<< 旨いゾ! 立ち食いそば屋「恵み屋」 和室は頭のいい子になる?! >>
今 大切にしたいもの
昨日は、今年第1回目の神道講座でした。
「神道」というと、何やら宗教の勉強のようですが、内容の中心は政治経済の話。
古事記は神々が国造りをした話ですが、現在の「国造り」は政治や経済によって行われているわけですからねぇ。

太主の話は、天皇制の問題から中国・北朝との関係、労働や少子高齢化などの行政問題、内容はその時々によって変わり多岐に渡ります。
また81代の管長は医師なので、専門である医学分野の話が非常に興味深い。

結婚や女性問題についての話を聞いていると、
「古臭い男社会だな」
と感じることもあります。
女性の生き方が大きく変化してきていますからね。

しかし多かれ少なかれ日本に住んでいる限り、大多数の男性の奥深い本音は、この「古臭い」ものを引きずっていると思うし、そのしがらみと新しい時代の流れの中で、自立した生き方を模索している女性には、よい鍛錬になると思っています。


昨日印象に残った話題を二つ。

1.餃子問題は、中国に何億ドルというような「賠償金」を取られて終結するだろう、という予測。

昨日、JTや生協は毒が入っていたサンプルを中国側に渡してしまったとのこと。
私はこれを聞いたとたんに、
「北朝鮮と同じじゃないか・・・・・」
と呆れました。 なんて日本人はお人よしなのだろう、と。
中国の戦略は「金・女・名誉」を存分に与えて相手を落とすとのことで、政界・財界・企業の代表者は、これら中国からのおいしいプレゼントをパクパク食ってしまって、中国側の言うことを聞かざるを得なくなる、らしいです。

これ聞いて、「ウソだぁ~!」と思いますか?
私は、そうだろうな、と思います。 バカなのよ、日本の男は。・・・・・

小泉元首相は北朝を訪れる時、宿泊せずに「おにぎり」持参で行ったと言われますが、それが正解なのです。

さて予言どおり、中国に「名誉毀損」としての賠償金をガバチョと取られ、中国がそのお金を北京五輪に当ててめでたし、めでたし・・・という結末になるかどうか、成り行きを楽しみにしている私です。


2.トリインフルエンザの話。

私はNHKで放映されたものを見逃してしまったのですが、管長いわく
「あんな美しく生易しいものではない」。

現在、いつ強毒性といわれるインフルエンザが蔓延しても可笑しくない状況ですが、日本政府はワクチンを日本国民人口の5分の1ほどしか備蓄していないらしいですね。
ちなみに、国民全員分の備蓄ができているのはスイス。
空気感染をするようになったらバタバタと人が死んで行くとのことで、自衛隊内で感染が始まったら国を防衛する人々がいなくなり、いつでも中国や北朝は日本に攻めて来られるわけです。

そういう危機に今すぐ直面してもおかしくない事実があるのに、どのメディアも報道せず、政府も国民に知らせていないのです。
これは聞けば聞くほど、ガソリン25円上げる下げるの話題よりも、その分をワクチンの備蓄費に当てることを議論した方が良いのではないか、と思えてきます。

感染適温は34℃~38℃ということですから、亜熱帯と化しつつある日本の夏は・・・・・・。
ま、インフルエンザが蔓延したら2か月ほど「籠城」するのがいいようです。
何しろ「空気感染」してしまうのですから、満員電車やバスなんて一発OK。(?)

私もそうですが、人間はどこか「私は大丈夫」と思っているところがあります。
けれど体調を崩した途端に気が弱くなるし、予防や備えがどれだけ大切かということを実感しますよね。
こうなると、生きてきますねぇ、この言葉。
「備えあれば、憂いなし」

2ヶ月分の水と食料を確保しておく備えが必要だそうです。
・・・・・・地震対策も兼ねて一石二鳥ですね!(?)



さあ、今年の節分祭では
「今までとは、全く世の中が変わっていく」
という掛が出たようです。
人間の想像をはるかに超えた変化が起こるのかもしれません。・・・・・

一瞬先は闇となるのか、光となるのか、これも楽しみな私です。

d0046294_11281349.jpg
心もお腹もいっぱいに満たされた私は、その日聞いた様々なことを思い出しながら、冷蔵庫に保管されていた『ニセコのワイン』をいただきました。
美味しいですねぇ~! このワイン!

キャンドルの灯を見ながら、ゆるりと過ごす静かな時間を持てる幸せを感じながら・・・・・。
by anrianan | 2008-02-11 11:02 | ■とりあえず日記
<< 旨いゾ! 立ち食いそば屋「恵み屋」 和室は頭のいい子になる?! >>