<< 「国を守る」・・・ とうとう、梅の収穫!- その後 >>
花の香る家・・・・
いつものようにバスを降りて、
突然、花の香りに包まれていることに気づいた。

とたんにハワイを思い出した。
そこかしこでプルメリアの香りがしたハワイ・・・。
それだけで幸せを感じていた・・・。


どこの家だろう?・・・
と、辺りを見回しながら
香りを放つ花を探した。

それらしき花が見当たらない。
おかしいなぁ~。
それでも諦めきれずに、辺りをキョロキョロ見回す。

ふと頭の上に視線がいった。
d0046294_8344185.jpg
白い花が咲いている!
「山の雑草」と言われてしまうような
雑雑とした中で咲く花々は、
夕暮れの薄闇の中に
白く浮き上がるように群れて咲いていた。

うわぁ~!
何の花? 何のはなぁ?

私は内心独りで興奮して、
なんとか、ひと枝持っていけないだろうか?
と、遥か高いコンクリート塀の上を見上げ続けた。d0046294_8373230.jpg



・・・・・。



あ! そうだっ!
この坂の途中に咲いている、あの花と同じだっ!
と思いつき、はやる気持ちを押さえて
坂を上がった。

「無所属」の花とは言え、
ひと枝折る時に、なんとなくはばかられ
周りを見回す。
「道端の花なんだから、いいんだよ」と、
心の中で自分に言い訳をしながら、ひと枝折った。


家について、さっそく水を入れたコップに挿して
「根っこが出ますように・・・」と祈った。
この花を家の周りいっぱいに咲かせよう!d0046294_8384112.jpg
なんて思い描きながら・・・。


でも、何の花だろう・・・?


by anrianan | 2005-06-12 08:45 | ■とりあえず日記
<< 「国を守る」・・・ とうとう、梅の収穫!- その後 >>