<< いい仕事してますね~! 静かな生活に戻る・・・・・・ >>
初エハラ~!
一昨年は、まったくチケットの抽選に当たらず、
(ちっ、天に見放されたか・・・・・・!)
とさえ感じた「江原さんのスピリチュアル」公演。

今年は4日から、以前よりもさらに大きく膨張・・・・いや、成長した江原さんを拝見することが出来た。
(江原さん、ごめんなさい。)

年末年始続いていた公演は、4日が千秋楽。
面白かった。
彼は新年の挨拶も早々に、
「千秋楽のせいか、見えない人たちも大勢来ているんですけど・・・・・・」
とつぶやき、何度も話を中断するほどに多くの“見えない人”が、我先に江原さんに殺到していたようだ。

さらに、
何と言ってもこの日、誰もが覚えた名前は「マツさん」。

江原さんが舞台に現れた途端に、何やら来ている子どもに「伝えて欲しいこと」を、マツさんはまくし立てる。
生前何事も取り仕切っていた人で、死後も子どもを始め、あれやこれやと気になるらしい。

あまりに“見えない人たち”が騒がしいので、
「もぅ~、公開相談は2部からなんです! 2部から!」
と、頭を振り回しながら“見えない人たち”に言い聞かせる江原さんは辛かっただろうけれど、見ている私達は大爆笑だった。
他にも、小さな子どもたち(の霊)が来ているようで、舞台に上がってまとわりつくように煩かったようだ。


ある人は、
「彼の聞こえる様子は演技だ」
というけれど、“見えない人”が彼に伝えることや訴えることの一つ一つが当たっているわけだし、的を射ているから私には真実としか思えない。
それに、あれが演技だったら、アカデミー主演男優賞もんだ。



そういう“見えない人”たちからのメッセージを聞いていて思うことは、
1.「バカは死んでも直らない」。
2.死後も現在のように意識は持ち続けているし、執着や未練や拘りは無くなっていない。
3.そして、現世で辛い経験をして乗り越えていればいるほど、どうやら本当に魂は磨かれ、流行語のようになっている「オーラ」は金色に輝いているらしい・・・・・ということ。

さらに、2009年については「怒りを押さえる」がポイントとのこと。
人の怒りは自然にも影響を及ぼし、大災害を引き起こすことを知らない人が多すぎるのだ。


公開相談会はライブだから、その時の観客によって内容は異なるが、私が参加した4日のキーワードは
「マイペース」。

これって良いことのように聞こえるけど、いわゆるKYということ。
周囲の状況や空気に無神経で、“私のペース”で物事を進めることも、結局「悪い種蒔き」をしているのだ。
悪い種を蒔けば、悪い苗が成長し、それを刈り取るのも自分。
「私は苦労ばかりする」「周りの人にいじめられる」
と嘆く人の中には、自分を省みない人も多い。
最近はこういう人が増えていて、これらの人々が「現代人」という表現になるようだ。


久しぶりの江原寄席・・・・・・公演は、爆笑あり、涙あり、反省あり・・・・・・。
一緒に行った心友と目を赤くしながら、夜の銀座を清々しい気持ちでぶらりぶらりと歩いた。・・・・・・


でも、職場でこんなことは話せない。
「危ない人」と見られかねないし、(別の意味で危ないかもしれなけど(^_^;)) ヒッキーにも、
「変な人とは話さない」
って言われちゃうからね。 

“隠れサポーター” に徹するのだ。・・・・・・


ランキングに参加中です。
隠れた私に、ぽちっの応援をお願いね。

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
by anrianan | 2009-01-05 17:27 | ■とりあえず日記
<< いい仕事してますね~! 静かな生活に戻る・・・・・・ >>