<< 種とマメの花 じゃがいもの種 >>
宇宙飛行士
昨日のNHKスペシャルは、「どうやって"宇宙飛行士”は選出されるか?」という内容だった。
最終選考まで残った10人の人が、宇宙船と同じ広さの密閉された室内で一週間寝起きを共にする。
監視カメラがあちこちに設置され、24時間体制なのでプライベートはない。
その審査過程が初公開された。

人間は極限状態に追い詰められた時に、どういう行動をとるのか?
ストレスにとれほど耐える力があるのか?


その時の体調や気分でも言動は異なってくるだろう。
与えられたミッションに失敗したり、あまり良い評価でなかった時に、どうしたらよいのか?
突然のハプニングにどう対応するのか?

自分にも日々起こっている葛藤ではあるが、咄嗟の言動は案外自分では気づかないことが多い。
人それぞれに、行動のパターンがあるような気もしている。
ということは、きっと感情のパターンもあるのだろう。

自分のことはよく見えなくても、他人のことはよく見える。
昨日の番組を見ていても、改めてそのことを感じさせられた。
人を観ることは、自分を観ることのようでもあって結構楽しく、時に反省させられる。
(ああ、この人は感情が先走ってしまうんだなぁ。)
とか、
(切り替えが早いと、立ち直りも早いなぁ。)
とか。

結局、感情をいかにコントロールできるか、ということなのだろうと思う。
最近は、空気を読めない「KY」という人々が多くなっているから、周囲に気を使う昔ながらの教えを受けてきた人間には、生きにくい社会にはなっているように感じる。

あまり周りを気にしすぎる必要もないし、あまり気を使わな過ぎるのも困る。
そのバランスが良いかどうかは、自分では分かっているつもりでも、なかなか自己評価と客観的評価が一致する人は少ないと感じる。もちろん、自分も含めて。


宇宙飛行士候補だから、知識や技術は申し分なく優秀な人たちであったと思う。
そこに体力と気力、さらに昨日は「リーダー(船長)になれる人」という条件があった。

10人の候補者一人一人については、“ある程度”のスポットを当てていたが、彼らの人間的魅力が伝わるまでには行ってなかったように感じる。それは、選ばれた2人が、
「どうして選ばれたのか?」
のポイントが良く分からなかったことからからも言える。

きっと24時間モニターを見ていた審査員には、あ・うんで伝わる「選ばれた人の理由」が歴然とあるのだと思うが、限られた時間内に編集された番組では、そこまでは無理なのだろう。



その中で印象的だったのは、最年少(31)の技術者が、高校生の時に書いたレポートだった。
物理の先生が宇宙飛行士に憧れていて、宇宙船内で生活する飛行士たちのビデオを貸してくれたのだそうだ。
高校生だった彼もそのビデオを観て、宇宙飛行士になりたいと思った。
繰り返し繰り返し、取り憑かれたようにそのビデオを観た。
そしてビデオ内で流れている英語を1週間かけて書き起こし、さらに数日かけて日本語に訳したのだそうだ。
そのレポートを、物理の先生は大切に保管していた。

NASAで行われる最終選考の面接前、彼はそのレポートを物理の先生から渡された。
それを持って面接に臨んだ。

「あなたは、なぜここにいるのですか?」
という最初の質問に、
「このレポートが私をここに連れてきました」
と言って、高校時代のエピソードを話し、レポートを見せた。
その面接では、候補者たちの「覚悟」を観るのだという。
アメリカ人の面接官の一人は、
「私たちは、互いに命を預け合う。その信頼関係を築ける人間かどうか、は大きい」
と語った。

彼はその面接で高い評価を受けたということだったが、一視聴者である私も彼の熱意に胸を打たれたし、これからの彼に可能性を感じたのだから当然の結果だろうと思う。

けれど最終的に、その彼は落選した。


「体験できないようなことができたわけだし、貴重な経験でした。」
落選の電話を切った直後、なんの気負いもなく、淡々と語る彼には清々しいものを感じた。

(若いから、そんなに簡単に気持ちを切り替えられるのだろうか?・・・・・・)

もともと感情表現は得意な人ではないのかもしれない、とは感じたが、
(感情表現が豊かであることの良い点ってなんだろう?)
と感じることの多い私は、こういう平常心を持っている人間を尊敬してしまうのだ。

まだ31歳なのだし、これからも可能性は十分感じさせられた。・・・・・・




「少しでも早く“自分のやりたいこと”を見つけて、それに向かって努力した人が成功するんだね。」
北野武が、笑いをとろうとせずに、極めて真面目に言った言葉だ。


ちょっと、私は胸が痛くなった。
(私は、見つけるまでに時間がかかり過ぎたんだよな・・・・・・。)

そう思った途端、この先生きていてもしょーがないじゃないか、という気分になってしまう。
でも、
(来世のために・・・・・・)
と、すぐに思った。

もし次にこの世に蹴落とされる時には、やりたいことを抱えて来れるじゃないか。・・・・・・

本当に魂が永遠ならば・・・・・・・。 

輪廻転生が本当にあるのならば・・・・・・。



そう思ったら、救われた。



ランキングに参加中です。
宇宙飛行士になることはどーしても考えられない私に
応援のぽちっをお願いね!

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-03-09 17:56 | ■とりあえず日記 | Comments(8)
Commented by tomiete2 at 2009-03-09 21:13
武士さんは、いい事をぽつりと言いますね。

  丸くなられた証拠ですね。
Commented by galleriaarsapua at 2009-03-10 03:58
輪廻転生、私も信じています。
10年以上前に飯田史彦著書の「生きがいの創造」という本にかなり科学的なデーターと一緒に書かれています。
古本屋などでもし見つけたら読まれる事をお勧めします。
生きている意味って絶対あるんだよ!あきらめたり、投げやりになってしまったら負けだよね。
もしかしたら根性試しでもうちょっと頑張ったらいい事が用意されていたのかもしれないのに一時の感情に負けて台無しにしてしまう。。。
やってられないなーって思う事も多いけどやっぱり自分の人生を自分が愛してあげないとね。
そしてこの世で報われなくったっていいじゃん。
輪廻転生も例えなくても私は頂いた命と人生を大切にしようって思っている。
でもきっとあるよ。。。
Commented by kinchamamama at 2009-03-10 08:06
宇宙飛行士のテストは過酷なんですね。1週間も監視されるなんて・・考えただけで胃が痛くなりそうです。
民子は明恵上人(鎌倉時代の僧)を尊敬しているのですが、好きな言葉に「あるべきようは」というのがあります。
時により事により、その時その場において「あるべきようは何か」と問いかけ、その答えを生きようとする。
神道の「中今」の思想と似ている?この言葉に救われるのですが、自分の好きなことをする覚悟が私にはありません。やっぱり「あるべきようは」なんです。
覚悟を決めたanriさんは凄い!です。




Commented by tengtian60 at 2009-03-10 08:41
アポロ13号の大変な事態でもパニックを起こさず(映画で見る限り)
地上でも技術を駆使して無事に生還しまして感動でした!
宇宙飛行士はあらゆる事態を想定して訓練するそうですが、アポロ13号の場合は
想定外のことが起こった訳ですから・・・・
常に冷静でパニックにならない性質を兼ね備えている人でなければ無理ですよね・・

90代の方にどなたかが質問なさったことで今までに後悔したことは?で
「やりたかったことはやっておくべき」、だったそうです。
後何年か生きられて、こうしておけば良かった・・・と思うのでしょうか・・^^;
振り返ってなかなか良い人生だったと思えたら良いですね。^^
Commented by anrianan at 2009-03-10 17:21
★tomieteさま、
トムジー牧師に「丸くなった」などと言われると、この身の置き所がありません。(^_^;)

きれいに枯れて行きたいと願っています。・・・・・・
Commented by anrianan at 2009-03-10 18:25
★galleriaarsapuaさま、
kazukoさん、ばりばりの青春を生きているのね。すてきよ。(笑)
魂が永遠なのだといわれると、今生きていることはじめ色々と納得できることが多いですものね。
私はもう、・・・・・それこそ精神世界の本やエライ(?)人、自称悟った人や聖地と言われる場所においては、なんちゃってマップが作れるくらいに見聞きしてきましたけど、結局・・・・・・何者でもない普通の優しいおばあちゃんなどに惹かれることが多いです。拘りがなく、諦めることが上手く、凝らず、投げやりにならず、静かで優しいおばあちゃんになれたらいいな、と思っています。
そのためにも、楽しい人生にしないとね。(笑)
お薦めの本、見つかったら読んでみますね。ありがとうございます。
Commented by anrianan at 2009-03-11 10:08
★kinchamamamaさま、
宇宙飛行士は、世界のほんの一握りの優秀な人ですからね。
審査もこれだけではなく、10人に選抜される前にも何回もふるい落としがあったでしょうね。
私もいろいろ見たり読んだりしましたけど、結局は自分がどう生きるかということで・・・・・・。
私は毎回何か目標がある時は、覚悟は決めているし、背水の陣で臨むわけです。だから、周囲がチンタラに見えてかったるくなってしまうんですね。・・・・・・ 人にはそれぞれのペースと選択で生きているので、気になる私が未熟というだけ。
友人も「類は友を呼ぶ」から、同じような癖を持つ人同士では居心地が良く感じ、これまたなかなか成長できなかったりもする。・・・・・・そういうことを考えると、憧れる人たちと「友人」という立場になるための努力が、自分の人間力を上げる努力でもあるのではないか、とも思ったりしています。・・・・・・
Commented by anrianan at 2009-03-11 10:14
★tengtianさま、
そうそう、アポロ13号のこともあったので、とっさの事態に対処する力が必要だと言っていました。
諦めずに何とかしようとするかどうかが、命にもかかわってくるのだと。
また小さなミスが命を落とすことにもなる、と。・・・・・・ 
私のような凡人には、想像のつかない危機管理と注意深さを必要とされているのだということは理解できました。(笑)
おナカさんは70代ですけど、50代で「歩けなくなる」といわれるほどの大怪我をし、60代で「助からない」と言われた蜘蛛膜下を経験しているので、「やれる時にやっておく」ということを強く感じているようです。
病気やけがは、それまでになかった感覚を実感したり、物事の価値観が変わるので、まったくの健康人(ウチのジーヤのような)よりも幸せなのではないか、と思います。
tengさまは、とても充実している時期ではないですか?(笑)
<< 種とマメの花 じゃがいもの種 >>