<< 『ドン・カルロ』 首都オペラ創... オペラのゲネプロ >>
横浜東口~山下公園、シーバスに乗る
首都オペラ1日目の受付のお手伝いで、1時に県民ホールに集合。
私は予定より、ちょっと早めに家を出た。これがまずかった。
「ちょっと」しか早めに出ていないのに、と~っても時間に余裕があるような気がしてしまったのだ。そして、
「あっ! 横浜から山下公園までシーバスで行ってみよう!」
てなことが、頭に浮かんでしまった。

d0046294_2295356.jpg
この思いつきは非常に私を楽しくさせ、全く思慮深さに欠ける私はホームの階段を駆け降りると、何のためらいもなく東口へと足を急がせた。
けれど、横浜からシーバスで山下公園に行ったことはない。
従って、乗り場も知らなきゃ、勝手も分からない。
とにかくSOGOデパートの突端に行けば、海に出るから乗れるだろう、ぐらいの考えだった。


それは当たっていたのだけど、SOGOの2階からシーバス乗り場連絡口に通じます。
電車の駅はB1ですし、こういうだだっ広い構内やデパートでは、階数を間違えたり迷ったりするとエライことになります。

d0046294_22102330.jpg方向音痴を自覚している私は、当然迷いました。
そして、なんだかとっても時間を食いました。
余裕のよっちゃんだったはずの私は、遅刻するかもしれないという立場に追いやられ、小走りで出発4分前にたどり着き、チケットを慌てて買って乗り込みました。
この蒸し暑い中を、なんで私は走ってるんだ・・・・・・。

さらに付け加えれば、切符売場では「700円」という値段にショック。

ひぇ~! 高っ! (そうでもないのかしら?・・・・・)

と心で叫んだけれど、
「こういうチャンスはあまり無いよ。海風に浮かれるのもいいじゃない?」 (タクシーに乗ったと思えばいいし・・・・)
と別の私がなだめすかし、ようやく落ち着きを取り戻しながら船に乗り込むも、混んでる・・・・・。
(ああ、今日は土曜日だったんだぁ・・・・・・)
細かいがきん子や、その子どもをデジカメで写しまくるチャラ親たち。
一度冷房が利いた室内に入ったけれど、そこでも人のざわめきが気になって、私はどうせ暑いのだから、海風に吹かれる方が船らしい、と思い直して蒸し暑い船尾へ。


d0046294_22103810.jpg
ここも人が多かったけど、空いてる席に腰かけた。
海に面しているベンチは埋まっていたので、中央に設置された長椅子のような所へ。

走り出して気づいたのだけど、やっぱり海に面したベンチに座らないと風があまり来ないのよね。あつぅ・・・・・・、と汗を冷たいハンカチで拭いながら、
「江戸時代の夏もこんなだったのだろうか」
と思いをはせた。

そんな私の目の前に、何の気遣いもなく立って風景を遮る輩。  ったく・・・・・・。
オバサンは、
「座ってくれますか?」
と言ってしまいましたよ。 

あ~あ・・・・・・、こんな当然の事を、大の大人に言わなきゃならないなんて・・・・・・。


d0046294_22105545.jpg
うんざりしながら、次にチャラ男とチャラ女がちゃらちゃらじゃれながら私の目の前に立って、携帯でまぬけ顔ツーショットを撮っているのを見た時は、もう何も言いたくなくなってしまいましたわ。・・・・・・
ああ、波長の法則とはよく言ったもの。バカっぽい女とバカっぽい男がくっつくんだねぇ。
そこからバカっぽい子どもが生産され、世の中バカっぽい人間が繁殖していくのだ。・・・・・・あ~あ。



ま、こんな嘆きはシーバスに乗ったからではなく、電車でもバスでも、公共の場ではよく見かけること。
少しでもいつもと違った空気を楽しみたかったのだけど、人出が多いことを忘れた私が悪かった・・・・・・。


嘆いても怒っても15分経つと、山下公園に着く。
昨日遠くに見えた「PEACE BOAT」のすぐ脇を通り抜け、まもなく到着。
束の間の「ゆったりした時間」を楽しみたかった私は、雑雑とした人込みから逃げるように一目散に下船して、県民ホールに向かった。

d0046294_22111445.jpg



12時58分到着、ぎりぎりセーフ。

私は汗をぬぐって水を飲みながら、冷房の風で体と心を静めたのだった。・・・・・・




ちょっと落ち込んだ私に、ぽちっをお願いします。ありがとう~♪
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
by anrianan | 2008-09-07 07:36 | ■とりあえず日記
<< 『ドン・カルロ』 首都オペラ創... オペラのゲネプロ >>