<< 徐々に領域拡大 バースデーにんにく >>
はぁ・・・・・・、行ってきました
一度修理してもらった富士通のノートパソコンが、1か月もしないうちに同じ現象のエラー表示で、青スクリーンが出てきてシャットダウンするという事が起こりました。
私がパソコンを教えて、長いお付き合いの生徒さんのパソコンです。

2度目もヨドバシの修理カウンターでお願いしたのですが、どうやら彼女の所に修理工場から直接電話がきて、
「1週間検証しましたけど、どこもおかしい所は出ませんので・・・・・。」
と言われたとのこと。
「どうしたらいいでしょう?」
と、彼女に聞かれました。
その電話でのやり取りの一部始終を聞いているうちに、いつも感じることながら、ほんとに世の中の人間どうかしてしまったんじゃないか? と呆れてモノが言えない(言いたくない)気持ちになるのです。

どこもおかしい所はでませんので・・・・・・? って、顧客に言うこと? 
「ならば、直らなくていいです」という答えを期待しているのかい?
どこもオカシイ所がないったって、実際に“同じ症状の”エラーで、パソコンがシャットダウンしてしまうんだから、何も原因がないはずはないでしょう?
あなた、技術者でしょうが!


修理に出したパソコンは4年使っています。
こういう時に、決まって返って来るセリフは、
「だいたいパソコンの寿命は3~4年ですからねぇ。」
こう言って諦めさせて、新しいのを買ってくれれば、彼らにとっては一番「楽」なわけです。

でも、違いますよ。

私が使ったWindows95(IBM)は10年動いたし、(最後は、使えるけれど捨てることになりました)、Windows98(SONY)のデスクトップ(コンパクトサイズ)は現在、ちょっとオカシナ動きはするけれど、壊れてはいないのでセカンドとして置いてあるのです。
あちこちやたらクリックして壊してしまう人もいるけど、既定の使い方しかしていないのに3-4年で壊れるというのは、不良品かそのメーカーがダメだということです。


その富士通のノートパソコンは、下請けの修理工場に出されて帰ってきたら再び壊れ、再度その工場に戻りましたが「原因がわからない」ということで、富士通の工場に移されているそうです。
「どこもおかしい所はありません」
なんて言って戻ってきたら、
「じゃ、どーして壊れるんだい?!」
と思いながらも、泣き寝入りするしかないのでしょうか?


私は今日、その生徒さんに付き添ってヨドバシカウンターに足を運び、
1.修理されて戻って来たら、この先一年、再びこのようなことが起きたら無料修理
2.現在パソコンが行っている富士通の工場の責任部署、技術者名、修理内容を記載
を要求し、さらに頻繁に修理に出すような場合には、
「代替のパソコンを用意してもらうことになるかもしれませんねぇ、・・・・・・」
と(無理を承知で)さらなる要求をしてきました。

またヨドバシの係りの人にも、
「仲介に入ってくれるヨドバシさんとして、どのように対処してくださるのか楽しみです」・・・・
と、チクリ。


ほんっとに、どこもかしこも社保庁ばかり。
自分の中での60%合格ラインで物事を進め、責任をとらない。言い逃ればかりに知恵が回る。



ほんの数十分の交渉に、私は往復2時間をかけて行ってきたわけだけど、帰って来るともうくたくたでした。
今日2度目の水浴びをして、久しぶりにお豆腐屋のラッパの音を待って駆け出して、早速「ざる」を一つ平らげて、チョット落ち着いた。・・・・というか、豆腐を食べるとビールが飲みたくなる。 もうチョット、ガマンガマン・・・・・・(笑)

d0046294_14253567.jpg

この条件反射、季節とともに去ってくれるかしら・・・・・・。



豆腐にぽちっをお願いね!
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
by anrianan | 2008-09-26 14:10 | ■とりあえず日記
<< 徐々に領域拡大 バースデーにんにく >>