<   2005年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
類は友を呼ぶ・・・・?!
なんだか今月は、イヤな後半だった。


今の仕事(楽天に出店)を始めた時、
「あなたに、ちゃんと1台パソコンを用意する」といってくれた。


      そりゃ、そうだ。
      ネットの仕事は、パソコンが事務所のようなものなのだからね。


そして、結局与えられたのは、壊れかけたノート型パソコンで、
それが私の専用として使うと宣言されたのは、出店オープン(6/1)の1週間前ぐらい。

それから、私はパソコンの動作に真剣になった。
よくよく見てみると、
ウィルス対策ソフトが2001年で切れてるじゃないのよぉ!

慌てて、自分の「ウィルスバスター」をインストールして“検索”をすると
「削除できません」というウィルスが2個も発見!

       なんてこった!


オープン当日、調べて修理センターに走り込んだ。
リカバリーをやってもらうと10,500円、自分でやると1,050円というので、
当然、自分で行ない、自分で払った。

そして、良い機会なので、
自分が使いやすいようにカスタマイズして、必要なソフトをインストール。
これらのソフトは、すべて私物。

パソコンも病気から回復したように、
徐々に手に馴染み、使いやすく快適になった。


ある日突然、「私の仕事用に」とデスクトップが購入されていた。

     なぜ、今更「デスクトップ」????


私は一人で作業をしているため、一日中外出の時など
すぐに対応するためにも、ノートPCでネット接続の環境も考え始めていた。
もちろん、経費は自分で支払うことになるだろうが、
それでも、今の仕事には必要なことだと思っていた。


パソコンを変えるという事は、
  設置して電源を入れるだけの作業ではない。

中のデータは別保存してあるとしても、
  ネットの設定やソフトのインストールなど
    今まで通りの使い勝手にするために時間を割かれる。



現在、注文が無い時は、自宅で作業するようにしている。
交通費が支給されていないというのもあるし、往復4時間かかるというのもあるし、
朝8時ごろからパソコンの前に座ると、ほとんど、夜までそこで時間が終わる。

  もちろん、トイレに行ったり、お風呂に入ったりするが、
  食べることに関しては、空腹を満たす程度になっている。


  時間は「無い」のではなく、「作る」ことだと言うのも言葉では理解できるが、
  やること、やるべきこと、が次々浮かび、ほとんど心が追われている。


それを、まったく分かっていない。
  パソコンを少しでも触れる人間ならば、
    私のやっていることは誰でも出来る、と思っている。



そう思われてしまうことに、最初の不幸があり、
パソコンに関しては、すべて「イッショクタ」に考えていることにズレがあり、
「ウィルスが入っていた」ことに関しては、
   パソコンを使う時に気づかなかった私が悪いということになり、
快調に動くようになったノートPCを返せ、に至っては、
   呆れ果てて、私の中で何かが落ちてしまった・・・・。


  考えれば、考えるほど、他にも不条理なことばかり。
  つじつまの合わないことを平気で主張される。
  お言葉を返すと「協調性がない」となる。

  同じ事を思っていて、裏ではいろいろ言っている人でも
  公の場で何も言わなければ、「協調性」があるというのか?
  陰で愚痴りながらも、その人には何も言わないことが「大人」なのか?
  表面上の波風が立たなければ「和を保っている」と言えるのか?


  すばらしい、と尊敬する人も居るには居るが、
  世の中の70%~80%は人にぶら下がり、楽して生きようとしていまいか?

  そういう「お気楽な生き方」がスマートな現代なのだろうが、
  私には、どうしても意識の崩壊、または「溶けた脳みそ」に見えて仕方がない。


そういう人間に出会ってしまう、ということは、私もそういう人間、ってことか・・・・・?



    がっかりして、やりきれない。

    「類は友を呼ぶ」って言うもんね・・・・・。  

        はぁ・・・・・・(-_-;)
by anrianan | 2005-07-31 12:45 | ■一言いわせて! | Comments(8)
2005年すもも日記

2005年6月4日、まだ「梅」と区別のつかない“すもも”でした。

d0046294_12371576.jpg



2005年7月4日、1ヶ月たってようやく少し色づく・・・お年頃?

d0046294_1238572.jpg


d0046294_12391991.jpg


2005年7月11日、もうそろそろ収穫?・・・・いや、まだジッと我慢・・・・。

d0046294_12395559.jpg


d0046294_1240641.jpg


風が強くて、落ちてしまった“すもも”も居たが、
ガンバッテいる“すもも”を見てみると、

・・・・なんだか、数が少ない?

やられた! そうなのダ!
鳥に先を越されてしまったのだ! (;_;) ウゥ~・・・


2005年7月17日、慌てて残りの“すもも”を一気に収穫。

d0046294_12405686.jpg

d0046294_1241680.jpg
  
 ワ~イ! 来年も実をつけてね! (^○^)/


by anrianan | 2005-07-18 12:43 | ■家庭菜園 | Comments(11)
たまには愚痴りたいのサ!

なんだか昼も夜も、そして曜日も分からなくなるような生活を送り、
私は貧しくなったように感じている・・・・。




言葉は、重ねても重ねても、通じない人とは通じない。

   通じる人とは、言葉を多く語らずして通じる。
   これは、決定的で「努力」などという問題ではないと思った。



     好き嫌いは我がままでなく、感性の問題だと思っている。
     しかし、会社勤めをしている限り、この論理は通じない。




あなたは人を使うことが出来るように努力しなさい、と言う。
好き嫌いがあるのは、協調性が無い、と言う。

子供の頃から「×」のレッテルを貼られると、
       自分がすごく“問題児”のように感じた。

逆に「○」や「◎」なんかがつくと、
       すごく飛び抜けた“特別”な人間に感じた。

    良いか、悪いか、いつも極端だった。


    間単に「自分のフィルタ」で評価する危険や重大さに
    気づいている人間が、どれほど居るだろう?




     「みんなと同じ色」に染められそうになると、
     私は猛烈な反撃に出る。
     それが「協調性が無い」となる。



           だけど、海外に出ると
           水を得た魚のようになる。
           努力をしないのに、ありのままの私で認めてもらえる。
           しかも、モテる。(? ホントカイ!)


     この違いはなんなんだ?




               どうして私は日本に生まれたんだぃっ?



          海外だったら、簡単に結婚できたかもしれないのに、・・・・
                   などと宿命のせいにしたりする。





                           チェっ! なんだか「愚痴り」だな。
                           冷酒を飲んじゃったせいだ・・・。



          ※ちなみに、日本酒を冷凍して、溶けかけているところを飲むと、
            ヒジョ~に、旨いヨ! (なんだか、単なる酔っ払いだね・・・)

                          オソマツ。 (-_-)


by anrianan | 2005-07-18 00:52 | ■一言いわせて! | Comments(2)
山川草木競いたちて我を守る・・・・


昨夜の風雨は凄かった!

家は高台にあるので、
風が強い
周囲の木々は一斉に頭を振り乱すように
葉をざわめかせながら、枝という枝を振り回す。

時には雨が降っていないのに、
“雨”が降ってきたのか、と思うほどの
葉っぱのざわめく音には、いつも驚く。


        こういう風景を見るたびに、
        いつも小さい頃に読んだ絵本の1頁を思い出す。


           森の木の枝枝が、大きな手のようにみえて
           おばけのダンスが始まった・・・・。




最近はそれに加えて、
家が古くてボロいので、
  
屋根が飛ばないか・・・・。
  雨漏りがひどくならないか・・・。

と、現実的な心配も頭をめぐる。




 
 朝起きて、屋根が無かったりして・・・・。
          なんて、昨夜は考えた。




     山蔭神道の祝詞(ノリト)の一部に
     
“山川草木競いたちて我を守る” という一節がある。

     それを思い出して、こういう時は「神頼み」である。
     
        そうだよ、なるようにしかならないんだから。



知らぬ間に熟睡したようで、
(イヤ、長いストーリーの夢を見ていたが忘れた・・・・残念!)



庭を見ると、
せっかく熟し始めていた
“すもも”が、
               いくつも落ちていた!

d0046294_12112456.jpg

           あ~ぁ・・・・。



蚊にさされるのを覚悟して庭に出て、
      この惨状を写真に撮る。

しかし・・・、
どこの山の中?と思うほどの地面。

雑草が生え放題、
「自然の森-自宅編」というところである。
d0046294_12122198.jpg


実が寄り添うように落ちているのもあったりして
その光景は、
ロンドンでの惨劇を思い出し、胸が痛んだ。
(とても「比較」になるようなものではないが・・・)
          。
          。
          。
          。
こうして「すもも」の惨状にがっかりしていられる
平和
感謝しなければならない、と思った。


by anrianan | 2005-07-10 12:14 | ■家庭菜園 | Comments(9)
親しき仲にも・・・・

相変わらず、時間が駆け足で過ぎて行く。




庭の草たちは、これ見よがしにボーボー伸びている。

d0046294_1714353.jpg
玄関前の笹たちも、雨の恵みを受けて、
「ここは、どこ?」
「誰の家?」


というくらいに
“竹やぶ”
状態だ。・・・・







竹やぶと言えば、
私は「クマザサ」に関するものを出店している関係上、
「笹」「竹」などについて、
ついつい目と耳が向く。



最近、21世紀版『竹取物語』とでも言うべく、
オモシロイ話を聞いた。
ここで紹介したいのだけど、
これは「メルマガ」に載せようと思っているので
発行した時に、ブログにもご披露しようと考えている。

どっちを先に載せても構わないところなのだけど、
最近、考えさせられることがあったので注意している。



   インターネットの世界では「盗用」は、ある種仕方がないし
    横行していると言えるかもしれないが、
    身近な人の写真であったり、文章であったりを使用する時は、
    一言「これ、使わせてもらってイイですか?」
    と聞くのが礼儀ではないか、と私は思う。


そう言ったら、
「あなたはちっちゃいよ」 と言われた。

   「それは、あなたの文章を誉めていることなんだから、
    喜べはいいんだよ」
  とおっしゃる。



             なに、言ってんのさ!? 


    日本には、礼儀とかマナーとか(同じか?)は、
                  無くなってしまったのか?




なんだか、同じ国に済んでいて、
同じ言葉を使っているのに、
異文化の人種と話しているような気分になってしまった・・・。


by anrianan | 2005-07-05 17:25 | ■一言いわせて! | Comments(6)