<< 武道館コンサート 復活の日々・・・・・? >>
今週のイベント

その1) ゴミ箱から消えたデータ復旧報告

「ファイナルデータ2007」というのがイチオシと聞いた。
d0046294_830374.jpgヨドバシで10,680円。 だけど100%復旧すると考えない方がいい。
今だと「体験版CD」があるので、これでデータが「見えるかどうか」を確認してから購入をお勧め。
今回、約40%(以下かなぁ)ほどの写真データが復旧されたけれど、一番欲しかったのはダメだった。

ポイントは、データが消えた直後に何もせずPCをオフにして、このソフトをインストールせずに、ドライブから直接起動させた方が良いようだ。
要するに、Cドライブで作業した分だけ、データの復旧率が悪くなるようなのだ。・・・・


その2) 凜々子(トマト)が実る!

温室を作ってあげて(?)、その中で冬を越したトマト。
直径3cmほどのミニトマト並み。でも、赤い。でも、固い・・・・・。(笑)
これをどうやって食すか、が今の課題。
青いトマトを天ぷらにすると美味しい、と聞いた事があるので、これも美味しいかもしれない・・・・?

d0046294_8384614.jpg



その3) カラスと猫が狙う穴

畑に捨てた生ゴミを狙うカラスと野良猫。
やつらは私が寝静まった夜を狙うのか、朝清々しく起きてカーテンをシャーッと開けると、穴の周囲に散らばった野菜くずが目に飛び込んでくる。 ガーッ! と私は飛びつきたくなるが、敵の姿はもちろん、どこにも見当たらない。
そこで考えた。
100円ショップで2枚1組の金網を買ってきて、これを穴の上にかぶせるのだ。 アッハッハッハ・・・・・参ったか! と声高々に笑おうと思ったら、穴が大き過ぎた・・・・というのか、網が小さ過ぎたというのか。・・・・・
d0046294_94948.jpg
次からは、30cmの網が落ちない穴を掘ることにしよ。








その4) 県民税・市民税の申告に行く

朝8時半開始だっていうから、私は8時40分頃到着を目指した。
だって、きっちりに「待ってましたぁ~!」とばかりに駆け込むのは、ちょっと恥ずかしいと思って・・・。
という乙女チックで不必要な羞恥心は、我が身の甘さを再認識させられる羽目になった。
なんと早起きジジババが、すでに、私の前に96人。 ギャハハハハッハッハッハ・・・・。(:_;)
私は広い集会場(小学校の講堂のようだった)に、ずらーっと並んだパイプ椅子に腰かけている老人たちを目にし、ある意味で、気圧されるような老人パワーを食らった気がした。

B5版に「97」と印刷された番号札(デ、デカイ!)をくれた受付のオバサンは、
「もう記入は、全てお済みですか?」「はい」「もう出すばかりですか?」「・・・・はい!」
(二度もしつこいなぁ・・・・)と腹の中でぼやくと、
「それではこの番号札で、こちらでお待ち下さい」
ともう一枚、B5版の番号札を差し出され、彼女の手の先を見れば、なんと20人前後のジイサン(と、ちょっとの若い女性)。もう一枚の番号札を見れば「21」。
(へぇー! それでも20人待つのぉ~?!)とびっくりしていると、どうやら私の番はあと五人ばかりでやってくる。
(ああ、良かった。 これなら直ぐに順番が来るじゃないの)
と思って待てば、“すっかり記入して出すばかり” のはず(!)のおじさんたちは、なにやらクリアファイルにどっちゃりと書類を入れて、記入済みのはずの用紙を差し出して、あれこれ相談しながら書いている。
ありゃありゃ、・・・・こりゃ時間がかかるわいなぁ~。
でも私も時間はあるわいなぁ~、とバードウォッチングならぬ人間ウォッチング。
(あのオジーサン、固定資産とかの相談かしらねぇ・・・・・)
(自営業だったりしたら、書き込むのもややこしいんだろねぇ・・・・・)
(生命保険? ああ、生命保険に入ると、それもややこしいわけね・・・・・)

私は派遣会社から貰っている源泉徴収書とそのコピーだけ持って、「扶養もしくは救済してくれる知人(と書いてあったかしら?)」の欄に一応、
(父ちゃん、母ちゃん、ありがと・・・・・)
と言いながら、名前を書いておしまい。

若い市役所(?)のお兄さんは親切丁寧に、念入りに、私の書き込んだ少ない項目をジーッと眺め、ついでに源泉徴収書もジーッと眺め、
「あ、コピーをお持ちでしたら、コピーをいただきますね。 では、ご苦労様でした」
で終わった。待ち時間20分、受付5分。

ああ、来年はあ~たらこ~たら収入がやたら増えて、書き込むのが大変だぁ! という悲鳴をあげてみたいです。・・・・・
d0046294_9125182.jpg
by anrianan | 2008-03-04 09:16 | ■とりあえず日記
<< 武道館コンサート 復活の日々・・・・・? >>