<< 何もない・・・・・・ 種を発見っ! >>
老人は早起き?
昨日、おナカさんは雨の中無事に到着した。

d0046294_932259.jpg

                   (※なぜか、今頃咲いているたんぽぽ ↑ )

到着時間が4時半頃だったこともあり、そのまま夕食の用意をすることにした。
大した用意はできないので、前日に宅急便で届いていた大根の煮物と、先週から煮込んでいる鶏肉のスープ。
スープは塩と胡椒だけの味付けだが、一人用の小鍋に雑穀ご飯をいれて、このスープをかけて温め、そこに卵を落としてネギを散らす、という簡単なご飯。
おナカさんにとって初めての小鍋に喜びながら、
「こんなに食べれないよ」
と言っていたが、結局完食していた。

それからひとしきりお喋りをするも、始まりの時間が早かったから、9時頃には二人ともお風呂に入り、おナカさんを見ればソファの上で夢の中。私もここ数日、部屋の掃除や迎える準備をしていたから疲れも出た。
「それじゃ、もう寝ようか」
ということで、二人ともそれぞれのベッドに引き上げた。・・・・・・


ここまでは、良かった。


私は、自分が寝室に使っている2階のベッドを、今回おナカさんに明け渡していた。
この部屋は朝日が最初に差し込むし、置いてある物は少ないし、なんだか気持がいいのだ。

そして夜中、パタンパタン・・・・・・と階段を下りてくる足音で目が覚めた。トイレのようだ。
(ああ、1階の方が良かったかなぁ・・・・・・)
と、私は寝ぼけまなこのまま考えていた。

しばらくすると、トイレのドアが開き、再びパタンパタン・・・・・・と二階に上がっていく。
足が悪いおナカさんは、やっぱり1階の方が良かっただろうか、とちょっと心配がよぎった。
すると、なにやら二階で物音が始まった。
時々、バタン・・・・ゴトンと、慎ましくも騒がしい音がする。
(がーっ! 何か始めたな・・・・・・)

私は枕もとの携帯で時間を見る。

  2:34!・・・・・・

(おいおい、勘弁してくれよ。・・・・・・)
私はそのままベッドの中で死んだふりをしていたが、一向に物音は収まらない。
その内に、別の部屋に置いてあった段ボールの箱を潰しているのだろう、と予想がついた。

私は2階の一室を、洗濯を干す部屋にしている。
そこは「倉庫」代わりでもあるから、使える段ボール箱や、着ない洋服なども置いている。
おナカさんは、その部屋を一目見るなり、
「なぁ~に、あの段ボール箱は! 潰しちゃっていいんでしょ?」
と目を輝かして言っていた。

「ん~、でもさぁ、押入れの中の整理棚は、あの段ボール箱で作ったんだよ。」
毎月送られてくる財宝温泉の水は、四角くてしっかりした箱に入ってくる。これを重ねると、時に収納棚として重宝するのだ。しかも、痛んできたら、新しい箱に替えればいいのだから。
「ウチには段ボール箱がないのに、あんなにいい箱がいっぱいあるもんなぁ・・・・・。」
とおナカさん。
(なのに、潰すんかい?!)
と、相変わらず天然のおナカさんについて行くのは大変だ。



2階の物音を聞きながら、ベッドの中で私はこのやり取りを思い出していた。
(・・・・・ったく。 2時半にやるなよなぁ・・・・・。)

私は全部の箱が潰されないことを祈りながら、起きていこうという気はなかった。
しばらくすると、再びパタンパタン・・・・・・と階段を下りてくる足音が。
(今度は何をやる気だ?・・・・・・)
もう、こんなに騒がしい夜になるなんて! と腹立たしい気持を抑えて寝ていると、
再びトイレに行き、台所で水を飲み、2階に戻って行った。
そして、静かになった。・・・・・・

はぁ~、やっと寝たかい。・・・・・・


おナカさんも、さすがに自分の住まいでないから勝手がわからないこともあり、
「寝るしかない・・・・・・」
と諦めたようだ。(笑)

そしてその静けさは、5時になると再び破られた。
しかし、私は深夜の妨害の腹立ちもあり、6時になってラジオからクラシックが流れ、しばらくベッドの中で聞いたのち、ようやく起き出して行った。
私が起き上がると、待っていたように、白い割烹着を着たおナカさんがニコニコと元気全開で
「洗濯機にお風呂の水、入れといたよ!」

「ねぇ、・・・・・・夜中に何をやっていたのさ。」
「ぶふふ・・・・・・、段ボール箱を潰してまとめておいてあげたから。廃品回収はないの?」
(誰が頼んだんだい?)
という言葉は出さずに、
「ない。」

「夜中の2時半に潰すことはないんじゃないの?」
「ぶふふふ・・・・・、だって時間が分かんなくってさぁ。何時なんだろう? て思ってさぁ。」
(ああ、時計が無かったのね・・・・・・・。)
私は納得したわけではなかったけれど、所詮、おナカさんと納得する会話をしようと思っても無理なので、楽しくやりたいことをさせておくことが一番と思っているのだ。

「そんなんだから、高血圧になるんだよ。」
ぶふふふ・・・・・・、と笑って、
「じっとしてられないんだよ。お母さん、寝てられなくて。」
へぇ~・・・・・・、あたしゃ、いつまでも寝てられるよ。


そんなこんなで、おナカさんはオモロイのだけど、時に真面目に腹が立つこともある。
しかし、真面目に腹を立てても埒が明かない相手なのだ。

そのおナカさんは、今日と明日は仲良し4人組で鎌倉に泊まりに行くという。
「電車の中で、大声で話したり、下品に笑ったりしないでよね。」
「うん。・・・・・・」
私の注意に上の空で返事をして、約束の9時半よりも45分早く出かける準備を整えてしまい、鞄を肩に下げて、
「お母さん、もう行っているから。」
この人は、嬉しいことがあるといてもたってもいられないのだ。
人との待ち合わせで20分でも30分でも早く行って、待っていることも嬉しいようなのだ。

「どうぞ! お気をつけて。」
「じゃ、行ってくるね!」


はぁ、・・・・・・・
おナカさんが来てくれると、嬉しいんだけどさぁ。・・・・・・



   今、静かな時間が戻ってきた。



一日一回応援のぽちっをお願いね!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング参加中
by anrianan | 2008-10-15 10:40 | ■とりあえず日記 | Comments(10)
Commented by tomiete2 at 2008-10-15 17:19
心置きなく読ませてもらいました。
寝不足でもさすが母親には・・・腹立てませんでしたね。


えらい・
Commented by anrianan at 2008-10-15 18:11
★tomieteさん、
いつもありがとうございます。
たまに里帰り(?)した母を叱っても可哀想なので我慢しましたが、毎日真面目に腹を立てている父の気持ちも、分からなくもありません。(笑) でも、今まで忍耐の人生を送ってきた母ですからねぇ・・・・・・、これ以上、我慢をさせるのは忍びなくて。同じ人間に生まれてきているのにと思うと・・・・・・。(^_^;)

母がいないと、生きていけませんから。私・・・・・・。
Commented by kinchamamama at 2008-10-15 20:00
こんばんわ。
お母様、働き者ですね^^。お友達と鎌倉へ泊まりに行かれたそうですが、若いです!
anriさんと会って話をしたり、お友達との旅行、さぞかし楽しみにしていらしたことでしょう。
タンポポの花も真近でみると、こんなに綺麗なんですね。
鳥肉のスープも見たかったです。
Commented by tengtian60 at 2008-10-15 22:12
こんばんは!^^

ハハハ・・
真夜中に張り切ったのですね。^^
鎌倉ですか・・・いいですね。。
きっと楽しく過されるでしょう!!

タンポポが今頃ですか?
食用菊かと思いました。^^;
今月東北へ30年来の友だち3人が来ることになっていたのですが
2人の都合が悪くなり、来春に延期になりました・・・
今年の春の予定が秋に延期、また来春に延期なのです・・
動ける時に動いておかないと!(笑) って思うこの頃です。^^

オットは穏やかな人では無いですよ。(笑)
Commented by トマコ at 2008-10-15 22:13 x
お母様 働き者でお元気で楽しい方なんですね。
今頃、あの鎌倉で楽しんでらっしゃるのかな~♪
母と娘って、仲良くても難しいこともありますね。
私はいつも反抗していたから、今母が生きていたらどうだったんだろう~
やっぱりケンカばかりしながら、年とってきたから許してやろう・・・
とか思ってるのかなぁ(^^)
たんぽぽは春の花って言うけど、うちの畑でもほぼ年中咲いてます♪
綺麗に撮れていますね・・・アレ? もしかしてジバシリかも??
葉っぱがタンポポじゃなくなかったですか?
でもやっぱりタンポポかなぁ~


Commented by ポルトガル・青目 at 2008-10-15 22:38 x
いいわねぇ、お母さまがお元気で。お二人のやり取りを、羨ましく、微笑ましく拝見しました。これが幸福というものです。紫蘇の実、私も真似をして佃煮を作りました。暑さが厳しいので硬かったです。お宅の紫蘇は、柔らかい部分(茎)を使って、油でいため、砂糖と味噌とちょっとお酒で煎りつけたら、お摘みにもご飯にも合います。うちのは茎が硬くなって無理ですが、お宅のはいけます。みてわかります。あぁ、おいしそう!
Commented by anrianan at 2008-10-16 07:35
★kinchamamamaさん、
やっぱりこちらに来て、「暖かい」と言っていました。
母は蜘蛛膜下をやっているし、左膝を粉砕骨折しています。元気で歩けるうちに、何でもやっておきたいと思っているようです。岩手は寒いので、冬は特に膝が痛んだり、体の半身が固くて動かなくなったりするようです。だから、本人はこちらに帰ってきたいのです。でも、父を置いてくることができず、今生父との関わりで、悔いが残らないようにしようと思っているようです。・・・・・・
結婚とは、最大の因縁相手との修業です。(^_^;)
Commented by anrianan at 2008-10-16 07:42
★tengtianさん、
そうそう、ほんとに「会える時に会っておく」ことをしないと、本当に会いたくても会えない時がやって来ますね。
私は気分が乗らないと出ていかないことがよくあって、そのうちにその人が亡くなってしまったり・・・・・・、で後悔したことがあります。「いつでも会える」ということはありませんね。
いつ何があるか分からない世の中ですし。・・・・・・
と言っても、出不精の性格は変わらず、いつも自分に言い聞かせているのですが。(^_^;)

tengさまのご主人、穏やかな方に見えますけどねぇ・・・・・。
隣の芝はナントカでしょうか?(笑) 
まぁ、長く連れ添うわけですから、飽きることもあれば呆れることもあるでしょうし、お互いに上手くやり繰りして共同生活をしていくわけですものね・・・・・・。エライなぁ、みんな。(笑)
Commented by anrianan at 2008-10-16 07:48
★トマコさん、
そうですね、トマコさんも最近鎌倉に行ってきたばかりでしたね!(笑)
あの小町通りを、いい歳のオバァたちがギャアギャア騒ぎながら歩いていないか、心配です。(笑) (心配しても仕方ありませんけど)
トマコさんはまだ若いと思うのですが(ブログから、そう感じるのですが)(笑)、お母様は亡くなっているのですか・・・・・・。
私は随分勝手なことをして苦労をかけてきましたし、結構いい歳になっても母の気持ちを知ることができずにきました。その分、今は申し訳ないという思いがあるので、今逝かれてしまうと、たぶん、本当に生きていけないだろうと思います。・・・・・・
根っからの働き者だと思いますが、その娘の私はなぜか怠け者・・・・・。嫌になります。(^_^;)
Commented by anrianan at 2008-10-16 07:59
★ポルトガル・青目さま、
母娘の絆はとても強いのではないか、と感じます。絶対的に自分の味方になってくれるという安心感でしょうか・・・・・・。とにかく元気で楽しく暮らしてくれることが、私の幸せでもありますね。ほんとに・・・・・・。
紫蘇の茎を使ってのつまみ、これは初めて聞きました。是非、紫蘇レシピに加えさせていただきます。(笑) ウチの紫蘇も大分枯れてきています。若い芽を探してやってみたいなぁ・・・・・。でも、ここの所急に秋が深くなってきて、植物も一気に身を縮めているような感じなのです。紫蘇の葉を醤油漬けにしたものがあるので、それをちょっと煎ってみようかしら? 味が濃すぎてしまうでしょうか・・・・。同じ紫蘇でも、やっぱり所変われば出来具合が違うのですね。
<< 何もない・・・・・・ 種を発見っ! >>