<< 小説現代 -好色時代小説特集- 最中、もなか、も・な・かぁ~!!! >>
10月1日ということは・・・・・
今年もあと3ヵ月で終わる、ということ。・・・・・・


「来年は、“本物の花” が咲きます」
といわれた私としては、
(早く終わってほしい・・・・・・)
と単純に思うのであるけれど、果たして
“本物の花” とはどんな花ぞや?・・・・・・・・


現実には、確実に、間違いなく、老いていく。
これは肉体的な「老い」を実感することもあるけれど、履歴書や正式書類に年齢を記入するときなど、
(これは、誰の年じゃ?・・・・・・)
と、しばしばガクゼンとする事がある。

すべてを社会や年齢のせいにはしたくないけれども、「人物」を観ようとするのであれば、年齢を告げる必要はないではないか、という思いは年々強くなる。
しかし、もうこれは
「日本独特の悪慣習」
と諦めるしかない、という境地に達した。

また、地位や金が物を言う社会だから、私などが何を言っても
「負け犬の遠ぼえ」
と言われるのがオチだけど、そういう私は「勝ち組」と思っている人を見て、憐憫を感じているのも事実だ。

『ALWAYS 三丁目の夕日』の昭和や「江戸時代」ブーム。
それらの時代に郷愁を感じながら、そこからどんどん遠ざかっているのが現代だ。
求めているものから、どうして遠ざかっているのだ?
分かっている人もいるに違いないけれど、捨てられないのだ。 「便利」や「楽さ」を・・・・・。
便利と楽は、お金があればほとんど買えるからね。

で、その代償として大地や海や空を汚し、自然環境を狂わせ、自滅していくのだ。・・・・・・


私は客観的に自分の生活を見て、「ワーキングプア層」だと思っている。
そのお陰で、というのも変だが、なんとかお金を使わない努力が「手作り」や「代用する創意工夫」に思考を向かわせていることは否めない。


私が傲慢になるのは簡単だ。
まず、お金にゆとりが出来ると傲慢になる。
そして、人からちやほやされると簡単に思考が浮つく。

そういうことの繰り返しだったような気がする。・・・・・・


人生がうまく回り出して波に乗ってくると、掌を返したように人は集まり出すから、
(今の私を支えてくれる人が、本当の友達なのだ)
と、じっくり噛みしめておきたいと思う昨今。


そんなこんなの中で、今月は農業大学のオープンカレッジに参加することにした。
3日間だけど、10時開始の講座に出席するには7時すぎには家を出なければならない。
しかし、出られない時間ではない。
料金は3日間で、15000円。
10時から16時20分まで(含、休憩と昼食時間)だから、良心的な料金設定ではないかと思うが、今の私には痛い。
しかし、出せない料金ではない。

その分は、ガッツリ学んでやる!
という想いが、ひときわ強くなる。

何を学ぶのか、って?
ふっふっふ・・・・・、念願の・・・・・・・。

それは、第一日目の13日、講座を受講したあと、ブログ上にて報告しようではないか♪

by anrianan | 2007-10-01 14:58 | ■とりあえず日記 | Comments(6)
Commented by tengtian60 at 2007-10-01 17:25
こんにちは!^^

お隣のmを叩いてすましていましたね・・・^^;
大変失礼いたしました。^^;

>、「人物」を観ようとするのであれば、年齢を告げる必要はないではないか、という思いは年々強くなる。

人間年齢ではないんですけどね・・ムシロ今までの経験が大切と思うんですけどね・・・
わかってくださる方が少ないのが残念です!

モノが溢れて、なんでも手に入って、それが当たり前のようになってしまい、そんな中で古きよき時代を懐かしむ傾向にあるんでしょうね・・
ドングリの背比べのような美人が揃って、個性もなく、印象にも残らない美人。。
そんな中で古さを・・なんでも手作り素晴しいことですよ。^^
anriさん、いい女じゃないですか!!
農業大学!楽しみにしています!^^
Commented by anrianan at 2007-10-01 18:48
★tengtianさん、
早速の書き込み、ありがとうございまーす!
アムリアムアムも、なかなか面白うござんすねぇ。(笑)

近頃は、50代・60代の女性でも素敵な人が増えてきましたよねぇ。
岸恵子さんは70代でしょ? 吉永小百合さんも60代でしたよね????
女優さんだから綺麗、で片づければそれまでだけど、見た目も女性の魅力も、ああいう方々が出現してくださると、あそこまでなれるのか! という励みになるのは確かですね。(高望み?笑) でも、同じ人間ですからねぇ?

山本一力さんの『梅咲きぬ』は読みましたか?
私は最近、非常に心に残った一冊です。
「ちょっと手間をかける」とか「手抜きを覚えたらあかん」ということを、小さな玉枝に躾ていくんですけど、なんだかとても背筋が伸びました。
「いい女」といってくれるのはtengさまくらいよ、ありがとう!
Commented at 2007-10-03 08:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by anrianan at 2007-10-03 10:25
★カギコメさま、
バタついても、どうにもならない時期だと思っているのですが、
それでも何かをしていないと、なんだか不安なのです。
いいなのか悪いのか、わかりませんが。・・・・

飽きるほど、ですかぁ。 私も食べてみたいです。
そういう友だちは、とても大切ですね。(笑)
今から虎屋の職人さんにはなれないでしょうし・・・・・、販売の仕事でも・・・。(ジョーダンデス)

「飽きない」というのは、凄いですよねぇ・・・・・。
Commented at 2007-10-04 13:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by anrianan at 2007-10-05 09:38
★カギコメさん、
え~!!! そんなに早く出てくるのね!(笑)
しかも今年ぎりぎり! 

でも、楽しみだねぇ~。 何よりの親孝行だと思いますよ。
遠く離れていても、「存在」はジジババの喜びだと思うし。(笑)
異国の地で・・・・不安もあると思うけど、私も楽しみにしてるからね。
新しい生活が始まるんだね♪
大変なことも多いと思うけど、その分新しい発見や喜びも一杯あると思うんだよね。
とにかく健康に一番注意して、心豊かに時間を楽しんでね!
<< 小説現代 -好色時代小説特集- 最中、もなか、も・な・かぁ~!!! >>