<< 「一生独身コース」?! チョコレートビール >>
黄色い花は、幸せを呼び覚ます
昨夜は暴風が吹き荒れ、いつものことながら
(屋根が飛びませんように・・・・・・)
と祈りながら、眠れない夜を過ごした。

しかしながら、静かになった明け方から陽が差し込む8時頃まで、ぐっすりと眠った私には、寝不足の欠片すらない。
窓を開けると暖かい。
予報では17℃と言っていたから、完全に春の陽気だ。

二階の寝室から降りてきて庭を見れば、近所から飛んできたゴミがあちこちに点在している。
(まったく・・・・・・)
毎度のことながら、憤然とそれらを拾い上げていると、黄色い花が目が入った。
カタバミだ。
d0046294_10161399.jpg


この花は天気が良い日に咲く。
だから、この花が咲いていると嬉しくなるのだ。

太陽が出る、って素晴らしい!
空気が澄んでいる、って素晴らしい!

と、毎回のことながら実感して、人間の幸せの原点はここにあるのではないだろうか・・・・・、と考える。
なのに、私は毎月の支払の遣り繰りや日々の雑雑としたことでいつも頭を悩ませ、
(なんとかしなければ・・・・・・)
と憂鬱になっている。

シティ派ライフを断ち切れない所に、私の悩みはあるのだ。

原因が分かってはいても、その人に合った生活環境というものがあるから、やはり自分が心地よく感じる設定にしていかなければならない・・・・・・というジレンマ。
いってみれば、これが私の「修行課題」ということだろうか。・・・・・・



※昨年春蒔きのチンゲン菜が、こんな風に・・・・・・・! 
 (これは、食べられるのだろうか・・・・・・?)
d0046294_10232892.jpg



ランキングに参加中です。kここを、ぽちっと押してもらえると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-02-14 10:30 | ■とりあえず日記
<< 「一生独身コース」?! チョコレートビール >>