<< 鬼怒川で一泊 墓参りツアー! クックと大冒険―2 >>
和洋折衷トイレ!
子どもの頃、田舎に行くと何がイヤって、トイレが悩みだった。
母屋は大きな和室が何部屋か奥に続いており、その周囲には廊下、その廊下をグルッと回った突き当たりが「お便所」である。
いかにもギィ~ッと扉が開いて、今にも幽霊が顔を出しそうな雰囲気バツグンである。

「トイレ」というより、まさしく「お便所」という方がピッタリくる。
母は「ゴフジョ」とも言っていた記憶があるのだけど、「ご不浄」というのが正しいのだろうか?

ともかくも、暗くて臭くて怖いのがお便所。
もちろん水洗などではなく、ボットン便所だ。これは下が見えるから怖いのだ。
私はなるべく、息を止めて、下を見ないで、早く用を足そうということにいつも気を取られた。
これは大きくなっても、ちっとも変わらない感覚だった。
そして、祖母が亡くなった今でも、そのお便所はボットンのままだ。・・・・・・

家の中のお便所でさえ、その怖さ(?)なのに、母は
「外の方が気持ちよくて好きだ」
と言ったことがある。「外の方」というのは、「外のお便所の方」という意味だ。
子どもの頃に聞いたその衝撃的発言は、今でも忘れられない。
(え゙ぇ~~~~!!!!)

だって、

その「外のお便所」が、これである。

d0046294_9255856.jpg


風情がありすぎるではないか。
今にもプゥ~ンと香りが漂ってきそうだし、ハエがブゥ~ンと飛んできそうである。
私はここに入ったことがない。
第一に扉の上部が開き過ぎていて、「真っ最中」に覗かれたらお尻が丸見えではないか!
露天風呂は好きだけど、露天トイレはいただけない。

ところが、である。

先日、母方の親戚何人かで集まって、墓参りに行った時のこと。
横浜の叔父夫妻の愛娘(?)カズエちゃんが、この外便所をふと覗き込んだ。
それを見ていた私と目があった。
「洋式だ」
と彼女。
洋式? 決して近寄りもしなかった私だが、その意味が飲み込めず、確かめたい衝動に負けた。
怖いことも忘れて、中を覗き込む。

                      

d0046294_9261469.jpg


いやぁ~ん、面白すぎるぅ!

「想定外」の出来事に遭遇すると、なぜこんなに感動するのだろう。
私はすぐさまデジカメを取り出し、
「ネタだ! ネタだ!」
と驚喜乱舞しながら、扉の上から何枚も撮影。(暗いから上手く写らないのです)

なぜ、扉に穴が開いてボロいままなのに、洋式に替えたのさ?
なぜ、扉の上部から雨が吹き込むだろうに、洋式なのさ?
それよりも、このトイレを今も使っているってことだよねぇ?

へぇ~、こりゃタマゲタ! 理解不能! 感動したっ!!!




え? どうして扉を開けて写さなかったのか、って?

   そりゃ、扉を開けるなんて、怖いじゃありませんか。・・・・・・・・
by anrianan | 2008-03-27 07:52 | ■とりあえず日記
<< 鬼怒川で一泊 墓参りツアー! クックと大冒険―2 >>