<< 生まれながらにおめでたい人 サカタのタネ >>
アミガサタケはフランス料理の高級食材だった!

4月29日の<おまけ>にアップした2種のキノコのうち、右側のキノコの正体が判明した。
付け加えておくならば、この写真を撮ったのは4月27日であった。

d0046294_8263671.jpg


どうだ、いかにも「気持ち悪い」キノコではないか。
まるで頭が網目模様の火星人を連想させる。
この時、私は触るのも気色悪い・・・・・と、そのまま放置することにしたのだ。

それがなんということか!
昨日職場で、“キノコ博士” と異名をとりそうなほどにキノコ知識に長けている人が、
「これはアミガサタケといって、フランス料理の高級食材です」
と教えてくれた。

和名「編笠茸」(アミガサタケ)は、フランス名を「モレル」(Morille)といい、トリュフとならぶ高級食材。
100g当たり4-5千円はするという。まるでウチの庭に宝石が自然発生したかのようではないか。


(ああ、やっぱり神さまは、・・・・・・)
と私は感慨にふける。
(物質的には恵まれなくとも、清く・・・美しく・・・たくましく生きている私に、それなりのプレゼントをくださったのねぇ~♪)
羽根をもぎ取られた天使のような私の心には、すっかり羽根が生えてパタパタしていた。

帰りの電車の中で、キノコ博士がくれた資料のコピーを読みながら、私の頭の中はすっかりフランス料理。
乾燥させてクリームソースで煮込み、パスタなどと食べると良いということも知った。
ちょうどウチにはパスタがある。 確か、クリームソース作りの素もあったはずだ。

トリュフも食べた事がない私が、モレルなどというシャレタ高級食材を食すことになるなんてねぇ。
しかも、我が雑草農園に自然発生していたなんて。・・・・・・・こりゃ、まいったねぇ~♪ ホクホク
(今年はまさにゴールデンウィークだわい

朝が来て、目が覚めて、もちろん頭に浮かんだのは、この宝石モレルの姿。
ウチの庭の片隅に、人知れず佇んでいるのだ。まるで「能ある鷹は爪を隠す」のごとく(?!)、である。
小雨が降っているので、収穫は明日にしようかと思ったが、いやいや、これでもしもタヌキなどに食われたり、猫に蹴られて倒れているなんてことになったら、泣きっ面に蜂である。雨などに負けていられるか!
私はデジカメ片手にズンッ! と庭に降り立った。
d0046294_848820.jpg

モレルがひっそりと立っているのは、あの辺・・・・・。

大分成長してきた雑草で、足元が濡れる。
それでも一歩一歩、確実に高級食材に近づく。

おっ! 頭が見えたぞ♪





d0046294_9152298.jpg 

・・・・・なんだか、様子がおかしい。

 ? ちょっと形が違うような・・・・・?

d0046294_9174021.jpg







なんと、網目がほとんど無くなってるじゃないか。

穴も開いている。

しかも、ちょっと斜めっている。

ど、どうしたんだい? 私の高級食材!

周囲のツタをそっと避けて、モレルの全体を眺めてみると、あちこちに穴が開いて虫に食われてしまったに違いないと思える。
網目の部分も食われたのだ!
ああ、やっぱり“美味しい”モノは、虫が食うわけね。・・・・・(女と一緒というわけね)とガッカリしながらも感心。

d0046294_9221935.jpg

これで、トリュフと並ぶ高級食材が、私の口に入る初体験が露と消えた。
しかし、タダでは起きぬぞ。 ここはちゃんとモレルを収穫して観察をしておくのだ、と私は根元から切り取る。

d0046294_930887.jpgぎょっ! とするように、虫たちが這い出る。網の部分には、それこそ羽虫のような小さな虫がいっぱいついている。こ奴らもフランスの高級食材が好きなのか。こしゃくな・・・・・!
(※写真は、ほとんどの虫が這い出た後である)

d0046294_932364.jpg







なんと、中は空洞だ!
「これは虫に食われてしまったのだ!」
と思ったが、このキノコは空洞なのだそうだ。

柄は円筒形、表面に凸凹がある。断面は頭部から柄まですべて空洞となっている。(「ウィキペディア」より)

触った感じは、きくらげを厚くしたようなコリコリ感がある。
食べたら、きっと歯ごたえがいいのかもしれない。


それにしても15㎝もある我がモレルを最初に発見したのは4月27日。
この時すでに、彼女(?)にとっては、番茶も出花のピークを迎えていたのかもしれない。
随分と大きく美しく成長していたではないか・・・・・・。

以前、前の家の御亭主が、大きなアシタバの株をバッサババッサと刈り取り、雑草と一緒に捨てているのを見て、なんて持ったいないことをするのだと嘆いた。
私も同じことをやっているではないか。


なんと無知とは恐ろしいことか。
せっかくの天からの恩恵を、むざむざと捨ててしまったのだ。

いや、この無念さと懺悔を胸に、次の機会に期待しようではないか。


ということで、初代モレルは「水葬」で見送ることにした。
d0046294_9371270.jpg

by anrianan | 2008-05-02 10:21 | ■家庭菜園 | Comments(4)
Commented by tomiete2 at 2008-05-03 04:30
おはようございます。
 お待たせいたしました。

   やっと気分も乗ってきましたので、ブログ再開いたしました。
 以前と同様にいつ気合お願いいたします。

留守中のご訪問、激励の言葉ありがとうございました。

Commented by anrianan at 2008-05-03 07:46
★tomieteさん、
おはようございます!
 お待ちしておりました。(笑)

体調が芳しくないのかと心配しましたが、復帰されて安心です。
天候も不順ですから無理をしないでくださいませ。
心強いアドバイザーが再開されて、私もとても嬉しいです!\(^o^)/
Commented by tengtian60 at 2008-05-03 08:48
おはようございます!^^

あららら・・・そうだったんですか!!
キノコはよく知らないと恐いからきのこ狩りへは行った事がないですけど
食べられる
?と思しきものが家の前に出ていたとき??思いながらそのままにしたことが有ります。。
翌日スッカリ無くなっていましたからやはりあれは食べられるものだったのね!ってことに・・
土地の人でも中毒になったと聞きますとやはりキノコは素人では難しいものが有ります・・・
アミガサタケは毎年出てくるでしょうか?
それなら楽しみですよね~^^

横浜のブロガーさんのお宅のお庭には「サルノコシカケ」が出てきたと
去年騒いでいましたよ。^^
Commented by anrianan at 2008-05-03 10:07
★tengtianさん、
おはようございます。
みんな、知らないキノコは警戒しますよね。(笑)
私も気持ち悪いと思い、触りもしなかったのです。聞いてびっくりでした。(笑)
栽培方法は、まだ分からないそうです。
根元を残すようにして切り取りましたが、来年も出てくるかどうかは・・・・?

サルノコシカケも知りませんでした。
今ネットであちこち見て見ましたが、この間切って捨てた木に生えていたような気もします。でも、写真で見ても、ちょっと自信がありませんね。(笑)
最近、キノコ栽培の本をよく見かけます。 農業とともにブームになるのでしょうか……。(^_^;)
<< 生まれながらにおめでたい人 サカタのタネ >>