<< 梅の花 黄色い花は、幸せを呼び覚ます >>
「一生独身コース」?!
昨夜は久しぶりに、これまた何年ぶりかの友だちと3時間ほど電話で話しまくった。


結婚した仲の良い友達は、晩婚が多い。
だから、出産も高齢出産。
私の知らない世界の彼女たちとたまに話すと、社会勉強をしているような気分になる。
そして結婚生活については、
(やっぱり想像通り・・・・・・)
と思う部分が多く、より結婚に対しての憧れは遠のく。


世間一般的には、25歳前後が適齢期といわれていたが、今はどうだろうか?
今でも本気でそう思っている人は、どのくらいいるのだろうか?

25歳で子供を産んでも、子供が子供を育てるようなものではないか、と感じる若い母親が多い。
ただし最近は、35歳でも45歳でも、大人になれない人間はいるものだ、ということもよく感じる。

人それぞれが、「結婚コース」や「子育てコース」、あるいは「離婚コース」「介護コース」などを通じて、この世を生きているだけなのではないか。
そこには、もちろん「一生独身コース」もある。
私はこのコースを選んだのかもしれない。


現在、長い付き合いの友人たちと会う機会がないどころか、ほんのたまにしか話す機会がないのだけれども、お互いの環境の変化を通じて感じていることや考えていることを話し合うだけで、何がしか得るものがある。
これだけで、随分すっきりすることが多い。


今朝目覚めて、改めて自分が置かれている“何ものにも束縛されないまったくの自由”の環境について、考えた。
いや、考えるよりも先に幸せを感じている自分がいるのだから、
「私は幸せなのだ」
と考えた。


生活力のない女性は苦痛を感じても、結婚生活も維持するしるしかない現状を、改めて認識させられた。
子どもができると、なおさら忍耐するしかない。
私の母もそうして今まで来た。
だが、・・・・・・それが子どもにどういう影響を与えているか、は誰にも分からない。



本当に愛し合っている夫婦は、何組くらいいるのだろうか。・・・・・・

本当に少ないのではないか、と私は予測する。
そして、その予測を覆してくれるような事例に、未だお目にかからない。


私は不得意な科目の点数をあげようとするタイプなのだが、得意科目を伸ばしていく、そういう生き方を身につけても良いのではないか。
そんなことを考える今、この時・・・・・・。



ランキングに参加中です。
自分に自信が持てない私に、
今日も、応援のぽちっをお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-02-15 14:23 | ■とりあえず日記 | Comments(6)
Commented by kinchamamama at 2009-02-15 19:09
結局、自分がどういう生き方をしたいのかが一番大切で人生の主役は自分だから、と民子は思ってます。
民子は結婚しても子供がいないので、周りから
「寂しいですね」とか言われますが
大きなお世話なんです。この考え方、民子にとっては。
子供を持つことは、政治家になる、或いは女子プロレスラーになる・・などありえなくらいピントこない選択肢なんです。
何が良くて何が悪いか分からないですが。
独身であれ、ニューハーフであれ、大家族のお母さんであれ、尊敬できる人は尊敬できます。結局状況如何に関わらず、人間性が一番大切だと、民子は思ってます。
anriさんは自信を持っていいのにー^^

Commented by tomiete2 at 2009-02-15 20:36
難しい・・・・・
  ただいえるのは結婚=幸せ・・・・・全部ではないことはいえますね。
 宮本武蔵の言葉に、われ後悔せず・・・・これができれば人がどうの様に言おうが己の道だけですね。・・・しかし武蔵といえ食・住を保障されていたから自分の道を歩めてのだと思います。・・・・生き方ですね
Commented by anrianan at 2009-02-16 13:49
★kinchamamamaさま、
電話で話した友達にも「もっと自慢していいのにぃ・・・・・・」と言われましたけど。・・・・
すべては自分の心次第だと思いますね。 幸せだと思えば幸せ、不幸だと思えば不幸。
私は凄いと思えば凄い、ダメ人間と思えばダメ人間。
ただ、私の中には満足してしまいたくないという気持ちもあるように感じています。
自分に自信満々の人は、見ていて疲れるし、私は傍に寄りたくないですね。
何事にも裏表があるから、視点によってホントにソレがいいか悪いかなんて決められない。
そういう、・・・断言できないのがこの世だと思っているし。・・・・・・そういう中間地点というか、予備の部分というか、そういう部分を持っていたいと思います。
ただ、スランプと似ているのかもしれないけど、自分に「これでOK」を出している時期もあれば、「これで良いのか?」と悩む時期もある。
今は悩む時期なのだと思います。
Commented by anrianan at 2009-02-16 13:54
★tomieteさま、
衣食住が保証されているかどうか、というのは大きいですねぇ。・・・・・
人間は最低限の「食べる」ことが保証されて、はじめて夢だ希望だと言えるような気がします。
私も今までやって来たことに後悔はないのですが、こんなに長く生きるとは・・・・・・。
この先、やりたいことが見つからないのです。・・・・・・
Commented by petites_nouilles at 2009-02-17 02:03
「結婚」というシステムに関しては、こちらでは本当にその価値が変ってしまった様です。
愛し合っているのなら、別にそれだけでいいのでは?というカップルが大多数の様です。
世間体や保身のための結婚なんて信じらんね〜といったところでしょうか。
でもこれは離婚後も女性への支援がしっかりしていて、
シングルマザーでもちゃんと自立して行ける社会があるからなりたてる技なのだと思います。
果たしてフランス女は同じ勢いで日本で暮らせるのでしょうか。。。
Commented by anrianan at 2009-02-17 11:54
★petites_nouillesさま、
「結婚」というシステム、女が経済的に自立していたら、持続しないことが多いのではないか、とよく思います。
愛し合うということが、どういうことなのか? これがまず理解できないと思うし、愛が永遠に続かないことに不安を感じるし信じられないのではないかと思います。そういう私も理解しているかどうか、は自信がありません。
が、今の日本では「生活のため」に結婚したり、離婚しない人が多いと感じるし、そういう精神的奴隷のような(あるいは人身売買のような)生活は私には無理、と思うのですね。
これで経済的にも余裕があればカッコイイのですが、キューキューですから「負け組」と位置付けられるわけです。
結婚してもしなくても、子供を産んでも産まなくても、女性がシングルでしっかり自立していける社会が理想です。
もっとも今の日本は、シングルの男性でさえ仕事にあぶれている状況なので、中高年女はより厳しい状況ですが。・・・
<< 梅の花 黄色い花は、幸せを呼び覚ます >>