<< 越冬のコーヒー フキノトウの植え付け >>
ひな祭り
この歳になってくると、嫁入り前だというのに「ひな祭り」を忘れていることにショックを受けた。
昔はお雛さまをさっさと飾り、3日の夜には片付けるという行事を、
「早く嫁に行けますように・・・・・・」
の祈願を込めて、毎年行ったものだ。

それがどうだ。
今年はすっかり忘れていた!

このお茶をいただいて、やっと思い出したという次第。
お雛さまの絵が描かれた袋の中に入っている丸い缶の蓋には、ずっととっておきたくなるような可愛い梅のイラスト。
UME VERT”(梅の緑茶)は、代官山のLupiciaのフレーバーティ。
梅の香りがふわりとする緑茶だ。

d0046294_12104998.jpg



さて、今日は午後から雪が降るという。
この辺りは雨になるだろうと予測しているが、電車でたった20分の金沢文庫はきっと雪に違いない。
今日は文庫まで出かけるので、“文庫の天気”が気になるのだ。(非常に局地的!)

d0046294_12302034.jpg

せっかく梅も咲きそろい、咲かない咲かないと心配していた水仙も蕾を付けている。
チンゲン菜やはつか大根の花も咲いている。

なのに、雪・・・・・・。

こんなに寒暖の差が激しくて、花たちも風邪をひかなきゃいいけれど。・・・・・・





d0046294_1231138.jpg

と心配したから、という訳ではないが、キラキラと出ている明日葉の新芽を、今のうちに摘んでおこうと思い立った。
明日葉は、山から庭に飛んできた種が芽を出し始めて、数年は三つ葉が大きくなったような形状をしている。
それを過ぎると株が大きくなり、摘んでも摘んでも“明日芽が出る”といわれる明日葉に育つ。
(でも実際は、“明日は芽が出ないのですがね。)(笑)



ランキングに参加中です。
春が待ち遠しい私に、ぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-03-03 12:39 | ■とりあえず日記 | Comments(10)
Commented by tomiete2 at 2009-03-03 19:46
今晩は、冬野菜はトウ立ちしていますね。
 青梗菜・・小さいながらもチャンと鼻目をつけていましたので半分は・・・
漬物・・もっと小さいのいは雑草と一緒に捨てました。
 鼻目を塩つけの手もありますが・・老人は塩分を出来るだけセーブしなくては・・・・・つけたものは・・若い方にお土産に差し上げようと少しですが

・・・・今の時期は塩気のものが多くなるので・・・・パスしたくなりますが・・それが美味しい・・・飯泥棒もいたい・・・・お腹一杯

  明日葉・・・・・栄養満点と青野菜の持続性で必要ですね・・・・
Commented by トマコ at 2009-03-03 20:48 x
関東地方は大雪情報が出てましたね。
局地的な天気予報は私もいつも気になります(^^)
車で15分のところが雪で凍結だったり大雨だったり、よくあります。
金沢文庫は大丈夫でしたか?

水仙が咲いたんですね♪
うちの水仙も咲いてから雪をかぶったけど大丈夫でした。
明日葉は植えてみたくてたまらない野菜の一つです。
この時期に芽吹いてくるんですね~
食べたことも見たこともないので、興味津々です!
苗を取り寄せてみようかと検討中~ヤブのそばに植えてみようかと♪

梅の香りの緑茶なんてあるんですね~
ほんのりと春の香りがしそう・・・
風邪がこじれないように、栄養つけて休んでくださいね。
Commented by mojyao at 2009-03-03 23:19 x
今日、友達が来た時に以前貰ったLupiciaのフレーバーティー(冬バージョン)を入れたの〜。可愛い缶を見て、思わず「一緒〜!」って叫びそうになったわ。^^あっ、缶のデザインは違うんだけどね。
ここのフレーバーティーっていつも可愛いよね。
他の味が飲みたくなったわ。^^
Commented by aomeumi at 2009-03-04 01:09
ポルトガル・青目
私も忘れました、お雛様を飾るの・・・ここに来て15年、一度も忘れたことがないのに・・・ちょっとショックです。もう祝わなくていいよ・・・とのお告げか。それもそうですね。生活を単純にしようと思っているので、いいきっかけかもしれません。それにしても、立派な明日葉ですね。ポルトガルの明日葉は、全く動きなし。枯れもしないけれど、大きくもならず、芽もでない。
沈黙、あるいは考えるアシタバ。
Commented by tengtian60 at 2009-03-04 08:11
おはようございます!^^

このところそちらは寒いようですね・・・
昨日は雪でしたか?
梅の緑茶ですか?初めてですよ!
おしゃれなお茶ですね~^^
パッケージも可愛いです。中身がなくなっても捨て難いですね・・・
夕べは、明日葉の天婦羅でしたか?(^_-)-☆

我が家は、いつもと変わらない・・特に何も無しの3月3日でした。
Commented by anrianan at 2009-03-04 14:01
★tomieteさま、
トウ立ち・・・・・、私もトウが立っているので「共食い」になるでしょうか。(笑)
青梗菜の花を初めて見た気がします。野菜はスーパーで売られているものを見慣れてしまっているので、成長していく段階で変えていく姿を目にすると、より生きているのだということを実感します。
でも、花が咲く青梗菜を塩漬けするというのも、興味があります。
私もあまり塩分は摂らなくなりましたが、ご飯の時のお漬け物に、少しずつ色々な種類があると楽しいなと思います。
ウチの自然農園はもともと自然の荒野状態なので(笑)、昨年の春に撒いた春菊や青梗菜も、そのままの放置プレイです。(^_^;)
でも、これが結構、意外な発見があって楽しいのです。・・・・・
Commented by anrianan at 2009-03-04 14:14
★トマコさま、
地形のためか、ちょっと離れているだけなのにお天気が違うなんてこと、よくありますよね。
お陰様で、金沢文庫も雪は降らず、雨になりました。
でも最寄りのバス停を降りた時には強い風と雨でしたので、折りたたみ傘を折らないようにするのに精一杯でした。この時季は三寒四温といわれますから仕方ないのですけれど、体調管理が大変です。
水仙でも、香りがしないものとするものがあるんですよね。フェンス向こうの山に咲く黄色い水仙は、八重の黄色い花びらで華やかなのですが、香りが全くありません。でも、この白い水仙はすごく良い香りがするのです!
百合やジャスミンなどの香り花は大好きで、一輪あるだけで全く幸せ感が違うんですよねぇ♪
アシタバは自生すると、とっても手がかからずに有り難いですよ。ほろ苦さが春の山菜という感じがします。
ああ、この間、アシタバの種を取って送ってあげれば良かったなぁ・・・・。
梅の緑茶は、梅は香りのみで、まったくの緑茶。(笑)
梅昆布を少し入れてみたくなります。 あ、それは「梅昆布茶」になってしまいますね。(笑)
Commented by anrianan at 2009-03-04 14:19
★mojyaoさま、
あら~! 元気~?(笑)
Lupiciaの冬バージョンって興味あるわぁ。昔はこんなに香る紅茶なんて、余りなかったのになぁ、と時代を感じるわ。(笑) 私はマリアージュをよく買っていたんだけど、こういうお店って量り売りをしてくれる所が好き。
(Lupiciaは缶詰めされたものしか飲んだことがないのだけど。)
何種類かあって、気分によって香りを変えて飲むのが好きなんだけど、最近はそんな優雅なことを言っていられず、現在ウチにいるのは残り物ともらい物。(^_^;) そちら、オーストラリアでもLupiciaのお店はあるの? 海外のフレーバーティの方が、香りが強くておいしそう!
Commented by anrianan at 2009-03-04 14:26
★ポルトガル・青目さま、
アシタバが沈黙(思考?)してますか・・・・・・。(笑)
ウチの庭に芽をだした子どもたちは、昨年私がせっせと摘み過ぎたせいか、やっぱり成長が少し遅いような気がするんです。で、今年になって時々春のような暖かさになっても、じっと我慢して採らずにいたら、やっぱり茎も太くなるし、出てくる芽も大きくなるんです。 今後は、小さな芽のアシタバは優しく見守ることにしました。(笑)
というより、ポルトガルにアシタバがあるってことにビックリしました。日本から種か苗を密輸したのですか?(爆)
海外にいる青目さんが日本の行事を大切にされているのを見て、私は反省しています。なのに、忘れました。「もう嫁に行かないし(行けない?)」という開き直りの現れでしょうか・・・・・・。
Commented by anrianan at 2009-03-04 14:33
★tengtianさま、
ほんとに、近ごろの天気はパッとしません。(しかも、寒いです)
でも「寒い」の話題で、おナカさんから「マイナス8度だったよ」などと聞いて、4度や5度なんて全然暖かいのだということを知りました。(笑)
梅緑茶は、まったくの緑茶でした。梅は香りだけです。でも、滅多に日本茶を飲むことがない私は、久しぶりに「日本人だなぁ」としみじみしました。
お茶漬けにかけてもいいかもしれませんね。
3月3日はわが家でも、フツーに終わってしまいました。(笑)
ただデパートの地下に行った時に、ひな祭り用の和菓子に心奪われ、ついつい桜餅と草もちを買ってしまったのですが。(^_^;)
やはり、食べ物って文化だと思いましたわ。(笑)
<< 越冬のコーヒー フキノトウの植え付け >>