<< 梅の花 黄色い花は、幸せを呼び覚ます >>
「一生独身コース」?!
昨夜は久しぶりに、これまた何年ぶりかの友だちと3時間ほど電話で話しまくった。


結婚した仲の良い友達は、晩婚が多い。
だから、出産も高齢出産。
私の知らない世界の彼女たちとたまに話すと、社会勉強をしているような気分になる。
そして結婚生活については、
(やっぱり想像通り・・・・・・)
と思う部分が多く、より結婚に対しての憧れは遠のく。


世間一般的には、25歳前後が適齢期といわれていたが、今はどうだろうか?
今でも本気でそう思っている人は、どのくらいいるのだろうか?

25歳で子供を産んでも、子供が子供を育てるようなものではないか、と感じる若い母親が多い。
ただし最近は、35歳でも45歳でも、大人になれない人間はいるものだ、ということもよく感じる。

人それぞれが、「結婚コース」や「子育てコース」、あるいは「離婚コース」「介護コース」などを通じて、この世を生きているだけなのではないか。
そこには、もちろん「一生独身コース」もある。
私はこのコースを選んだのかもしれない。


現在、長い付き合いの友人たちと会う機会がないどころか、ほんのたまにしか話す機会がないのだけれども、お互いの環境の変化を通じて感じていることや考えていることを話し合うだけで、何がしか得るものがある。
これだけで、随分すっきりすることが多い。


今朝目覚めて、改めて自分が置かれている“何ものにも束縛されないまったくの自由”の環境について、考えた。
いや、考えるよりも先に幸せを感じている自分がいるのだから、
「私は幸せなのだ」
と考えた。


生活力のない女性は苦痛を感じても、結婚生活も維持するしるしかない現状を、改めて認識させられた。
子どもができると、なおさら忍耐するしかない。
私の母もそうして今まで来た。
だが、・・・・・・それが子どもにどういう影響を与えているか、は誰にも分からない。



本当に愛し合っている夫婦は、何組くらいいるのだろうか。・・・・・・

本当に少ないのではないか、と私は予測する。
そして、その予測を覆してくれるような事例に、未だお目にかからない。


私は不得意な科目の点数をあげようとするタイプなのだが、得意科目を伸ばしていく、そういう生き方を身につけても良いのではないか。
そんなことを考える今、この時・・・・・・。



ランキングに参加中です。
自分に自信が持てない私に、
今日も、応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-02-15 14:23 | ■とりあえず日記
<< 梅の花 黄色い花は、幸せを呼び覚ます >>