入。
1,980円で買えるんだねぇ! へぇ・・・・・、こんなもんで買えたんかぁ。

ホームセンターは歩いているだけで楽しい。
今度一人で散歩がてらに、遊びに来ようかなぁ~。
なんて考えたりもしているのだが、見ると欲しくなるものがあり、買うと運ぶのが大変になる。

「今日は、車だっ!」
と思うから、力が入る!
その分出費はかさむのだが、これは分割でなんとかなるだろう・・・・・。


庭の芝刈り用バリカンとか、梅酒用容器と氷砂糖とホワイトリカー、そして!
洗濯乾し場に使っている部屋に作りたかった「折りたたみ机」の部品。

泉ピン子さんが
「毎日シーツやパジャマは、すべて洗ったものじゃないとダメなの」
とトーク番組で仰っていたのを聞いて以来、何かが私にスイッチしてしまったようで、私も毎日の洗濯量が増えてしまった。しかし、シーツと夏がけタオルやバスタオルなどを、ぜ~んぶ洗うと乾す場所がないし、水道料も勿体無いし・・・・・、と私なりの理由があり、
「やれる範囲でマネしよう!」
ということになった。(というより、自分でそう決めたわけだね)

で、とにかく、洗濯物の量が増えたから、毎日洗って乾してたたんで、洗って乾してたたんで・・・・を繰り返すことになった。 こんなこと、昔の「お母さん」は当然やっていたことだし、“毎朝洗濯をする” のは当たり前のことだと思っていたけど、自分が大きくなって一人で生活してみると、そんなに洗濯物が毎日大量に出るわけでもなく、数日に1回で充分なのだ。
しかし、今は毎日。

ということで、洗濯したものをたたんだり、アイロンをかけたりという作業台が欲しくなった。
助っ人にいろいろ聞いてみると、
「ああ、やっぱり思ってように簡単にはできへんなぁ~」
d0046294_1561642.jpgということを、つくづく感じる。
やっぱり“相談”というのは必要だなぁ、と感じる。

しかし、出来ましたぜ! 
折りたたみの作業台!


も・・・・・、もちろん、
作ってくれたのは助っ人ビンさんだけどさ。
   でも、アイデアは私・・・・・。

私も手伝って、新しいのこぎりで角材をギ~コギ~コと一生懸命切ったら、それ以来、私は“のこぎり業務”から外された。 
・・・・どーもね、ちょっと曲ったようで。誰だい? ヘソと一緒だ、なんていうのは


しかし、“ペンキ塗り” はウマイよ♪ (と、思っている)

d0046294_157144.jpg洗面台の上に棚をつけてもらい、私はついでに剥げていた窓枠を白く塗った。
すると、どーよ! 
まるで、そこだけが新しくなったかのように、ピカピカと輝いているじゃないか。

なんだか嬉しくなって、トイレの窓枠まで白く塗っちゃったよぉ♪
(その写真は無いけどね。)

こうなると、次々と塗りたくなっちゃうんだけど、あまり一度に塗るとペンキの臭いがねぇ・・・・。
白ペンキの中でラリってるっちゅうのも、あまりいただけないし。
ということで、
d0046294_1572958.jpg
    次はどこを塗ろうかなぁ・・・・・・。
by anrianan | 2007-05-21 14:56 | ■とりあえず日記 | Comments(11)
甘酒夏バージョン!
先日「激辛大好き」という記事をアップしたが、今日は「甘酒」について。


甘酒というと、3月の節句や冬の寒い時に
「ふーふー」
しながら飲む甘いノンアルコール飲料だが、私は以前の「黒米あまさけ」でも書いたように、
「酒を入れないのに、なぜ甘酒なんだぁー?」
と疑問に思っている。

d0046294_95491.jpg
だから、というのも変だが、私は断固として甘酒を作る時には日本酒で作る。
つまり、お湯で薄めずに酒で薄めるわけ。 (酒薄めている?)

   これぞ、まさに甘い酒!

これはウマ過ぎる・・・・・といつも思うのだが、
「水で薄めた甘酒なんぞは、邪道じゃ~!」
くらいの確信となっているこの頃。


すると、なんと!
「夏用甘酒」(http://www.ogawaya-misoten.co.jp)というのがあって、まさにこれは「冷水」で割って飲むんだって!
しかも、“氷を入れたり、凍らせてシャーベットにするとおいしいです” だって!


     !  !  !


そこで、
「どーして私って、こういうことにひらめくんだろう♪」(と自画自賛しながら)

d0046294_8582937.jpg冷酒と甘酒1袋(250ml)を1:1の割合で混ぜたら、数時間冷凍庫に入れる。
半凍りの状態で出して、ペットボトルごとシェイクする。
すると、なんとあろうことか! あの「フローズンマルガリータ」ならぬ「フローズン甘酒」!!

    これは、 う♪ま♪す♪ぎぃ~!!



しかし、反省した・・・・・。
 「作る時は500mlじゃ少ない、今度は1リットルにしよう!」・・・・・


    ただね、1リットルボトルだと「凍り加減」が難しいと思うんだけどね・・・・・。
by anrianan | 2007-05-18 09:09 | ■食生活 | Comments(4)
夏に向かって激辛!
もともと辛いものが好きだけど、最近は以前ほど食べなくなった。

酒も辛味も「慣れ」があって、免疫がついてくるような気がする。
つまり、毎日食べていれば、どんどん辛さも増してきてエスカレートする。
けれど、人間の身体はそんなに単純なものではないような気もしてきたこの頃。


一週間に一度の割合で「鍼灸」に通っていた時期がある。
仕事も忙しかったし、精神的なストレスもあり、稼いだ分を身体のメンテナンスに当てていたという感じがする。

その頃、夏になると必ず「タイ料理」を毎日食べていた。
昼は暑くて食欲がなくなるので 、チリソースで“生春巻き”、 夜はご飯一膳にタイカレー。
※この「生春巻き」は、四ツ谷駅ビルのアトレ1階にあるタイ料理レストランのが一番ウマイ!

すると、
「胃腸が弱ってますね」
と忠告を受ける。
で、少し我慢をする。 治る。 で、また食べる。 で、また言われる。 で我慢をする。

飽きもせずに、同じ事を繰り返していた。


そして、気づいた。

どんどん辛さにも強くなっていくのに、胃腸は弱っている。
しかし本人の自覚は無い・・・・・。 
(私が鈍感というだけ、ということもあるかもしれないが)
人間って感じていなくても、実は意識外の所で “感じていて”、その影響は身体に「か・く・じ・つ・に」 及ぼしているんだな。 てなことを。・・・・・・




     ん? ・・・・・ 何を書こうとしていたか、というと。・・・・


そうそう、家にいる時は「手早く・おいしく・身体にいいもの」を作って食べるようにしていて、
最近食べたものはこんなものだよー、という話。

① 皿からはみ出す程デカイ、ほっけ! ↓ ↓ ↓ デカさを協調するために、写真をデカクしてみた。
d0046294_18391251.jpg

これはいただきもの。 北海道のお土産でした。
2回に分けて食べようと思ったのだけど、焼酎を飲みながら、気づいていたら一匹食べてしまっていた。
大根おろしと一緒に食べたのだけど、この「大根おろし」っていうのもまた“くせもの”なんだね。
ついつい食べ過ぎる・・・・・。

② 次は、採れたてのアシタバと海老のタイ風炒め物(+雑穀ご飯)
d0046294_18395337.jpg

アシタバは大抵茹でるけど、内臓が元気だと炒め物にしたくなる。
後ろに見えるは、「サン・ティー」割り焼酎。 
最初は惣菜だけを皿に盛ったが、
(辛いつゆをご飯に絡ませたらオイシソウ~!)
ということで、両サイドに雑穀ご飯を乗せる。こうすると、ワンプレートで「つまみ兼食事」になる!




基本的に、料理をブログに載せるのは嫌いだけど、他にアップする記事が無かった。
なぜ料理をするのか? だれのために作るのか?
と考えると、毎日作る料理をイチイチ公表しようとは思わないのだけどさ。

それに毎日のことなので大したものは作らないし、仕事に行くとそんなに手間をかけられない。
料理を作るにしても結構材料代がかかる。 よって清貧の私はそんなに贅沢はできない。
でも、世界にはもっと食べられない子がいっぱい居るからね。・・・・・・

私は自然のスーパーマーケットから、“季節限定”ではあるけれど大きな恵みをもらっている。
そういう生活を、時々は「記録」しておこうと思っている。
by anrianan | 2007-05-16 09:05 | ■とりあえず日記 | Comments(14)
マイブーム
5-6年ぶりに携帯を新しくした。
PCでいうならば、Windows95から一足飛びにVistaになったような気分。
白黒の画面からカラーになったのだから・・・・・!

d0046294_1228579.jpg
TVでも宣伝している「ワンセグ」という代物だ。
しかしまだ使いこなせずに、ようやくテレビが見れるようになった次第。

ちょっと前までは、「10チャンネルしか映らない小さなTV」が1台だったのに、気づいてみれば、大きなテレビもやって来たし、電車の中でもテレビが見れる! 
合計3台!!!

まだまだ携帯には思考錯誤中だが、モバイルPCくらいの機能なんじゃないか?!





そうそう、エロメールや迷惑メールに悩んでいる人がいたら、朗報あり!
すでにご存知の方も多いと思うけど、Gmail(Google)は、超~すぐれもの!

私も人に教えてもらって試してみたが、
「なぜ分かるんだぁ~?!」
とビックリするほど、ジャンクメールを省いてくれる。

今までのメールアドレスから、Gmailに転送すれば見事にフィルターにかけてくれるし、返信する時も差出人アドレスを選択できる。



どんどん「便利」を追い求めるとキリがない・・・・・。
キリがないけど、やって来たものは拒まない・・・・・・よ♪
by anrianan | 2007-05-14 12:22 | ■とりあえず日記 | Comments(11)
凛々子のおしゃべり
私は凛々子といいます。 「りんりんこ」ではなくて、「りりこ」と読みます。


先週の金曜日に、私はある会社に友だちと集団就職して、それぞれ雇い主に引き取られて来ました。
私の雇い主は、可愛い女の子と連れ立って私を引き取りに来ました。
結構私たちは人気者で、社内放送された途端に大勢の人がやって来ました。

こんな大都会の「土」が見えない所で、こんなにも私たちを引き取りたい人が多いなんて!
と私はもうビックリ!

私の主と来た女の子は、
「マンションのベランダで大丈夫かしら? まずは、プランタを買わなくちゃ!」
と話していましたが、私がやって来たのは「土」がいっぱいあるお家です。

私は専用のビニール袋に入れられて、雇い主が走る時はユサユサ揺られ、一度バサリッ! とアスファルトの上に落とされ、時々呼吸困難になりそうになったり、電車の中では斜めになって落ちないように頑張ったりしながら長旅を乗り越えました。

「ごめんね~!」
と、そのたびに声をかけられるので、どうやら優しい雇い主に貰われたようだと安心しましたが・・・・。

家に着くと袋から出され、一晩台所下の石段の上に置かれました。
はぁ~、やっと新鮮な空気がすえたぁ~!
風に乗って、なにやら色々な香りが流れてきます。
大きな木が私を見下ろしているし、あちこちの花や草が私をじっと見ていました。


翌日朝陽が昇ると、雇い主が現れました。
私たちは4人1セットになっていましたが、私の主人はどうやら一人一人を別々に植えようとしています。
そして、①私はレモンバームの近く、② 二人目は株分けしたレモンバームと一緒にジャスミンの近くに、③ 残りの二人は、もともと畑だった場所へ・・・・ と決まりました。
d0046294_8491346.jpg

レモンバームは、私たちトマトの生育を助け、風味をよくしてくれるのです。
その他のハーブでは、バジルはトマトの飛翔害虫を遠ざけて生育を助けてくれます。
花では、カレンデュラやナスタチウムなどが害虫を防いでくれるし、私たちと相性が良いのです。

私の雇い主は、念願の家庭菜園の第1号だと言わんばかりに、熱心に本を読んで勉強しています。
実は、野菜同士や花などとの相性もあるので、私たちの近くに植える野菜は「きゅうり、セロリ、唐辛子、にんじん、ねぎ、ラディッシュ」といった仲良しの仲間たちを植えてもらいたいもんです。

だけどね、その前に気をつけて欲しいのは、せっかく植えた私たちを間違えて踏みつけないでほしいのよね。
随分うっかりやのようです、私の主人ったら・・・・・。



     いたっ! もう、気をつけてったらぁ~!
d0046294_852919.jpg


おっと!・・・・・ ごめんよぉ。


それにしても、トマトのくせして良くしゃべるじゃないのぉ?
「凛々子」って名前なんだから、もっと凛として黙ってたらどぉよ。

しかし4株全部が凛々子じゃ、混乱するわね。
「お凛」「凛々」「凛さん」「凛子」にしようかね・・・・・・。

d0046294_8572042.jpg
と落ち着いた所で、私は朝食だよ~♪
採れたてのアシタバとゆで卵のわさびマヨネーズ和えです。
チョ~簡単で上手い! という感嘆料理。(笑)
by anrianan | 2007-05-13 08:44 | ■家庭菜園 | Comments(0)
江戸ウォーキング-2
九段下を久しぶりに訪れ、ふと目に止まった小径に入り、ぐるりと内堀に沿って歩くことになった私。

d0046294_16283321.jpg桜田門をくぐり抜ければ、二重橋はすぐ目の前。
今まで “江戸時代” の時空間が、急に “明治” へ移行した。 目に飛び込んできた橋の上の街灯が、鹿鳴館を彷彿とさせたのだ。
別に鹿鳴館を体験したわけではないが、室内装飾や建築物などで
(鹿鳴館時代みたい・・・・)
と思うことがあるから不思議だ。


とりあえず、私は重い足をひきずり空腹と疲労感で、気分は行き倒れ間近の浪人である・・・・。
しかし、皇居周りにはスタバやドトールは見当たらず
(まずは日比谷か東京に出よう)
と、朦朧とする頭で考える。

(それとも、たまにはどっかに入って、しっかり食べてみるかなぁ・・・・)
もう少し詳しく解説すると、
「どこかのレストランにでも入って、ビール一杯とパスタかピザでも食べてみるかなぁ・・・・」
ということである。

私はいたって質素倹約武士的生活を送っているから、あまり外食をすることはない。
というよりも、外食は誰かと時空間を楽しむためのツール(の一部)と思っているから、自分一人では「贅沢すぎる」という感が否めない。
それなのに
(しっかり食べてみるかなぁ・・・・)
と思ったのは、それほどに疲労感が全身を覆いつつあったのと、気分が高揚していたのかもしれない。

d0046294_1672656.jpg
私は二重橋から、前方に見えた線路目指して一直線に歩いた。
疲れながらも、緑の芝を敷き詰めた上に低木の木がバランス良く植えられ、歩道脇にはベンチが置いてある公園を見て、
(まるで、ハワイ~♪ のようじゃないかぁ!)
と足を止める。
まばらにベンチに腰かけているいる人たちは、誰もが本を読みながら静けさを楽しんでいるように見える。
(ん~、さすがに元武家屋敷には上品な気が流れている・・・・)
と、一人勝手に思い込み納得。

すると、皇居周辺の地図が目に留まった。
(おお、これはブログ用に撮っておかなければ・・・・。)
赤線は私が歩いたコース。
d0046294_16143080.jpg


・・・・・・・。

東京に出るのならば、逆回りの方が近かったんじゃないの?
それよりも、皇居内を突き抜ける道は無いのかしら? (無いよねぇ~)(^^;)
さまざまな思いが去来した。


信号を渡り、真っすぐ線路を目指して歩いていると、見なれた景色が広がった。
いや、すっかりその景色は様変わりしていたが懐かしかった。 丸の内の通りである。

d0046294_18545970.jpg
こんな私でも、“丸の内OL”だった頃がある。 ボスが外人の秘書だったのさ。
どーだ! かっこいいだろ~♪

と言いつつ、自分では
(あの仕事もイマイチ・・・・、私の英語は中途半端だった・・・・)
と、自信が持てないところがある。 だから、脛のすり傷になっている。



一度、その“懐かしい通り”を歩いて有楽町に向かおうかと思ったが、2-30mほど進んでUターンした。
(確か、“東京ミレナリオ”を歩いた時、ここからは東京の方が近かったような気がする・・・)
大体、私の「気がする」は当てにならない。 方向音痴なのだ。
だけど、やはり「気がする」方に進まずにはいられない。
    これが人間だぁねぇ~。


空腹と疲労を、世界のブランド品が並ぶ通りに感動したフリをしながら、騙し騙し歩く。
(なんだよ、ブランド品通りじゃないか・・・・。 銀座と同じことやってどーするよ! 日本の意地ってもんがないのかね! へぇ~、こりゃまたオシャレだねぇ~・・・・・。)
心の中では、感嘆やら興奮やら愚痴やら驚きやらと忙しい。

そうこうしている間に、とうとうレンガ色の東京ステーションが見え、心底ホッとした。
痛かったのは土踏まずだったのに、今や足の付け根から筋肉痛・・・・・。

d0046294_19275123.jpg
(東京駅構内でご飯食べて行こうかなァ・・・・・)
と改札を通過したのに、日常の質素倹約生活の習性で
(とりあえず早く東海道線に乗って、品川に出よう)
となる。 そして、品川に着けば、
(一刻も早く、電車が空いているうちに帰ろう・・・・)
となるのだが、この日は“皇居パワー”(?)も手伝っていたのか、
(いや、何か一つ、ご褒美においしいものを買って帰ろう!)
と、別の私が囁きかける。     「何のご褒美?」はともかくとして・・・・

そうだよね~♪ たまには、“おいしいもの”を買って帰ろうよね~♪
    電車の中で食べてもいいしさぁ~♪



“♪”マークが乱舞するまま、私は品川のエキュート(構内ショッピングセンター)を徘徊した。



           ・・・・・・・・・・・。



     どれも、高いんだよ!  ・・・・・高過ぎ!


そうは思いつつも、何も買わずには帰れない気持ちになっている。
散々歩き回った末に、「なだ万」の“ナントカのあんかけ”(鯵だったかな・・・・)580円をお買い上げ。
あとは最寄駅を下車してから、駅前スーパーでビールを買えばOK! と大満足で電車に乗り込んだ。



とにかく心地良い疲労感に包まれて、品川から電車で約1時間。
もちろん寝ましたよ、時々西の空に輝く黄金色の夕陽を見ながら・・・・・・。


いえね、夕陽を見て「寂しい」と感じることが多かった昔ですが、気づいてみると、最近の私はなんだか夕陽に「和み」を感じているんですわ。 

自分で思っているよりも幸せなんでしょうか・・・・・。(?)




   今度また皇居に行ってみよう・・・・・。
by anrianan | 2007-05-11 19:33 | ■とりあえず日記 | Comments(4)