<< メリメリメリッ・・・・・!  秋雨のような・・・・・ 潤いの... >>
いよいよ木こりの準備
朝9時半頃、横浜の義叔母から電話が入った。
「明日の午後、いる?」

以前から、放っておいたら大きくなってしまった邪魔な木を、とうとう叔父が来て伐採してくれるという。
と言ったって、のこぎりでギーコギーコと切る重労働になる。
電動でガーガーと切れるのだったらいいけれど、そのような器具を我らは持ち合わせていない。



昔から、草刈りといっては度々来てくれて、食事までご馳走してくれて世話になりっぱなし。
先日来た時に、
「この木切りたいんだけど、登れないし、一人で切るにはしんどいし・・・・・・」
と話したら、
「今度、また切りにきてやるよ」
と言ってくれて、とうとう明日決行となるわけだ。

その問題の木は東南にあり、二階の窓から見るとこんな感じになっている。
d0046294_15393789.jpg

向かって右側には、ソメイヨシノが大きくなってきているが、この木がいるために枝を伸ばすのをためらっている。
左側には夏ミカンの大木。
さらに下には、この木の陰になっている金柑の木。
とにかく、年々木々が成長していくから、狭い庭は木が密集し始めているのだ。


角度を変えて、下の台所からこの木を眺めると、こんな感じになる。
d0046294_15425741.jpg


切りたいと思っている木の枝があちこちにある。
刈りたいと思っている部分の草が毎日伸びている。
思った時に木を1本、あるいは枝を1本、あるいはバリカンで草刈り、がなぜできない!

この木をはじめ、庭の草たちを毎日眺めては、ほぼ同じ事を毎日考えているのに、実行せずに刻々と日々が過ぎている自分に腹が立つ。


この怠慢さが、すべて今の私を表しているような気がする。
そこまで分かっているのに、・・・・・・・なぜ動かない。





とりあえず、明日の午後までに来客を迎える準備をする。
といっても、家の中の片づけをするというだけのことだが。

知らないうちに、あちこちにメモや新聞の切り抜きが置かれ、なんだか雑然としてくる。
家の埃と同じように、心の埃も知らないうちにこうやって積もっていくのか・・・・・・。

叔父夫妻が来てくれることで、お祓いをしているようなものかもしれない。
と、毎回慌てて片付けるのだ。


  ああ、懲りないねぇ・・・・・・、私ったら。




ランキングに参加中です。
応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-07-18 15:57 | ■とりあえず日記 | Comments(10)
Commented by トマオ at 2009-07-18 20:25 x
木の枝や雑草の処理がなかなかできなくて、時間が過ぎていくのは私も同じですよ~
それは、いつでもできるという気持ちがあるからではないでしょうか!?
うちの庭も草は生え放題だし、新竹も伸びちゃって・・・
なにかキッカケがないと動かないんですよね(笑)

チェーンソーは危ないですからね~
汗をかいて時間がかかってもノコで切るのが正解です。
叔父さんが来てくれて、よかったですね(^^)
Commented by anrianan at 2009-07-19 11:57
★トマオさま、
昨日は、「歩く部分だけでもスッキリしよう」と草刈バリカンを持ち出して、庭の手前をバリバリ刈っていきました。
が、途中で壊れました。草刈バリカンが・・・・・。(:_;)
よって中途半端に終わり、しかも刈った所もかなり虎狩り。
今回はコードも切っていないし、どうして電気が入らなくなってしまったのだろう・・・・。
なんだか、電気物とあまり相性がよくない私です。
本日は曇りだから天気的は最適と思うのですが、風が強いのでちょっと心配です。
大きな木を切ったり力仕事は、やっぱり男手があると助かります。
Commented by kinchamamama at 2009-07-19 17:28
「この怠慢さが、すべて今の私を表しているような気がする」
anriさんの文章は面白いです^^
私もついさっき同じ事を思っていて
「何日も洗っていないシーツ、埃の溜まった部屋の隅・・・だらしない3連休な心の現われ。。。。」みたいな 笑
いい加減、病気しそうな風呂のカビだけは怠惰な体を引きずり、掃除しました。やれやれです。
親戚の叔父や叔母はありがたいものですね~
私もたくさんお世話になってます。
あっ、これから笑点始まる・・ではサラバ!(←古い?)
Commented by sacchila at 2009-07-19 22:05
わかります!わかります!!
私も毎日すればいいものを、「やらなきゃー」と呪文だけ唱えて放置するのが大の得意です!←胸はって言うことじゃないですけど(苦笑) そして、誰かが来るって時に 寸前でやっとやり始めるものの、結局時間なくて どこか乱れております・・・そして自己嫌悪。とほほ(;´Д`) なんとかせねばー自分!と反省だけは、これまた得意なんですけどねぇ。
それにしても、すんごい立派な木々!なんだか切っちゃうのもったいないとさえ思ってしまいますね。でも、すっきりしたら木も喜んでくれますねぇ。
Commented by tomiete2 at 2009-07-20 06:50
桜に毛虫がいますのでくれぐれも注意を・・・・・

専門の業者でしたら動力噴霧器で消毒して、翌日作業するのですが
・・・・・蚊の大群はいませんか。・・・・
Commented by 銀の小鈴 at 2009-07-20 08:52 x
たくさんの樹があるんですね~
桜やみかんは知っていましたが…
ちょっと果樹園の雰囲気ですね。
今回の伐採はどの樹でしょう?
これだけ成長していると愛着もあるでしょうが、背に腹は変えられないのかもしれないですね。

伐採後の後片付けも大仕事ですね。
Commented by anrianan at 2009-07-20 16:08
★kinchamamamaさま、
神道やスピリチュアルでは、掃除が大切とよく言うじゃない?
ほんとにそう感じます。家の中や庭がすっきりすると、なんとなく自分もスッキリするというか・・・・・。
ならば雑草は抜いて、整然とした畑にすればよいのですが、なぜか雑草と呼んでいる草花も“自然のままに”生かしたいという気持ちもあり、庭もどっちつかずの私の状態になってしまうわけですね。(^_^;)
横浜の叔父夫妻は、ほんとに世話になりっぱなしです。私の現状もよく知っているので、ビールや食べ物まで持ってきてくれて・・・・・・。骨身を惜しまずに親身になる人たちなので、ほんとに学ぶべき所が多いです。・・・・
というわけで、昨日は「笑点」さえも忘れ、飲んで話して笑っていたのでした。(笑)
Commented by anrianan at 2009-07-20 16:21
★sachhilaさま、
いずこも同じですね、尻に火がつかなきゃ・・・・ね。(笑)
だから「あー大変!」と思う反面、たまに訪ねてきてくれるのは有り難くもありますね。「結局家の中が片付いて。(笑) やっぱり、いつでも人をウェルカムできる状態にしておきたいなぁ、と思うんですけどねぇ・・・・・。
sacchilaさんはよくやっていると思うなぁ。引っ越しは特に大変ですよね。ウチは家族が残して行った物もあったりして、倉庫的扱いを受けているところもあって、なんとなくいま一つスッキリしません。
木は名前も知らないよく山に茂っている木なんですが、花は花らしくない花で実は付けず、果樹に影を作るだけの木だったのです。伐採すると、やはり光の入り方が全然違います。山なども適度に手入れをした方がよいと聞きますが、なるほど・・・・・と感じます。根元にまったく光が入らないと、逆に山が死んでしまうそうです。
と言いつつも、いや~、大変でしたぁ・・・・・・。(笑)
Commented by anrianan at 2009-07-20 16:25
★tomieteさま、
蚊は凄いですよぉ! だからビニールの上下に長靴、顔にもタオルを巻いて帽子をかぶり、目の部分しか出ていないような凄い格好をします。だからサウナのようで、滝に打たれたような汗のかき方をします。(笑)
今回は桜の木よりも、広範囲に茂っている笹藪を刈るのが一苦労でした。 それから太い根元の伐採。
やっぱり、男手がないと私一人では、とても無理です。・・・・・
Commented by anrianan at 2009-07-20 16:29
★銀の小鈴さま、
こんにちは~! 今回はフェンス向こうの山に生えてしまった木なのです。
夏ミカンや金柑、レモンの木が影ってしまい、隣の桜ともぶつかっているから、可哀想だけど私にとっては居てほしくない木なのでした。小さな枝になって伸び始めた時に、さっさと刈っておけばこんなにならずに済んだのに・・・・・・、と思います。
なんだか植物から哲学を学びます。(笑)
最近は庭を畑にして、野菜を育て始めましたから、日当たりが一番になってきました。その時の状況によっても、木陰が欲しかったりいらなくなったり・・・・・・。結局人間の勝手で申し訳ないことです。(^_^;)
<< メリメリメリッ・・・・・!  秋雨のような・・・・・ 潤いの... >>