<< ソラマメに牛乳を噴射! そらまめ >>
日影茶屋で再会・・・・・・
葉山に日影茶屋という情緒いっぱいの食事処があります。
昨日そこで、私にとって一番年長者になるお友だちと、10年ぶりの再会をしました。


一昔前に、結核病棟で何か月も一緒にお隣同士のベッドだった方です。
当時82歳だったので、現在92歳。
d0046294_9181760.jpgああ、よくぞご健在でいらしてくれた!

一昨年のお年賀状のお返事に、
“息子たちと海外旅行をしてきました。”
と、きれいな字で書かれており、
(ああ、元気でいらっしゃるんだなぁ・・・・)
と思っていたのです。

再会したいと思いながら、連絡を取りそびれているうちに一年が経ちました。
今年の年賀状のお返事がなかなか届かず、
(ああ、もしや・・・・・・・・)
と嫌な思いを振り払いながら待っていると、届きました! お返事が!

それを機に、保存してあるはずの古い住所録を探し、・・・・・・といったって、PCの中のファイルです。
そしてやっと見つけた古い住所録には、ちゃーんと10年前の交友関係記録が残っておりました。

このおばあちゃまは5人の息子と1人の娘がいて、みんなに大切にされています。
入院していた時から、毎日誰かしかのお見舞いがありました。
この方は見た目も雰囲気もきれいな人だけど、このように美しく幸せな老人は何人いるだろうか?
と当時考えたものです。
娘さんがたまたま近くに住まわれているということもありますが、この「たまたま」という条件も、自身の思いや心が呼んでいるような気がするこの頃です。・・・・・


さて、初夏を思わせるような好天日、六浦という駅で待ち合わせて、娘さんの運転するベンツ(!)で葉山までドライブ。
日影茶屋の駐車場に車を入れて、茶屋の中庭を初めて見ました。
太い竹や笹の葉、池などがバランスよく配置され、いくつかの縁台には赤い布が敷かれ、そこで予約時間より早めに来た人たちが座って待ったり、散策したりしていました。


そしてまた、一つ忘却の彼方にファイルされていた古い記憶が蘇りました。
20代後半、お見合いした相手とここで食事をしたことがありました。
(ああ、あの時結婚していたら、今頃好きなことをやって左団扇の生活だったな。・・・・・・)
金銭的に苦しい今の生活とは、まったく逆の状況だったろうと思うのです。が、同時に
(だとしたら、私はきっと夫の権力をわが権力のように使った守屋自衛官の妻や、国費を使って酔い潰れ会見をした夫に「日本一!」なんて叫ぶようなバカ妻になっていただろうな。)
とも思うのです。

やっぱり、今の私でよかったのです。・・・・・・


さてさて、本題のランチをご覧にいれましょう。
まずは前菜の「白和え」です。
d0046294_8571693.jpg

そして、メインのお弁当。
d0046294_8594912.jpg

最後に、デザートの「杏仁豆腐」。
d0046294_921215.jpg


豪華な懐石お弁当は、一口ずつの小さなものばかりですが、食べているうちにお腹がいっぱいになります。
でも、私はランチを誰かと外食する時は朝食を抜いて望みますから、もちろん全部いただきました。(笑)
さらに、お刺身は“お友達”が「食べない」というので、私が。・・・・・ (つまり2人分のお刺身をいただいたわけですな。)

10年ぶりなのに、
「昨日会ってたみたいねぇ」
と“お友だち”にも言われた通り、長い間会っていなくても空白の時間を感じない人、っているもんですねぇ。

そういう友だちって、会っていない時間も、たびたび心の中で思い出している人なんですね。

やっぱり、心や思いは、時間や距離を超えるものなのだと感じました。・・・・・・



ランキングに参加中です。
応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-04-11 09:37 | ■とりあえず日記 | Comments(10)
Commented by tengtian60 at 2009-04-11 10:51
こんにちは!^^

遠目でも素敵な母子さん!って思いますよ~^^
きれいな白髪ですね。^^
90歳になっても海外へ!素晴しいです。^^
疲れたなんて言っていられません・・・^^;

共に同じ病で戦った戦友ですものね。
素晴しい交友と思います。
それにしても素敵なランチ!!
チジミとの落差がありますね~(^_-)-☆(笑)
お昼時のミニ懐石も充実していますね。
葉山って言う土地柄もおしゃれです。

まぁ!ベンツ!
過去に乗ったのは1回だけです・・・(#^.^#)
Commented by kinchamamama at 2009-04-11 20:08
日陰茶屋・・ネーミングが素敵ですね。
ランチも綺麗で豪華!おいしそう~
anriさんのご友人、年を重ねても綺麗でいらっしゃって
素敵ですね。憧れます~。

Commented by yaya_seiko_udoku at 2009-04-11 22:22
あら、ま。
豪華ランチでしたね~!美味しそうだわ。
こういう1日があると、人生が楽しく・幸せに思えますよね。
オオゲサかもしれないけど、そう思うわ。
お友達もAnriさんも、大病を患ったけど、こうやって元気に楽しく美味しく食事が出来て良かったですね~。
年齢を重ねても、綺麗、って理想ですよ。
んー。頑張らなきゃ、ですね。
Commented by トマコ at 2009-04-11 23:52 x
素敵な一日をお過ごしだったんですね~♪
92歳とは思えないくらい、お若い雰囲気に見えます。
長い入院をされたんですね・・・
私はたいした病気じゃなかったけど、子供の頃に二度入院して
隣のベッドのオバチャンがとっても優しかったことを思い出しました♪
お元気だったら嬉しいな・・・

ずっと年賀状を出されてて、こうしてまたお会い出来るなんて!
こんな素敵なことがあるものなんですね♪
聞かせて頂くだけでも、良い夢が見られそう(^^)
そして、なんと美味しそうなお弁当~
なんだか幸せ気分を頂いて、ぐっすり眠れそうです♪
Commented by exmouthcoco at 2009-04-12 06:41
anriさん、こんばんは!
素敵なお友達関係ですね。
長い間、寝起きを共にされていたなんて…
ちょっと意味深に聞こえるけれど、闘病生活を、こんな気のあった方と一緒に闘えるなんて、悪いことばかりではなかったのですね。

お天気に恵まれて、気の合う方とおいしいお食事…。
春のぽかぽかした温かい空気がこちらまで届いてきます。
Commented by anrianan at 2009-04-12 10:20
★tengtianさま、
10年ひと昔といいますけれど、あっという間ですね。
もう一昔たっても、今の生活状況と変わらなかったら、私はホームレスバーサンになりそうです。
この“お友達”のお子さまは、みんなお医者さまで、お医者の家系なのです。
このおばあちゃまも若いころ、ドイツ語を習ったこともあるようなお方ですから、きっと時代が時代ならお近づきになれなかったかもしれない、と思ったりしました。
当時から静かで、物事にこだわらず、たおやかな感じの方でしたが、今や半分仏さまのようでした。(笑)
ボケてないのが凄いと思います。
チヂミのランチもいいと思いますよ。私は今や外食なんて滅多にないですから・・・・・。
今回はご馳走になったので、こんなに豪華なランチに。
これが最後かもしれない、と心して食べました。(笑)
Commented by anrianan at 2009-04-12 10:25
★kinchamamamaさま、
きれいなお年寄りを見ると、なんだか励まされるような気がしますねぇ。
でも、生活が表れると思いますから、出来れば経済的にも豊かで、さらに心も豊かでいたいですね。
葉山(逗子)の日影茶屋は有名なんですよ。和菓子を頂ける喫茶のお店とお食事のお店とあるんです。
次は、和菓子を食べてみたいです。(笑)
Commented by anrianan at 2009-04-12 10:35
★yaya_seiko_udokuさま、
おっしゃる通り、こういう一日はエネルギーを与えてくれるように感じます。
特に私は出稼ぎに行かないとあまり人と話さないので、こういう楽しい日は全部の細胞が活性化するような気がするんですよ。(笑) 食事も普段素食だから、ぜ~んぶが栄養になるような。・・・・(笑)
美しく歳を取っていくって、結構難しいのかもしれませんねぇ。
大方は、癖が強くなって悪臭がきつくなっているような。・・・・・・(^_^;)
助からないと思われていたのに助かってしまったのですけど、その後を生きていくことがこんなに大変だなんて。・・・
でも生きている限りは、美しく生きていたい、と思います。
Commented by anrianan at 2009-04-12 10:42
★トマコさま、
まぁ、ありがとうございます。 ぐっすり眠れましたか?(笑)
10年・・・・・、早いですよねぇ。
みんなが同じように10歳ずつ年をとったわけですけど、あまり変わらないんだな、とも感じました。
見た目が変わらないのはいいけれど、生活状況が変わらないのは・・・・どうだか。(^_^;)
子どもの頃に入院されたんですか。・・・・・それはいい経験だったと思います。
私は最近思うのですが、自分の体が弱いと他人の痛みが分かるんですよね。
私は子どもの頃は丈夫で、学生時代もスポーツ少女で勢いがあり、何でも願ったことは叶う人間でしたが、弱い者の立場に疎かったと思います。
気持ちだけではどうにもならないことや、体力がないと気力も劣ることなど、体感しないとなかなか分からないものだ、ということが分かりました。
歳を取って行っても、このおばあちゃまのように、人が側に寄ってきてくれるような人間になりたいなと思います。
Commented by anrianan at 2009-04-12 10:47
★exmouthcocoさま、
私は8か月入院していたのですが、痛い検査をすることもなく、ほんとに寝込んでいたのは、たぶん最初の2週間くらいです。
あとは毎日、トレーナーにスパッツで病棟内をフラフラと歩いていられたし、3か月後の菌が無くなってからは外出ができるようになったので、病院の敷地内を散歩していました。リゾートホテルに泊まっている、と思うことにしていましたから、何も考えず、結構楽しく過ごしました。(笑)
でも、末期でしたから、本当は助からないと思われていたのですよ。この私が!(笑)
このおばあちゃまはみんなが和ませられる方で、私も随分と老後の姿を考えさせられました。
ほんとに元気でいらしてくれて嬉しかったです。
<< ソラマメに牛乳を噴射! そらまめ >>