カテゴリ:■とりあえず日記( 760 )
喜びも苦しみも幾年月・・・・・・
日曜日は、特別に予定がなければ(デートとか)ゴールドジムに行って汗を流すことが定番になってきた。(だから毎週行っているわけ)。
最初は“レベル1”の腹筋がやっとだったが、今や“レベル2”もできるようになったりするもんだから楽しくなってきたりしているのだ。

ま、その話は次の機会に書くとして・・・・・・。
d0046294_723521.jpg

昨日はお天気が良かったものだから、GG(ゴールドジム)の前に、洗濯やら布団を干しまくり、掃除機を家中引きずり回した。挙句に先日の回転モップでベランダを拭き掃除もしたり。だからなんだか気分がスッキリして、GGで滝のように汗を流したことも加わって、さらに爽快。
というわけで、帰宅後は日暮れまでベランダでくつろいだ、という図。

目の前のスモモの木は芽吹き始める寸前という感じだ。・・・・・・あと一息。
d0046294_7231668.jpg

そして、ソメイヨシノはまだ冬の装いとなんら変わりなく見える。
けれどよく見ると、枝枝に黒いぼつぼつが出きていて、確実に蕾が膨らみ始めていることが分かる。
この一、二週間に急激な変化が訪れそうな予感がして、心が騒ぐ。・・・・・・
d0046294_7232514.jpg

こうしてベランダでくつろぎタイムが持てるのも、ベランダが新装されたお蔭。昨夜は十五夜だったから月が美しく、
(もう少し暖かくなったら、ベランダで月見酒を飲んでやるぞー!)
と宣言。 おぉ、その前に“夜桜鑑賞”もあるではないか。
こうして雅な時間が持てるのも、資金も出してくれた親のお蔭。 父さん、母さん、ありがとう・・・・・・と一応心の中で言っておく。

さて、ありがとうは続く。
今日はガスコンロが新しくなる。しかも、オーブン付き!!!!
生きているうちにオーブンが使えるなどとは思っていなかったので(ええ、相変わらずの貧困層ですからね)、こんな贅沢な環境にしてもらっていいのだろうか、とちょっと怖かったりもするのだが、今はそんなことを言っている場合ではないのだ。
午前中に、ここを片づけなければぁ~!
d0046294_7233856.jpg

ということで、こんなふうにブログを更新している場合でもないのだ。
ああ゙・・・・・・喜びの前には苦しみがぁぁぁぁ・・・・・・!

無事にお片付けが終わるように、ぽちっと応援をお願いね。d(:_;)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-03-17 07:59 | ■とりあえず日記 | Comments(0)
河津桜を見に三浦海岸へ行く
週末、河津桜を愛でるために京浜急行三浦海岸駅まで行ってきました。
三浦半島に住んで長いこと経ちますが、半島の先っぽにあたる三浦海岸や三崎口に電車で行ったことは、数えるほどしかありません。特に三崎口などは、私の記憶が正しければ、一度電車の中に傘を忘れて、その傘を受け取りに三崎口駅まで行ったきり。

車があったころは、葉山経由でよくドライブに行っていましたが、車が母とともに去ってからは、とんとご無沙汰です。
だから電車で行くのも新鮮だし、久しぶりの三浦三崎だし、とちょっとした小旅行気分です。
まず、観光客で溢れんばかりの三浦海岸駅に降り立って目につくのは、
「きゃ~! お土産物屋さんがいっぱ~い!」
とテンションが急上昇の中、・・・・・「まぐろの目玉 2個入り500円」?! じぇ、じぇ、じぇ~!(もう古い?)
d0046294_186351.jpg

すっかり桜を見に来たことを忘れている自分に気づき、アンタ、河津桜を見に来たんでしょーが!・・・・・・と意識を呼び戻しましたが、なぜかお土産物屋さんって楽しいですよねぇ。われを忘れるほどに。

そして駅前に立ち並ぶまっピンクの桜。 これが河津桜だそうです。
“だそうです”というのは、私は河津桜に初対面だからです。
まぁ・・・・・・お雛さまの時に飾る桜みたいではないの! まるで作り物のように鮮やかな色彩に見とれ、驚きました。
d0046294_1855416.jpg

そして振り向けば・・・・・・!
d0046294_1853869.jpg

駅の看板にまで、桜が咲いてます!
私的にはこの桜看板は大いに気に入り、ツボにはまって大ウケ。
桜の時期が終わったら、この看板は架け替えるのでしょうか。 (替えますよねぇ・・・・・・たぶん)。

さて、あのまっピンクの河津桜は、三浦海岸駅から小松ヶ池公園まで、線路沿いに約 1km続いています。
約1000本と聞きましたが、残念、数えてきませんでした。 (数えられません)。
桜の下には一面、菜の花が咲き乱れ、まだ蕾が開ききらない菜の花は、なんともおいしそう。・・・・・辛し和えで食べたい! と目が釘付けになってしまいました。(桜を見に来たんでしょーが!)

小松ヶ池公園は、まるで江戸時代の原風景ではないかというような湿地帯が広がっています。
d0046294_1862889.jpg

ぞろぞろと人の列に従ってこの湿地帯に掛っている橋を歩いていくと、やがて大きな池が見えてきました。
d0046294_1864636.jpg

のどかにツガイのカモなどが戯れており、その光景にまったり浸りながら、お腹が空いてきました。(?)
d0046294_1865899.jpg

河津桜鑑賞の後、三崎口から三崎港の市場に行ってマグロを食べるコースを予定していましたが、腹が空いては戦ができぬ、とばかりに、まずは軽く腹ごしらえ。居並ぶ出店から「もつ煮」を選び、持参のサングリアをグッと流し込んで、
「さぁ! 三崎のマグロへ!」

三崎駅からバスで三崎港に出るのですが、このバスが渋滞のために約30分かかり、立っている人は気の毒でした。
そしてマグロコロッケやイカ焼き、ハマグリ、とろまん(トロの中華まん)などを食べ、ビールを飲み、締めに寿司を食し、お土産を下げて帰宅という、なんとも濃縮還元ジュースのようにギュッと凝縮した一日でした。

ところがね、写真を撮ることを、すっかり忘れていましたのさ。
・・・・・・食べるのに忙しくて。

やっぱり花よりダンゴだわ~!の私 に、ぽちっと一票をお願いね。d(*^o^*)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-03-10 18:49 | ■とりあえず日記 | Comments(0)
開花宣言
雪が降ったりしていたのに、梅はつぼみを膨らませ、気づいたら昨日“開花宣言”をしておりました。
d0046294_8444089.jpg

花が満開になると、玄関先に立った時に梅の香りに包まれます。
特に、夜の方が香りが強くなるような気がして、仕事から帰って来た時の楽しみが増えるのです。

ふと足元を見ると、食べかけの夏みかんが落ちていました。
d0046294_8481038.jpg

これは明らかに鳥たちの食べ残し。・・・・・・きっとカラスに違いありません。

フェンス向こうの山に植えた夏みかんが黄色く見えるのですが、足元の背高雑草に阻まれて採りに行くことができません。もちろん、剪定もできないから木も生い茂り、実も小さめなのですが、これが熟れると皮が薄くて甘い!
そのことを、カラスたちは知っているのです。
d0046294_8522790.jpg

二階の窓から恨めしく眺める私を横目に、バサバサと木の中に入り込み、夏みかんを加えて飛んでいきます。

ちっ!・・・・・・と思いながら、このまま転がして置くことにました。
(食べるんだったら、ちゃんときれいに食べてよね!)

再びここを通りかかった夕方、ちらりと転がしたままの夏みかんを見てみると、中身がさらにえぐられていました。
カラスが降りてきたのか小さな鳥たちが食べにきたのか分かりませんが、無駄にしないで食べてくれるんだったらいいのです。
さらに、多くの鳥や虫たちの生命を支えたとなれば、それはそれでうれしいではありませんか。・・・・・・


早くあったかくなってくれ~! にぽちっとお願いね。d(^o^)/
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-02-24 09:03 | ■とりあえず日記 | Comments(2)
ペンギンになった日
2月14日は雪が降って、恋人たちのホワイトバレンタインデ~♪
というわけにはいかず、大雪すぎて想定外のハプニングだらけとなりました。

6時ごろ、
「もう帰ってもいいよ。帰れなくちゃっうから」
と部長さんが言ってくれるので、1時間早めに帰宅することにしました。

事前に京浜急行のホームページで運行状況を確認すると、10分~15分ほどの遅れとあり、「不通」とか「見合わせ」という文字は見当たらないので、多少時間がかかっても帰れると確信して職場を後にしました。

さて、品川に着くと、混んではいますがそれほど混乱してるわけでもなく、6時40分の品川始発に乗れました。
もちろん座ることができたので、これでひと安心。
途中、停止信号や徐行などで10分の遅れが生じていることを車内放送で知りましたが、まぁ10分なんてどーってことありません。想定内です。
ところが! 

横須賀中央駅を発車直前、車内放送を聞いて、
「え゙っ!」
と声を上げそうになりました。
“次の、堀の内で各駅停車「浦賀行き」との接続はありませんので、お気を付けください」
というではないか! 
“お気を付けください”って、どー気をつけたらいいのさ。 アンタ、放送すんのが遅いわさ!
心の中で散々毒づきましたが、大人なので言葉にはしません。
でも、隣に座っていたデカイ兄ちゃんが、
「えっ! マジかよぉ・・・!」
と、小さな声で代弁してくれてました。  ほんと、マジかよぉ・・・・・・!

特急や快速に乗ってきた長距離移動の乗客は、堀の内という駅で必ず待っていてくれる「浦賀行」の各駅停車に出迎えられます。
けれども、終電近くなると本数が減り、浦賀行きを待つために、吹きさらしのホームで20分近く待つことがあります。
飲んでイイ気分で帰ってきても、酔いはいっぺんに吹き飛び、気持ちよくうたた寝などしてこようものなら、天国から地獄に突き落とされたような気分に。
そして、案の定・・・・・・電車から出た途端に、雪が正面から吹き付けてきました。しかも渦を巻いて襲ってくるではありませんか!

きゃぁ~! ここはどこ? 南極?
なんて思った途端に、映画『南極物語』の音楽が頭の中に流れ、
「太郎~!」
なんて犬を呼ぶ場面が浮かびました。

そんなこたぁどーでもいいことで、問題はここから。
なんと、浦賀行きはあと15分近く来ないことを放送で知ります。
その途端に、ホームに降り立っていた人の多くがぞろぞろと、ホーム後方の階段に向かって避難します。
私はちょっと迷いましたが、最前車両に乗るんだからホーム後方まで行くのも面倒臭いと思い、傘を差して、風に背を向けてその場で待つことに。

ところが、ちょっと油断すると、ホームの反対側に飛ばされて落ちるのではないかと思うほどの風圧。
両足を踏ん張って、その場にジッと立つことに集中します。
自然に目を閉じて、まるで瞑想するような心境でジッと耐えながら、
「ペンギンみたい・・・・・・」
と、ふと思いました。
すると、ペンギン・・・・・・ペンギン・・・・・・ペンギン・・・・・と何度も頭の中で繰り返すうちに、
(ペンギン~♪・・・・・・ペンギン~♪・・・・・・ペンギンさ~ん♪)
と歌っている自分が! 
なんだか可笑しくなりました。

吹雪に耐えてジッと目を閉じているペンギンたちの姿が目に浮かびますが、まさか、周囲に立ち尽くしている数人の人たちに
「ペンギンのように、くっつきましょうよ!」
と呼びかけることもできず、私はペンギンの群れの一部になった妄想の中で、このブリザードに耐えることにしました。
d0046294_17442827.jpg

なんと、久里浜行きの快速電車を3台も見送った後、ようやく浦賀行き各駅停車が来ました。
(3台も見送るなんて、アホちゃうか!)
せっかく早く電車に乗っても、何の意味もないじゃんか! とさすがに腹が立ちましたが、暖かい電車に乗った時には、とにかくほっとしました。
そしてバスに乗り、後はガンバッテ歩いて帰ればいいだけ! やったーっ!

と喜ぶのは、まだ早かった。
バスを降りると、かなり急な上がり坂があります。
ここを上ることができないのです。
(岩手で買ってきたブーツを履いているし、これで雪の中を散歩していたから大丈夫!)
と自信満々だったのですが、吹き付ける風が強すぎて傘もさせません。
半分傘を閉じ気味にして、風圧を弱くしながらゆっくり歩を進めようとしますが、それでも進めません。
(うぅ・・・・・ここは八甲田山か?!)
なんて思った途端に、今度は映画『八甲田山』の場面に変わり、
(た、隊長・・・・・・もう、進めません・・・・・・)
なんて心の中で言っているオマエは、アホちゃうか! 
d0046294_1802172.jpg

必死にナントカ上がろうとガンバル自分と、妄想族のアホな自分とで支離滅裂になりながら、
「えぇ~い! 傘なんかいらんわ!」
ついには傘を閉じて、ブリザードに立ち向かって歩き出しました。
ああ、明日は家に籠城だと思うから、思いっきり買ってきた野菜が重いわぁ~!
目の前には吹き付けてくる雪の粒、右手は大きなビニール袋がガサガサ、コートは遭難しかけているように真っ白。
どう見たって、温暖な横須賀での出来事には思えましぇん。・・・・

家に着くまで、
「ここは、どこじゃ? 花巻(両親がいる岩手県)か?」
と自問自答するほどに雪が一面を覆い、玄関に辿り着いたのは9時ちょっと前。
1時間早く帰してもらいましたが、結局、いつも通りの時間に帰宅となりました。
(久々の荒行だったよねぇ・・・・・・)。
それでも、ひとまず帰宅難民とならずに済みました。 ありがたや、ありがたや・・・・・・。


「ありがたや」といえば、今年もお世話になった方、ご縁があった方に、
ほんの少しだけですが心を込めて、チョコっとありがとう~❤
生チョコ風ブラウニーを作りました。
d0046294_18112552.jpg

感謝の気持ちが届きますように・・・・・・。
このチョコを食べた人が、もーっと幸せになりますように・・・・・・。
装丁内のチョコレート・・・・・・。 (/_^;)

忘れ難きホワイトバレンタインデーに、ぽちっとお願いね。d(*^o^*)/
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-02-16 18:32 | ■とりあえず日記 | Comments(0)
人生時たま谷あり・・・の谷の日
私が住んでいるところは、滅多なことでは大雪になりません。
ずっと大昔、まだクロ(真っ黒な愛犬)がいたころ、一度雪が降り積もり、起き抜けに大喜びで観音崎まで散歩に行った記憶があります。
白い雪で覆われた波打ち際が美しく、クロのリードを外してあげたら大喜びで(一緒に)走り回りましたっけ。

昨日の雪景色を見ながら、そんなことを思い出していました。
d0046294_1205226.jpg

昨日は一緒に散歩する相棒もいないどころか、珍しく(というか、久しぶりに)体調を崩して寝込む寸前。
ストーブを2つ点けて、温泉ごっこ(=温泉に行ったつもりで、お風呂に何回も入る)をしながら、温かいうどんを食べたり、Huluで米国テレビドラマを見たり(字幕ドラマを見ていると、なんとなく英語を勉強している気になるんだね)。
そのうちにやっぱり寝ることが一番だ・・・・と布団の中へ。でも、あまり寝てしまうと夜眠れなくなるから、と二時間ほどで起き出し、またお風呂に入って・・・・を繰り返すというような一日でした。

もうすぐ桜の季節だというのに、この光景は一体なんじゃ!・・・・・・ (↓ ソメイヨシノちゃんです)
d0046294_1275968.jpg

二階から見下ろすと、レモンもよく冷えてます。
d0046294_1282329.jpg

雪が降るのも一日だからいいけれど、これが毎日毎日となるとメゲルなぁ・・・・・・。
久しぶりの不調ですっかり弱気になりましたが、“人生は善いことと悪いことが半分半分”ですからね。

大雪のせいで交通機関も「不通」や「運転見合わせ」が多く、出かける用がなかったことは幸いでした。
また横須賀では、市役所はじめ多くの世帯が停電に見舞われましたが、わが家では停電はありませんでした。
それに屋根を直したので、強風が吹いても以前のようにどこからか風が入ってくることもなく、裏の崩れかけた物置がバタバタ鳴ることもなく、家全体がずっしりと重みを増したような感じがして安心感がありました。

と、これだけでもいいこと尽くしなのに、先日は東京新聞にイラストを使ってもらい、その喜びがきっとあまりにも大きすぎたに違いありません。だからその分体調を崩したことでプラスマイナスゼロになったのかな、なんて思うのです。
体調を崩すのは、エネルギーを調整しているとも言うし。

なんだか、はしゃぎすぎた子どもみたいじゃないか・・・・・・。

人生山あり山あり・・・たまーに谷あり・・・に今日もぽちっとお願いね。d(#^.^#)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-02-09 12:50 | ■とりあえず日記 | Comments(0)
熱海梅園
熱海と言えば、その昔はハネムーン先で有名だったそうですが、時代の流れとともにハワイにそのお株を取られ、今や温泉地としても苦戦のイメージ。そこで今回ワタクシめがハネムーンで・・・・・・ではなく、お友だちと梅を見に熱海梅園に行ってきたというウメェ~お話。

もちろん温泉地ですから、温泉にどっぷり浸かって加齢をくい止め(?)、美肌を蘇らせよう! という無茶な企みも。
d0046294_1141878.jpg

熱海駅を出てすぐ右前方に「平和通り」という、見るからにおカネをじゃんじゃん落としそうな、楽しげで心ときめく土産物屋が並んだ通りがあります。その通りの右側に、伊東園ホテルはありました。
チェックインしたら、まずは温泉に入り、夕食に備えます。

夕食はバイキングで、九つに区切られたプレートに好きな物を取りますが、エビ好きの私は甘エビを山盛りに。
本当は2-3個分の仕切りに盛り付けたかったのですが、それではあまりにもハシタナイ・・・と、花も恥じらう中高年。
d0046294_11412171.jpg

はい、ビールサーバーにはあっという間に長い列ができましたからね、誰もが二杯ずつ貰っていきました。
こういう時、いつも思うのです。
「千手観音っていいなぁ・・・・・・」。

さて本題の「梅園」の方ですが、今回花が遅れているとのことで、入場無料!
ほんとにちらりほらりの咲き具合でしたが、それでもこんなに可愛い花が咲いていました。
d0046294_11371278.jpg

園内の奥の方からは、なにやら太鼓の音が聞こえてきます。
この音を聞くと、一気に花もパッと咲きそうなお祭り気分になるから不思議です。
d0046294_11345880.jpg

地元「飛龍高校」の学生たちでした。
まっすぐで純粋な彼らのエネルギーが、真っ青な空にスカッと昇っていくようです。
おお、まさに飛ぶ龍のごとし・・・・・・!



園内は自然遊歩道のように美しく整備され、道々試食の海苔やお茶などが差し出され、食べるのに忙しい。
差し出されると、気の弱い私は断りきれません。(いえ、断りたくないだけ)
またバラ売りしているおまんじゅうや梅マカロンなんてものは、どうしても味見したくて買ってしまいます。
この食べ歩きが、楽しいんだなぁ・・・・・・♪ なんて思っていたら、目の前に滝が見えてきました。
d0046294_1136272.jpg

この川の中の緑の草は、ワサビだそうです。
うわぁ~! こういう小川が庭にほしい~! (妄想族の復活です)

この滝の裏側にトンネルがあって、そこを入っていくと滝の裏側を見ることができます。
d0046294_11364515.jpg

この光景を見た時、映画『ラスト・オブ・モヒカン』を思い出しました。
確か、彼らが逃げている途中にも大きな滝があり、その裏側を通る時に同じような場面があったのです。
気分はすっかりラスト・オブ・モヒカン。 アタシの前世は、きっとインディアンだわ。・・・・・・(?)
滝の裏側街道を出ると、光を浴びた水しぶきがすぐ間近にあり、なんだかとても感動しました。
ああ、滝も庭にあったらいいなぁ・・・・・・。
d0046294_11365876.jpg

この門を入って来た時から、なんだかチャングムに出てきた家みたい! と興奮し、
d0046294_1138828.jpg

すっかりチャングムになった気分で撮ってもらった写真を見れば、ただの呆けた顔になってます。・・・・・・
でも、よーく私の後ろを見てくださいませ、 チャングムの時代の韓国人がおりますでしょ?
d0046294_11375320.jpg

最後に、ここは「韓国庭園」と名付けられていたのかと気づきます。
d0046294_11381816.jpg

さらに少し進むと、韓国の次は純和風の家が見えてきました。
うわぁ~! この家、なに?! すばらしい!
なんとなく大正か昭和初期を思わせるその佇まいは、やたら私のツボを刺激するのです。
d0046294_11383093.jpg

やっぱり同じポーズで縁側に座り、今度は大正ロマン。
あ、でもさっきの方が(韓国の家)座りやすい・・・・・・そうかぁ、足元の石が高いから膝が高くなって、体育座りのような感じになってしまうのです。日本家屋は床下が高いので、縁側に上がる石も高いのかもしれませんね。
d0046294_11385296.jpg

縁側に座って見た内側は、日差しをふんだんに浴びていることもあって、なんとも穏やかな空気が流れています。
しかも窓は、木枠のガラス窓! 雨風は吹きこんでくるでしょうけれども、なんとも優しいぬくもりを感じます。
d0046294_1139639.jpg

全体を撮っておきたいとデジカメを構えていたら、・・・・・・あ! 座敷わらし!
d0046294_11541287.jpg

な筈はありません。 (^_^;)
この家は、中を見学することができるのです。
この写真ではたまたま男の子が一人しか写っていませんが、いつも数人の人が二階や一階の廊下などを歩き回っており大盛況でした。ということで、ここは「中山晋平記念館」です。

※1887(明治20)年3月22日-1952(昭和27)年12月30日。多くの傑作といわれる童謡・流行歌・新民謡などを残した作曲家。長野県下高井郡日野村(現・中野市)出身。(ウィキペディアより)
d0046294_1139203.jpg

さて一通りぐるりと見終わり、
「梅園から熱海の海岸まで歩いていこうか!」
と意気揚々歩き出し、バス停まで来た時に時刻表を見たら、あと三分でバスが来るではありませんか。
「やっぱりバスで行きましょうかね」
とあっさり予定変更です。

熱海の「銀座」で降りたら、この町の橋はなんともアート。
d0046294_11393874.jpg

熱海が一世を風靡していたころは、東洋のナポリとも言われたそうで、
d0046294_11395192.jpg

オォ~、ソーレ、見よ~!
と思わず叫んでしまいそうになった、美しい波止場。 いや、波止場とはいわないのか・・・マリーナですね。
d0046294_1140374.jpg

このマリーナには、恋人の聖地、だっけ?・・・・・・岬、だっけ?・・・・・・要するに、恋人と手を交差させて置くと成就する、という石があります。 ほら、恋人たちが写真を撮ってるよ。・・・・・・
d0046294_11402359.jpg

傍らには、ハワイのワイキキを彷彿とさせる(?)浜辺が。
そう言えば、昔ハワイに住む人から聞いた話ですが、
「ワイキキは日本の熱海」
と言って、地元の人たちはほとんど行かないのだそうです。
たぶん、熱海がハネムーンで賑わっていたころの様相を言っているのだと思いますけどね。
今はとっても静かなもんです。
d0046294_11404225.jpg

温泉と梅を愛でる旅はあっという間に終わり、なんだか名残惜しいので、横浜で軽く食事をしながら反省会をして帰ることにしました。
d0046294_1142356.jpg

MORE’Sの上にある、野菜のおいしいイタリアレストランで、“カリフラワーと大根のマリネ”や“北海道のほんとうにおいしいジャガイモ”、“カキフライ”を食べ、そして“とんぶりとたらこの青ジソパスタ”で締めて、本当に旅も終り。
d0046294_17104770.jpg

ああ、おいしかった! 楽しかった! と何も反省することはなく、極めてすべてに恵まれた美肌蘇り作戦の旅。

あ・・・・・・、蘇っていない、かも。・・・・・・


ウメェ~具合に行かないもんだ、人生ってやつは・・・・・・と思うあちきに、今日もぽちっとお願いね。d(*^_^*)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-01-22 11:55 | ■とりあえず日記 | Comments(2)
私の前の人
京浜急行2100型の座席は、いつも進行方向に向いている。(車両の4隅、4人掛けを除いて)
そして、シートから大概は頭頂部が見える。髪がある人もない人も。

そして時に、やたら高さのある帽子をかぶっていたり、やたら大きな羽をつけていたりする人がいたりすると楽しくて目が離せなくなる。
と同時に、“この人、大丈夫かしら・・・・・・?”と一瞬心配してしまう自分がいる。
すると、なんだか時代遅れの化石人間に思えて、ちょっと恥ずかしさを感じたりもする。

でもやっぱり、昨日も心配がよぎってしまった。
この人、大丈夫?
なのに、こりゃブログのネタにいい! とカメラを密かに構えて隠し撮りなどをするのだ。
d0046294_14134462.jpg

通勤電車にて、椿の鑑賞会。(?)

なんだかディズニーランドで見た帽子も、ここでフツーに被れそうじゃないか。・・・・・・

一度背中に羽をつけて歩いてみたいアタシに、ぽちっと応援をお願いね。d(^_^;)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-01-10 14:31 | ■とりあえず日記 | Comments(2)
初尽くし
年が変わると、何でも“初”がつく。
初詣から始まり書初め、初洗濯、初掃除、初買い物、初無駄遣い・・・・・・。
“初”がつくと、なんでも新鮮に感じてしまう。(?)

さてさて、今年は元旦早々“初移動”(東北~関東)したし、そうなれば新幹線の車内で駅弁をかったりして、初出費をした。
二日の書初めにはブログをアップした後、地元の神社に出向いてご挨拶をし、初Huluで米国ドラマを楽しんだ。
三日は早起きをして、初庭仕事。 (実は内緒だが、近所が起きる前に初たき火をした!)
d0046294_16541966.jpg

乾燥注意報が出ているくらいだから、そりゃあ神経を使い、水をはったバケツを3つも用意し、カサカサに乾いた草を小さく束ねて、あまり火が上がらないように少しずつ少しずつ燃やした。

白い蓋は、壊れた物置小屋の扉の一部だと思うのだが、火と煙を抑えるために被せてみた。
が、結果としてあまり役に立っていない。

ホントは桜の木々を除いて全部燃やし切りたかったのだけど、6時半を過ぎると前の家の住人が雨戸を開け、
「おはようございます」
などと挨拶をする。私は、
「すぐに終わりますので・・・・・・すみません」
などと濛々と出ている煙に対して謝ってみたりしたものだから、まもなく止めなくては・・・・という良心によって、半分ほどのノルマで止めることとなってしまった。
d0046294_1704293.jpg

ホントは桜の木を切り刻んで、家の脇に積み上げようと思ったのだが、それよりも重要なことに気づいた。
タラの芽の苗がない!

眼を皿のようにして、生えていた辺りの地面を舐めるように探し回ると・・・・・・・おぉ! あったではないか! 穴が!
d0046294_1723687.jpg

これは、きっとタラの芽の苗があった場所に違いない!・・・誰か盗人が侵入して抜いてしまったのかもしれない!
と思って、この考えはちょっと怖いので即否定した。
・・・カラスかトンビが巣を作るために抜いたに違いない。
しかし、その考えはちょっと無理がある。奴らがひっこ抜けるのか?

ああ、そうか・・・・・と納得の考えに至る。
桜の木を伐採した時に、枯れ枝と一緒に積み上げられてしまったに違いない。・・・・・・

かくして、早朝の探索となった。
積み上げてある桜の枝を一本一本移動しながら、タラの芽に呼びかけるのだ。
「おーい! 無事かぁ~!」

すると、
d0046294_177164.jpg

見つけた!

ああ、しかし考えてみると、抜かれてから1か月近く経っているわな。・・・・・・
そういえば、と思い出したことがある。
あの、神業のごとく草抜きをこなすおナカさんが、私がわざわざ買って植えた山椒の枝を抜いたことがあったのだ!

山菜は冬になると、ただの枯れ木のようになる。
彼ら(山菜)の冬季の姿を知らないと、そこら辺の枯れ木、または枯草と思って抜いてしまっても仕方がない。
だが、冬に枯れ果てたような彼ら山菜は、寒い冬の間に根を張り、やがて春が来ると新緑の芽を出すのだよ。
ああ・・・・・・宮守から連れてきたタラちゃん・・・・・・。

私は嘆いたが、嘆いても元に戻るものではない。
一応水を張ったバケツに浸してはいるが。
d0046294_17122942.jpg

おナカさんに言わせると、
「そぉ~んなの! 今度、いっくらでも持っていくから大丈夫だよ!」
そうかぁ~! 持ってきてくれるのかぁ~♪

と単純に喜ぶ私であるが、そろそろ気づいてきてもいるのだ。
おナカさんは安心させるのが極めて上手。 しかし、
「ねぇ、本当に持ってきてくれるのっ?」
「持っていくよぉー!」 ぶふふふ・・・・

私は最後の“ぶふふふ・・・・”の笑い声が、どーしても気になるのだ。
誤魔化しに、最高の効果を発揮するからねぇ。・・・・・・

ありゃ?
大分話が逸れてしまったが、“初”に話を戻し、本日は初Norwayの特訓を受けてきた。
Norwayは横須賀ゴールドジムで、カーディオキックボクシングというクラスを担当しているインストラクターだ。
これがキツイっ!
ああ、若いころにこの特訓を受けたかったよ・・・・・・。
と思いながら、老いた体にムチを打ちつつ、終わった後の発泡酒をアメにして必死にガンバルのだ。週に一度だけ。

さて、明日から初仕事!・・・・・・ やったー! \(^o^)/

今年の春もタラの芽に会えるように、ぽちっとお願いね。d(^_^;)
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-01-05 17:48 | ■とりあえず日記 | Comments(0)
今年もよろしゅう・・・・・・
みなさま、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしゅうお頼み申し上げます。

さて、今日は1月2日。
書初めの日でございますので、ブログも本年最初の1ページは
「今日書かねばならぬ」
との思いで、昨日は我慢しておりました。

・・・・・・というのは、うそです。(あ、正月からウソをついてはダメではないか!)

いえ、昨日は雪の花街から・・・モトイ・・・雪の花巻から帰ってきたので、パソコンを開ける暇もなかったのでございます。
・・・・・・あ、これも嘘です。 パソコンを開けましたが、Huluで米国テレビドラマなどを見て、
(ああ、元の生活に戻ったぁ・・・・・・)
などと思いながら、こちらでの生活と調整をしておりました。 (ただビールを飲んでホッとしただけ)。

なにはともあれ、相変わらずこんなふうにどーでもいいことを正月から書いており、今後も気の向くままに書いて参る所存でございますが、今年度秘密保護法などという怖い法案が施行されてしまった暁には、ひょっとすると連行されることもあるやもしれません。
ええ、ええ、本人知らぬ間に、悪代官(政治家)たちにとって都合の悪いことを書いてしまっていたりすると、すぐにしょっぴかれるというシステムが決行されようとしているわけですからねぇ。・・・・・・

アルファベットの名前に48の数字がついた名前の可愛い集団がいくつもあることを、年末の紅白歌合戦で知りました。華やかな衣裳と歌やダンスを見ていたら楽しそうで、なんだか幼稚園の時に蝶々さんになって踊ったことを思い出していました。・・・・・・はい、私も「昭和のおばーちゃん」と呼ばれる日も近づいているということですね。

何を言いたいのかといいますと、ひとまず、あまりに暢気で幼稚園生のように思えるこの国ですが、このまま平和が続くといいなぁ、としみじみと思ってしまったのでございますよ。
米軍基地で騒音や自然破壊に心乱され忍従を強いられている沖縄はじめ、基地近隣地域の皆さんには、日本の負を背負ってくれていることに心の中でお詫びと感謝をしながら。・・・・・・
そして一人でも多く、政治に興味を持ち、選挙の大切さを知る“大人”が増えてくれるといいなぁ・・・。
d0046294_16261441.jpg

わたくしごとではありますが、昨年は
「一生この地で骨をうずめるんだっ!」
と豪語していた父が農地を売り、花巻というちょっと街中に引っ越しました。(もちろん、おナカさんとクックも一緒)
二人と一匹は今、いきなり小さな家でスペースになれず、やることを失い、母は毎日クックとの散歩で息抜きをしている次第です。 父は・・・・・・何もしてません。(-_-;) おい、ボケるぞ!・・・
d0046294_1534452.jpg

昔は変化を求めて冒険を繰り返していた私ですが、晩年は静かで平和に楽しく暮らしたいと望むようになり、自主的に時の流れをかき回すことは避けるようにしています。逃げられることは逃げた方がよい。逃げ切れないものだけは、正面から向き合いますが。・・・・・・

けれど親が老いてくることによって生じる逃げ切れない波は、まだ未体験なので予想もつきません。
この世で“家族”という関係で出会ったことの意味を考えながらも、情や慣習に流されず、対人間として向き合っていかなければならない、との思いがズンと重くのしかかった年末でした。
これからの日本の家族や社会のあり方はどんどん変化し、それに政治がついてこれないと益々、精神物質ともに窮地に追いつめられる人が多くなっていく社会になるのではないか、と危惧せざるを得ません。

そこで本日は地元の神社に出向き、地球の自然と平和を守り、ご縁あった人が健康で幸せであることを祈っ他次第。
ところが!
おみくじを引いたら、“凶”だって!

  へぇ・・・・・・、今日は凶か・・・・ (/_^;)

今年も呆けてられるほど平和でありますように!
初ぽちをお願いね。d(^_^)

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2014-01-02 16:16 | ■とりあえず日記 | Comments(0)
ディズニーランド・デビュー!
生まれてこのかた
「ディズニーランドに行ったことがない」
というと誰もが驚く。一人くらい
「ふーん、あたしも」
なんて言っても良さそうだが、まるで“お風呂に入ったことがない”に匹敵するくらい、ディズニーランドに行ったことがない私は、希少価値がある人間(?)だったようだ。
だって、ミッキーとかミニーってネズミでしょ?

という私も、とうとう行ってしまったよ、ディズニーランドに。・・・・・・
d0046294_8531398.jpg

お~や! お城のようなホテル! まるで巨大なラブホテルのようじゃないかぁ~! と心の中でつぶやく。
d0046294_8532462.jpg

目の前にこれまた巨大なクリスマスツリー。
30周年と書いてあるのを見て、もうそんなに経ったのかと内心驚く。
「ディズニーランドができたんだよぉ!」
といっていた頃が、つい最近のように感じるじゃないか。・・・・・・“昭和のバアチャン”になりつつあるねぇ。
d0046294_8533445.jpg

その日は天気が悪いせいか、比較的人が少ないという。 へぇ・・・これでぇ?
まずは25分並んで、真っ暗な中を猛烈な勢いで振り回されるジェットコースターに乗る。
スペース・・・なんとか・・・なぜに真っ暗な中をジェットコースターで突っ走らねばならない?
しかも運悪く最前席になってしまった。真っ暗なのだから、最前席の意味がない! それどころか、
(もし事故が起きたら、一番前の私は絶対に頭をかち割って死ぬな。・・・痛いだろうなぁ・・・身分証明書は持ってたか?・・・・)
などと余計な考えがフラッシュのように、チラッチラッと横切る。同時に体が右にぶんっ! 左にぶんっ! と振り回されて、最後には胃が飛び出そうな気分だった。・・・・ああ、老いたな、あちきも。

という超最先端の今風乗り物の後は、野外舞台へ。
寒くても「野外」が好きな私としては、ちょっとワクワクしていた。そのうちに始まったショーを見て、急に幼稚園生に戻った気分になってしまった。
あ! 白雪姫っ♪
d0046294_8534913.jpg

と喜んだのだけど、近くで見たらイマイチ可愛くないじゃないか。・・・・・・
d0046294_854384.jpg

ピーターパンももうちょっと・・・・・・あれじゃ・・・昔、榊原郁恵が演じたピーターパンを思い出してしまった。
d0046294_8541747.jpg

そして大スターのネズミたちが出てきたが、なぜこんなに熱狂的になるのか、やっぱり分っかんない。・・・
d0046294_8542614.jpg

やっぱりアタシャ「大人」だからね、厳し~い世界を嫌っちゅうほど体験してきたからね・・・・。
と、どうしても心の一部で溶けない氷を抱えているように、きっちりと理性を保っていたのだが、パレードが始まったら、途端に一緒に踊りたくなっていた。
d0046294_8544893.jpg

きゃ~! ぶっち切れるほど全開の笑顔! 塔から助け出されて、よっぽどうれしいんだねぇ。
d0046294_855018.jpg

ああっ! お姫さまがいっぱい!・・・あれはシンデレラだよ、きっと! 
d0046294_8551173.jpg

あ、アリスだ、アリス! ・・・・アタシもあのメリーゴーランドに乗りた~い! こうなると、もう我ながら支離滅裂だ←いや、いつも支離滅裂・・・
d0046294_8552189.jpg

こちらは ♪チムチムリ~♪ チムチムリ~♪ のメリーポビンズ!
d0046294_8554144.jpg

一緒に行った友だちが言うには、どうやら私はクラシック版が好きなのだそうだ。
ええ、そう言われてみると、現代版ディズニーって何? という世界。私の中でディズニーと言えば、白雪姫やシンデレラ、バンビやダンボ、ピーターパン、不思議の国のアリス、101匹わんちゃん、メリーポビンズ、人魚姫などなど、ミッキーやミニーはディズニーのキャラクターだけど、子どものころに持っていた本に出ていたっけ? という感じだ。
d0046294_856465.jpg

そしてパレードの後は、完全にこのおとぎの国にハマリ始めた。
だって見てよ! この家! こーゆーツリーハウスに住みたいのっ!(完璧に幼稚園児に戻ってるじゃないか)
d0046294_856176.jpg

こーゆー窓、いいよねぇ! ウチもこの窓にしたい!
え? 雨が入ってくるって? 大丈夫、もう雨漏りは慣れているから!(?)
d0046294_8563222.jpg

ねぇ、ねぇ、この車かわいい~!(ああ、もう正気を失っている・・・・・・)
d0046294_8564324.jpg

この雰囲気にどっぷりハマっていても、ミッキーの家の見学はパス。だって1時間待ちだというし。
d0046294_8565599.jpg

でも並ばないで入れるミニーの家は見学。
d0046294_857516.jpg

中に入ると、“かわいい! かわいい!”の連発。 バカじゃないの、アタシ、と思いつつも理性は完全に決壊している。
一番気に入ったのは、キッチン。ああ、この冷蔵庫とオーブン! ・・・オーブンほしいなぁ~!
d0046294_8572319.jpg

少々はしたないのでありますが、冷蔵庫の中身を拝見いたします。・・・・・あらあら、ブルーチーズやゴーダチーズがこんなにたくさん・・・・・ミニーってリッチなのねぇ・・・。
d0046294_8573618.jpg

さて、ちょっと頭を冷やすためにボートでツアー。世界中の子どもたちの歌っているのだそうだ。
d0046294_8575610.jpg

日本の首相は外交をぶっ壊しているが、ここでは世界中の子どもたちが仲良く歌っていた。
d0046294_8581131.jpg

次は、カプセルが縦割りにされたような中に座り、暗闇の幽霊が大集合している中を、ゆらゆらと進んでいく。
フラッシュをたくことは禁止だが、キャンドルモードで何十枚と撮影を試みるも、物の見事に撃沈。
唯一、幽霊の晩さん会(?)はなんとか、それらしく・・・・?
d0046294_8585549.jpg

びっくり箱から、ビヨ~ンと飛び出してきた骸骨。・・・全然、怖くない。・・・・
d0046294_8591586.jpg

暗闇から出てくると、空から雫が顔に当たった。 ああ、とうとう雨が!・・・・・
それでも2回目のパレードは中止にならず、傘を差しながらカメラを向け続ける。
d0046294_8594415.jpg

それでも雨が本降りになり始め、ほんとに頭を冷やされる。ま、それでもサンタさんを見たからいいか。
d0046294_901171.jpg

d0046294_99124.jpgさて、絶対に買わないと決めてきた帽子。

それでも被ってみたかった!

できれば、この手の帽子とてぶくろがくっついたもので、白いのがほしかった。

でもこんなのを買ったら、絶対に街中でも被りたくなってしまう・・・・年末に岩手に行った時、クックの散歩で被りたくなってしまう・・・・・だから、買ってはならぬ。・・・

でも、記念に写真は撮っておこ。・・・







ショップ巡りから外に出てみると、降っていると思っていた雨が上がっていた!
すると、イルミネーションパレードもやっているではないか!
もうほとんど最後の方だったけど、ちらりとでも見れたのはラッキー。
d0046294_905573.jpg

シンデレラ城(?)も美しい!
d0046294_911180.jpg

こんなに夜もふけたのだけど、これからジェットコースターに乗ったり、電車に乗ったりした。
これはジェットコースターの前に見た夜景。
d0046294_915522.jpg

最後に、ショータイム! ・・・ではなくて、
d0046294_921372.jpg

実はディナー・タイム。これが結構、肉が多いせいか、お腹がいっぱいになる。
d0046294_92291.jpg

その間も、ミッキーは手品をやり、
d0046294_924127.jpg

ドラムをたたき、
d0046294_925377.jpg

ミニーやドナルドも加わり、ショーが続く。
こちらは見たり、食べたり、手を叩いたり、と忙しい。
d0046294_93725.jpg

あっという間に閉園時間。
結局来た時とは打って変わって、ああ・・・あのお城から離れがたいわぁ~! なんて思ってる。
今度来た時は、帽子も被りたいわ・・・・・・。
d0046294_933031.jpg

夢の国は、日が暮れるほどに夢が広がるようだった。
いつまでも、夢が持てる世の中であってほしい。・・・


さて、今夜から雪国に行って参ります。
みなさん、よいお年を~!!

ネズミーランド、バンザーイ!\(^0^)/ にぽちっとお願いね。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2013-12-27 09:05 | ■とりあえず日記 | Comments(2)