<< ひな祭り ぼた雪の日 >>
フキノトウの植え付け
昨日晴れたと思ったら、今日は雨。
その上、寒い。


9時を少し過ぎた頃、岩手に住むおナカさん(母)から宅急便が届いた。
フキノトウ(根っこ付き)を送ってくれたのだ。

私は窓の外を眺めた。
雨がシトシトではあるが、かなり本振りである。
窓際に置いて少々保留にし、一緒に送られてきた4分の1片の南瓜をストーブで煮ることにした。
朝食もまだ食べていなかったので、ブランチに「がんづき」を食べる。

「がんづき」ってご存知だろうか? (もちろん、岩手の方は知ってるよねぇ)(笑)
ゴマや木の実が入っているいわゆる、蒸しパン。
道の駅などに売られているのだが、これが手作りのせいか、なんとも充実感ある蒸しパンなのだ。

d0046294_1310047.jpg
今回は、今まで見たこともない「かぼちゃパン」も入っていた。

実は、私はあまりカボチャが好きではない。
甘いし、密度があるからお腹がいっぱいになってしまうし、・・・・・といろいろ嫌いな理由はあるのだけど、せっかくだから一切れ食べてみた。

かぼちゃあんが入っているのではないか、と恐れたが、そのようなものも入っておらず、思ったよりも甘くない。
さっそく、いつものがんづきとかぼちゃパンを切り分けると、ラップにくるんで冷凍庫に保管した。
(こうして食料を冷凍庫に保存すると、なんだか幸せな気分になるのだ。)


そうこうしていても、雨は一向に止まない。
(せっかく、根っこ付きを送ってくれてるのに・・・・・・。)
などと考えていたら、
(なにくそ、雨などに負けるもんか!)
と、必要以上のガッツが湧いてきて、私はカッパを着るとスコップを持って庭に出て行った。

以前から決めていた場所に、ガツガツ! と穴を掘り、長いフキノトウの根っこをそのまま埋めるように並べた。
d0046294_1393384.jpg


ああ、うまく根付いてくれるといいんだけど。・・・・・・

筍と一緒で、どんどん増えると聞いた。
ひょっとすると、来年の早春には「フキノトウの天ぷら」が食べられるかもしれない!

d0046294_1391286.jpg
わくわくしながら、パソコンを起動させていたら、ついさっき!
軒先に、変な動物がやってきた。
調べてみると、どうも「子だぬき」のようだ。
(→ ネットの画像から拝借しました)

雨に濡れそぼった耳やしっぽが異様な動物に見せたが、小犬ほどのその四足動物は、私と目が合うとしばしジッと見つめ(同僚と思ったか?)、その後くるりと後ろを向くと、ひょこひょことリズミカルに去って行った。

ああ、ちょっと待ってぇ~!

心の中で呼びとめたけど、もちろん心の声が届くわけもなく、姿を消してしまった。
しかし、数年前に現れていた狸の子どもかもしれない、などとも考え、無事に命を繋いでいてくれたことに、ホッとしたのだった。
by anrianan | 2009-03-01 13:21 | ■とりあえず日記
<< ひな祭り ぼた雪の日 >>