<< しつこいようですが・・・・・ もうこんなに・・・・・・! >>
さくらの鑑賞はベッドの中で
日の出は確実に夏に向かって早くなり、それとともに目覚める時間も早くなっている。
私は非常に自然に殉じる体のようだ。

今朝は太陽が昇る軌道上に、美しい曲線の飛行機雲が描かれていた。
(私の腕では、紅色の太陽とアクアブルーの空の色がイマイチである。)
d0046294_805199.jpg


そして顔を右に転じれば、窓からは昨年よりも一回り大きく成長している桜が咲き乱れている。
あと何年したら、この窓一杯に広がって見えるようになるのだろうか・・・・・・、などと考える。
                      そうなのです、この2枚はベッドの中から目覚めに撮った写真なのです・・・・・・
d0046294_895057.jpg

この風景を見るたびに、
(天国は、きっとこんな所に違いない・・・・・・)
と思うのだ。


さて、今まで7時が起床時間だったのだけど(何時に目が覚めても、起床は7時だった)、今日は5時50分に起床する。
何とも微妙で中途半端な時間・・・・・・と思ったのだけど、ピッタリの時間に起きようと思っていると、必ず1分過ぎ、2分過ぎ・・・・・・、そうなるとひどくがっかりして、次の起床目標時間は30分後になってしまうのだ。
だから、今日は6時前に起きる! と決めたのだ。
“6時”というこのアバウトが、私には意外にもイイような気がする。


そうそう最後に、朝食を食べながら気づいた物が、これ。
d0046294_8101396.jpg


飴玉に虫がくっついているようなこれは、あきひめという名の苺。
コノハナサクヤヒメが咲き誇っている傍らで、あきヒメも大きくなろうとしている。・・・・・・

なんだかこのまま赤くなってしまいようで、大きな粒になるのだろうか? と不安がよぎった。
といっても、不安や心配なんてしてもショーガナイので、このまま観察するしかない。



ランキングに参加中です。
白いちごに応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-04-06 08:21 | ■とりあえず日記
<< しつこいようですが・・・・・ もうこんなに・・・・・・! >>