<< 週刊になってしまった・・・・・ 農大オープンカレッジレポート >>
あと2ヶ月・・・・・・
で、今年も終わりますねぇ。
なんだか時間が速くなっていくように感じるのは、年をとっていく証拠だろうか? 
なんて考える最近の私。


ところが、・・・・・


私の両親が住む岩手に行くと、信じられないほどに「時間が遅い」。
私の心友は、
「田舎に行くと、体の細胞がボワ~っとバラバラに広がっちゃう感じ」
と言いましたが、良く分かります。
いわゆる “伸びきったパンツのゴム” のようになってしまうわけです。

今私が住んでいる場所ものどかで、多少 “伸びかけている” ふうなところもありますが、
週に2-3日でも東京へ出稼ぎに行くことで、適度な伸縮性を保っているように感じます。

理想としては、週4日くらい東京に暮らし、週3日は現在の場所で自分の時間に浸る。
自分の口に入る食事も出来合いの弁当や惣菜ばかり、なんてのも寂しいから、
作って食べるという過程を楽しみたいし、陽を浴びたふかふかの布団に寝たい。
そして、お風呂は2階で「半露天」ふうにして、早朝の外気を感じながらシャワーを浴びたい!
素っ裸で、朝陽に向かって「バンザイ」をしたい!

  ああ、夢だなぁ~!!!!



       1回でいいから、当たらないかなァ・・・・・・・。   3・億・円


これまた買わない宝くじに夢を乗せ、
「いかん、いかん、こんな調子では、あっという間に次の10年が過ぎてしまう」
と、切実に焦るここ数年。

しかしね、
上を見ても下を見てもキリが無いから、“足るを知る” の精神で生きるっきゃありません。

ただ一つ、譲れないことはあります。
「己の真実道」を、欲のために曲げることは出来ない!

この「欲」ってヤツは、こわいやねぇ~。
自分の心のひだの合間には、めくってもめくっても「欲」という邪が隠れている。
その邪を剥がす時は、痛い。 痛い。 痛い・・・・・。


そのたびに人間の汚い部分を目の前に差し出され、押しつけられ、
その人間への憎悪は、自分の中にある同じモノへの恐怖にもなる。
(気づかないうちに、私も同じ次元に落ちていないか?・・・・・・・)
と不安にかられるのです。


保身のために他人を貶めるというのは、ちょっと気をゆるめただけでヒョロリと現れる人間の本性なのかもしれません。

しかし、今あまりにも多過ぎやしませんか?
物や金のために、「良識」や「良心」を捨ててしまっているニュースが。
また、そういう事件が大流行りというのも悲しい。・・・

防衛庁、赤福、御福、吉兆、ドトール、NOVA、・・・・・・NOVAの社長室は、趣味悪過ぎ!
ついこの間は、不二家やミートホープ、ちょっと前にはマクドナルド、まだまだあるけど、
あり過ぎて忘れちゃったよ。

和菓子屋では、
“売れ残ったものは「餅」と「あん」に分けて、もう一度練り直して販売するのは「当たり前」
だって。・・・・

    ど~なってんのぉ? この世の中。


防衛事務次官だった今話題の方には呆れるけど、結局「社保庁」だって、警察だって、議員だって、
ほんの少しだけ「いい人」はいるけど、組織ぐるみの犯罪や権力をふりかざした悪徳代官ばかりじゃないですか。


アンタたち、
ほんとぉ~に生活費に窮したことがないから、底辺の人間の苦しみが分からないんでしょ!
見ていると、そう言いたくなる人が溢れているのよ。



      ああ、またまたバーサンの愚痴話になっちまった・・・・。




仕切り直して、・・・・・

とりあえず、最低でも「文化的」な生活を営めることに感謝をしよ♪
と思いながら、無事の年越しを願う11月1日の私でした。
by anrianan | 2007-11-01 15:26 | ■とりあえず日記
<< 週刊になってしまった・・・・・ 農大オープンカレッジレポート >>