<< 朝の焚火は・・・・・ バテバテ・・・・・・ >>
畳も天然素材ばかりではないのダ・・・・・・
以前から欲しいと思っていた「天然イグサ畳カーペット」。
畳は全部同じだと思っていたが(そんなはずはないのに)森畳店(千葉県)や杉浦畳店(長野県)の若き社長たちのブログを読んでいると、畳にも色々あるのだということに、今更ながら気づく。

100円ショップやホームセンターなどでも安い畳カーペットが売られているが、ほとんどが中国産。
下手をすると塗料が塗られていたりする。(まず偽イグサの段階で農薬が使われていると思うが)
「畳=体に良い」というイメージは今や妄想で、目先の100円よりも末長い健康を考えて、天然素材を生活に取り入れよう、となる。


さて、私はパソコンデスクの下に畳カーペットを敷いている。
これは訳ありで、廊下の板が割れてきているので(ボロい家だからねぇ)、その上に畳カーペットを敷いて隠しているのだ。
ところが、最近その畳カーペットの一部がボロボロになってきていた。
また安い物を買ってもよいけれど、ヘンテコな塗料なんかが塗られているものよりは、どうせなら1畳分だけでも「本物の畳表(タタミオモテ)」を体験してみたい、と思っていた。

すると、森畳店のブログで
「市松表の半端もの、これはもう使い物にならないからどうしようか・・・・・・」
と書かれているのを発見。市松表は、私が一番好きな畳表。
今度畳替えをする時には、縁なしの市松にしたい! と思っているくらい。
「それは是非譲ってください!」
と立候補したら、熊本産イグサ5番の表1畳分とともに送ってくれた!

宅急便で届いた包みを開いた途端に、イグサの香りがフワァ~と溢れてきた。
(おぉ! こんなに香るものなのかい!)

早速、私は机の下に敷かれていたボロボロカーペットを取り除き、掃除機をガーガーとかけた。
だいたい、“変なものが塗られている” ことを証明するかのごとく、カーペットの青い模様が廊下の板に写っているんだから、やんなっちゃう。・・・・・・
d0046294_13464054.jpg

一応湿気対策に新聞紙を敷いて、その上に「熊本産イグサカーペット」を敷いてみた。
なんだかそこだけ、高級感が漂っている。(笑)

傍らの和室の畳と熊本産表(オモテ)を写真に撮って比べてみる。
d0046294_1348726.jpg


この際だから、畳カーペット(ホームセンターにて購入)のものも撮って比べてみる。
d0046294_13492927.jpg


ついでに、市松表と畳ベッドの畳を比べてみる。
d0046294_13494635.jpg



古い畳の方が、ボロッこちく見えるのは当然なんだけど、
“良質の畳表は、畳替えの時に表を裏返して張り替える”
という知識を仕入れていたから、繊維がボロボロになっているようじゃ、裏返したって使えるはずがない。

d0046294_13512184.jpg私は畳スリッパ(これも100円ショップスリッパだった)を履いているのだけど、足の裏に触れる感触がスリッパ畳と全然違うじゃないか。・・・・・・
人間は足の裏から大地のエネルギーを取り入れるんだから、自然素材のものじゃなきゃ、体のバランスが狂っちゃうじゃないの。
と私は思うのだ。


市松表は半畳分のカーペットなのだが、幅が多少広めで何とも豪華である。
玄関の上り口に敷こうかと思ったが、ちょっと大きくて勿体ない。
とりあえず、寝室のベッドの足もとに置くことにした。寝る前のちょっとした柔軟体操や、朝起きた時の第一歩は、天然の畳からパワーをもらえる。

畳はダスキンの新しいモップで拭くと良いらしいのだが、今まで古い畳をいくら拭いても、なんとなく吹き甲斐がないというか、ちっともきれいにならないというか・・・・・・。
しかし、新しい畳表を目の当たりにすると、いつまでもこの状態を保ちたいと感じるもんだ。

d0046294_13525094.jpg


本物の畳一畳カーペットにゴロンと横になる。
イグサの香りが、幼い時に昼寝をした遠い夏の午後を蘇らせるようだった。



※一畳分のカーペット(熊本産イグサ5番使用)は2000円程度(消費税、送料別)で出来るそうです。
(森畳店URL: http://www.moritatami.com
by anrianan | 2008-07-21 14:19 | ■住まい | Comments(13)
Commented by tomiete2 at 2008-07-21 14:29
熊本産のイグサを求められてありがたいです。

いいえ、私には何の利益はありませんが・・・
熊本産といわれるとうれしいですね
Commented by anrianan at 2008-07-21 14:51
★tomieteさん、
そうです! 熊本産です!(笑)
今私の足の下には、熊本産のイグサが香っています。(^.^)v

熊本はイグサが栽培されているのですから、やっぱりまだまだ自然が豊富ですね。
ブログ「むぎわら村」(→)のすもも園も熊本ですよ!
国内で自給できるということが、とても貴重な時代になりましたね・・・・・・。
Commented by としひろ at 2008-07-21 18:24 x
畳の宣伝。感謝!感謝!です。
一般の人が畳を表現するとこうなるのか~と
とても勉強になります。
違いがわかっていただけるとありがたいです。
あと少し大き目の市松表の上敷きと、通常では一番良い畳表の1番表の半畳が残りました。
ただ欲しいというのは気が引けるのか・・・
興味が無いのか・・・
もう少し待ってみます(笑)
Commented by 銀の小鈴 at 2008-07-21 19:31 x
こんばんは
市松表のカーペット すてきですね~
微妙な配色、色合いは、どうやって醸し出すのでしょうね。
天然イグサ使用派ですが、知識がまるでないもので…
あの干草のようなというか、青っぽいというか、どんな香水よりも気持ちを落ち着かせてくれる、最高の癒しの香りですね。(なんだか上手く表現できないけど)
Commented by anrianan at 2008-07-21 20:20
★としひろさん、
畳というと和室にしか使わないという固定観念があると思います。
それを、いろいろなライフスタイルを提案することで変えていくというのもあります。
ベッドに使う敷きパットを畳にするとか、枕を畳で作るとか、座布団、玄関マット、足元カーペットとか・・・・・・。洋室のスタイルが一般的ですが、フローリングを素足で歩くのは足跡が着くし、スリッパを履く家が多いと思いますが、畳カーペットなら素足の方が気持ちが良いし、畳屋さんの畳は裏表両面使えるから2枚分使用することができるということになりますね。
興味がないということはないと思います。
欲しいけど、情報が届いていない、のだと思います。勿体ないなぁ・・・・・・・。
半畳カーペットという商品があってもいいと思いますよ。・・・・・・

Commented by anrianan at 2008-07-21 20:28
★銀の小鈴さん、
私も一目市松表を見て、こんなのがあったのか! とほぼ一目惚れでした。(笑)
森畳店日記(右のリンクにあります)を読んでみてください。
イグサの事や畳の違いがいろいろ出ていますよ。半畳のカーペットもまだあるそうです。
イグサの香りは集中力を高める、という記事が以前、東京新聞にも掲載されていました。
ベッドの足もとに敷いた半畳の市松は、部屋に入るととても香ります。
新しいから、というのもあると思いますが、これからどのような具合に変わっていくのを見るのも楽しみです。
Commented by tengtian60 at 2008-07-22 06:23
おはようございます!^^

イグサの匂いは大好きです。^^
以前としひろさんにいただいた1畳のウスベリを布団の上に敷いて休んでみました。(昨夜)
なかなかいい感じでした。^^
暑くて寝苦しい夜などはいいですね~・・^^
香りでリラックスできます。
そうなんです!両面使えるから素晴しいと思います。^^

市松は大好きです。越す前の家の私の部屋は市松でした。

Commented by aomeumi at 2008-07-22 09:19
ポルトガル・青目
あぁ・・・比べたり、選んだり・・・出来るんですねぇ。イグサの香り、するんですねぇ・・・。ここにも、ゴザ、らしきものはありますが、選べません。あったら、なんでもすぐ買わないと・・・。板の間にゴザをひいて、座卓を置いて、時々、茶などたてるのです。なつかしや、うらやましや、ニッポン!
Commented by anrianan at 2008-07-22 09:33
★tengtianさん、
おはようございます。

そうですね、ウスベリというのはいわゆるゴザでございましょうか?(笑)
シーツの下に敷くと良いのだそうですよ。
イグサの香りは、改めてこんなに香るものだったのかと驚いています。
ああ、余裕があったら畳の張替をしたい! とつくづく思いましたよ。
家中がアロマ効果で気持ちがよいだろうし、木造りの家に畳は日本の風土に合うのだろうと思います。
まぁ、お部屋が市松畳だったとは! 大奥様でしたのね。(笑)
もっと市場への流通と販売方法が見つかるといいのに、と願います。
Commented by anrianan at 2008-07-22 09:39
★ポルトガル・青目さま、
ゴザはあっても選べない・・・・・・・、言われて初めて気付きました。選べる贅沢さ。
それでも最近は100円均一ショップなどでも安い物が売られ、それはイグサの質も粗悪で塗料なども使われており、体に良い物のイメージのまま悪いものに化けています。
それでも、どうしても安い物を買ってしまうんです。作られる過程も知らずに。・・・・・・
それでは、今度私がポルトガルに行く時には、良質のゴザを担いで行きたいと思います。ただし、いつ行けるのかは未定なのですが・・・・・・。(^_^;)
Commented by pink-sweetpea at 2008-07-22 11:57
畳屋さん、最近見かけなくなったな~。
実家が5年前に出来上がった時、畳の香りってしたかしらん??
従妹の家は和紙の畳にしてました。長持ちするそうですね、なので
畳屋さんは大変みたい。
犬小屋にすだれをかけてやったらいくらか涼しいのか、日がな1日小屋にいます♪
純和風は犬にも人にも居心地がいいのね~。   
Commented by anrianan at 2008-07-22 15:50
★pink-sweetpeaさん、
そうですね、最近畳屋さんって余り見ませんね。
というよりも、どの業界も「個人商店」でやっていくのが大変なんだと思います。
でも、たぶん個人商店の方が、安心と信頼の仕事をしてくれるのではないか、と思っています。
ましてや、代々そこの地域で営んできたお店は安心ですね。
和紙の畳は「杉浦畳店」のブログで見ました。和紙も貴重な材料ですからねぇ。
それぞれのライフスタイルに合わせて、日本の伝統・文化が継承されていくことを願います。
個人的にはイグサの方が清涼感を感じますけど。(^_^;
Commented by これってサクラだろう at 2011-04-15 19:44 x
DG%Tf[?>, speak.ginzamoonlight.com, これってサクラだろうと思っていたのですが…, http://speak.ginzamoonlight.com/tokyo/57.html
<< 朝の焚火は・・・・・ バテバテ・・・・・・ >>